再開発関連ニュース

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

うめきた2期地区開発 開発事業者が決定

2017年末より行われていた「うめきた2期地区再開発」の第二次開発事業者公募の結果がついに公表されました。最終的に2つのグループによる一騎打ちとなり、三菱地所やオリックス不動産を中心としたグループに決定しました。参画事業者の顔ぶれを見ると、1期地区のグランフロント大阪を手がけたグループに非常に近い構成となっており、コンペでは過去の実績が重視されたのかもしれません。報道によると、もう一つは大和ハウスと住友商事を中心としたグループだったようです。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 01
うめきた2期地区の全体俯瞰。この広大な空地の再開発がついに始まります。

うめきた2期地区全景 イメージ
発表資料より。うめきた2期地区を上空から見た全体イメージ。トータルコンセプトは「希望の杜-Osaka“MIDORI”LIFE 2070の創造-」となっています。

うめきた2期地区開発 土地利用計画
土地利用計画。各部の名称やビルの用途が分かります。南北に2本のデッキが整備されるようで、大阪駅やグランフロント大阪との導線が考慮されています。

うめきた2期地区 都市公園全景 イメージ
うめきた2期地区の目玉となる都市公園のイメージ。東西道路(ステッププラザ)を挟んで、南北の敷地合計45,000屬肪糞崗紊領价呂整備されます。

うめきた2期地区 南公園 リフレクション広場 イメージ
都市公園(南公園)には大きな芝生広場や水景施設のある「リフレクション広場」が設けられます。広場では10,000人規模のイベントにも対応できるようです。

うめきた2期地区 北公園 うめきたの森 提案内容
都市公園(北公園)には都心で自然を感じられる憩いの空間「うめきたの森」が設けられます。イメージでは大きな池を取り囲む庭園の様子が分かります。

うめきた2期地区 歩行者デッキ ひらめきの道 イメージ
南北公園を繋ぐ歩行者デッキ「ひらめきの道」。大阪駅やグランフロント大阪とも結ばれるデッキは、うめきた2期地区を象徴するシンボリックな景観になりそうです。

うめきた2期地区 ステッププラザ イメージ
歩行者デッキの下は東西道路と公園が一体となった広場「ステッププラザ」となります。新梅田シティへの導線となるため、新たな賑わいが生まれそうです。

うめきた2期地区 南街区 イメージ
南街区の南西部にはオフィス・ホテル・商業施設・MICE施設・高層住宅が入る5棟の高層ビルが林立します。資料内では地上51階建て、高さ185mの住宅棟と、地上39階建て、高さ182mのホテル棟の規模のみ記載されていますが、他にも150mクラスが1棟、100m〜130mクラスが2棟描かれています。詳細は後日判明するでしょう。

うめきた2期地区 北街区 イメージ
北街区ではオフィス・ホテル・イノベーション施設の入る地上28 階建て、高さ150mのビルと、地上47階建て、高さ176mの住宅棟の規模が判明しています。

うめきた2期地区 北街区&南街区 イメージ
CGパースでは高層ビルの形状がいまいち良くわからないのですが、イラストの方では詳細に描かれています。ビルの中に滝が描かれていたり(非現実的ですが)、低層部はかなり複雑な形状を持ったビルになりそうです。

今後さらに詳細な設計が詰められていくと思いますので、施設の規模やビルの外観は変更される可能性があります。ただ南街区は過去のコンペの内容から、多くてもビル3棟程度になると想像していましたので、今回発表の5棟構成には正直驚きました。北街区の2棟と合わせると合計7棟の高層ビル群が誕生することになります。

慢性的に続く大阪市内のオフィス、ホテル不足という状況が、今回の壮大な計画の実現を後押ししたのかもしれません。そういう意味では非常に良いタイミングのコンペだったのではと思います。今後の進捗に期待しましょう。

なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月

南海電鉄が旧南海会館ビル跡地に建設中の複合高層ビル「なんばスカイオ」。地上31階建て、高さ150m、大規模なオフィス、医療関連施設、ホール・カンファレンス施設、商業施設などが入居。南海なんば駅に直結し、高島屋〜スイスホテル〜なんばパークスと続く導線の一部を構成します。今年9月に竣工、10月中旬に開業予定。

なんばスカイオ 完成予想図
なんばスカイオの完成予想図。スイスホテル南海大阪とT字型のような配置となります。与えられた土地を最大限に活かそうという意図が感じられます。

なんばスカイオ 2018年6月 01
北側から見上げる南海ターミナルビル(高島屋大阪店)となんばスカイオ。手前の部分はガラス張りでスッキリとした印象。おそらく夜景もかなり綺麗だと思います。

なんばスカイオ 2018年6月 02
南側、パークス通りより。幅の広い重厚なオフィス部分の様子が良く分かります。オフィス部分はグレー系で隣接する南海グループのビルと統一感を持たせています。

なんばスカイオ 2018年6月 03
なんばパークスのキャニオンストリートより。意外と圧迫感はありません。

なんばスカイオ 2018年6月 04
パークスガーデンより。スイスホテル南海大阪との距離感はこのような感じ。ホテル客室の位置によっては、かなり眺望に影響が出そうです。

なんばスカイオ 2018年6月 05
なんばパークスとの接続部分。低層部分の色合いをアースカラーに統一することで、南海グループとしての一体感を演出。回遊性もかなり向上すると思います。

なんばスカイオ 2018年6月 06
南海野村ビル前より。見る角度によってかなり印象が変わるビルです。

なんばスカイオのオフィスは既に満室だそうで、大阪市内のオフィス供給不足の影響はかなり深刻な状況です。将来が読めないオフィスビルに投資するのは中々難しいのだとは思いますが、こういう時こそ先手を打つアグレッシブな企業が現れて欲しいものです。インバウンドによるホテル需要もいつまで続くかは分かりません。

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 復路編

2017年1月21日に行われた阪神高速6号大和川線 三宝ジャンクション〜鉄砲出入口間の開通記念イベント(ハイウェイウォーク)の続きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 13
三宝ジャンクションの手前で折り返し、復路は東に向かって戻っていく形になります。トンネルには大和川第1トンネル(1164m)という名称が付いていました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 14
ここから復路がスタート。最初は下り坂になっています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 15
トンネル内の様子。一直線にどこまでも続いていきそうな感覚。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 16
途中から予想外のイルミネーション演出がスタート。歩行者天国 今日だけやで。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 17
天井から7色の光を照らすレインボーのイメージ。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 18
グリーンの照明をベースにプロジェクターで木漏れ日のような映像を写し出す。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 19
ミラーボールがくるくると回ってディスコのような空間に。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 20
特殊な投光機を使って幻想的な空間を演出。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 21
都市のような映像を写し出すプロジェクター。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 22
様々なイルミネーションに魅了されているうちに出口が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 23
鉄砲出口から差し込む光がまるでSF映画のワープゾーンのよう。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 24
鉄砲出口を出ると3kmのハイウェイウォークが終了。お疲れ様でした。

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。わずか数時間のイベントの為にここまでの演出をするとは思っていませんでした。今回のイベント全体を通して、普段は見ることのできない世界を体験することができ、非常に良い経験になりました。今後の未開通区間の進捗も非常に楽しみです。

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 往路編

大阪市と堺市を分ける大和川の南岸に沿って建設が進む阪神高速6号大和川線。2017年1月28日に三宝ジャンクション鉄砲出入口間が開通するのに合わせて、1月21日に記念イベントのクォーターマラソンとハイウェイウォークが実施されました。

阪神高速6号大和川線 整備効果
阪神高速大和川線の整備効果。全線開通後には西名阪道から環状線を経由せずに湾岸線へと入ることができるようになり、渋滞の緩和が期待されています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 01
ハイウェイウォークはイオンモール堺鉄砲町の北側からスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 02
西行きの鉄砲東出口となる予定のスロープを反対に下って高速道路の本線に入っていきます。先に見えるトンネルは未開通区間。上には南海本線が走っています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 03
Uターンして本線のウォーキングがスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 04
国道26号線の下を潜り、空が見える掘割方式で建設された区間を進んで行きます。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 05
トンネル内部の様子。この辺りは未開通区間なので、まだ照明も仮設で白線等も引かれていません。非日常な雰囲気がプンプンでワクワクします。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 06
ここからが2017年1月28日に開通する区間。照明や配管が化粧板で覆われておらず、設備が簡素化されている印象を受けました。メンテナンス性は高そうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 07
6号大和川線の標識。照明はスッキリとした白色のLED。個人的にはオレンジ色の高圧ナトリウムランプで照らされた昔ながらのトンネルのほうが好きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 081
トンネル内に気流を起こすことで排ガス対策を行うジェットファン。高速道路内の設備をじっくり撮影できる機会は中々ないので、こういったイベントはとても貴重です。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 09
いよいよ出口の標識が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 10
三宝ジャンクション手前の分岐標識です。神戸が左で関空が右という表示は構造上そうなっているのですが、土地勘のある人は逆に戸惑う可能性がありそうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 11
地上に出るとウォーキングの折り返し地点となります。残念ながら先の三宝ジャンクションに入ることは出来ませんでした。かなり期待していたのですが。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 12
入れないものは仕方ないので展示してあった三宝ジャンクションの模型。北側から見下ろしている状態になります。上下に走る道路が阪神高速4号湾岸線

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。往路では脚色のない素の状態の道路や付帯設備を楽しむことができました。またトンネル内では阪神高速の歩みを紹介するパネルが展示されていたり、緊急車両が展示されていたりと、非常に勉強になるものが多かったです。次回の復路編に続きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top