北浜

TOP > 高層ビル・再開発 > 北浜

1 2 3 4 古い記事 >>

大林組 GALLERY O 大阪梅田〜難波 都市模型

大阪大林ビル1階ロビーに「GALLERY O」という展示スペースがあります。大阪における大林組の主要プロジェクトを紹介するという趣旨で、巨大な大阪都心部の模型など魅力あるコンテンツが展示されており、都市開発ファンには必見の内容です。

GALLERY Oは大阪都心部から広がる関西エリアにおけるさまざまなプロジェクトを通して、新たな時代をリードする「都市・建築・空間」の魅力を創造する大林組の取組みを人々に発信する場です。都心を含む広範囲の模型により都市再生の今を表現するとともに、大林組による設計及び施工プロジェクトや最新技術を映像やパネルで紹介し、また定期的に展示内容を改訂することでタイムリーな情報を継続的に発信してまいります。(公式パンフレットより)

大林組 GALLERY O ロゴ
GALLERY O (OSAKA OBAYASHI OPEN-NETWORK)のロゴ。

大林組 GALLERY O 全景
GALLERY Oの全景。中央部の巨大模型が目を引きます。

大林組 GALLERY O 展示パネル
大林組の主要プロジェクトを紹介するパネルが並ぶ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 01
大阪都市模型の全体像。梅田、難波、御堂筋、中之島エリアにおける10階建て以上の建物を1/1000で立体化しています。ガラスで覆われていないのが良い感じ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 02
大阪都心北部エリアの様子。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 梅田周辺
梅田周辺を東側から俯瞰。大林組が設計・施工に関わった主要プロジェクトは透明のモデル、それ以外は半透明のモデルで区別されているようです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 01
グランフロント大阪は低層部の植樹まで再現。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 02
梅田スカイビルとグランフロント大阪。うめきた2期地区の進展が楽しみになります。

大林組 GALLERY O 大阪都心模型 西梅田周辺
西梅田周辺。梅田ダイビルと明治安田生命大阪梅田ビルの配置がおかしいので、警備の人に軽く告げておきましたが直してもらえるかどうかは不明。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 01
中之島周辺を東側から俯瞰。中之島フェスティバルタワーの模型はありません。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 02
中之島周辺を西側から俯瞰。建設中のダイビル本館堂島 ザ・レジデンス マークタワーの模型があります。新ダイビルは旧建築のままです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 難波周辺
南海難波駅周辺。さすがになんばパークスの造形は気合いが入っています。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 03
少し目線を落として見ると凄く立体的な街並みに見えます。

GALLERY Oは大阪市中央区北浜東4-33、大阪大林ビル1階ロビーにて平日の午前8時〜午後9時まで開放されています。この大阪都市模型は一見の価値がありますので、ぜひ訪れてみて下さい。地下鉄・京阪北浜駅から徒歩5分程度です。

一部新しいビルが再現されていなかったり、天王寺・阿倍野周辺が切れてしまっていたりと少し残念な点もありますが、あべのハルカス周辺の模型は近鉄大阪阿部野橋駅構内に展示されていますので合わせて楽しむのがベストかもしれません。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 2012年6月

(仮称)大阪市中央区北浜東計画は大阪大林ビル(大林組本店)西隣で建設中の超高層タワーマンションです。地上41階建て、高さ142.45m、総戸数350戸の大規模なプロジェクトで、2014年9月の竣工を目指しています。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 立面図
(仮称)大阪市中央区北浜東計画の北側立面図です。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 2012年6月 01
現地の様子を北西側から撮影しました。既に本体工事が始っているようです。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 2012年6月 02
現時点で正式名称は不明ですが、建築主が三井不動産レジデンシャルですので、同社の高層マンションブランド、パークタワーシリーズになるのではないでしょうか。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 2012年6月 03
敷地の西側から撮影。バックの大阪大林ビル(高さ120m、1973年竣工)は大阪で最も古い100m超の高層ビルです。大林組本店は建設中のダイビル本館(中之島)に移転する予定ですが、その後に何らかの動きがある可能性があります。

(仮称)大阪市中央区北浜東計画 模型
大阪大林ビル1階に展示されているジオラマには、既に本計画の模型が設置されています。透明なビルが大阪大林ビル、その右隣が(仮称)大阪市中央区北浜東計画です。高さ20m程度の差ですが、大林ビルよりもかなり大きく見えます。

前回の記事で紹介した高麗橋地区地区計画は東横堀川を挟んだ目と鼻の先ですので、こちらも高層化されるようだと将来は立派なスカイラインが形成されているかもしれません。今後も合わせてウォッチングしていきたいと思っています。

北浜 高麗橋地区地区計画 2012年6月

大阪市中央区高麗橋1丁目〜今橋1丁目にある日経高麗橋ビル日経今橋ビルを再開発する高麗橋地区地区計画の縦覧が2012年6月8日まで行われていました。地下鉄北浜駅に近い場所で、大阪市が水辺再生事業の一環として力を入れている東横堀川に隣接する東横堀公園と一体化した再整備が期待されています。

高麗橋地区地区計画 地図
大阪市資料より。A地区(日経高麗橋ビル)、B地区(現在駐車場として利用されている)、C地区(日経今橋ビル)の3つに分けて再開発が行われる予定。

高麗橋地区地区計画 2012年6月
現地の様子。右の白いオフィスビルが日経今橋ビル。その左側の茶色っぽいビルが日経高麗橋ビルです。背後には日本一高いマンションのザ・北浜が建っています。

日経高麗橋ビル 2012年6月
A地区となる日経高麗橋ビル。共同通信社や日経広告大阪本社などが入居していました。地区計画では建築物の容積の集約化を行い、土地の高度利用と情報発信・業務機能の更新を図るとされています。容積率は700%なので高層化が可能です。

日経今橋ビル 2012年6月
C地区となる日経今橋ビル。外観は結構新しめに見えますが1980年竣工のようです。地区計画では業務・商業・居住・宿泊機能等の整備を図るとされています。

東横堀公園 2012年6月
東横堀公園の様子。右側の黒っぽい建物がB地区です。地区計画では東横堀公園に隣接する立地特性を活かしながら、一体性のある空間整備を図るとされています。

高麗橋 2012年6月
高麗橋の様子。江戸時代には大坂街道の起点として整備されました。東横堀川は阪神高速に蓋をされるような形になっていて、昼間でも薄暗いのが残念です。

計画地周辺は、かつての堺筋の繁栄を物語るかのように老朽化した古いオフィスビルが多く、今後も色々と再開発の案件が出てきそうな印象を受けました。大阪のオフィス軸は御堂筋〜梅田へと移っているため、業務地区としての再生は困難かもしれませんが、水辺を利用した観光スポット化、および商業・居住・宿泊機能を上手く組み合わせて昔のような活気ある街に生まれ変わって欲しいと願っています。

箕面スカイアリーナから見た大阪市中心部の眺め

読者から箕面スカイアリーナの写真を掲載して欲しいというリクエストがあり、箕面スカイアリーナとは何ぞや?と思って調べてみるとリンク先の大阪情報サロンさん等、いくつか紹介されているブログを発見、確かに大阪方面の眺望はかなり良さそう。箕面にはあまり土地勘が無いので、ナビを頼りにして早速行ってみました。

箕面スカイアリーナと中池公園
箕面スカイアリーナと中池公園。バックには箕面山が広がっています。

箕面スカイアリーナ 正面
箕面スカイアリーナ、正式名称は箕面市立第一総合運動場市民体育館となっています。正面玄関にあるエレベーター棟の中央部分が展望台のような形になっており、そこから遮る物のない広大なパノラマを楽しむことができます。

箕面スカイアリーナ ブリッジ
エレベーター棟から体育館へと続くブリッジの様子。

箕面スカイアリーナから大阪方面の眺望
箕面スカイアリーナからの眺望。写真左側に箕面市、右側に池田市の住宅街が広がっています。遠くには大阪市内の摩天楼がうっすらと見えています。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 1
大阪市中心部をクローズアップ。箕面から都心までは15kmほど離れていますので、距離感が圧縮されてまるで一つの高層ビル群のように見えます。背後の山並みは良くわかりませんが葛城山〜金剛山のあたりでしょうか。高野山方面かも。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 2
梅田、中之島方面を中心にさらに寄ってみる。ビルの重なり具合が凄く良い感じです。雲一つない快晴だったのが逆に災いして霞んでしまったのが残念。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 3
さらに梅田中心部へ。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーあべのハルカスという大阪の三大プロジェクトが横一線に並んでいるように見えます。

アクセスですが、大阪市内からだと新御堂筋を北へ向かって萱野交差点を左折、国道171号に入って牧落交差点を右折、箕面市役所の横を通り箕面五丁目交差点を左折、阪急線の踏切を超えて1kmほどでスカイアリーナの案内板が見えてきます。公共交通機関だと阪急箕面駅から徒歩25分程度と少し距離があります。千里中央駅から路線バスが出ているようなので、そちらの方が良さそうです。地図はこちら

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので興味のある方はご覧下さい。

1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 北浜

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top