大阪ベイエリア

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪ベイエリア

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

ユニバーサルシティウォーク 2期拡張と超高層ホテル計画

大阪市は此花区のユニバーサルシティ駅前開発用地(6647屐砲鯏豕都の特定目的会社、ワンダー ・トリアングルムに売却することを発表しました。

米映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)に隣接する未利用地(約6600平方メートル)の売却について、市は14日、予定価格(約17億円)を上回る約20億円の価格提案をした東京都の特定目的会社「ワンダー・トリアングルム」を事業者として選定した。(産経新聞)

落札価格は20億4000万円、USJ初のスーパーオフィシャルホテルとなる(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワーを核に、ユニバーサルシティウォーク大阪の拡張部分となる商業施設、2つの広場、回遊できる歩行者空間を整備。ワンダー ・トリアングルム社は2013年度内の建物着工、2015年内の開業を予定しています。

(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワー 完成予想パース
(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワーの完成予想パース。規模は地上28階建て、高さ100m、客室数600室。クラシカルでシンボル性の高い外観デザインです。

ユニバーサルシティウォーク大阪2期 敷地の俯瞰
計画地(手前)周辺を上から見た様子。敷地の形状が三角形なので開発者側からすると少し使い辛そうな感じ。完成するとUSJのゲートに最も近いホテルとなります。

USJ周辺のホテル群 01
現在建っている3本のホテル。右からホテル京阪ユニバーサルタワー(135m)、ホテル京阪ユニバーサルシティ(83m)、ホテル近鉄ユニバーサルシティ(93m)。

USJ周辺のホテル群 02
計画地からホテル群とユニバーサルシティウォーク大阪を見上げる。

JRユニバーサルシティ駅からUSJへと続くストリートは、これまで片側にしか店舗が無く非常に寂しかっただけに、今回の発表は多くのUSJファンにとって待ちに待ったものだと思います。商業ファサードはUSJ社と密接に連携するということで、外観や入居するテナントも第1期以上に魅力的なものになるのではないかと思います。

今回の計画は、きちんとシティウォークの拡張と銘打っていること、さらに高層化、そしてスーパーオフィシャルホテルの新設と、個人的に「こうなったらいいな」と思い描いていたビジョンがそのまま形になったような感じで、内容的に文句の付けようがありません。勢いを増すUSJ本体とともに、周辺も盛り上がって欲しいですね。

旧サントリーミュージアム & なにわの海の時空館 公募へ

天保山の旧サントリーミュージアム、南港のなにわの海の時空館という大阪ベイエリア観光の一翼を担ってきた2施設が新しく生まれ変わることになりそうです。

平成22年12月に閉館し、大阪市に寄贈された大阪ベイエリアの旧美術館「サントリーミュージアム『天保山』」(大阪市港区)について、市は25年度から約10年間、全館を民間事業者に貸し付ける方針を固めた。(引用元:産経新聞)

大阪市が、入館者が低迷している市立海洋博物館「なにわの海の時空館」(住之江区)を、2012年度末までに廃止することがわかった。施設の活用事業者は公募で決める方向で検討している。(引用元:読売新聞)

旧サントリーミュージアムは2013年度から10年間、全館を民間事業者に貸し付ける方針で、2011年3月の事前公募では複数の企業から打診があったとのこと。観光名所となっている海遊館の隣りという好立地は事業者にとって魅力的ですし、IMAXシアターを改修して劇場に転用することも可能と、様々な活用が期待できそうです。

一方、なにわの海の時空館は2012年度で廃止、民間事業者を公募し、2014年度の再オープンを検討しているとのこと。こちらは立地的にも建物の構造的にも非常に厳しい案件になることが予想されます。個人的には再活用のイメージが全く思い浮かびません。資料的に貴重な菱垣廻船の原寸大模型の行方も気になります。

旧サントリーミュージアム天保山 2012年6月
旧サントリーミュージアム天保山。建築家、安藤忠雄氏の設計でサントリーが80億円をかけて建設。現在は半世紀ぶりのツタンカーメン展が大盛況となっている。

なにわの海の時空館 夜景
なにわの海の時空館(左)。海に浮かぶドーム型の展示施設へは海底トンネルを通って入場します。この芸術的なライトアップが残ってくれると嬉しいのですが…。なにわの海の時空館の内部は過去記事で詳しく取り上げていますのでご覧下さい。

天保山ハーバービレッジ 2012年6月
天保山大観覧車と天保山マーケットプレース。

大阪ベイエリアはこれまで天保山と南港を中心に展開し、舞洲などの人工島開発、りんくうタウン、そしてUSJ周辺と分散化が進んできた経緯があります。しかし結果的にどこも中途半端な集積になってしまった感は否めません。今後はそれぞれを強く結びつけて観光の軸にしてく工夫が求められていくと思います。

USJにハリーポッターのテーマエリア 2014年開業予定

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは本日午後1時、The Wizarding World of Harry Potterを日本でオープンすることを、ワーナー・ブラザーズ、ユニバーサル・パークス&リゾーツとともに発表しました。(引用元:プレスリリース)

米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市)を運営するユー・エス・ジェイは、2001年の開業以来、初となる拡張工事を行う方針を固めた。テーマパーク部分の面積は現在の39ヘクタールから1〜2割増え、東京ディズニーランド(51ヘクタール)に迫る。(引用元:読売新聞)

USJ エントランスゲート

USJ ロデオドライブ

2010年にフロリダのユニバーサル・オーランド・リゾートにオープンしたハリーポッターのテーマエリア(現地名ハリー・ポッターの魔法の世界)がUSJにも登場するようです。USJとしては初のパーク拡張、投資総額は約450億円、2004年にオープンしたアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライドが140億円ですので、ざっとその3倍超の投資となります。この投資額には正直驚きました。

USJ ウォーターワールド
駐車場を立体化して一部を新テーマエリアの用地として利用するとのことで、おそらく上の写真の左側部分、ジュラシックパークとウォーターワールドの間に新テーマエリアへ繋がる導線が整備されるのではないでしょうか。

※後日追記:工事が始まったのは上記の場所ではなく、駐車場の東側でした。ジョーズとユニバーサル・ワンダーランドの間に新エリアへの通路が整備されるようです。

フロリダではホグズミード村の街並みやホグワーツ魔法学校の建物、屋内型のライドアトラクション(現地名ハリー・ポッターと禁じられた旅)、さらにローラーコースターが2本あるようで、日本版がどこまで再現されるかにも注目です。映画が題材で、かつ子供から大人までを虜にするファンタジー的な世界観、これらは現在のUSJに最も必要とされている素材なのかもしれません。そういう意味でも期待大です。

USJではこれまでもスパイダーマンやローラーコースターなどの新アトラクションを追加してきましたが、既存の敷地内での新設ということもあり、全体として規模が拡大したという印象がほとんどありませんでした。今回ようやく拡張に向けて動き出すということで、パークが狭いという弱点がある程度緩和されるのではないかと思います。

松井大阪府知事も出席した記者会見の様子(GIGAZINE)

大阪都心パノラマ from WTCコスモタワー

今回は先日紹介したWTCコスモタワーからの眺めの続きです。
サイトの方で公開できなかった大阪市内の高解像度パノラマを掲載しておきます。

大阪南港 WTCコスモタワーからのパノラマ写真

元画像は以前に掲載したものと同じですが、若干処理を変更した上でパノラマ合成しました。梅田から京橋OBPあたりまでの高層ビル群が横一列に並んでいるように見えるのは望遠写真ならではですね。

このような距離感の変化は一般的に望遠効果(圧縮効果)と言われています。同じ被写体を同じ大きさで撮影する場合でも、近くに寄って撮影する場合と、離れて望遠で撮影する場合とでは写真としての印象が全く異なるので面白いです。写真を撮影される方は表現方法として覚えておくと役に立つかも。

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪ベイエリア

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top