再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

うめきた2期地区再開発 大阪市が地区計画の原案を公表

2016年8月26日、大阪市はうめきた2期地区の地区計画原案の公衆縦覧を開始しました。 「みどり」と「イノベーション」の融合拠点を目標に、約17.1ヘクタールのうち、約4.5ヘクタールを緑地としながら、新産業創出、国際集客・交流及び知的人材育成の機能の導入を中心とした質の高い都市機能の集積を図るというものです。

うめきた2期 地区計画 説明図
うめきた2期の地区計画説明図(大阪市資料より)。メインとなるA地区、南側の道路を隔てたB地区、グランフロント大阪の北側を含むC地区という構成になっています。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 01
うめきた2期 A地区の俯瞰。まさに再開発の顔となる地区です。中央に約4.5ヘクタールの都市公園、右下にJR大阪駅と接する大阪西口広場が整備されます。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 01
うめきた2期 A地区南側の様子。東西道路沿いに約2ヘクタールの都市公園、その南側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 02
うめきた2期 A地区南東側の様子。関空特急はるかの停車する新駅の整備と共に、大阪西口広場が整備されます。既存のうめきた広場を拡張するイメージでしょうか。

うめきた2期 A地区北側 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の様子。東西道路沿いに約2.5ヘクタールの都市公園、その北側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区北側 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の俯瞰。この範囲の殆どが緑地になるイメージ。敷地の北側では、新駅設置のためのJR東海道線支線地下化工事が進行しています。

大阪駅北1号線 2016年8月
グランフロント大阪の北館と南館の間からうめきた2期地区方向。将来、写真奥の梅田スカイビル方面へ東西道路(大阪駅北1号線)が開通することになります。

うめきた2期 B地区 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 B地区の俯瞰。以前の提案募集区域には含まれていませんでしたが、この場所も再開発されることが今回明らかになりました。現在は日本通運の関連施設が建っています。業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 B地区 2016年8月
うめきた2期 B地区の様子。もしかしたら左側にある大阪ステーションシティ駐車場を含めて一体的に再開発が行われる可能性もあります。

うめきた2期 C地区 2016年8月 01
うめきた2期 C地区の様子。南側はグランフロント大阪に、東側は済生会中津病院に接するエリアです。居住、業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 C地区 2016年8月 02
うめきた2期 C地区の様子。中央右側が関空特急はるかの走るJR東海道線支線。C地区は位置的に高層マンションや医療施設等が建設される可能性が高そうです。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 02
うめきた2期地区の全景俯瞰。地区計画原案が公開され、徐々に期待感が高まってきました。改めて2014年3月に公開された優秀案を見るのも面白いと思います。

以上、うめきた2期地区の現況でした。再開発が本格化する前の2019年3月までは、まちづくりのプロモーションを兼ねて暫定利用が行われることになっています。敷地が開放されることにより、一気に再開発のムードが高まっていくのではないでしょうか。うめきた2期については、決して一時的な景気状況に左右されることなく、大阪最後の一等地に相応しい、将来を見据えた再開発が行われることを期待します。

大阪中央郵便局が移転 梅田3丁目計画が再始動へ

2016年7月19日、西梅田スクエアの仮設店舗で営業していた大阪中央郵便局およびゆうちょ銀行大阪支店が大阪駅前第1ビルへ移転しました。隣接する大弘ビルでも解体工事が進んでおり、2008年の建て替え計画発表から延期されていた梅田3丁目計画(仮称)の再始動に向けて、着々と準備が進んでいるようです。

ディアモール大阪 大阪中央郵便局 移転告知 2016年7月
ディアモール大阪の円形広場に掲示された移転告知。

大阪駅前第1ビル 大阪中央郵便局 2016年7月
大阪駅前第1ビル地下1階で営業開始した大阪中央郵便局の様子。

大阪中央郵便局 仮設店舗 2016年7月 01跡地の暫定利用としてオープンした西梅田スクエアと仮設店舗。2016年10月2日までサッポロビールのTHE PERFECT BEER GARDEN 2016が開催されています。

大阪中央郵便局 仮設店舗 2016年7月 02
2016年7月17日まで営業していた仮設店舗。予定では隣接する大弘ビルの解体後、さらに仮設店舗が建設される予定でしたが、その計画は無くなったようです。

大弘ビル 解体工事 2016年7月
大弘ビル解体工事の様子。工期は2016年10月3日までの予定。

大阪中央郵便局 完成予想図(梅田3丁目計画)
当初発表されていた梅田3丁目計画(仮称)の完成予想図。地上40階建て、高さ187m、延床面積217,000屐紛般135,500屐⊂Χ48,000屐劇場10,000屐法

大阪中央郵便局跡地 西梅田スクエア 2016年7月
大阪中央郵便局跡地(西梅田スクエア) の現在の様子。中央の箱部分に旧建築の一部が保存されており、新ビルの吹き抜けスペースに移築されるとのこと。

以上、大阪中央郵便局跡地の現況でした。全体的な流れを見ると、おそらく今年中にも新計画の概要が発表されるのではないかと思います。果たして規模の変更はあるのか、ディズニーが進出を検討していた劇場部分はどうなるのか、需要が逼迫しているホテルの入居は?など、どのような建物ができるのか非常に楽しみです。

大阪北小学校跡地 (仮称)梅田曽根崎計画は高さ193m

プロポーザル方式により住友不動産が開発予定事業者となっている、もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地の計画概要が判明しました。

住友不動産は、大阪市北区に高さ193m、延べ約12万屬諒9膸楡澆魴設する(仮称)梅田曽根崎計画を進めている。2018年夏の着工と22年3月の完成を予定している。設計、施工者は未定。(建設通信新聞)

公募時の事業コンセプトは曽根崎 Link Cityでした。商業施設のリンクモール、交流広場のリンクプラザ、屋上庭園のリンクガーデンを配置し、商店街の曽根崎お初天神通りとダイレクトに繋がる賑わいの空間を創出するというものです。

判明した建物の規模は地上56階建て、高さ約193mと、梅田地区では最高層となります。また以前は記載のなかったホテル用途が追加されています。当初は2019年2月の完成を目指していましたが、2022年3月完成予定に変更されています。

(仮称)梅田曽根崎計画 平面図
平面図(大阪市発表資料より)。メインのアクセス道路は新御堂筋となります。

(仮称)梅田曽根崎計画環 立面図
立面図(大阪市発表資料より)。高層部は900戸の住宅と一部ホテルを計画。

曽根崎 Link City 導線プラン
以前に公開された曽根崎 Link Cityの導線プラン(大阪市発表資料より)。上記の平面図と比べると、高層部の配置が変わっているように見えます。

曽根崎 Link City 完成予想パース
以前に公開された曽根崎 Link Cityの完成予想パース(大阪市発表資料より)。ホテル用途が追加ということで、外観デザインにも変更がありそうです。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月
上から見た敷地周辺の様子。現在は駐車場として暫定利用されています。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月 02
梅田阪急ビル スカイロビーから見た様子。敷地自体は見えませんが、目の前に建つ清和梅田ビル(21階建て、高さ106.15m)の左側から高層部が伸びてくるはずです。

(仮称)梅田曽根崎計画 2016年6月 03
大阪駅前第3ビル駐車場からの様子。このビル群の後ろ側に、左端に見える梅田阪急ビル(41階建て、高さ186.95m)と同等規模のビルが建つことになります。

以前の発表でも梅田エリア最高クラスのシンボルタワーと明記されていましたが、やはりハービスOSAKA(高さ189.7m)を超える高さ制限一杯の建物になるということで、梅田地区の景観に与えるインパクトは非常に大きくなりそうです。ホテル機能の追加は現在の宿泊施設事情から当然の変更かもしれません。

インターコンチネンタルホテル大阪(梅田・2013年6月開業)、大阪マリオット都ホテル(阿倍野・2014年3月開業)、コンラッド大阪(中之島・2017年夏開業予定)と、近年相次いで大阪市内に外資系高級ホテルが進出していますが、立地的にはこの物件にも有名ホテルブランドの進出が十分に考えられると思います。

中之島フェスティバルタワー・ウエストが上棟

中之島3丁目で建設中の超高層ビル、中之島フェスティバルタワー・ウエスト(仮称)が最上部まで組み上がり、2016年3月24日に上棟式が行われました。

大阪・中之島で朝日新聞社と竹中工務店が建設中の超高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」(西棟)の鉄骨が地上41階の最上階まで組み上がり、24日、現地で上棟式があった。2017年春の完成予定で、4年前に完成した「中之島フェスティバルタワー」(東棟)と併せ、国内最高峰の高さ200メートルのツインタワーとなる。(朝日新聞デジタル)

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2016年3月 01
上棟した中之島フェスティバルタワー・ウエスト。地上41階建て、199.27m。開業まで後1年ありますが、外観はかなりの部分まで完成しているように見えます。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2016年3月 02
肥後橋を渡る人々が見上げていきます。

中之島フェスティバルタワー 2016年3月
先行して2012年に完成した中之島フェスティバルタワー。地上39階建て、高さ198.96m。低層部にはフェスティバルホールや朝日新聞大阪本社が入っています。

中之島の高層ビル群 2016年3月 01
壁のように超高層ビルが林立する中之島3丁目エリア。左の2棟は中之島ダイビル(地上35階建て、高さ160m)、中之島三井ビル(地上31階建て、高さ140.15m)。

中之島の高層ビル群 2016年3月 02
土佐堀川と中之島の超高層ビル群。フェスティバルシティの対岸にはアパホテル大阪肥後橋駅前(地上30階建て、高さ106.4m)が建っています。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 夜景 2016年3月
国内最高峰の200mツインタワーとなるフェスティバルシティの夜景。工事用の照明によって、既にオフィスの入居が始まっているようにも見えます。

以上、上棟式を迎えた中之島フェスティバルタワー・ウエストの様子でした。建設ニュースさんの記事によると、ビルの住所でConrad Osaka合同会社が登記されているようで、入居するホテルブランドはコンラッドでほぼ確定のようです。中之島に国際級ホテルが進出するというのは、今後の街づくりの上で非常にプラスだと思います。


2016.04.02 追記

コンラッド進出のニュースが出ていました。名称はコンラッド大阪になるようです。

米ホテルチェーン大手のヒルトン・ワールドワイドは31日、朝日新聞社と竹中工務店が大阪・中之島に建設中の高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」に、最高級ブランドのホテル「コンラッド大阪」を開くと発表した。コンラッドは東京・汐留に続いて国内2カ所目で、開業はビル完成後の2017年夏の予定という。(朝日新聞デジタル)

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top