再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

あべのハルカス近鉄本店が先行オープン 夜景特集

高さ300mとなる日本一の超高層ビル、あべのハルカスの低層階に入る近鉄百貨店の新本店が2013年6月13日に先行開業しました。この日はタワー館とウイング館の一部、約7万屬開業、2014年春の全館開業時には日本最大規模となる10万屬良寛濺垢誕生します。今回は夜景のみですが開業当日の様子を撮影しました。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 01
通天閣から見た天王寺・阿倍野エリアの夜景。開業日なので何か特別なライトアップがあるかもと期待して通天閣に登りましたが、何も起こりませんでした…残念。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 02
ターミナル周辺の様子。百貨店部分のライトアップが一際目立ちます。

近鉄大阪阿部野橋駅 デジタルサイネージ
近鉄大阪阿部野橋駅コンコースの様子。地元企業のシャープがハルカス内と合わせて100台以上の規模で納品したというデジタルサイネージが目を惹きます。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 01
阿倍野歩道橋あべのハルカス。阿倍野の夜景もいよいよ様になってきました。まず高さでインパクトを与えるという近鉄の戦略は大成功したと言って良いでしょう。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 02
ついに明かりが灯ったあべのハルカス。まだ百貨店部分のみですが、ようやくここまできたかという感じです。ガラスカーテンウォールから漏れる光が綺麗です。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 04
西側の壁面には「あべののみなさん、お待たせしました!」という垂れ幕が掛かっていました。地域密着型の百貨店ならではコメントが暖かいですね。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 01
西側から見上げる。300mにもなると首が痛くなるくらいです。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 02
北側壁面の様子。ABENO HARUKASのロゴがシンプルで良い感じです。ただタワー館とウイング館の間のライトアップが切れていて不自然な印象を受けました。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 03
同じく北側の様子。天王寺MIOと合わせて、以前よりも格段に明るくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 01
南側、あべのハルカスあべのHoop間の歩道。以前は車と歩行者が接近して危ない場所だったのですが、両サイドに歩道が完成して歩きやすくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 02
あべのハルカスあべのHoopを結ぶデッキからの様子。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 03
あべのハルカス側面にある2階デッキ。阿倍野歩道橋からここまで連続して歩けるとは思っていませんでした。さながら空中回廊が形成されているという感じです。

あべのHoop 夜景
あべのHoop前の様子。撮影中に周りの誰かが「阿倍野じゃないみたい」と言っていましたが、まさにその通りだと思いました。とにかく変貌ぶりには驚かされます。

あべのハルカスダイニング 01
12階〜14階にあるあべのハルカスダイニング。3フロアをフルに使った日本最大級のレストラン街。どんなスタイルの食事にも対応できそうな店舗が揃っていました。

あべのハルカスダイニング 02
大阪の味を集めた大坂通。瓢箪がデザイン上のアクセントになっています。

あべのハルカスダイニング 03
大坂通の様子、その2。

以上、あべのハルカス近鉄本店の夜景でした。店内のデザインはとても洗練されており、新しい阪急百貨店のそれに近いものを感じました。また各所に広場や休憩スペースが用意されていて、近鉄の掲げる立体都市というコンセプトの片鱗を感じることができました。今後は2013年秋にウイング館の上層階が開業、そして2014年春にオフィス、ホテル、美術館、展望台(ハルカス300)を含めて全館開業となります。あべのハルカスには阿倍野の、そして大阪の顔として頑張って貰いたいですね。

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (昼景編)

長期間にわたって工事が進められてきたJR天王寺駅、大阪阿部野橋駅前の阿倍野歩道橋が2013年4月24日に全面開通しました。コンペによって最終デザインが決定したものの、施工業者の選定に3度失敗、4度目の入札でようやく業者が決定しましたが、施工難度の高さにより予定から1年以上遅れての完成となりました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋。反対から見るとアルファベットの「a」の形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 02
リニューアルされた天王寺MIOプラザ館と阿倍野歩道橋。以前は古臭い印象があったこの場所も、2つの相乗効果によって本当に見違えるような景観に変貌しました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 03
あべのハルカス側から見た歩道橋の様子。路面のカラーもお洒落で良い感じです。

阿倍野歩道橋 2013年4月 04
エコーアクロスビル側から見た歩道橋の様子。

阿倍野歩道橋 2013年4月 05
太陽光が天井の膜を透過し、屋根付きながら暗い印象が全くありません。夜間は照明が点灯し、逆に屋根の内側からライトアップされるような形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 06
天王寺MIOプラザ館との接続部分。1階と2階へアクセスできます。

阿倍野歩道橋 2013年4月 07
あべのnini側からJR天王寺駅と谷町筋。複雑な屋根の形状が良く分かります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 08
歩道橋というよりはペデストリアンデッキと呼んだ方が適切かもしれません。

阿倍野歩道橋 2013年4月 09
下から見上げると円弧の形が強調され、さらに大迫力になります。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
阿倍野歩道橋とあべのハルカス。この角度から見る阿倍野歩道橋は本当に素晴らしいデザイン。超高層ビルとの組み合わせが近未来的な景観を演出しています。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 02
阿倍野歩道橋とあべのハルカス その2。

阿倍野歩道橋 2013年4月 10
上から見た阿倍野歩道橋。縦バージョン。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 03
阿倍野歩道橋とあべのハルカス 縦バージョン。

新しい阿倍野歩道橋は斬新なデザインで本当に素晴らしい出来栄えでした。屋根があることで暗い感じになるのではと危惧していましたが、光を透過する屋根と、歩道橋の全面を覆わない構造によって、非常に開放的な空間になっています。今後は地域のランドマークとして親しまれていくことでしょう。次回は夜景編をお届けします。

阪急阪神HD 梅田1丁目1番地計画ビルの概要を発表

阪神百貨店本店の入る大阪神ビルと南側に隣接する新阪急ビルを、高さ190mの高層ビルへと一体的に建て替える計画の詳細が阪急阪神HDから発表されました。

プロジェクトの名称は(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル。容積率2000%が認められたことで、地上38階建て、高さ190m、延床面積257,000屬猟饗膩織咼襪実現。2つのビルの間にある市道を跨ぐことで完全に一体化させることが可能となり、低層部に阪神百貨店、高層部にオフィスが入居します。2023年の完成を予定しています。

大阪神ビル&新阪急ビル 2013年3月
手前右側が大阪神ビル、左側が新阪急ビルです。

梅田1丁目1番地計画 完成予想パース
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビルの完成予想パース。(公式発表資料より)

梅田1丁目1番地計画 用途構成
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビルの用途構成イメージ図。(公式発表資料より)

梅田1丁目1番地計画 概要
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル計画概要。(公式発表資料より)

パースを見ると、高さ85mの高さ制限とされたきた低層部分は、周囲の建物と比較すると実際は50m〜60mくらいでしょうか。現在より少し高い程度に収めるようです。巨大な壁が出現することによる圧迫感を危惧していましたので、これは一安心です。

用途構成図を見ると低層部のほぼ全てが百貨店ゾーンとなっており、公式発表資料には「新しい百貨店部分の規模は現在と同程度」と書かれています。現在の売場面積53,000屬剖瓩い發里砲覆襪箸いΠ嫐9腓い里茲Δ任垢、1フロアあたりの面積は新阪急ビル方向への拡張部分を含めると相当に大きくなるはずなので、通路や休憩スペース、バックヤード等にかなり余裕をもたせた構成になるのかもしれません。

毎年のように報道されては延期を繰り返してきたこの計画、ようやく概要が発表されたことで、今後は着工に向けて準備が進んでいくことでしょう。おそらく年度内にも新阪急ビルの取り壊しが始まるのではないでしょうか。百貨店を営業しながらの建替えとなり、工事は長期間に及ぶことになりますが、早く完成した姿を見たいですね。

難波 精華小学校跡地の再開発予定地が転売?

株式会社成信に売却された元精華小学校跡地ですが、精華小校舎愛好会代表のツイッターに大阪市会議員の辻よしたか氏との会話があり、プロポーザル提案による再開発を条件に売却したにもかかわらず、早くも転売に出ているそうです。

精華小学校跡地再開発計画 01
元精華小学校跡地の周辺模型。成信の提案内容は過去記事を参照のこと。

精華小学校の門には「管理 MK管財」という看板がかかっており、MK管財に問い合わせた所、売却予定との返答があったそうです。さすがにこのタイミングだとプロポーザルを踏み台にした計画的な転売なのではと勘ぐってしまいます。募集時の要項を見直すと、事業承継以外では8年以内の売却はできないことになっていますが…。

約36億円という一等地にしては破格に安い落札価格、たった2社しかまともな提案がなかった事実、そして何を作りたいのか曖昧な提案内容など、最初から怪しい雰囲気が漂っていた今回のプロポーザル提案。大阪市が関わっていることなので、のちのち大問題に発展する可能性もあります。何かの間違いであることを祈っています。

事実関係を追っていきたいので、何か知っている方はぜひメールを下さい。


(追記)早速この件に関する情報を頂きました。週刊文春3月7日号に精華小跡地に関する記事が載っていたようです。「橋下“赤字”府政の後始末 優良資産300億円が叩き売られる」という見出しで、以下、該当部分の引用と要約。

精華小学校跡地が売却されようとしている。増田清の手による名建築の誉高く、95年になってからも学習ルームや小劇場として利用されてきた。橋下市長は当初、「ゼロベースで見直す」と言っていたのに、たった1年で、買い手を恣意的に選べる方式で、しかも25億円スタートで公募した。精華小跡地を落札したのは株式会社「成信」。この企業は一昨年5月、アデランス創業者の根本信男氏が大阪市中央区に設置したものだ。いったいなぜカツラメーカー創業者が小学校跡地などを購入するのか?地元ではこんな憶測が飛びかっている。「精華小跡地は転売できないが、会社M&Aはできる。成信はダミーでそのうち最終的な買い手が姿を現すのではないか」(大手不動産業者)

橋下市長叩きで有名な週刊文春なので、内容を100%鵜呑みにする必要はありませんが、精華小跡地の現状はまさしく同誌で指摘された状況になっています。なるほど事業承継の特約を利用したM&Aですか。しかしそれだと管財会社から出た土地売却という言葉が不可解です。最終的な買い手とは表立ってプロポーザルに参加できない(特殊な事情のある)企業ということなのでしょうか。まだまだ謎だらけです。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top