大阪その他

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

もりのみやキューズモールBASEの夜景

2015年4月に森ノ宮の日生球場跡地に開業したもりのみやキューズモールBASE。スポーツと健康に特化した商業施設というコンセプトで設計されており、屋上に設置された国内初のランニングトラック(エアトラック)はその象徴的な存在となっています。

もりのみやキューズモールBASE 夜景 2017年2月 01
もりのみやキューズモールBASEのエントランス。地下鉄森ノ宮駅の出入口と直結しており、鉄道でのアクセスが非常に良好な商業施設となっています。

もりのみやキューズモールBASE 夜景 2017年2月 02
やはり特徴的なエアトラックが目を引きます。

もりのみやキューズモールBASE エアトラック 夜景 2017年2月 01
竹中工務店が開発したエアトラックの様子。一周300mのトラックを商業施設の各棟を跨ぐように設置しています。このアイデアは素晴らしいものだと思います。

もりのみやキューズモールBASE エアトラック 夜景 2017年2月 02
トラック内は走行レーンが2つ、ウォーキング用のレーンが1つの計3レーン構成。照明が内周に沿って設置されており、夜間でも利用可能です。

もりのみやキューズモールBASE 夜景 2017年2月 03
エアトラックと同じ屋上フロアにはフットサルコートもあります。

もりのみやキューズモールBASE 夜景 2017年2月 04
エアトラックから見下ろすBASEパークの様子。日生球場の記憶を継承する施設ということで、広場や吹き抜けが野球場の形になっています。

もりのみやキューズモールBASEより中央大通と阪神高速東大阪線 夜景 2017年2月
エアトラックから見る中央大通と阪神高速東大阪線。

以上、もりのみやキューズモールBASEの夜の様子を紹介してみました。商業ゾーンの面積を全体の約4割に抑えているということで、ショッピング自体を目当てに行くと不満が残るかもしれませんが、地域に密着した公園的な施設という側面もあり、長く地元の人々に愛される場所になっていくのではないかと思います。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEELの夜景

2009年2月に閉園したエキスポランド跡地の再開発事業として2015年11月にオープンしたEXPOCITY(エキスポシティ)ららぽーとEXPOCITYを中心に、海遊館が運営するNIFREL(ニフレル)等の体験型施設を組み合わせた大型商業施設です。

2016年7月には高さ日本一(123m)の大観覧車、Redhorse OSAKA WHEEL(オオサカホイール)が完成し、全ての施設が出揃いました。読者から過去に何件かリクエストを頂いていたので、遅ればせながら夜景を紹介しておきます。

エキスポシティ エントランス
大阪モノレールの万博記念公園駅から2分ほど歩くとエキスポシティのエントランスが見えてきます。写真は冬のイルミネーションが行われている時のもの。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 空の広場
エントランスから各施設へと結ぶ導線の中心にある空の広場Redhorse OSAKA WHEEL。手前にNIFREL(ニフレル)ポケモンEXPOジムがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 01
近未来的なRedhorse OSAKA WHEELのエントランス。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 02
乗り場へと続く通路。写真が歪んでいるようにも見える変わったデザインです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 乗り場
観覧車乗り場の様子。天井と足元がシースルーというゴンドラが大きな特徴。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 01
ゴンドラに乗り込むと徐々に景色が広がっていきます。手前の建物はニフレル

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 02
西方向、豊中市〜箕面市方面の夜景。中央に万博記念公園駅。右側に万博記念公園の自然文化園。モノレールに沿って東西に走る中国自動車道の光が綺麗です。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 03 太陽の塔
ライトアップされた万博記念公園のシンボル、太陽の塔。上空から眺められるのは中々新鮮です。バックには大阪大学の建物群や箕面方面の夜景が広がる。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 04
南西方向、吹田市中心部方面の夜景。眼下にはイルミネーションに包まれたエキスポシティ、遠くには大阪市内の光が見えます。小さいですがあべのハルカスも。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 05
東方向、高槻市〜茨木市方面の夜景。中国自動車道を跨ぐモノレールの分岐(本線と彩都線)や、名神高速近畿道と分岐する吹田ジャンクションが特徴的。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 06 吹田ジャンクション
吹田ジャンクションをズームアップ。中央奥から近畿自動車道、中央手前が中国自動車道、左右が名神高速道路という構造の重要なジャンクションです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 07 市立吹田サッカースタジアム
南東方向、茨木市〜摂津市方面の夜景。中央にガンバ大阪の本拠地、市立吹田サッカースタジアムが見える。サッカーの試合開催時には光り輝いているはず。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 ゴンドラ内
ゴンドラの内部。定員6名の広々としたキャビン。全ゴンドラにタブレットが完備されており、各種インフォメーションを表示。今後様々なアプリが提供されていく予定。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 REDHORSE MARUMIEPLAZA
観覧車を降りた所にあるMARUMIE PLAZA。オフィシャルグッズが買えるショップと観覧車を眺めながら食事ができるテラス席を備えたレストランがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 全景
北側から見るRedhorse OSAKA WHEELの全景。ライトアップには様々なパターンがあり、毎時0分など一定時間毎にしか見られないパターンもあるようです。

太陽の塔とRedhorse OSAKA WHEEL 2017
太陽の塔Redhorse OSAKA WHEEL。その間にモノレールの光軌。

最後は動画でお楽しみ下さい。観覧車内からの夜景撮影は制約が多くて大変ですが、何とか制作してみました。上記の写真がそのまま場面の解説になります。


YouTubeの動画ページへ

以上、Redhorse OSAKA WHEELの夜景でした。ベイエリアの開放感が特徴の天保山大観覧車や、都会のど真ん中でビルの間をすり抜けるHEP FIVE大観覧車とはまた違った趣のある夜景を楽しむことができます。冬場は大気が綺麗で見通しの良い日が多いので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング

吹田市の万博記念公園ではイルミナイト万博Xmasが開催されています。シンボルの太陽の塔に映像を投影するビームペインティング(いわゆる3Dプロジェクションマッピング)や東大路のイルミネーションなどを楽しむことができるイベントです。

エキスポシティ イルミネーション 2016 01
2015年11月、エキスポランド跡地に開業したエキスポシティのイルミネーション。正面エントランス付近の街路樹をシャンパンゴールドの光で装飾しています。

エキスポシティ イルミネーション 2016 02
空の広場には赤い電飾をまとったシンボルツリー。バックには高さ日本一(123m)の大観覧車(REDHORSE OSAKA WHEEL)のカラフルなライトアップ。

イルミナイト万博Xmas 2016 パワーアップイルミネーション 01
自然文化園内の東大路で行われているパワーアップイルミネーション

イルミナイト万博Xmas 2016 パワーアップイルミネーション 02
イルミネーション全体で使われているLEDは昨年の約5倍だそうです。

イルミナイト万博Xmas 2016 パワーアップイルミネーション 03
迷路アトラクションのイルミネーションと大観覧車。

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング 01
太陽の塔のビームペインティング。今年のタイトルは「復活 -REVIVAL-」。

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング 02
息吹の根源再生の輪廻光の芽生え大地の再生大地の記憶生命の記憶という6つのテーマに沿って次々と映像は進行していきます。

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング 03
上記のようなバックグラウンドはあるのですが、かなりアーティスティックな映像なので、正直どこからどこまでがどのシーンなのか良くわかりませんでした。

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング 04
太陽の塔の内部ある生命の樹

イルミナイト万博Xmas 2016 太陽の塔 ビームペインティング 05
色彩の海のような映像と壮大な音楽でフィナーレを迎えます。

最後にビームペインティングの動画を制作しておきました。特に凝ったことはせず、シンプルに定点で撮影したものです。写真よりも雰囲気が伝わると思います。

YouTubeの動画ページへ

以上、イルミナイト万博Xmasの様子でした。ビームペインティングは太陽の塔という丸くて細い形状の制約の中、本当に精密で完成度の高い仕上がりとなっています。今年は2012年度の映像と交互に上映されるので、一度で二度楽しめるのではないでしょうか。会場内ではラーメンEXPO 2016も同時開催されています。

開催日程など: 大阪イルミネーション情報

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

淀川河川公園 長柄地区から新大阪の夜景

淀川河川公園の夜景といえば梅田方面のビル群が見える十三〜塚本にかけてのエリアが定番ですが、足を伸ばせば他にも面白いスポットがいくつかあります。そのうちの一つが天神橋筋六丁目駅から北へ1kmほどの場所にある長柄地区で、堤防上からは西中島〜新大阪周辺のビル群や水道記念館が良く見えます。

淀川河川公園 長柄地区 夜景 2016年10月
淀川河川公園 長柄地区の夜景。ほとんど人の気配は無く、静かな時間が流れています。遠くにはJR東海道本線(京都線)の架橋が見えています。

淀川河川公園 長柄地区 新大阪方面 夜景 2016年10月
新大阪方面の夜景。淀川河川敷の特徴はやはりこの開放感でしょう。

淀川河川公園 長柄地区 新大阪の高層ビル群 夜景 01 2016年10月
静かな淀川の流れ越しに見える新大阪の高層ビル群。伊丹空港の高さ制限がある為、100m前後で延床面積の大きい重厚なオフィスビルが多く建っています。

淀川河川公園 長柄地区 新大阪の高層ビル群 夜景 02 2016年10月
新大阪の高層ビル群。マイナーですが個人的には非常に大好きな構図。

淀川河川公園 長柄地区 キーエンス本社ビルと水道記念館 夜景 2016年10月
サイバーな外観とライトアップが美しいキーエンス本社ビル(高さ111m)。手前は大阪を代表する近代建築の一つ、大阪市水道局 水道記念館(柴島浄水場)

淀川河川公園 長柄地区 水道記念館 夜景 2016年10月
水道記念館のライトアップ。大正3年〜昭和61年まで大阪市の主力ポンプ場として使われていました。赤煉瓦と御影石の外観が美しい近代建築です。

淀川河川公園 長柄地区 長柄橋ライトアップ夜景 2016年10月
長柄橋のライトアップ。天神橋筋の一部となっている全長656.4mのアーチ橋です。

以上、淀川河川公園 長柄地区からの夜景でした。ここの撮影はおそらく10年ぶりくらいになりますが、景観的にはレム新大阪ができたくらいで、ほとんど変わっていませんでした。まだまだポテンシャルを秘めたエリアだと思うので、おおさか東線の延伸やリニア中央新幹線の開業に向けて、再開発が活性化することを望みます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top