北浜

TOP > 高層ビル・再開発 > 北浜

<< 新しい記事 1 2 3 4 古い記事 >>

アパホテル大阪肥後橋駅前 チャオ・サイゴンからの眺め

久しぶりに展望台からの眺めシリーズです。

アパホテル大阪肥後橋駅前は地下鉄肥後橋駅に直結した超高層ホテルです。その最上階にはベトナム料理のレストラン、チャオ・サイゴンがあり、屋外のテラス席からは大阪市内の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

アパホテル大阪肥後橋駅前
アパホテル大阪肥後橋駅前の外観(左)。地上30階建て、高さ106.4m、横から見るとまるで板のように細い高層建築で、狭い敷地ながら859室を抱えています。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た梅田方面
JR大阪駅、梅田方面の眺め。ビルの隙間からは大阪ステーションシティの大屋根も見えています。右側で建設中のビルは中之島フェスティバルタワー。多くの再開発ウォッチャーの方々がここから定点観測されています。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た西梅田
超高層ビルが林立する西梅田方面。ハービスOSAKAブリーゼタワーが目立ちます。手前側が現在いくつかのプロジェクトが立ち上がっている堂島地区です。この空白地帯が埋まれば梅田〜中之島地区の高層ビル群が一体化することになります。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た中之島三丁目
中之島3丁目方面の眺め。左から関電ビルディング(195.45m)、中之島ダイビル(160m)、中之島三井ビル(140.15m)と密着するように並んでいます。その北側ではダイビル本館(108.19m)が建設中です。近年の大阪を象徴する一枚。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た中之島東部地区
淀屋橋と中之島東部方面の眺め。堂島川の北側にはタワーマンションが増えてきました。背後には大阪ビジネスパーク大阪アメニティパークといった副都心の高層ビル群が建ち並び、景観的にも厚みが増してきたように感じます。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た大阪市役所
これから熱くなりそうな大阪市役所です。秋のダブル選で橋下徹市長が誕生するのでしょうか。大阪市民が大阪都構想に対してどんな判断を下すのか注目です。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た北浜方面
東方向、大阪都心方面の眺め。手前には大同生命大阪本社ビルや新石原ビル(石原産業本社)といった重厚なオフィスビルが建ち並んでいます。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た北浜
大阪都心部に林立する超高層マンション。左が現在マンションとして日本一の高さを誇るThe Kitahama(209m)、中央が淀屋橋アップルタワーレジデンス(152m)、右がシティタワー大阪(170m)です。人口の都心回帰を象徴する存在。

アパホテル大阪肥後橋駅前から見た肥後橋駅周辺
南方向、肥後橋〜難波方面の眺め。中央に聳えるのはD'グラフォート 大阪 N.Yタワー HIGOBASHIという高さ150.7mの超高層マンションです。都心部に建てるならこうあるべきという秀逸なデザインだと個人的には思っています。

チャオ・サイゴン(アパホテル大阪肥後橋駅前30F)
チャオ・サイゴン、テラス席の様子。隔てるのはガラス一枚という開放感で最初に訪れた時は本当に驚きました。近くに職場があったら毎日通ってるかもしれません。

チャオ・サイゴン(アパホテル大阪肥後橋駅前30F) 02
チャオ・サイゴンのテラス席、その2。気候の良い時期に大都会の景色を眺めながら食事というのも乙ですね。ここなら夜景も最高に綺麗に見えると思います。

以上、アパホテル大阪肥後橋駅前からの眺めでした。他所ではあまり見られない構図が多く、展望スポットとしての価値も非常に高い場所だと思います。チャオ・サイゴンは平日のランチなら1,000円でハーフバイキングを楽しめますので、機会があればぜひ訪れてみてください。料理も美味しく、ベトナム人?の店員さんも愛想が良くて感激しました。撮影にも協力していただいて本当に感謝です。

今回の写真、実は数ヶ月前に撮影していたのですが、何故かその存在を完全に忘れていました。中之島フェスティバルタワーの記事を書く時に1枚使用してそれっきり。まだある程度新鮮なうちに掲載できて良かったと思っています。

大阪都心360度パノラマ from オリックス本町ビル

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その3です。

東西南北全ての方向に展望窓があるオリックス本町ビルの特徴を生かして、360度のフルパノラマ写真を作成しました。整然とした大阪都心の街並みや梅田〜中之島の高層ビル群、眼下に伸びる阪神高速など、大迫力の眺望をお楽しみ下さい。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)

地理的に大阪の中心と呼んでも差し支えない場所に建っているので、これほど360度パノラマに適したスポットはありません。梅田スカイビルなんかも360度撮影が可能ですが、空中庭園には視界を遮る構造物があったりして中々難しいのです。そんなわけで初の360度パノラマ写真となりました。臨場感を出す為にかなり広角で撮影していますので、よく見ると結合部の粗が見えてしまうかも。その辺はご容赦下さい。

これでオリックス本町ビルからの眺めシリーズは一旦終わりです。いずれ夜景写真や動画でも紹介しようと思っています。この展望台については多くのブログ仲間の方々がほぼ同時に記事を書かれており、皆さん大絶賛されています。百聞は一見にしかず、機会があればぜひ訪れてみてください。感動すること間違いなしです。


※2012/05/29 画像を更新しました。

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め

約1ヶ月ぶりの更新となりました。出張とはいえ、お待たせして申し訳ないです。

今回は待ちに待った大阪の新しい展望スポット、オリックス本町ビル 展望テラスからの眺めをご紹介します。オリックス本町ビルオリックスグループの大阪本社として、本町駅前の旧大阪銀行本店跡地に建設された超高層オフィスビルです。

最上階となる28階にはクロステラス本町(レストランと情報スペース)、そして展望テラスが設けられています。本町エリアとしては初の展望台ということで、その眺望が果たしてどのようなものなのか、早速体験してきました。

オリックス本町ビル 外観
オリックス本町ビルの外観です。石造りの落ち着いた色調とシンプルなデザインで都心の雰囲気とマッチしています。高さは133m。

クロステラス本町 ロゴ
エレベーターを降りるとクロステラス本町への入り口があります。いきなりレストランのメニュー看板があるので、展望目的のみで入ってよいものか最初は戸惑いました。従業員の方に聞いたところ特に問題はないようです。もちろん一般人もOK。

クロステラス本町 情報スペース
クロステラス本町の中にある情報スペース。大阪市の観光情報を中心にディスプレイされています。見ての通り、それほど大規模なものではありません。

オリックス本町ビル 展望テラスの様子 01
レストランを通り抜け展望テラスへ。この開放感は凄いです。天井からも燦々と太陽が降り注ぎます。一応空調は効いてますが、この時期だと暑いくらいでした。

オリックス本町ビル 展望テラスの様子 02
展望窓はなんと東西南北全ての方向に設置されていました。これで無料の展望台なのですから、満足度は最高峰だと思います。オリックスさん、本当にありがとう!

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 01
まずはメインとなるであろう北側の眺望です。梅田〜中之島方面の高層ビル群が綺麗に見えました。中央を南北に走るのは四つ橋筋です。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 02
梅田〜中之島方面 その2。ビル群が目前に迫ってくる感じで大迫力です。

オリックス本町ビル 展望テラスより中之島方面
中之島西部方面です。中之島が東西に長いというのが良く分かります。手前には靱公園の緑、背後には福島駅周辺のタワーマンション群が顔を覗かせています。

オリックス本町ビル 展望テラスより北浜方面
北浜方面です。天満周辺や京橋周辺と重なって重厚なビル群に見えました。

オリックス本町ビル 展望テラスより谷町方面
東方向、谷町方面です。手前にはセントレジスホテル大阪の入る本町ガーデンシティ。眼下には阪神高速東大阪線が一直線に伸び、生駒山へと続いていきます。

オリックス本町ビル 展望テラスより難波方面 01
南方向、心斎橋〜難波方面です。今までこの方向をしっかりと見られる場所は無かったので、とても新鮮です。ホテル日航大阪と南海サウスタワーホテル(現スイスホテル)くらいしか高層建築が無かった時代と比べれば隔世の感があります。

オリックス本町ビル 展望テラスより難波方面 02
心斎橋〜難波方面 その2。南海難波駅周辺(左)とJR難波駅周辺(右)の2つの高層ビル群が、阪神高速環状線を挟んで対峙しています。

オリックス本町ビル 展望テラスより大阪ベイエリア方面
西方向、大阪ベイエリア方面です。午前中だったので西の空が綺麗に見えました。

さすが大阪都心中心部からの眺めですね。あまりにも見所が多いので今回はとりあえず展望フロアの様子と俯瞰写真を中心に紹介してみました。次回は望遠写真を使って個別のスポットを見て行こうと思います。お楽しみに。

水呑地蔵院から見た大阪の高層ビル群

約2年ぶりに生駒山の水呑地蔵院へ行ってきました。過去に一度取り上げたことがありますが、時間帯が悪かったので再撮影しようと思ったのがきっかけです。まぁ天候が見事に外れたわけですが、お蔵入りにするのも勿体無いので掲載します。

水呑地蔵院 01
水呑地蔵院への入り口。八尾市内から峠道を登って10分程度で着きます。(地図

水呑地蔵院 02
参道にある地蔵たち。古くから守られてきた場所というのが良く分かります。

水呑地蔵院 03
ここから本堂、展望台へと続いていきます。

水呑地蔵院 04
水呑地蔵院の本堂です。地蔵尊は承和3年(836年)に安置されました。

水呑地蔵院 05
本堂の横には清水が湧き出る祠があります。この水は弘法水といわれ、弘法大師が十三峠を越える旅人のために祈願して得た霊水と伝えられています。

水呑地蔵院 06
本堂前の展望台です。標高は350mくらいでしょうか。ハイカーが立ち寄ったり、近場の小学生が遠足で訪れたりします。以下、展望台からの超望遠撮影。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 01(大阪城〜梅田)
大阪城〜梅田方面です。空気の状態が悪いので遠くの方が霞んでますが、建物が判別できる程度までは写ってました。これぞ大都会の眺めです。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 02(中之島〜北浜)
谷町〜北浜〜中之島方面です。こちらもダイナミックな景観になってきました。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 03(OBP)
京橋OBP方面です。手前はどのあたりだろうと考えながら見るのも面白いかも。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 04(本町)
本町方面です。本町ガーデンシティ本町南ガーデンシティオリックス本町ビルの完成により、かなり密度がアップしてきました。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 05(難波〜上本町)
難波〜上本町方面です。京セラドーム大阪や弁天町も見えています。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 06(天王寺・阿倍野)
天王寺・阿倍野方面です。阿部野橋ターミナルビルのクレーンが見えています。あべのキューズモールの開業もあって最近何かと話題になります。

こんな感じで今一な写真になりました。この天候ではパノラマ写真を作る気にもなりません。またも宿題となってしまったようです。やっぱり山からの景色は冬場の方が良いですね。連休中にもう一度行けたら写真の差し替えをするかもしれません。

<< 新しい記事 1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 北浜

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top