展望台からの眺め

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

高槻市総合センターからの夕景 2014年1月

久々に高槻市総合センターの展望ロビーを訪れました。

JR高槻駅北東地区(MUSEたかつき)の再開発が大詰めを迎えていることもあって、景観がどのように変化しているのか確認するのが目的です。やはり冬場は空気が綺麗で見通しが良く、展望台からの俯瞰写真を撮影するには好都合な環境でした。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 01
JR高槻駅方面の夕景。ポンポン山を始めとする背後の山々が綺麗です。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 02
JR高槻駅周辺。左側にローレルスクエア高槻のツインタワー。右側にジオタワー高槻ミューズフロントと建設中のジオタワー高槻ミューズガーデンが建ち並ぶ。

MUSEたかつき 夕景 2014年1月
MUSEたかつきの夕景。この2棟に加えて、もう1本ジオ高槻ミューズスイートというタワーマンションが建つ予定でしたが、現在工事は中断されているようです。

阪急高槻市駅周辺 夕景 2014年1月
阪急高槻市駅周辺の夕景。視線の先は京都府になります。

高槻市役所から南方向 夕景 2014年1月
南側展望窓からの夕景。枚方市、寝屋川市といった北河内の市街地が広がる。

高槻市役所から大阪都心部を臨む 夕景 2014年1月
遠くには大阪市中心部の高層ビル群が見える。左側にはあべのハルカスも。

高槻市役所から西方向 夕景 2014年1月
西側展望窓からの眺望。茨木、吹田方面に沈みゆく夕陽が綺麗でした。

10月〜3月の間は18時に閉まってしまうので、夜景をゆっくりと鑑賞するには4月〜9月に訪れる必要があります。空気の綺麗な冬場に夜景を見られないのは残念ですが、この地域の展望台は貴重な存在なので、これからも大事にしていきたいですね。

鉢伏山 はびきの中央霊園からの眺め 2013年9月

羽曳野市の鉢伏山(標高211m)の中腹にあるはびきの中央霊園からの眺めをご紹介します。リンク先の大阪情報サロンさんで紹介されていたスポットなのですが、かなり眺望が良さそうだったので、奈良方面へ抜けるついでに立ち寄ってみました。

はびきの中央霊園からの眺め 2013年9月 01
はびきの中央霊園の休憩所にある展望台から見る大阪市内方面の眺め。手前にある墓地が霊園の一部です。こんな場所であれば御先祖様も喜ぶでしょう。

はびきの中央霊園からの眺め 2013年9月 02
堺方面の眺め。一つ上の写真も同じく、手前のあたりには大小様々な古墳が密集しており、古市古墳群と呼ばれています。小さい山のようなものは全て古墳です。

はびきの中央霊園からの眺め 近鉄河内国分駅周辺 2013年9月
近鉄大阪線の河内国分駅周辺です。右手に見えるのは生駒山地の南端にあたる高尾山。大和川を挟んで南側は金剛山地へと連なっていきます。

はびきの中央霊園からの眺め 南海北野田駅方面 2013年9月
南海高野線の北野田駅周辺。高層マンションが建ち並んでいます。大阪南部は東西鉄道が走っていないので、市町村の位置関係が分りづらかったりします。

はびきの中央霊園からの眺め 富田林 PLの塔(大平和祈念塔) 2013年9月
富田林方面の眺め。PLの塔(大平和祈念塔) が綺麗に見えます。少し離れていますが、ここからなら花火大会も良く見えるのではないでしょうか。

はびきの中央霊園からの眺め 応神陵古墳 2013年9月
古市古墳群で最大の規模を誇る応神陵(誉田御廟山古墳)です。全長は大仙陵古墳(仁徳天皇陵)に次いで第二位、体積は日本一の規模だそうです。

はびきの中央霊園からの眺め 大阪市内の高層ビル群 2013年9月
大阪市内方面の眺め。高層ビル群の大パノラマが広がる。左端にあべのハルカス、都心部を挟んで右端に八尾市のメガシティタワーズという構成。(高解像度版

はびきの中央霊園からの眺め 大阪市中心部の高層ビル群 2013年9月
大阪市中心部をクローズアップ。梅田〜中之島の手前に上本町あたりのビル群が重なっていて大迫力です。手前は仲津山古墳(仲津姫陵)。(高解像度版

はびきの中央霊園からの眺め 西名阪自動車道とあべのハルカス 2013年9月
大阪情報サロンさんでも絶賛されていた西名阪自動車道のS時カーブとあべのハルカス。良くこんなスポットを見つけられたなという感じです。(高解像度版

ご覧のとおり生駒山とはまた趣の異なった素晴らしい眺望で、さぞ夜景も凄いだろうなと思いきや、霊園は18時に閉門するとのこと。時間があれば霊園の外で撮影できそうな場所を探してみようと思います。特に西名阪とハルカスの構図は微速度撮影を行えばかなり印象的な映像を作ることができそうです。

車でのアクセスは府道27号(柏原駒ケ谷千早赤阪線)の駒ケ谷北交差点から南河内グリーンロード(広域農道)に入ってすぐです。電車の場合、近鉄長野線駒ケ谷駅と近鉄大阪線河内国分駅から無料送迎バスを利用できます。(公式サイト

通天閣から見た大阪の夕景 2013年6月

夏至にあたる6月21日前後から7月初頭くらいまでは一年のうちで最も日が長く、日没が19時以降となります。当然、夜景を撮影できる時間は短くなるので、夜景サイト運営者としては悩ましい時期でもあるのですが、仕事帰りでも夕景から撮影を始められるという良い面もあります。そんなわけで今回は通天閣からの夕暮れを紹介します。

あべのハルカス 夕景 from 通天閣 2013年6月
あべのハルカスの夕景。通天閣からの眺望といえば難波やベイエリア方面が中心でしたが、ハルカス効果で現在はこちら側を見ている人が多いような気がします。

上本町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
上本町方面の夕景。駅南側のタワーマンション群にローレルタワー夕陽丘のツインタワーが加わり、以前よりもさらに見栄えのするスカイラインになりました。

大阪城&OBP方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪城方面の夕景。バックには大阪ビジネスパークの高層ビル群が建ち並ぶ。左端のNHK大阪放送局は上町台地の標高差で実際の高さ以上に高く見えます。

松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景。いつの間にかタワーマンションが大幅に増えていました。何本も重なっていて解説を加えるのが難しいです。

東大阪 生駒山方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
東大阪と生駒山方面の夕景。

梅田方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
心斎橋〜中之島〜梅田方面の夕景。中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪梅田阪急ビルなど、横幅の広い高層ビルが増えました。

難波方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
難波方面の夕景。こちら側は距離が近いので迫力があります。

弁天町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
弁天町方面の夕景。六甲山に日が沈む直前の様子。

京セラドーム大阪 夕景 from 通天閣 2013年6月
京セラドーム大阪方面の夕景。

大阪ベイエリア 夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪ベイエリア方面の夕景。南港や港大橋、天保山大観覧車などが写っています。

以上、通天閣からの夕景でした。大阪に住んでいると当たり前すぎて気付かないものですが、西側に海が開けた大都市というのは珍しく、夕陽丘という地名が残っているように、昔の人々も海に沈む夕日の美しさを堪能していたのだろうと思います。まさに地形の偶然が生んだとも言える大阪の景観、大事にしていきたいものです。

あべのハルカス 高さ日本一の300mに到達 写真特集

近鉄百貨店阿倍野本店の建替えプロジェクトとして建設が進んでいる高さ300mの超高層ビル、あべのハルカス。2012年8月30日、鉄骨が300mに到達し、横浜ランドマークタワー(296m)を抜いて日本一の高さになったと発表されました。

最近、日中の自由時間がほとんど取れず、撮影が到達日からかなり遅くなってしまいましたが、高さ300mの威容を伝えるべく写真特集を組んでみました。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 01
通天閣から見た天王寺・阿倍野エリアの全景。景観に1本の芯が入ったようです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 02
あべのハルカス阿倍野再開発地区。周辺にも高層ビルが沢山ありますが、さすがに300mビルの前ではどんなビルでも小さく見えてしまいます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 03
あべのハルカスを中心とした構図。これぞまさに摩天楼です。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 04
やはり縦構図の方が絵になるかもしれません。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 05
天王寺公園側から。誰もがハルカスを見上げながら歩いて行きます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 06
JR天王寺駅前から。ガラスカーテンウォールが青空に映えます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 07
同じくJR天王寺駅前から。JRも対抗して一発奮起して欲しいものです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 08
建設中ずっと高さを伝えてきた垂幕も300m到達 高さ日本一の表示に。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 09
金塚東4号線から。最上部はこちら側から見るとかなり細いです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 13
あべのベルタ前から。この角度から見ると西新宿にありそうな高層ビルに見えます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 10
西側から見上げる。圧倒されそうなくらい物凄い遠近感です。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 11
あべのniniあべのハルカス。新時代の阿倍野を代表する2棟。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 12
北側から見上げる。低層部は近鉄百貨店となります。

前回の取材時は263mでしたが、さすがに300mになると存在感がさらに増していました。通天閣から眺めていると、観光客が「あのでっかいビルは何?」と絶えず話しているのが聞こえてきます。確かに目の前のハルカスを見てしまうと、通天閣をタワーとか展望台と呼ぶのがアホらしくなるくらいの強烈なインパクトがあります。

あべのハルカスの竣工予定は2014年3月、これから内装工事が急ピッチで進められていくことでしょう。百貨店部分は2013年夏にも先行開業するという報道もあり、全館開業に向けて徐々に期待感が高まっていくものと思われます。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top