再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

梅田・茶屋町に常翔学園が高層キャンパスを建設

梅田・茶屋町の旧市立梅田東小学校跡地周辺で進められている茶屋町地区地区計画。着工が始まっているヤンマー新本社ビルの隣(A-2地区)に常翔学園が高さ125mの高層キャンパスを建設することが分かりました。2016年秋の完成予定。

大阪工業大(大阪市旭区)などを運営する学校法人・常翔学園(坂口正雄理事長)は27日、大阪市北区の旧市立梅田東小跡地(4650平方メートル)に梅田キャンパスを設置すると発表した。高さ125メートルの高層ビル(地上22階、地下2階)を建設し、同大学が工学デザイン分野の新しい学部を置く計画で、摂南大(大阪府寝屋川市)など系列の二つの大学のサテライトオフィスも設ける。2016年秋の完成を目指すという。(引用元:読売新聞)

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想図。地上22階建て、高さ125m、延床面積33,000屐9眩愽瑤論焦濺弔離屮蝓璽璽織錙爾鰈牌覆箸気擦訐練されたデザイン。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース2

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース3
夜間は窓の光が漏れて綺麗だと思います。塔屋部分のライトアップにも期待。

大阪市 茶屋町地区地区計画 配置図
茶屋町地区地区計画の配置図。本件はA-2地区に建設される。A-1地区にはヤンマー新本社ビルが建設中、A-3地区には梅田OPAが開業しています。

常翔学園 梅田新キャンパス 2013年3月
少し古いですが現地の様子。背後には茶屋町〜鶴野町の高層ビル群が広がる。

7〜20階に大工大の新キャンパスと摂南大、広島国際大のサテライトオフィス、1〜5階には約600人収容のコンベンションホールが入るとのこと。防災拠点として帰宅困難者収容所の設置や食料の備蓄も行われる予定です。大阪最大のターミナルに隣接するだけに、こういった災害時を想定した設備は非常に重要だと思います。

オフィス中心ではないということで空室率への影響もありませんし、学生が増えることで周辺の繁華街もさらに活気づくという非常に意義のある施設だと思います。また産学連携拠点としては近くにグランフロント大阪があり、相乗効果を見込めそうです。大学の都心回帰に拍車がかかりそうな今回の計画。非常に楽しみですね。

難波 精華小学校跡地 地元への説明会が開催

以前、大阪市によるプロポーザル方式を経て株式会社成信に売却された元精華小学校跡地が転売に出されているという旨の記事を書いた所、瞬く間にツイッター等で拡散され、精華小愛好会の代表や市会議員の方から直接メールを頂くなど、予想を超える大きな反響がありました。(詳細は過去記事1過去記事2を参照のこと)

それ以来大きな動きはありませんでしたが、2013年8月29日に地元への事業計画説明会が開催されました。そのレポートが精華小愛好会のサイトに掲載されています。

当日の配布資料を見ると、事業主は株式会社成信、設計者は安井建築設計事務所、管理会社はMK管財。解体工事は2期に分けて行われ、2013年9月に解体工事着手、2014年4月に解体工事完了、詳細設計を経て2015年2月に再開発施設の着工予定となっています。設計者が明らかになったことは大きな前進かもしれません。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 01
今回資料の完成予想図案。高層化を検討という形で上層をボカしていたプロポーザル案から、明らかに30階以上はあると思われる箱型の高層ビルに変わっています。資料では38階建てを想定、(仮称)難波駅前ビルという名称が付いています。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 02
低層部は曲線を持っており、グランフロント大阪のタワーAと似たような雰囲気です。再開発ビルの価値を大きく変えるであろう周辺敷地は現状のまま描かれています。やはり行政側の支援なくして周辺を買収するのは事実上困難なのかもしれません。

今回の説明会では校舎解体のスケジュールが示されたのみで、再開発ビルに関する言及は行われませんでした。このまま成信が事業を継続するのであれば大きな問題はありませんが、週刊誌で書かれていたようにM&Aを使って新たな事業主が姿を現すのであれば、本当に何のためのプロポーザル方式だったのかということになりかねません。この件に関してはまだまだ注視していこうと思っています。

あべのハルカス近鉄本店が先行オープン 夜景特集

高さ300mとなる日本一の超高層ビル、あべのハルカスの低層階に入る近鉄百貨店の新本店が2013年6月13日に先行開業しました。この日はタワー館とウイング館の一部、約7万屬開業、2014年春の全館開業時には日本最大規模となる10万屬良寛濺垢誕生します。今回は夜景のみですが開業当日の様子を撮影しました。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 01
通天閣から見た天王寺・阿倍野エリアの夜景。開業日なので何か特別なライトアップがあるかもと期待して通天閣に登りましたが、何も起こりませんでした…残念。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 02
ターミナル周辺の様子。百貨店部分のライトアップが一際目立ちます。

近鉄大阪阿部野橋駅 デジタルサイネージ
近鉄大阪阿部野橋駅コンコースの様子。地元企業のシャープがハルカス内と合わせて100台以上の規模で納品したというデジタルサイネージが目を惹きます。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 01
阿倍野歩道橋あべのハルカス。阿倍野の夜景もいよいよ様になってきました。まず高さでインパクトを与えるという近鉄の戦略は大成功したと言って良いでしょう。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 02
ついに明かりが灯ったあべのハルカス。まだ百貨店部分のみですが、ようやくここまできたかという感じです。ガラスカーテンウォールから漏れる光が綺麗です。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 04
西側の壁面には「あべののみなさん、お待たせしました!」という垂れ幕が掛かっていました。地域密着型の百貨店ならではコメントが暖かいですね。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 01
西側から見上げる。300mにもなると首が痛くなるくらいです。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 02
北側壁面の様子。ABENO HARUKASのロゴがシンプルで良い感じです。ただタワー館とウイング館の間のライトアップが切れていて不自然な印象を受けました。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 03
同じく北側の様子。天王寺MIOと合わせて、以前よりも格段に明るくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 01
南側、あべのハルカスあべのHoop間の歩道。以前は車と歩行者が接近して危ない場所だったのですが、両サイドに歩道が完成して歩きやすくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 02
あべのハルカスあべのHoopを結ぶデッキからの様子。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 03
あべのハルカス側面にある2階デッキ。阿倍野歩道橋からここまで連続して歩けるとは思っていませんでした。さながら空中回廊が形成されているという感じです。

あべのHoop 夜景
あべのHoop前の様子。撮影中に周りの誰かが「阿倍野じゃないみたい」と言っていましたが、まさにその通りだと思いました。とにかく変貌ぶりには驚かされます。

あべのハルカスダイニング 01
12階〜14階にあるあべのハルカスダイニング。3フロアをフルに使った日本最大級のレストラン街。どんなスタイルの食事にも対応できそうな店舗が揃っていました。

あべのハルカスダイニング 02
大阪の味を集めた大坂通。瓢箪がデザイン上のアクセントになっています。

あべのハルカスダイニング 03
大坂通の様子、その2。

以上、あべのハルカス近鉄本店の夜景でした。店内のデザインはとても洗練されており、新しい阪急百貨店のそれに近いものを感じました。また各所に広場や休憩スペースが用意されていて、近鉄の掲げる立体都市というコンセプトの片鱗を感じることができました。今後は2013年秋にウイング館の上層階が開業、そして2014年春にオフィス、ホテル、美術館、展望台(ハルカス300)を含めて全館開業となります。あべのハルカスには阿倍野の、そして大阪の顔として頑張って貰いたいですね。

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (昼景編)

長期間にわたって工事が進められてきたJR天王寺駅、大阪阿部野橋駅前の阿倍野歩道橋が2013年4月24日に全面開通しました。コンペによって最終デザインが決定したものの、施工業者の選定に3度失敗、4度目の入札でようやく業者が決定しましたが、施工難度の高さにより予定から1年以上遅れての完成となりました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋。反対から見るとアルファベットの「a」の形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 02
リニューアルされた天王寺MIOプラザ館と阿倍野歩道橋。以前は古臭い印象があったこの場所も、2つの相乗効果によって本当に見違えるような景観に変貌しました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 03
あべのハルカス側から見た歩道橋の様子。路面のカラーもお洒落で良い感じです。

阿倍野歩道橋 2013年4月 04
エコーアクロスビル側から見た歩道橋の様子。

阿倍野歩道橋 2013年4月 05
太陽光が天井の膜を透過し、屋根付きながら暗い印象が全くありません。夜間は照明が点灯し、逆に屋根の内側からライトアップされるような形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 06
天王寺MIOプラザ館との接続部分。1階と2階へアクセスできます。

阿倍野歩道橋 2013年4月 07
あべのnini側からJR天王寺駅と谷町筋。複雑な屋根の形状が良く分かります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 08
歩道橋というよりはペデストリアンデッキと呼んだ方が適切かもしれません。

阿倍野歩道橋 2013年4月 09
下から見上げると円弧の形が強調され、さらに大迫力になります。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
阿倍野歩道橋とあべのハルカス。この角度から見る阿倍野歩道橋は本当に素晴らしいデザイン。超高層ビルとの組み合わせが近未来的な景観を演出しています。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 02
阿倍野歩道橋とあべのハルカス その2。

阿倍野歩道橋 2013年4月 10
上から見た阿倍野歩道橋。縦バージョン。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 03
阿倍野歩道橋とあべのハルカス 縦バージョン。

新しい阿倍野歩道橋は斬新なデザインで本当に素晴らしい出来栄えでした。屋根があることで暗い感じになるのではと危惧していましたが、光を透過する屋根と、歩道橋の全面を覆わない構造によって、非常に開放的な空間になっています。今後は地域のランドマークとして親しまれていくことでしょう。次回は夜景編をお届けします。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top