再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

<< 新しい記事 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 古い記事 >>

旧サントリーミュージアム & なにわの海の時空館 公募へ

天保山の旧サントリーミュージアム、南港のなにわの海の時空館という大阪ベイエリア観光の一翼を担ってきた2施設が新しく生まれ変わることになりそうです。

平成22年12月に閉館し、大阪市に寄贈された大阪ベイエリアの旧美術館「サントリーミュージアム『天保山』」(大阪市港区)について、市は25年度から約10年間、全館を民間事業者に貸し付ける方針を固めた。(引用元:産経新聞)

大阪市が、入館者が低迷している市立海洋博物館「なにわの海の時空館」(住之江区)を、2012年度末までに廃止することがわかった。施設の活用事業者は公募で決める方向で検討している。(引用元:読売新聞)

旧サントリーミュージアムは2013年度から10年間、全館を民間事業者に貸し付ける方針で、2011年3月の事前公募では複数の企業から打診があったとのこと。観光名所となっている海遊館の隣りという好立地は事業者にとって魅力的ですし、IMAXシアターを改修して劇場に転用することも可能と、様々な活用が期待できそうです。

一方、なにわの海の時空館は2012年度で廃止、民間事業者を公募し、2014年度の再オープンを検討しているとのこと。こちらは立地的にも建物の構造的にも非常に厳しい案件になることが予想されます。個人的には再活用のイメージが全く思い浮かびません。資料的に貴重な菱垣廻船の原寸大模型の行方も気になります。

旧サントリーミュージアム天保山 2012年6月
旧サントリーミュージアム天保山。建築家、安藤忠雄氏の設計でサントリーが80億円をかけて建設。現在は半世紀ぶりのツタンカーメン展が大盛況となっている。

なにわの海の時空館 夜景
なにわの海の時空館(左)。海に浮かぶドーム型の展示施設へは海底トンネルを通って入場します。この芸術的なライトアップが残ってくれると嬉しいのですが…。なにわの海の時空館の内部は過去記事で詳しく取り上げていますのでご覧下さい。

天保山ハーバービレッジ 2012年6月
天保山大観覧車と天保山マーケットプレース。

大阪ベイエリアはこれまで天保山と南港を中心に展開し、舞洲などの人工島開発、りんくうタウン、そしてUSJ周辺と分散化が進んできた経緯があります。しかし結果的にどこも中途半端な集積になってしまった感は否めません。今後はそれぞれを強く結びつけて観光の軸にしてく工夫が求められていくと思います。

大林組 GALLERY O 大阪梅田〜難波 都市模型

大阪大林ビル1階ロビーに「GALLERY O」という展示スペースがあります。大阪における大林組の主要プロジェクトを紹介するという趣旨で、巨大な大阪都心部の模型など魅力あるコンテンツが展示されており、都市開発ファンには必見の内容です。

GALLERY Oは大阪都心部から広がる関西エリアにおけるさまざまなプロジェクトを通して、新たな時代をリードする「都市・建築・空間」の魅力を創造する大林組の取組みを人々に発信する場です。都心を含む広範囲の模型により都市再生の今を表現するとともに、大林組による設計及び施工プロジェクトや最新技術を映像やパネルで紹介し、また定期的に展示内容を改訂することでタイムリーな情報を継続的に発信してまいります。(公式パンフレットより)

大林組 GALLERY O ロゴ
GALLERY O (OSAKA OBAYASHI OPEN-NETWORK)のロゴ。

大林組 GALLERY O 全景
GALLERY Oの全景。中央部の巨大模型が目を引きます。

大林組 GALLERY O 展示パネル
大林組の主要プロジェクトを紹介するパネルが並ぶ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 01
大阪都市模型の全体像。梅田、難波、御堂筋、中之島エリアにおける10階建て以上の建物を1/1000で立体化しています。ガラスで覆われていないのが良い感じ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 02
大阪都心北部エリアの様子。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 梅田周辺
梅田周辺を東側から俯瞰。大林組が設計・施工に関わった主要プロジェクトは透明のモデル、それ以外は半透明のモデルで区別されているようです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 01
グランフロント大阪は低層部の植樹まで再現。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 02
梅田スカイビルとグランフロント大阪。うめきた2期地区の進展が楽しみになります。

大林組 GALLERY O 大阪都心模型 西梅田周辺
西梅田周辺。梅田ダイビルと明治安田生命大阪梅田ビルの配置がおかしいので、警備の人に軽く告げておきましたが直してもらえるかどうかは不明。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 01
中之島周辺を東側から俯瞰。中之島フェスティバルタワーの模型はありません。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 02
中之島周辺を西側から俯瞰。建設中のダイビル本館堂島 ザ・レジデンス マークタワーの模型があります。新ダイビルは旧建築のままです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 難波周辺
南海難波駅周辺。さすがになんばパークスの造形は気合いが入っています。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 03
少し目線を落として見ると凄く立体的な街並みに見えます。

GALLERY Oは大阪市中央区北浜東4-33、大阪大林ビル1階ロビーにて平日の午前8時〜午後9時まで開放されています。この大阪都市模型は一見の価値がありますので、ぜひ訪れてみて下さい。地下鉄・京阪北浜駅から徒歩5分程度です。

一部新しいビルが再現されていなかったり、天王寺・阿倍野周辺が切れてしまっていたりと少し残念な点もありますが、あべのハルカス周辺の模型は近鉄大阪阿部野橋駅構内に展示されていますので合わせて楽しむのがベストかもしれません。

北浜 高麗橋地区地区計画 2012年6月

大阪市中央区高麗橋1丁目〜今橋1丁目にある日経高麗橋ビル日経今橋ビルを再開発する高麗橋地区地区計画の縦覧が2012年6月8日まで行われていました。地下鉄北浜駅に近い場所で、大阪市が水辺再生事業の一環として力を入れている東横堀川に隣接する東横堀公園と一体化した再整備が期待されています。

高麗橋地区地区計画 地図
大阪市資料より。A地区(日経高麗橋ビル)、B地区(現在駐車場として利用されている)、C地区(日経今橋ビル)の3つに分けて再開発が行われる予定。

高麗橋地区地区計画 2012年6月
現地の様子。右の白いオフィスビルが日経今橋ビル。その左側の茶色っぽいビルが日経高麗橋ビルです。背後には日本一高いマンションのザ・北浜が建っています。

日経高麗橋ビル 2012年6月
A地区となる日経高麗橋ビル。共同通信社や日経広告大阪本社などが入居していました。地区計画では建築物の容積の集約化を行い、土地の高度利用と情報発信・業務機能の更新を図るとされています。容積率は700%なので高層化が可能です。

日経今橋ビル 2012年6月
C地区となる日経今橋ビル。外観は結構新しめに見えますが1980年竣工のようです。地区計画では業務・商業・居住・宿泊機能等の整備を図るとされています。

東横堀公園 2012年6月
東横堀公園の様子。右側の黒っぽい建物がB地区です。地区計画では東横堀公園に隣接する立地特性を活かしながら、一体性のある空間整備を図るとされています。

高麗橋 2012年6月
高麗橋の様子。江戸時代には大坂街道の起点として整備されました。東横堀川は阪神高速に蓋をされるような形になっていて、昼間でも薄暗いのが残念です。

計画地周辺は、かつての堺筋の繁栄を物語るかのように老朽化した古いオフィスビルが多く、今後も色々と再開発の案件が出てきそうな印象を受けました。大阪のオフィス軸は御堂筋〜梅田へと移っているため、業務地区としての再生は困難かもしれませんが、水辺を利用した観光スポット化、および商業・居住・宿泊機能を上手く組み合わせて昔のような活気ある街に生まれ変わって欲しいと願っています。

あべのハルカスが高さ西日本一の263mに到達 写真特集

近鉄百貨店阿倍野本店の建替えプロジェクトとして建設が進んでいる高さ300mの超高層ビル、あべのハルカス。2012年6月14日、鉄骨が263mに到達し、りんくうゲートタワービル(大阪府泉佐野市、256m)と大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区 256m)を抜いて西日本一の高さになったと報道されました。

ここまでくると次の大きな区切りは日本一となる300m到達時、そしてビルの完成時くらいとなりますので、前回の取材からあまり日数が経っていませんが、様々な角度から眺めた写真特集を組んでみました。枚数が多いので解説は最低限にします。

あべのハルカス 完成予想パース
あべのハルカスの完成予想パース。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 01
天王寺公園から。ビルの造形が最も良く分かるのはこの角度でしょう。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 02
JR天王寺駅とあべのハルカス。JR西日本もいつか近鉄に対抗して欲しいものです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 03
阿倍野橋から見たあべのハルカス。新しい歩道橋も全体像が見えてきました。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 04
近鉄百貨店新館の壁面が覆われ、外壁デザインの統一工事が始まっています。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 05
ビル壁面の高さ掲示は早くも高さ西日本一の表示に変わっていました。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 06
あべのハルカスを西側から見上げる。もはや首が痛くなるくらいの角度です。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 07
この後さらに40m弱も上に伸びていきます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 08
駅前にそびえ立つ2つのタワー。左側は2012年2月に開業したあべのnini

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 14
同じくあべのniniとのコラボレーション。高さは3倍くらいの差があります。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 09
あべのキューズモールから。この角度だとシンプルなオフィスビルに見えます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 10
新世代と旧世代が入り乱れるあべの筋。この混沌も街の魅力なのかもしれません。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 11
あべのグラントゥールとあべのハルカス。新旧のランドマーク。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 12
新しく開通した金塚東4号線(旧あべの銀座)。阿倍野の変貌ぶりは凄いです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年6月 13
天王寺バイパスからのシルエット。左側はシティタワーグラン天王寺

あべのハルカス 完成予想パース 夜景
公式パンフレットに掲載されていた夜間ライトアップの様子。周囲をやさしく包み込むライティングデザイン。夜景サイト運営者としては完成が楽しみで仕方ありません。

以上、あべのハルカスの写真特集でした。現時点でも既に圧倒的なランドマーク性を誇るあべのハルカス、今秋には300mに到達し横浜ランドマークタワーを超える予定です。地元沿線住民の繁華街だった天王寺・阿倍野エリアが大阪を代表する第3の繁華街として認識されるようになる日が近づいてきているのかもしれません。

<< 新しい記事 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top