展望台からの眺め

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

中之島フェスティバルタワーからの眺め (イケフェス大阪2016)

2016年度で3回目の開催となった生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(通称イケフェス)。今回は76件の建物が扉を開き、メインの2日間とプレ期間を含めて109個の見学プログラムが実施されました。その中の一つ、中之島フェスティバルタワーのガイドツアーに参加してきましたので、内容をレポートしておきます。

中之島フェスティバルタワー 2016年11月
中之島フェスティバルタワーの外観。新朝日ビルディングとフェスティバルホールを39階建て、高さ200mの超高層ビルへと建て替えたものです。2012年開業。

イケフェス大阪2016 中之島フェスティバルタワー ガイドツアー 01
ツアーは13階のスカイロビーからスタート。朝日新聞の歴代ビルの変遷について、写真パネルを使って解説して頂きました。、昔の貴重な写真がいっぱいです。

イケフェス大阪2016 中之島フェスティバルタワー ガイドツアー 02
続いて設計を担当した部署の方から構造についての解説がありました。フェスティバルホールを無柱空間にする為、メガトラスという構造を採用しています。

イケフェス大阪2016 中之島フェスティバルタワー ガイドツアー 03
続いてはテラスに出て実物を見ながらの解説。メガトラスの斜めの部分が分割して溶接されている理由は、部材を搬入する橋の耐荷重の制約によるものだったそうです。

イケフェス大阪2016 中之島フェスティバルタワー ガイドツアー 04
ツアーの後半ではなんと屋上へ案内していただけるとのこと。まさかのサプライズに参加者一同エレベーターへ乗り込む前からワクワク感が止まりません。

イケフェス大阪2016 中之島フェスティバルタワー ガイドツアー 05
37階から屋上へと繋がる階段を登っていきます。

中之島フェスティバルタワー 屋上
これが屋上の様子です。あまりの開放感に圧倒されました。

中之島フェスティバルタワー 屋上から東方向
東方向、中之島東部〜生駒山方面。塔屋の壁面があって下側はあまり見えないのですが、さすがは地上200m。素晴らしい絶景を楽しむことができました。

中之島フェスティバルタワー 屋上から東方向 中之島東部方面
中之島東部のバラ園と大阪城、OBP等を収めました。まさに水都大阪ですね。

中之島フェスティバルタワー 屋上から東方向 北浜方面
北浜周辺のタワーマンション群。

中之島フェスティバルタワー 屋上から東方向 OAP方面
OAP方面。背後には鶴見緑地が見えます。

中之島フェスティバルタワー 屋上から南方向
南方向、本町〜難波〜天王寺方面。

中之島フェスティバルタワー 屋上から南方向 あべのハルカス方面
南方向をクローズアップ。あべのハルカスの圧倒的なランドマーク性はやはり凄いです。右側手前で建設中の高層マンションはブランズタワー御堂筋本町

中之島フェスティバルタワー 屋上から南方向 本町周辺
もろ逆光ですが西本町周辺。中央のザ・サンクタスタワー(高さ189m)が巨大です。

中之島フェスティバルタワー 屋上から西方向
西方向は中之島フェスティバルタワーウエストが最上部まで組み上がっている為、ほとんど見えません。眺望は上層部に入るコンラッド大阪に期待でしょうか。

中之島フェスティバルタワー 屋上から北方向
北方向、梅田方面。普段は見ることができない貴重な構図です。

中之島フェスティバルタワー 屋上から北方向 阪急梅田駅方面
阪急梅田駅周辺。梅田阪急ビルを中心としたビル群の谷間から姿を見せるHEP FIVEの観覧車と、遠くには新しいエキスポシティの観覧車が見えています。

中之島フェスティバルタワー 屋上から北方向 JR大阪駅〜グランフロント大阪方面
JR大阪駅〜グランフロント大阪周辺のビル群。ビルの隙間から見えるうめきた2期地区には暫定利用のうめきたガーデンが設営されています。

中之島フェスティバルタワー 屋上から北方向 西梅田方面
西梅田方面。このあたりはビルが近いのでかなり窮屈ですね。

イケフェス大阪2016 フェスティバルホールの大階段
最後はフェスティバルホールの大階段前で解説を聞いてツアー終了となりました。

以上、イケフェス大阪2016中之島フェスティバルタワーガイドツアーの様子でした。ビルの高層階から眺望が見られるのではと予想して参加しましたが、まさか屋上を開放して頂けるとは夢にも思いませんでした。太っ腹な朝日ビルディングさんには本当に感謝です。また来年もどこかの見学会に参加できればと思います。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年2月

大阪工業大学等を運営する常翔学園が茶屋町の旧梅田東小跡地に新キャンパスの建設を進めています。地上22階建て、高さ125メートルの高層ビルに同大学の新しい学部や摂南大など系列大学のサテライトオフィスが入居する予定で、2016年秋の竣工を目指しています。以下、2016年1月〜2月時点の建設状況です。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想パース。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 01
敷地北側の様子。再開発に合わせて道路が拡幅され歩道が新設されました。2011年4月の様子と比べると非常にスッキリしたのが良く分かります。将来的にはヨドバシ梅田北側から新御堂筋まで東西に道路を繋げる計画があります。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 02
北西側からの見上げ。側面は非常にスリムです。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 03
南側からの見上げ。現在は駐車場に面しているので、裏側ということになります。

ヤンマー本社ビル 2016年1月
隣接する街区に先行して建設されたヤンマー本社ビル。外観は風を受ける帆をイメージ。低層階にはユニクロのグローバル旗艦店が入居しています。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 01
HEP FIVE観覧車からの様子。位置的にランドマーク性は非常に高いです。地上からの写真より撮影時期が新しいので、外壁などの工事がさらに進んでいます。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 02
観覧車の頂上付近からは少し角度が変わってこのように見えます。常翔学園 梅田キャンパスが建った為、新御堂筋や茶屋町方面のビル群が見えにくくなりました。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 03
最後は建築雑誌風の縦構図で。

茶屋町周辺 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
以下オマケでHEP FIVE観覧車からの眺めです。まずは茶屋町方面のビル群。地下鉄中津駅前の高層マンション、ザ・セントラルマークタワーが加わりました。

グランフロント大阪 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
そろそろ梅田の風景にも馴染んできたグランフロント大阪

中崎町周辺 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
東側の中崎町方面。こちらにも高層マンションが増えました。ゴンドラの北側以外の窓には直射日光防止のフィルムが貼られていて綺麗に撮影するのが難しいです。

以上、常翔学園 梅田キャンパスの建設状況でした。それにしても茶屋町の景観はここ数年で一変しましたね。もともと梅田の繁華街の中でも路面店が充実した歩いて楽しいエリアでしたが、街区の整理が進んでさらに回遊性が向上しています。これ以外にも再開発の余地はまだまだ残されているので、今後の展開にも注目です。

大同生命大阪本社ビルからの眺め (イケフェス大阪2015)

生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪2015(イケフェス大阪2015)のプログラムの一つ、大同生命大阪本社ビルのガイドツアーに参加してきました。現在の大同生命ビルは大正14年竣工の旧肥後橋本社ビル(ヴォーリズ設計)のイメージを継承しながら、平成5年に19階建ての高層ビルとして建て替えられたものです。定員が先着20名ということで、開始時間前に来ても入れない人が続出していたようです。

大同生命大阪本社ビル
大同生命大阪本社ビルの外観。低層部にくびれ構造(スーパートラス)を持ち、クラシカルな雰囲気でありながら斬新なスタイルのビルとして人気があります。

大同生命大阪本社ビル ロビー
大同生命大阪本社ビルのロビー。1〜2階は吹き抜けで開放感のある構造。

大同生命大阪本社ビル 光天井
旧ビルのものを再現したという光天井。もうこれだけでアートな感じです。

大同生命大阪本社ビル メモリアルホール 01
2階は大同生命の基礎となった加島屋に関する歴史文書等を展示するメモリアルホールとなっています。こんな展示コーナーが常設されているとは知りませんでした。

大同生命大阪本社ビル メモリアルホール 02
大同生命の広報担当者によるガイドを聞く参加者たち。

大同生命大阪本社ビル 金庫扉
旧ビルの金庫扉を展示用に移設したもの。重さは18トンだそうです。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 01
ツアーの目玉は19階の展望回廊でしょう。なぜか荷物用のエレベーターで登っていきます。かなり広く普段は打ち合わせスペースとして利用されている模様。 

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 02 大阪都心方面
大阪都心方面の眺め。本町〜阿倍野あたりまで。眼下には阪神高速環状線。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 03 都心のタワーマンション群
都心に建つタワーマンションが特徴的でした。左からThe Kitahama(209m)、淀屋橋アップルタワーレジデンス(152m)、シティタワー大阪(170m)。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 04 中之島方面1
日が落ちてきましたが、天満橋〜京橋方面。手前は大阪市役所中央公会堂

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 05 中之島方面2
住友生命中之島セントラルタワーと土佐堀川。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 06 中之島フェスティバルタワー ウエスト
建設中の中之島フェスティバルタワー ウエスト。外壁が張り出していて非常に撮影しづらいのですが、全体を見せたいので、あえてそのまま掲載します。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 07 土佐堀方面
土佐堀方面。ツアー終盤にはもう夕暮れ時となっていました。

大同生命大阪本社ビル 展望回廊 08 中之島フェスティバルタワー
中之島フェスティバルタワーの全景が撮影できました。

肥後橋周辺のビル群 2015年10月
おまけで肥後橋周辺のビル群。林立度が増してきました。

以上、大同生命大阪本社ビル ガイドツアーの様子でした。本当はもっと色々な眺望を撮影したかったのですが、全体で40分という駆け足のツアーなので展望回廊には15分も滞在できなかったと思います。ただ普段入れない場所を見ることができ、非常に満足度は高かったです。またこういう機会があればぜひ参加したいと思いました。

高槻市総合センターからの夕景 2014年1月

久々に高槻市総合センターの展望ロビーを訪れました。

JR高槻駅北東地区(MUSEたかつき)の再開発が大詰めを迎えていることもあって、景観がどのように変化しているのか確認するのが目的です。やはり冬場は空気が綺麗で見通しが良く、展望台からの俯瞰写真を撮影するには好都合な環境でした。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 01
JR高槻駅方面の夕景。ポンポン山を始めとする背後の山々が綺麗です。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 02
JR高槻駅周辺。左側にローレルスクエア高槻のツインタワー。右側にジオタワー高槻ミューズフロントと建設中のジオタワー高槻ミューズガーデンが建ち並ぶ。

MUSEたかつき 夕景 2014年1月
MUSEたかつきの夕景。この2棟に加えて、もう1本ジオ高槻ミューズスイートというタワーマンションが建つ予定でしたが、現在工事は中断されているようです。

阪急高槻市駅周辺 夕景 2014年1月
阪急高槻市駅周辺の夕景。視線の先は京都府になります。

高槻市役所から南方向 夕景 2014年1月
南側展望窓からの夕景。枚方市、寝屋川市といった北河内の市街地が広がる。

高槻市役所から大阪都心部を臨む 夕景 2014年1月
遠くには大阪市中心部の高層ビル群が見える。左側にはあべのハルカスも。

高槻市役所から西方向 夕景 2014年1月
西側展望窓からの眺望。茨木、吹田方面に沈みゆく夕陽が綺麗でした。

10月〜3月の間は18時に閉まってしまうので、夜景をゆっくりと鑑賞するには4月〜9月に訪れる必要があります。空気の綺麗な冬場に夜景を見られないのは残念ですが、この地域の展望台は貴重な存在なので、これからも大事にしていきたいですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 展望台からの眺め

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top