京橋・OBP

TOP > 高層ビル・再開発 > 京橋・OBP

1 2 3 4 古い記事 >>

OBP 大阪ビジネスパークの再開発 2014年10月

大阪砲兵工廠跡地の再開発として1980年代に開発がスタートした大阪ビジネスパーク(OBP)。1990年頃には大阪を代表する副都心としての地位を確立しましたが、バブルの崩壊を経た後、梅田周辺へのオフィス集積によって空室率の悪化が進み、ビジネスエリアとしての地位は低下するばかりでした。

しかし2014年に入って地権者からなるOBP開発協議会は地区の用途を、学校・病院・賃貸マンションへと広げることを決定。さらにパナソニック大阪京橋ビルの建替え、KDDI大阪第2ビルの建設、そして読売テレビが地区内に新社屋の建設を発表するなど、ここにきて新たな再開発計画が一気に浮上するという急展開となりました。

OBP 大阪ビジネスパーク 全景 2014年9月 01
大阪ビジネスパークの全景。シンプルなデザインのビルが建ち並ぶ。


■ (仮称)新MID大阪京橋ビル(パナソニック大阪京橋ビル建替え)

昭和49年に建設されたパナソニック大阪京橋ビル。地上8階建て、1〜3階には旧松下電工のショールームが入居していた。現在、解体工事が進行中で、跡地には地上22階建て、高さ116.27mのビルが建設される予定。関西電力系通信会社のケイ・オプティコムが2017年度にも本社を移転して入居する見通し。

パナソニック大阪京橋ビル 建替え 2014年9月 01
右側手前でパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が行われている。

パナソニック大阪京橋ビル 建替え 2014年9月 02
ここに高層ビルが建つとOBPのスカイラインは大きく変わることになるだろう。


■ KDDI大阪第2ビル(TELEHOUSE OSAKA 2)

KDDI大阪ビルの隣接地に建設中のKDDI大阪第2ビル
地上20階建て、高さ130m。内部には国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター、「TELEHOUSE OSAKA 2」が設置される。2015年6月の完成予定。

KDDI大阪第2ビル(TELEHOUSE OSAKA 2) 完成予想パース
KDDI大阪第2ビル(TELEHOUSE OSAKA 2)の完成予想図。

KDDI大阪第2ビル(TELEHOUSE OSAKA 2) 2014年9月
KDDI大阪第2ビル、建設工事の様子。


■ 読売テレビ放送 新社屋

読売テレビ放送がシアターBRAVA!跡地に建設を計画している新社屋。現社屋が手狭になったことや、放送設備の更新が近いことを理由に、高さ80m程度の新ビルを建設し移転する計画。2016年秋の着工、2019年夏に開局する予定。

読売テレビ 新社屋 イラスト
読売テレビ放送 新社屋のイメージイラスト。

シアターBRAVA!(読売テレビ 新社屋 建設予定地) 2014年9月 01
読売テレビ放送 新社屋の建設予定地。右側が閉館したシアターBRAVA!。

シアターBRAVA(読売テレビ 新社屋 建設予定地) 2014年9月 02
イメージ図を見ると現在駐車場になっている広大な敷地も使用される見通し。

読売テレビ放送 本社ビル 2014年9月
現在の読売テレビ本社ビル。移転後の活用方法が注目される。


■ その他

OBP 富士通所有地 2014年9月
一連の再開発が進むと、残る空き地はこの駐車場のみとなる。地権者は富士通。前述の地区用途拡大によって、新たな複合施設の建設が発表される可能性も。

OBP 大阪ビジネスパーク 全景 2014年9月 02
寝屋川とOBP。観光客を乗せた水上バスが行き交う。

開発スタートから30年の時を経て、第二次再開発といっても過言ではないほどの新たな局面に突入したOBP。大阪城公園に近く、河川に囲まれた環境、そして都心部に比べて津波などの自然災害に強いというメリットがあるだけに、新たな開発が成功すれば、魅力のあるオフィスエリアとして見直されていくのではないかと思います。

大阪城公園の桃と梅 2012年4月

新年度が始まりました。巷では入学式、入社式などが行われており、電車に乗っている若者を見ていると、自分も気を引き締め直して頑張ろうという気持ちになります。

先週末、晴天の大阪城公園へ行ってきました。桜にはまだ早く、梅や桃には少し遅い微妙な時期でしたが、まだ花が残っている木々もありました。

大阪城 桃園 2012年4月 01
大阪城公園の桃とクリスタルタワー。ガラス張りのビルは青空に映えます。

大阪城 桃園 2012年4月 02
桃園 その2。園内には12品種200本の桃が植えられています。

大阪城 梅林 2012年4月 01
こちらは梅です。殆ど散っていましたので、僅かに残っている花を撮影。

大阪城 梅林 2012年4月 02
梅林 その2。梅と桃と桜はパッと見て区別できないことがありますね。

OBP 大阪ビジネスパーク 2012年4月
OBP 大阪ビジネスパーク方面。爽やかな春の一日でした。

大阪城天守閣 2012年4月 01
極楽橋と大阪城。春休みということで天守閣は観光客で溢れかえっていました。

大阪城天守閣 2012年4月 02
大阪城天守閣を正面から。まもなく大阪城公園内や大川沿いの桜が咲き始めることでしょう。また満開の時期にゆっくり訪れたいと思っています。

箕面スカイアリーナから見た大阪市中心部の眺め

読者から箕面スカイアリーナの写真を掲載して欲しいというリクエストがあり、箕面スカイアリーナとは何ぞや?と思って調べてみるとリンク先の大阪情報サロンさん等、いくつか紹介されているブログを発見、確かに大阪方面の眺望はかなり良さそう。箕面にはあまり土地勘が無いので、ナビを頼りにして早速行ってみました。

箕面スカイアリーナと中池公園
箕面スカイアリーナと中池公園。バックには箕面山が広がっています。

箕面スカイアリーナ 正面
箕面スカイアリーナ、正式名称は箕面市立第一総合運動場市民体育館となっています。正面玄関にあるエレベーター棟の中央部分が展望台のような形になっており、そこから遮る物のない広大なパノラマを楽しむことができます。

箕面スカイアリーナ ブリッジ
エレベーター棟から体育館へと続くブリッジの様子。

箕面スカイアリーナから大阪方面の眺望
箕面スカイアリーナからの眺望。写真左側に箕面市、右側に池田市の住宅街が広がっています。遠くには大阪市内の摩天楼がうっすらと見えています。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 1
大阪市中心部をクローズアップ。箕面から都心までは15kmほど離れていますので、距離感が圧縮されてまるで一つの高層ビル群のように見えます。背後の山並みは良くわかりませんが葛城山〜金剛山のあたりでしょうか。高野山方面かも。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 2
梅田、中之島方面を中心にさらに寄ってみる。ビルの重なり具合が凄く良い感じです。雲一つない快晴だったのが逆に災いして霞んでしまったのが残念。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 3
さらに梅田中心部へ。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーあべのハルカスという大阪の三大プロジェクトが横一線に並んでいるように見えます。

アクセスですが、大阪市内からだと新御堂筋を北へ向かって萱野交差点を左折、国道171号に入って牧落交差点を右折、箕面市役所の横を通り箕面五丁目交差点を左折、阪急線の踏切を超えて1kmほどでスカイアリーナの案内板が見えてきます。公共交通機関だと阪急箕面駅から徒歩25分程度と少し距離があります。千里中央駅から路線バスが出ているようなので、そちらの方が良さそうです。地図はこちら

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので興味のある方はご覧下さい。

KKRホテル大阪からの眺め 2012年1月

遅ればせながら新年おめでとうございます。昨年はサイト、ブログ、YouTubeへ沢山のアクセスをして頂き、本当にありがとうございました。今年も宜しくお願いします。

といっても昨年のクリスマス以来、何も撮影していなかったので全然ネタがありません…。とりあえず新しい年の初めなので大阪城の入ってる構図がいいなと思い、KKRホテル大阪へ行ってきました。以前にも紹介したことがある12階のレストランです。

KKRホテル大阪から見た大阪城 2012 01
大阪城公園の全景と天守閣。相変わらず絶好の撮影スポットです。

KKRホテル大阪から見た大阪城 2012 02
大阪城天守閣。右手前には旧大阪市立博物館(旧陸軍第四師団司令部庁舎)があります。バックの都島方面にはセントプレイスタワーが完全に立ち上がっていました。北摂方面の山々も近くに感じるくらい綺麗に見えています。

KKRホテル大阪から見た梅田方面 2012
大阪府庁(手前)と梅田方面の高層ビル群。グランフロント大阪のAブロックが姿を現しました。今年中頃にはビルの外観が完成するものと思われます。

KKRホテル大阪から見たOBP方面 2012
OBP 大阪ビジネスパーク方面。こちら側はあまり変化がありません。

昨年は動画をブログの柱にしようと必死に頑張った1年でした。おかげさまでYouTubeの公式パートナーになることができ、それなりに充実したコンテンツを提供できたと思っています。しかし動画の撮影、編集は作業量が膨大で、サイトを含めた全体の更新頻度が低くなっていたことが反省点です。今年は動画のみに注力することなく、バランス良くやっていけたらなぁと思っています。それでは今年も1年宜しくお願いします。

1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 京橋・OBP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top