弁天町

TOP > 高層ビル・再開発 > 弁天町

1 2 古い記事 >>

生駒山 水呑地蔵院〜十三峠からの眺め 2012年6月

約1年ぶりに生駒山の十三峠方面へ足を伸ばしてきました。いつも時間帯が悪いので今回は朝一番から出かけることに。天候も良く中々見通しの良い写真を撮影することができました。夏場ならこれ以上は無理といっても過言ではないくらいのコンディションだったと思います。少し公開が遅れたので2ヶ月ほど前の写真となります。

水呑地蔵院 2012年6月
水呑地蔵院の本堂横にある弘法水の湧き出る祠。

水呑地蔵院から大阪方面 2012年6月
水呑地蔵院から大阪方面の眺め。この空気の状態なら望遠撮影も期待できそう。

水呑地蔵院から梅田方面 2012年6月 01
水呑地蔵院から梅田〜中之島方面を超望遠撮影。大阪城も高層ビル群もくっきり。

水呑地蔵院から梅田方面 2012年6月 02
同じく梅田〜京橋方面を超望遠撮影。グランフロント大阪が見えています。

水呑地蔵院から難波・弁天町方面 2012年6月
難波〜弁天町方面を超望遠撮影。バックには神戸市内の様子も。

水呑地蔵院から阿倍野方面(あべのハルカス) 2012年6月
阿倍野方面を超望遠撮影。この時点であべのハルカスは263mでした。

水呑地蔵院から八尾方面(メガシティタワーズ) 2012年6月
八尾市久宝寺駅前のツインタワーマンション、メガシティタワーズ

十三峠から梅田方面 2012年6月 01
水呑地蔵より少し標高の高い十三峠展望広場から大阪都心北部の全景。

十三峠から梅田方面 2012年6月 02
十三峠展望広場から見た梅田〜中之島方面と大阪城。迫力のある眺望です。

八尾市楽音寺付近から梅田方面 2012年6月
最後は標高を下げて八尾市楽音寺付近から。ここからの眺めが意外と良かったので、メインサイトでパノラマ写真を紹介しています。興味がある方はご覧下さい。

1年前にはまだ足下しか見えていなかったグランフロント大阪中之島フェスティバルタワーあべのハルカスが姿を現し、より密度を増した高層ビル群を楽しむことができました。今後しばらくは大きな変化が無さそうで少し寂しくもありますが、また意外なところから新規プロジェクトが出てくる可能性もありますので目が離せません。

大阪都心360度パノラマ from オリックス本町ビル

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その3です。

東西南北全ての方向に展望窓があるオリックス本町ビルの特徴を生かして、360度のフルパノラマ写真を作成しました。整然とした大阪都心の街並みや梅田〜中之島の高層ビル群、眼下に伸びる阪神高速など、大迫力の眺望をお楽しみ下さい。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)

地理的に大阪の中心と呼んでも差し支えない場所に建っているので、これほど360度パノラマに適したスポットはありません。梅田スカイビルなんかも360度撮影が可能ですが、空中庭園には視界を遮る構造物があったりして中々難しいのです。そんなわけで初の360度パノラマ写真となりました。臨場感を出す為にかなり広角で撮影していますので、よく見ると結合部の粗が見えてしまうかも。その辺はご容赦下さい。

これでオリックス本町ビルからの眺めシリーズは一旦終わりです。いずれ夜景写真や動画でも紹介しようと思っています。この展望台については多くのブログ仲間の方々がほぼ同時に記事を書かれており、皆さん大絶賛されています。百聞は一見にしかず、機会があればぜひ訪れてみてください。感動すること間違いなしです。


※2012/05/29 画像を更新しました。

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め Vol.2

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その2です。

前回は手始めに東西南北の眺めをざっと紹介しましたが、今回は展望台から見える個々のビル群を切り取ってみます。天候や空気の状態が悪いと望遠撮影をしようという気にはならないのですが、真夏のような日差しだったのにも関わらず中々の見通しだったのでラッキーでした。こんな日にカメラを持ってきてないと後悔する所です。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 03
まずは西梅田方面です。中之島3丁目あたりのビル群と被っています。細身でスタイリッシュなビルが多い中、ハービス大阪の個性が際立っています。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 04
JR大阪駅〜阪急梅田駅方面です。重厚なビルが新旧入り乱れて林立しています。左端のD'グラフォート大阪N.Y.タワー HIGOBASHIはマンションとは思えないデザインで景観に溶け込んでいます。ビルの合間を抜けていく阪神高速も重要なポイント。

オリックス本町ビル 展望テラスよりシティタワー大阪
大阪市中心部における超高層マンションブームの火付け役となったシティタワー大阪の周辺です。背後にはOBPの一部が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより谷町四丁目方面
阪神高速東船場ジャンクションと谷町四丁目駅周辺です。NHK大阪放送会館の横幅がゴツいです。背後には東大阪市役所や生駒山頂の送信所が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより上本町方面
いつの間にかタワマン銀座と化した上本町方面です。やはり文教地区のブランド力は凄いです。白亜のシェラトン都ホテル大阪が完全に埋もれてしまいました。

オリックス本町ビル 展望テラスより阪神高速阿波座ジャンクション
阪神高速阿波座ジャンクションです。大阪港線、神戸線と環状線の合流ポイントとなっており、慢性的に渋滞が発生するポイントです。

オリックス本町ビル 展望テラスより弁天町方面
弁天町方面です。この角度だと3本のビルが綺麗に正面を向いて並んでいます。さすが200m超のタワーだけあって、周囲を圧倒する存在感。背後には天保山大橋や天保山大観覧車、夢洲のコンテナ埠頭が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスよりUSJ方面
USJ方面です。リゾート風のカラフルなホテル群の傍に大規模なマンションが増えてきました。悪く言えば中途半端な景観になりつつあるのかも…。

オリックス本町ビル 展望テラスより京セラドーム大阪方面
京セラドーム大阪方面です。ヴィークタワー南堀江で隠れてしまっているのが少し残念。背後には港大橋や南港のコスモタワー等が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより南海難波駅方面
南海難波駅方面です。手前には心斎橋のホテル日航大阪なんばパークスの南側にはまだ再開発の余地があるので今後サプライズがあるかもしれません。

オリックス本町ビル 展望テラスよりJR難波駅方面
JR難波駅方面です。ルネッサなんばと呼ばれている再開発エリアはバブル崩壊の波を乗り越えてほぼ完成しました。巨大なマルイト難波ビル(ホテルモントレ グラスミア大阪)や八角形の湊町リバープレイスが特徴的です。

オリックス本町ビル 展望テラスより堀江方面
堀江方面です。こちらも上本町と同じくタワーマンションが林立するエリアになりました。大阪では都心の軸から少し外れたエリアの人気が高い傾向があります。

オリックス本町ビル 展望テラスより天王寺・阿倍野方面
天王寺・阿倍野方面です。中央では高さ300mの阿部野橋ターミナルビル タワー館が建設中。周囲にも80mを超える高層建築が続々と誕生し、広がりと厚みが増してきました。ここは再開発のウォッチポイントに最適かも。

大阪都心の俯瞰(オリックス本町ビル 展望テラスより)
おまけ 梅田方面を超広角で俯瞰撮影。

これだけ写真があると解説を書くのが疲れました…。それにしてもこんな眺望がいつでも楽しめるようになったのは本当に嬉しいです。市街地の中心に立地し、なおかつ視界を遮るビルが無いことがいかに重要か思い知らされました。大阪を知らない人にこそ訪れて欲しい、そう思える展望スポットです。

大阪都心パノラマ from WTCコスモタワー

今回は先日紹介したWTCコスモタワーからの眺めの続きです。
サイトの方で公開できなかった大阪市内の高解像度パノラマを掲載しておきます。

大阪南港 WTCコスモタワーからのパノラマ写真

元画像は以前に掲載したものと同じですが、若干処理を変更した上でパノラマ合成しました。梅田から京橋OBPあたりまでの高層ビル群が横一列に並んでいるように見えるのは望遠写真ならではですね。

このような距離感の変化は一般的に望遠効果(圧縮効果)と言われています。同じ被写体を同じ大きさで撮影する場合でも、近くに寄って撮影する場合と、離れて望遠で撮影する場合とでは写真としての印象が全く異なるので面白いです。写真を撮影される方は表現方法として覚えておくと役に立つかも。

1 2 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 弁天町

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top