花火

TOP > 夜景・夕景 > 花火

<< 新しい記事 1 2 3 4 5

教祖祭PL花火芸術2010(大阪府富田林市)花火写真

毎年8月1日に大阪府富田林市で行われる教祖祭PL花火芸術

公称2万3千発(玉数12万発)世界最大級とも言われています。PL教団本部で行われる宗教行事ではあるのですが、関西では定番中の定番的花火大会として親しまれており、全国からも観覧ツアー等で大勢の見物客が訪れます。

通常の花火大会とは違い、PL花火は8月1日固定なので、土日開催というのは結構貴重なのです。今年は日曜日開催だったので何とか見に行くことができました。(去年も確か土曜日だったはずですが仕事の関係で無理でした)

基本的に激混み覚悟、観覧場所によっては終電までに帰宅できるかどうか保証できないとさえ言われていますが、規模が大きいだけに、打ち上げ場所から距離を離れても意外とまともに鑑賞できたりするのです。今回は最寄り駅である近鉄富田林駅から2つ先にある近鉄川西駅近くの石川河川公園から撮影しました。

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)開始前
石川河川公園から、打ち上げ前の夕景。この時刻でこのゆったり感。開始直前に来ても全然余裕といった感じです。中央に建つのが大平和祈念塔(PLの塔)です。高さは180m。大阪の至る所から見える南河内のシンボル的存在。

以下、打ち上げ開始からの写真を並べてあります。高く上がる花火は電線とかぶってしまうのが今回の失敗点。もう少し撮影場所を研究する必要がありそう・・・。

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)01

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)02

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)03

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)04

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)05

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)06

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)07

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)08

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)09

教祖祭PL花火芸術2010(大阪富田林)10

こんな感じで、距離が離れていても望遠レンズを使用すればそれなりに撮影できます。むしろ望遠の方が全体を捉えたり一部を強調したりと構図の自由度が高いかもしれません。タイミングの予測は不可能なのでとにかく連射連射です。

PL花火は玉の一発一発が非常に大きく感じられ、本当に迫力があります。特に最後のクライマックスは圧巻で、空が真昼のように明るくなり、爆発音が地面を揺らすような感じです。やっぱり少し無理をしてでも見る価値はあると思いました。

ちなみに今回の川西駅利用であれば帰りの電車の待ち時間も余裕がありました(電車1本待ったくらい)。近鉄富田林駅は毎年凄いことになるそうなので、出来るだけ避けたい所です。慣れた人はそもそも近鉄沿線を避け、南海高野線の大阪狭山市駅金剛駅を使う傾向にあり、近鉄を使うにしても帰りは1駅か2駅歩いたり、河内長野まで出て南海電車で帰ったりするようです。

観覧場所についてはMavicismさんPL花火ガイドが詳しいです。
来年(2011年8月1日)は月曜日、また何とか見に行けたらなぁと思っております。

水都大阪の夏 天神祭奉納花火

天神祭日本三大祭の一つとして知られる大阪の夏の風物詩です。そのフィナーレを飾るのが5,000発の奉納花火。数だけ見れば大したことはないのですが、2ヶ所から打ち上げられたり、大川沿いでは船渡御や沢山の屋台と供に楽しむことができますので雰囲気は抜群に良いです。

今年は仕事で行けませんでしたので、2008年の写真を引っ張り出してみました。撮影は大阪城の石垣から。本当は大川を俯瞰するような構図(テレビ等で見るような構図)で撮りたいのですが、中々普通に入れる場所ではありませんので、毎年ここから撮影しています。花火の時間には三脚を据えたカメラマンで一杯になります。

大阪 天神祭奉納花火 01

大阪 天神祭奉納花火 02

大阪 天神祭奉納花火 03

大阪 天神祭奉納花火 04

大阪 天神祭奉納花火 05

撮影自体あまり凝ったことはしていません。バルブを使って連続撮影したものの中から、それなりに見られる写真をピックアップしています。OAPなどバックの夜景を写しこむためにISO感度と露光時間を調整して花火と調和させています。

来年行くことが出来れば、別の場所から撮影してみたいと思います。どなたかいい撮影場所がありましたらぜひ教えてください。望遠撮影しかできない場所でもOKです。

神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHTS)

仕事で神戸に行く用事がありましたので、「神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHTS)」を見に行ってきました。メリケンパークを舞台に、ジャズ音楽に合わせて様々な光の演出が楽しめる夜のイベントです。香港の名物「シンフォニー・オブ・ライツ」を参考にしているものと思われます。

元々写真撮影の予定は無かったのですが、「もし今年のみの開催だったら絶対後悔する」と思い、急遽、神戸の知人に機材一式を借りて撮影してみました。キヤノンの一眼レフでしたので基本操作が普段と同じで良かったです。ただ、あまり時間的余裕が無かったので事前の場所取りが出来ず、遠目からの撮影となりました。まぁ雰囲気だけでも・・・。

神戸夜景(メリケンパーク)
普段のメリケンパークの夜景。いつ見ても神戸の夜景は洗練されていて美しいです。関西の宝といっても過言ではありません。そういえば「大阪 at Night」で大阪以外の夜景写真を公開するのは初めてですね。

神戸スウィング・オブ・ライツ01
到着した時には既に開演しており、このように人の山が出来ていました。今更最前列には入れないので、仕方なく撮影開始。ブルーのライトが綺麗です。

神戸スウィング・オブ・ライツ02

神戸スウィング・オブ・ライツ03
神戸ポートタワーからのレーザーイルミネーション。まさにスウィングするといった感じで派手に動きます。欲を言えば、レーザーの発射場所がオリエンタルホテル側にもう1ヶ所くらい欲しかった。

神戸スウィング・オブ・ライツ04
場所的に面白い写真が撮れそうになかったので、モザイクの観覧車方面に移動した所、人込みの少ない場所がありましたので、おもむろにカメラをセッティング!運良くクライマックス付近の花火を撮影できました。(左半分ですが・・・)

神戸スウィング・オブ・ライツ05
聞いた話によると、花火のある回と無い回があるそうで、花火の有無によって評価がずいぶんと変わってしまいそうな感じがします。

神戸スウィング・オブ・ライツの感想ですが、正直、期待していたよりは・・・という感じでした。全体の時間が短いことと、音響面や光の演出に若干の物足りなさを感じてしまったからです。こういったイベントは「これでもか!」というくらい派手にやった方が良かったと思います。予算など課題は多いと思いますが、来年以降があるとすれば更なる発展を期待したい所です。

イベントとしては厳しめの評価を書きましたが、夜景ファンとしては非常に高く評価しています。こういったイベントを通して、夜景の素晴らしさを知ってもらえる「きっかけ」になるからです。個人的には大阪梅田や京橋OBPなどの高層ビル群を使って似たような光の演出が行われたらいいなぁと勝手に妄想しています。

なにわ淀川花火大会

6月半ばから予定外の海外出張となっておりまして、ネット環境の問題で更新が止まってしまいました。やっと大阪に戻ってきましたので少しずつ更新再開します。出張中もメールの返事はしていましたが、万一重要な内容なのに返信が無かったという場合は、受信トラブルかと思われますので大変お手数ですが再度ご連絡下さい。

さて今回は大阪の夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」の写真です。個人的にも花火の撮影をするのは5年ぶりくらいで、かなり楽しみにしてました。昨年は大雨で撮影どころではありませんでしたので今年は晴れて良かったです。

今回の撮影場所は西中島南方駅に近い堤防上を選びました。こちらは十三付近に比べて若干混雑が少ないので、行き帰りの疲労がかなりマシです。それでも塚本以西よりは混雑しますので、三脚を立てての撮影はかなり気を使いました。

なにわ淀川花火大会1

なにわ淀川花火大会2

なにわ淀川花火大会3

今年はあまり風が無くて上手く煙が流れず、写真としてはイマイチな感じになりました。でも十三大橋をギリギリ下部に収めることができたので、その点では良かったと思っています。

なにわ淀川花火大会の露店

風情があったので河川敷の露店の風景を撮影してみました。右上の方では一斉に携帯電話で花火を撮影している観客の姿が、キラキラとイルミネーションのように見えて面白いです。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5

TOP > 夜景・夕景 > 花火

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top