夜景コレクション

TOP > 夜景・夕景 > 夜景コレクション

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

阪神高速の俯瞰夜景 from オリックス本町ビル

以前から、高速ジャンクションの夜景を掲載して欲しいというリクエストが多かったので、オリックス本町ビルの展望テラスから見える阪神高速の夜景を撮影してみました。オリックス本町ビルはちょうど西船場ジャンクションの傍に立地している為、市内を縦横に走る阪神高速の夜景を思う存分堪能することができます。

阪神高速 1号環状線と梅田方面の夜景
北方向、梅田方面の夜景。阪神高速1号環状線(右)と四つ橋筋(左)が並行するように走っています。バックには梅田〜中之島の高層ビル群が建ち並んでいます。

阪神高速 中之島分岐の夜景
1号環状線から11号池田線へと分かれる中之島分岐です。ビルの間を抜けると一気に視界が広がり、実際に走っていても気持ちのいいポイントです。

阪神高速 16号大阪港線と大阪ベイエリア方面の夜景
西方向、阪神高速16号大阪港線と大阪ベイエリア方面の夜景。一般道の中央大通りと一体的に整備されているので上から見ると凄い車線数に見えます。

阪神高速 阿波座ジャンクションの夜景
16号大阪港線5号神戸線の合流する阿波座ジャンクションの夜景。渋滞情報ラジオで耳にしない日はないほど慢性的に渋滞するポイントです。

阪神高速 1号環状線と難波方面の夜景
南方向、難波方面の夜景。1枚目と同じく阪神高速1号環状線(左)と四つ橋筋(右)が並行するように走っています。一際明るい大阪ミナミの繁華街が印象的な夜景でした。手前は新しいトレンドスポットの南船場〜堀江エリア。

阪神高速 西船場ジャンクションの俯瞰夜景 01
ちょうど真下に見える西船場ジャンクションの俯瞰夜景です。少し前までは信濃橋分岐と呼ばれていました。立体的に絡み合わさるジャンクションは幾何学的でもあり、現代の都市風景を代表するものなのかもしれません。

阪神高速 西船場ジャンクションの俯瞰夜景 02
西船場ジャンクションの俯瞰夜景 その2。

阪神高速 13号東大阪線と船場の夜景
東方向、阪神高速13号東大阪線と都心東部方面の夜景。この辺りは船場と呼ばれ、昔から繊維産業が栄えた大阪の中心的な場所です。最近になって本町駅に西船場、堺筋本町駅に東船場という副称が付きました。これには大賛成です。

阪神高速 東船場ジャンクションの夜景 01
東船場ジャンクションと谷町四丁目周辺の夜景。こちらも少し前までは内本町ジャンクションと呼ばれていました。東大阪線はこの先、大阪城公園の横を抜けて東大阪市、そして第ニ阪奈道路を経由して奈良方面へと続いていきます。

阪神高速 東船場ジャンクションの夜景 02
東船場ジャンクションの夜景 その2。こうやって見ると高速の出入り口や一般道路の高架部分が複雑に絡み合っていて何が何やらこんがらがってきそうです。

以上、阪神高速の夜景でした。これまで展望台からの夜景の一部として紹介したことはあっても、高速道路のみを題材にして集中的に取り上げたことはなかったので良い機会になりました。オリックス本町ビルということで高層ビル群の夜景を楽しみにしている方もいらっしゃると思うので、そちらは次回以降で取り上げるつもりです。

MIDNIGHT OSAKA (真夜中の大阪市内)

今回はちょっと趣向を変えて、深夜の大阪(ミッドナイト大阪)というテーマで書いてみようと思います。私が夜景写真を撮る時は、街が最も輝いている時間帯を狙って撮影するのですが、あえてそのセオリーを外してみようというのが今回の趣旨です。

夜景撮影は平日(特に金曜日)の夜、大体19時〜21時くらいが鉄板です。この条件だとオフィス街、繁華街、住宅街の全てに明かりが灯り、夜景は最高の状態となります。21時以降になると少しずつオフィス街の明かりは消え始め、深夜になると繁華街、住宅街の明かりも消えていきます。以下、街が眠りについた後の夜景写真です。

真夜中の大阪都心
深夜2時ごろの大阪市内です。撮影はホテル大阪ベイタワーから。深夜とはいえ大都会なので空は明るいといえば明るいですね。

真夜中の大阪(梅田〜中之島)
深夜の梅田〜中之島の様子です。ビルのライトアップは消え、赤い航空障害灯だけが点滅しています。街が眠りながら呼吸しているというイメージ。

真夜中の大阪(梅田)
深夜の梅田方面です。普段はハービス大阪、茶屋町アプローズなどオレンジ色のライトアップが特徴的な夜景も、この時間は静かな空気が流れています。

真夜中の大阪(中之島)
深夜の中之島方面です。深夜のオフィス街は独特の雰囲気があります。明け方にテレビを点けるとこんな感じの夜景が映っていることがありますよね。

真夜中の大阪(難波)
深夜の難波方面です。難波は広範囲に繁華街が広がっているので、梅田や中之島に比べれば全体的に明るいような気がします。

真夜中の大阪(通天閣)
深夜の通天閣です。白のラインだけは一晩中点灯しているようです。

真夜中の大阪(阪神高速)
深夜の阪神高速大阪港線です。真夜中でも物流関係の車は動き続けています。こうやって我々の便利な都市生活を支えているんですね。

以上、深夜の大阪夜景でした。いつもの夜景写真が晴れの舞台だとすれば、今回は舞台裏みたいな感じですね。写真は少し古いものを使用しましたが、普段見ている夜景とは全く違う街の表情があって面白かったです。

通常のバージョンは過去の記事へ。良かったら比較してみてください。

宇宙から見た三大都市圏の夜景

国際宇宙ステーション(ISS)で活動されている野口聡一さんが、日本実験棟「きぼう」から撮影した世界各地の写真をTwitter上で公開されています。

世界中の写真がありますが、ここでは日本の三大都市圏の夜景をピックアップしてみました。画像のクリックで掲載元のページへ飛びます。移動先の画像上にマウスカーソルを合わせて「View full size」をクリックすれば、より大きな画像になります。

Metropolitan Tokyo area, JAPAN. on Twitpic
東京(首都圏)

3時間前の東京、山手線の駅が見えます! on Twitpic
東京中心部

Kyoto - Osaka - Kobe. Happy Saturday night, Japan. on Twitpic
大阪(関西圏)

どないでっか、大阪! on Twitpic
大阪中心部

Ise bay night view, Japan. on Twitpic
名古屋(中部圏)

名古屋です。 on Twitpic
名古屋中心部

(サムネイル画像の掲載にはTwitpic指定のタグを使っております。もし問題があればすぐに削除しますので管理者までご連絡下さい。)

名古屋広域だけ画像の倍率が違いますが、各都市の繁華街の位置や道路網の様子が一目瞭然です。特に東京の銀座周辺や三大副都心(新宿渋谷池袋)、大阪の梅田難波、名古屋の名駅周辺は強烈な光を放っています。放射状に広がる東京の独特な都市構造に対して、大阪、名古屋は碁盤の目上の区画になっているのも良く分かります。それにしても関東平野は巨大ですね。

こうやって上から見ると大都市圏における行政区画の無意味さを感じずにはいられません。日本の場合、光の繋がる都市圏全体が一つの街といってもいいくらいです。今話題の大阪都構想なんかも結局は大阪府内での再編であって、本当はもっと広域な視点で考えるべきなんじゃないか?と思えてくる訳です。それがいわゆる道州制ということになるのでしょう。

野口さんのTwitpic上にはまだまだ沢山の写真が掲載されていますので、興味のある都市を探してみてはいかがでしょうか?空撮をはるかに超えた眺望は宇宙飛行士ならではの特権ですね。もし自分が同じ立場になったら興奮して写真を撮りまくっていると思います。生きている間に一度は肉眼で宇宙からの景色を見てみたいです。

過去の大阪へタイムスリップ その3

過去の大阪夜景コレクション その3です。

旧 梅田阪急百貨店の夜景 2004年頃
2004年春の梅田阪急百貨店の夜景です。随分と長い間、梅田の顔として存在していたので、まだ現在の風景よりも馴染みが深いです。しかし時間の経過と共に少しずつ忘れられてしまうのでしょうね。

JR天王寺駅前の夜景 2002年頃
2002年クリスマスシーズンのJR天王寺駅です。ちょうどステーションビルの外壁改修が行われていて、その防護壁を利用した恐竜の巨大なイルミネーションが行われていました。当時はそれなりに話題になってましたが覚えてる人も少ないだろうなぁ。

南港コスモスクエア夜景 2002年頃
2002年冬の南港コスモスクエアの夜景です。「夢咲トンネル(当時は夢洲トンネルと呼ばれていた)」の大工事が行われていて、工事現場のクレーンと照明が印象的だったので撮影した一枚です。開通したのはつい最近のようですが、本当に必要だったんでしょうか?

アメリカ村 ピエロの看板 2002年頃
2002年頃のアメリカ村、トムズハウスのピエロ看板です。観光情報誌のアメリカ村の写真といえば、ほぼコレだったように思います。残念ですが今は無くなってしまいました。(ちなみに2009年の様子

フェスティバルゲートの夜景 2002年頃
2002年夏、在りし日のフェスティバルゲートです。最近でも土地信託方式の失敗例として散々報道されていましたが、この時期から既に破綻へのカウントダウンが始まっていたように思います。今思えば本当に贅沢な作りの都市型遊園地でした。メインアトラクションの「デルピス・ザ・コースター」は面白かったのですが・・・。

過去の大阪夜景コレクション、いかがだったでしょうか?懐かしい人には懐かしく、興味の無い人には本当につまらない企画だと思いますので、出来るだけ夜景写真単体として印象深いものを選んだつもりです。次にやる時は昼間の写真で構成してみようと思っています。

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 夜景コレクション

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top