大阪その他

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

レム新大阪(新大阪阪急ビル)からの夜景 後編

レム新大阪からの夜景 後編です。前回はホテルの外観と俯瞰夜景を中心に紹介しましたが、今回はさらにピンポイントな望遠夜景となります。新大阪は都心部から絶妙な距離にあるので、中々迫力のある構図で撮影することができました。

レム新大阪とコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション 夜景 2016年6月
新大阪駅北側に建つ2棟のホテル。レム新大阪(右)とコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(左)。手前は新御堂筋と地下鉄御堂筋線の高架。

キーエンス本社ビル 夜景 from レム新大阪 2016年6月
新大阪駅南側に建つキーエンス本社ビル(21階建て、高さ111m)。低層部は吹き抜け構造となっており、見る角度によって様々に表情が変わる斬新なデザインです。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 01
梅田方面の超高層ビル群。新御堂筋沿いに密集するオフィスビル群と相まって街の厚みが感じられます。右側手前は新大阪プライムタワー(21階建て、高さ約90m)。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 02
梅田中心部をクローズアップ。左側が阪急梅田駅周辺、右側がグランフロント大阪

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 03
阪急梅田駅周辺。ピンク色にライトアップされているビルが梅田阪急ビル(187m)。オレンジ色にライトアップされているビルが茶屋町アプローズタワー(161m)です。右奥には中之島フェスティバルタワー(200m)のツインビルが頭を覗かせています。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 04
角度的に重なっていますがグランフロント大阪です。

北浜〜天六方面の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月
北浜方面のビル群。手前は中崎町エリアとなります。中央で建設中のビルはシティタワー梅田東(46階建て、高さ146m)。右端奥にはあべのハルカスが見えます。

天満〜京橋方面の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月
天満〜京橋方面のビル群。手前には淀川を渡る長柄橋

吹田〜摂津方面 夜景 from レム新大阪 2016年6月
吹田〜摂津方面。左側はメロード吹田(38階建て、高さ138m)、右端はパークタワー南千里丘(35階建て、高さ118m)。その間に高槻方面のビル群が見えます。

JR東海道本線(JR京都線) 新大阪駅 夜景 2016年6月
JR東海道本線(JR京都線)の新大阪駅。

新御堂筋 夜景 2016年6月
北大阪の大動脈、新御堂筋の夜景。右下が地下鉄御堂筋線の新大阪駅です。

最後は動画でお楽しみください。

YouTubeの動画ページへ

以上、レム新大阪からの夜景でした。新大阪駅周辺には夜景スポットと呼べる場所が無いので、とても新鮮な眺望を楽しむことができました。客室はやや狭いですが、新幹線駅直結で内装や設備が良く、お手頃な価格のプランもあるので、大阪旅行の際には大変お勧めできるホテルです。客室は全て高層階で、どの部屋に宿泊してもエレベーターホールから南側、北側両方の眺めを楽しむことができます。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

レム新大阪(新大阪阪急ビル)からの夜景 前編

久々のホテル夜景シリーズ、今回はJR新大阪駅に直結する新大阪阪急ビルの12階から17階にあるホテル、レム新大阪です。快眠をコンセプトとしたホテルということで、通常の倍の数のスプリングを使ったベッドや、全室完備のマッサージチェアなど、他のビジネスホテルとは一線を画した設備が特徴となっています。

新大阪駅 夕景 2016年6月
新大阪駅夕景。新幹線駅舎の背後に建つ横長のビルが新大阪阪急ビル

新大阪駅 夜景 2016年6月
JR新大阪駅と新大阪阪急ビルの夜景。ビルの高さは79.68m。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 01
近未来的なレム新大阪のホテルエントランス。ここだけを見ても普通のビジネスホテルではない、デザインにこだわったホテルだということが良く分かります。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 02
まるでSF映画に出てくるエレベーター、あるいはワープゾーンのよう。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 01
以下、16階客室からの夜景です。まずは南側方面。新大阪駅南側ロータリー左側にJR東海道本線(京都線)、右側に地下鉄御堂筋線(新御堂筋)という構図。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 02
眼下に見えるのが新幹線のホームです。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 03
新大阪駅前の夜景。新幹線の発着駅としてのみ注目されがちですが、大阪北部のジャンクション駅としても機能しており、オフィスビルやホテルが集積しています。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 04
新大阪駅南側で特に目立つビルは、左側のキーエンス本社ビル(21階建て、高さ111m)と右側の新大阪ワシントンホテルプラザ(23階建て、高さ約90m)です。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅ロータリー) 2016年6月
新大阪駅前のロータリー。高架部分はタクシー乗り場、地上部分は駐車場。

レム新大阪 南側 夜景 (新御堂筋) 2016年6月
梅田方面の夜景。2棟のビルの間から高層ビル群が見えます。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 01
北東側、吹田〜茨木〜摂津方面の夜景。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 02
北西側にはコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(旧ホテルラフォーレ新大阪)が建っていて、残念ながら景色はほとんど見えません。

レム新大阪からの夜景、後編に続きます。

東大阪市役所 展望ロビーからの夜景 (東大阪ジャンクション)

大阪府下第3位の人口(約50万人)を抱える東大阪市。その行政機能の中心を担っているのが東大阪市役所本庁舎です。庁舎の22階には無料の展望ロビーが設けられており、大阪東部エリア周辺を一望。特に阪神高速東大阪線と近畿自動車道が交差する東大阪ジャンクションの夜景は非常に迫力があります。

東大阪市役所本庁舎 ライトアップ 01
東大阪市役所本庁舎の夜景。地上24階建て、高さ115.8m。近鉄荒本駅北西側に整備された東大阪新都心地区のランドマークとなっています。

東大阪市役所本庁舎 ライトアップ 02
撮影時は最近では珍しくライトアップされていました。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 01
東方向の広大な夜景。遥か大阪市内方面まで一望できます。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 02 東大阪ジャンクション
左右対称の美しい構造を持つ東大阪ジャンクション。この規模のジャンクションを上から見られる場所があるというのは全国的に見ても大変貴重だと思います。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 03 東大阪ジャンクション
綺麗な円弧を描くジャンクションのループ部分。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 04 東大阪ジャンクション
ジャンクションの一部を切り取るとかなりSFチックな印象になります。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 05
背後に広がるのは大阪市内の超高層ビル群。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 06 梅田〜中之島
梅田〜中之島方面のビル群を超望遠撮影。中央は大阪ビジネスパーク。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 07 大阪都心
阪神高速東大阪線と本町〜難波方面のビル群。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 08 あべのハルカス
天王寺・阿倍野方面。飛び抜けたランドマーク性を持つあべのハルカス

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 09
南方向の夜景。東大阪市内〜八尾方面の住宅街が広がる。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 10 近畿自動車道
近畿自動車道、東大阪南〜八尾インター付近。大阪中央環状線と並走する。右側奥に聳え立つのはJR久宝寺駅前のツインタワーマンション、メガシティタワーズ

最後は動画です。東大阪ジャンクションの夜景を中心に、クールな雰囲気で仕上げてみました。ジャンクションを行き交う車の流れをゆっくりお楽しみ下さい。

YouTubeの動画ページへ

以上、東大阪市役所本庁舎からの夜景でした。ここからの撮影はかなり久々で、仕事での商用撮影を除けば10年ぶりくらいになるかもしれません。一時期、展望ロビーからの撮影は全面禁止となっていたのですが、現在、南方向と東方向の一部に限り、一般でも許可されるようになっています。展望ロビー内にはお洒落なバーもありますので、美しい夜景を見ながらグラスを酌み交わすのも一興ではないでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 五月山 五月平展望台&秀望台 (大阪府池田市)

夜景動画シリーズ、五月山 五月平展望台&秀望台を公開しました。

五月山は大阪府池田市の市街地のすぐ北側にある山で、北摂屈指の夜景の名所として知られています。山頂まで五月山ドライブウェイが整備されていることからアクセスも容易で、生駒山と並んで大阪の山夜景を代表するスポットとなっています。今回はその中から五月平展望台秀望台の2ヶ所を選んで動画を作成しました。


YouTubeの動画ページへ

五月山 五月平展望台 夜景
前半の五月平展望台(厳密にはその少し下側)は五月山の中でも最大級の視界を誇るスポットです。標高は約240m。駐車場から10分ほど山道を歩く必要があるので初心者向けではありませんが、その眺望は一見の価値があります。

五月山 秀望台 夜景
後半の秀望台はドライブウェイの料金所から最も近い展望台で、五月山といえばココという方も多い定番スポットです。標高は約130m。視界の広さという点では若干劣りますが、眼下を流れる猪名川と阪神高速、六甲山方面の眺めが見事です。

アクセスルートとなる五月山ドライブウェイは通行料300円が必要で、午後10時〜午前5時は通行禁止(二輪車は終日通行禁止)。ゲート付近で検問を行っていることがあるので通行時間にはご注意下さい。またヘアピンカーブが多いので対向車には細心の注意を払い、徒歩ルートでは安全のためライトを装備して下さい。

五月山の夜景スポットと参考ルート

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top