再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

大阪北小学校跡地 (仮称)梅田曽根崎計画は高さ193m

プロポーザル方式により住友不動産が開発予定事業者となっている、もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地の計画概要が判明しました。

住友不動産は、大阪市北区に高さ193m、延べ約12万屬諒9膸楡澆魴設する(仮称)梅田曽根崎計画を進めている。2018年夏の着工と22年3月の完成を予定している。設計、施工者は未定。(建設通信新聞)

公募時の事業コンセプトは曽根崎 Link Cityでした。商業施設のリンクモール、交流広場のリンクプラザ、屋上庭園のリンクガーデンを配置し、商店街の曽根崎お初天神通りとダイレクトに繋がる賑わいの空間を創出するというものです。

判明した建物の規模は地上56階建て、高さ約193mと、梅田地区では最高層となります。また以前は記載のなかったホテル用途が追加されています。当初は2019年2月の完成を目指していましたが、2022年3月完成予定に変更されています。

(仮称)梅田曽根崎計画 平面図
平面図(大阪市発表資料より)。メインのアクセス道路は新御堂筋となります。

(仮称)梅田曽根崎計画環 立面図
立面図(大阪市発表資料より)。高層部は900戸の住宅と一部ホテルを計画。

曽根崎 Link City 導線プラン
以前に公開された曽根崎 Link Cityの導線プラン(大阪市発表資料より)。上記の平面図と比べると、高層部の配置が変わっているように見えます。

曽根崎 Link City 完成予想パース
以前に公開された曽根崎 Link Cityの完成予想パース(大阪市発表資料より)。ホテル用途が追加ということで、外観デザインにも変更がありそうです。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月
上から見た敷地周辺の様子。現在は駐車場として暫定利用されています。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月 02
梅田阪急ビル スカイロビーから見た様子。敷地自体は見えませんが、目の前に建つ清和梅田ビル(21階建て、高さ106.15m)の左側から高層部が伸びてくるはずです。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月 03
大阪駅前第3ビル駐車場からの様子。このビル群の後ろ側に、左端に見える梅田阪急ビル(41階建て、高さ186.95m)と同等規模のビルが建つことになります。

以前の発表でも梅田エリア最高クラスのシンボルタワーと明記されていましたが、やはりハービスOSAKA(高さ189.7m)を超える高さ制限一杯の建物になるということで、梅田地区の景観に与えるインパクトは非常に大きくなりそうです。ホテル機能の追加は現在の宿泊施設事情から当然の変更かもしれません。

インターコンチネンタルホテル大阪(梅田・2013年6月開業)、大阪マリオット都ホテル(阿倍野・2014年3月開業)、コンラッド大阪(中之島・2017年夏開業予定)と、近年相次いで大阪市内に外資系高級ホテルが進出していますが、立地的にはこの物件にも有名ホテルブランドの進出が十分に考えられると思います。

中之島フェスティバルタワー・ウエストが上棟

中之島3丁目で建設中の超高層ビル、中之島フェスティバルタワー・ウエスト(仮称)が最上部まで組み上がり、2016年3月24日に上棟式が行われました。

大阪・中之島で朝日新聞社と竹中工務店が建設中の超高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」(西棟)の鉄骨が地上41階の最上階まで組み上がり、24日、現地で上棟式があった。2017年春の完成予定で、4年前に完成した「中之島フェスティバルタワー」(東棟)と併せ、国内最高峰の高さ200メートルのツインタワーとなる。(朝日新聞デジタル)

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2016年3月 01
上棟した中之島フェスティバルタワー・ウエスト。地上41階建て、199.27m。開業まで後1年ありますが、外観はかなりの部分まで完成しているように見えます。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2016年3月 02
肥後橋を渡る人々が見上げていきます。

中之島フェスティバルタワー 2016年3月
先行して2012年に完成した中之島フェスティバルタワー。地上39階建て、高さ198.96m。低層部にはフェスティバルホールや朝日新聞大阪本社が入っています。

中之島の高層ビル群 2016年3月 01
壁のように超高層ビルが林立する中之島3丁目エリア。左の2棟は中之島ダイビル(地上35階建て、高さ160m)、中之島三井ビル(地上31階建て、高さ140.15m)。

中之島の高層ビル群 2016年3月 02
土佐堀川と中之島の超高層ビル群。フェスティバルシティの対岸にはアパホテル大阪肥後橋駅前(地上30階建て、高さ106.4m)が建っています。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 夜景 2016年3月
国内最高峰の200mツインタワーとなるフェスティバルシティの夜景。工事用の照明によって、既にオフィスの入居が始まっているようにも見えます。

以上、上棟式を迎えた中之島フェスティバルタワー・ウエストの様子でした。建設ニュースさんの記事によると、ビルの住所でConrad Osaka合同会社が登記されているようで、入居するホテルブランドはコンラッドでほぼ確定のようです。中之島に国際級ホテルが進出するというのは、今後の街づくりの上で非常にプラスだと思います。


2016.04.02 追記

コンラッド進出のニュースが出ていました。名称はコンラッド大阪になるようです。

米ホテルチェーン大手のヒルトン・ワールドワイドは31日、朝日新聞社と竹中工務店が大阪・中之島に建設中の高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」に、最高級ブランドのホテル「コンラッド大阪」を開くと発表した。コンラッドは東京・汐留に続いて国内2カ所目で、開業はビル完成後の2017年夏の予定という。(朝日新聞デジタル)

道頓堀 ツタヤエビスバシ・ヒットビジョンが稼働

前回の記事で少しお伝えしたツタヤエビスバシ・ヒットビジョンが稼働していました。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 2016年3月 01
ツタヤ戎橋前の様子。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 2016年3月 02
ディスプレイは2面、屋上10.2m×18.6m、壁面17.3m×15.4m、総面積は上下合わせて約455屐F本最大級のビジョンという肩書に恥じない大迫力です。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 2016年3月 03
日亜化学工業製SMD型LED素子を使用した20mmピッチのディスプレイシステムだそうで、昼間でも通常の看板以上に鮮明に見えます。本当に技術の進歩は凄いです。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 2016年3月 04
グリコサインとの位置関係はこのような感じです。戎橋一帯は全国から観光客が集まる大阪を代表する記念撮影スポットなので、広告効果は非常に高そうです。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 夜景 2016年3月 01
夜バージョン。昼間よりもさらに鮮明になります。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 夜景 2016年3月 02
あまりの美しさに、画面へ引き込まれるような印象を受けます。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 夜景 2016年3月 03
やはり全面を使用すると大迫力です。

ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン 夜景 2016年3月 04
グリコサインもリニューアルによってLED化され、様々なパターンを表示できるようになりました。見慣れた道頓堀の夜景ですが、どんどん進化していきます。

以上、道頓堀にまた新たなシンボルが加わりました。2016年3月24日に点灯式を開催ということでしたので、撮影時は試験運用という感じでしょうか。静止画だけでなく映像にも対応し、物理的に広告を貼り替える手間がかからず、また複数の広告をローテーションで流せるデジタルサイネージは屋外でも主流になっていきそうです。

難波 精華小学校跡地の現況 2015年4月

何度かお伝えしてきた精華小学校跡地の再開発ですが、どうやら計画が難航しているようです。今年2月に以下のような内容の報道がありました。
(経緯の詳細は過去記事1過去記事2過去記事3を参照のこと)

大阪・難波の一等地にあり、平成25年に大阪市が民間に売却した市立精華小学校跡地(中央区、約4200平方メートル)の再開発計画が頓挫していることが21日、関係者への取材でわかった。(引用元:産経WEST)

経緯からして一筋縄ではいかない案件だとは思っていましたが、記事によると共同開発を持ちかけた中堅スーパー会社と資金トラブルが発生しているようで、また分社化して別会社が運営するという点について、原則転売を認めない大阪市との契約違反になる可能性もあり、延期どころか頓挫の可能性すら出てきました。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 01
2013年8月の住民説明会で配布された資料の一部。38階建てを想定した(仮称)難波駅前ビルが描かれている。南海難波駅前の活性化に貢献するはずでしたが…。

精華小学校跡地 2015年4月 01 精華通り
2015年4月の精華通りの様子。通りに面するのはこちら側だけとなります。公募が低調だったのも、このアクセスの悪さが原因の一つだと思います。

精華小学校跡地 2015年4月 02
校舎の解体は終わっているようですが、外から窺い知ることは出来ませんでした。

精華小学校跡地 2015年4月 03 南海難波駅前
南海難波駅前からの様子。広告看板の裏側が精華小跡地になります。広告が抜けているのは単に出稿が無いだけなのか再開発の予兆なのかは分かりません。

精華小学校跡地 2015年4月 04 南側1
なんば南海通に面した敷地南側の様子。店舗の退去が進んでいるように見えます。ここが大きく開いて再開発ビルへの入口になると非常に効果が大きいはずです。

精華小学校跡地2015年4月 04 南西側
敷地南西側。チケットショップの辺り。こちらも店舗が退去しています。

精華小学校跡地2015年4月 04 北東側
敷地北東角の店舗も空いています。これも再開発に連動しているのでしょうか。

難波 新歌舞伎座 再開発工事 2015年4月
同じく再開発が進行している新歌舞伎座跡。冠婚葬祭のベルコが複合ビルを建設する予定。現在は内部で解体工事が行われているようです。

このように周囲を見ると何か動きがあるのは間違いなさそうではありますが、今回のような報道を見るに先行きはかなり不安です。同じ市有地の売却関連では、フェスティバルゲート跡地が4回目の公募でようやく事業者が決定したにも関わらず、契約条項の隙を突いて結局パチンコ店にされてしまうという最悪の展開になった例があります。精華小跡地には本当に街のため、市民のためになるものを作って欲しいです。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top