展望台からの眺め

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

あべのルシアスからの眺め

今回は大阪市阿倍野区にある「あべのルシアス」からの眺めを紹介します。

あべのルシアス」は大阪市が進めている阿倍野再開発事業の一部として1998年に開業した大型複合ビルです。運営は近鉄グループが行っており、連絡通路で繋がった隣のアポロビルと共に、天王寺、阿倍野地区の繁華街の重要な一角をなす商業施設となっています。

このビルの15階と16階の吹き抜け空間に「スカイギャラリー」という展示会向けのスペースがあり、展望台としても利用できるようになっています。

あべのルシアスから北方向の眺め
あべのルシアスから北方向の眺めです。眼下に広がるのは「天王寺公園」。バックには大阪都心の大パノラマが広がります。時間的に手前側が影になっていて残念ですが、この日はおおむね快晴の気持ち良い眺めでした。

通天閣と難波の高層ビル群
通天閣とバックにそびえる難波の高層ビル群です。こういう角度だと通天閣はビル群の中に埋もれてしまいます。左端には「なんばグランドマスターズタワー」という新しい高層マンションが建設中です。

あべのルシアスから梅田方面
梅田方面の眺めです。かなり距離があって普通は霞んでしまうのですが、この日は綺麗に見えました。

あべのルシアスから北浜方面
北浜〜天満方面の眺めです。手前の夕陽丘地区にはたくさんのお寺が建ち並んでいます。バックには箕面〜吹田〜茨木にかけての山々が連なっています。ここまで見える日は珍しいと思います。

あべのルシアスから弁天町方面
弁天町方面の眺めです。大阪ドームや弁天町の高層ビルの背後に六甲の山並みが連なっています。大自然に囲まれた関西地方の素晴らしさを感じます。

弁天町の高層ビル群
弁天町駅前の超高層ビル群です。超高層マンション「クロスタワー大阪ベイ」や「ORC200」など、200m級の高層ビルが建ち並びます。大阪市は弁天町周辺をキタ、ミナミに対抗して「ニシ」と呼ばせようと頑張っていた時期がありましたが、いまだ定着していません。

あべのルシアスから東大阪方面
JR天王寺駅前から東大阪方面にかけての眺めです。天王寺地区の高層マンションの先駆け「セントラルレジデンス天王寺シティタワー」が目立ちます。バックには紅葉に染まった生駒山が綺麗に見えました。

今回は空気が澄んでいたので、バックの山々を驚くほど綺麗に収めることができました。カメラマンとしてはこういう日に出会えると幸せな気分になります。

あべのルシアス スカイギャラリー」はあまり知られてなく穴場的な展望台ですので、天王寺にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。ゆったりと眺めを楽しめると思います。

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

ブリーゼタワーからの眺め

ブリーゼタワー
今回は西梅田の「ブリーゼタワー」へ。そういえば開業後すぐに訪れて以来ずっと行っていませんでした。もちろん33階の展望フロアへ直行です。

ブリーゼタワーから堂島周辺を見下ろす
ブリーゼタワーから見た堂島周辺です。至る所で高層化が進んでいます。写真中央下の白亜のビル「ホテルエルセラーン大阪」が完成に近づいています。

ブリーゼタワーから中之島西部地区を見下ろす
ブリーゼタワーから見た中之島西部地区です。お昼の3時頃なのですが最近日が落ち始めるのが早くて、既に思いっきり逆光気味でした。

ブリーゼタワーから中之島バラ園を見下ろす
中之島バラ園の周辺です。中之島の緑と両サイドの河川が「水都大阪」らしい風景を演出します。川の上を縦横に走る都市高速も重要なポイントです。

ブリーゼタワーから東方向を見下ろす
ブリーゼタワーから見た東方向の眺望です。中央の梅田新道交差点を境に国道1号線(奥)と国道2号線(手前)に分かれます。遠くに見える生駒山を超えると奈良県に入ります。

ブリーゼタワーから大阪駅周辺を見下ろす
ブリーゼタワーから見た大阪駅周辺です。今回ここに来た目的は「梅田阪急ビル」を含めたこの構図を撮りたかったから。「アクティ大阪増築工事」も順調に進んでいます。

この展望窓には飛散防止の鉄線が入っているので綺麗に撮るのは難しいのですが、大口径レンズを使用して絞り開放で撮影することで、鉄線をぼかして写り込みを最小限に抑えることが出来ます。ちょっとした撮影テクニックなので参考までに。

ブリーゼタワーは大阪市中心部の再開発状況をウォッチングするのに最適だと改めて感じました。こんな素晴らしい眺望を無料で開放してくれたサンケイビルさんに感謝です。

大阪市交通局庁舎からの眺め

大阪市西区にある「大阪市交通局庁舎」からの風景をご紹介します。

このビルは2004年に完成した17階建ての新庁舎で、建設前から「豪華すぎる」とか「税金の無駄遣い」(総事業費180億円)とか色々と言われていました。確かに完成当時は交通局が赤字を出していましたので批判は当然だったと思います。(ちなみに2005年度以降は黒字)

それはさておき、このビルの14階に職員向けの食堂があり、そのエレベーターホールからの眺めがまた格別なのです。もちろん食堂は一般市民も利用できますので庁舎内に入っても全く問題ありません。(写真撮影は事前に確認を取りました)

大阪市交通局庁舎から梅田方面の高層ビル群を臨む
梅田を中心とした眺めです。ビル群がどんどん拡大しています。

大阪市交通局庁舎から梅田方面の高層ビル群を拡大
梅田〜中之島方面を望遠撮影。いつの間にか梅田のビル群の大部分が中之島のビル群に隠れてしまうようになりました。

大阪市交通局庁舎から都心方面
大阪都心方面の眺めです。シンプルなオフィスビルと細身のタワーマンションがアクセントになっています。この辺りも変化の激しいエリアです。

大阪市交通局庁舎から堀江方面
堀江方面の眺めです。。こちら側にも高層マンションが増加中。中央手前に建設中のマンションは「ヴィークタワー南堀江」(118.4m)、右端は「ドゥーシェ南堀江」(85.28m)です。

大阪市交通局庁舎から心斎橋方面
京セラドーム大阪」越しに見る心斎橋方面。中央の高層マンションは「エルザグレース堀江タワー」(136.2m)。遠くには生駒山系の山々が連なっています。

大阪市交通局庁舎」、ビルの高さもあり中々満足感のある眺望だと思います。京セラドーム大阪へお越しの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?メインサイトの方ではパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

エプソン大阪ビルからの眺め

だんだんと寒くなってきて少しずつ冬の到来を感じるようになりました。もうしばらくすると街中到る所でクリスマスイルミネーションが輝きはじめるでしょう。一年というのは本当に早いものです。

さて今回は大阪本町にある「エプソン大阪ビル」からの都市風景をご紹介します。このビルは名前の通り「セイコーエプソン」の関西での拠点となる21階建て(高さ91.65m)の高層オフィスビルです。最上階に湯豆腐で有名な「梅の花」の本町店が入っており、待合室から北側の風景を楽しむことができます。

エプソン大阪ビルから見た梅田方面
エレベーターを降りると、いきなり広がるこの風景。眼下に銀杏並木の御堂筋、そしてバックに梅田方面の高層ビル群と、まさに大阪の中心といった感じです。茶色い大きな伊藤忠ビルの手前にある寺院は御堂筋の名前の由来にもなっている「南御堂」です。右手前のクレーンは「本町南ガーデンシティ」の建設現場です。

エプソン大阪ビルから見た梅田方面2
梅田方面をクローズアップしました。最高部まで達した「梅田阪急ビル」、「JR大阪駅新北ビル」、「大阪富国生命ビル」が加わり、さらに重厚なビル群になりつつあります。

エプソン大阪ビルから見た大阪都心
「本町ガーデンシティ」を中心に撮影。このビルには最高級ホテル「セントレジス大阪」が日本に初進出します。ここからの眺めもおそらく素晴らしいものになるでしょう。気軽に泊まれる値段では無いでしょうが・・・。

エプソン大阪ビルから見た中之島
中之島西部をクローズアップしました。ほたるまちの「The Tower Osaka」等が加わり、綺麗なスカイラインを形成しつつあります。ただし利用者数の低迷する京阪中之島線を活性化させるためには更なる再開発が必要になりそうです。

エプソン大阪ビルから見た淀屋橋、北浜
淀屋橋〜北浜方面です。こちら側には「The Kitahama」を筆頭に超高層マンションが増加しています。手前は「大阪国際ビル」を中心とした堺筋本町駅周辺です。

梅の花 本町店の待合室
「梅の花 本町店」の待合室の様子です。接待等で使われることも多いので、かなり贅沢な作りになっています。

今回の撮影時は爽やかな秋晴れでしたので、六甲や能勢方面の山々が綺麗に見えて良かったです。メインサイトの方ではパノラマ写真も公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top