天王寺・阿倍野

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

天王寺・阿倍野周辺の再開発 2010年4月 その2

天王寺・阿倍野周辺の再開発をウォッチング、前回の続きです。

●阿倍野B2地区再開発D4-1棟

阿倍野区旭町、金塚小学校隣接の街区に計画されている高層マンション。地上27階、高さ87.9m。一度は大阪市の希望価格との乖離から特定建築者の選定に至らなかったが、再公募によって三井不動産レジデンシャルに決定した。

阿倍野B2地区再開発D4-1棟 2010年4月
今のところ動きはありません。建築計画のお知らせ等も見当たりませんでした。建築面積に比べると敷地はかなり広いです。計画通りだと、大部分が公開空地になりそうです。

阿倍野B2地区再開発D4-1棟 パース
阿倍野B2地区再開発D4-1棟のイメージパースです。

●東横イン山王計画

尼崎平野線沿い、大阪市大病院の向かい側あたりに計画されている高層ホテル。地上25階、高さ82.4m。

東横イン山王 2010年4月
現在の様子です。2010年の竣工予定でしたが、着工の気配は全くありません。

東横イン山王 建築計画
建築計画のお知らせもこの通り無残な姿に。高さ、延べ床面積はかろうじて読み取れます。意図的に破かれたのではないと思いますが・・・。

●阿倍野歩道橋架け替え工事

天王寺・阿倍野ターミナル交差点にかかる阿倍野歩道橋の架け替え計画。コンペによってデザインが決定されたが、施行業者の選定に3回失敗(応札無し)。4回目の入札でようやく業者が決定した。最短で2011年12月完成予定。

阿倍野歩道橋 パース
阿倍野歩道橋の完成イメージです。入札不調の原因は施行難度の高さ。地下街の存在や地上の交通量、夜間工事も必要なため、大阪市の希望価格では採算が合わなかったのでしょう。結局3億6千万円のコスト増でようやくメドが立ちました。

阿倍野歩道橋 2010年4月
阿倍野歩道橋の現在の様子です。上のイメージとほぼ同じ構図です。まだ本格的な工事は始まっていませんが、周辺の再開発に合わせて一部仮設階段への変更が行われています。

●天王寺ステーションビル改装工事

JR天王寺駅ビル 2010年4月
天王寺ステーションビルは耐震補強、外壁改修を含めて全面改装しました。ステーションプラザの店舗もリニューアルされ、雰囲気がMIOに近くなりました。今回の大規模な改修により、建替えはまだまだ先になったということでもあります。

阿倍野地区の将来像

以上、動いてる場所も動いてない場所も含めてウォッチングしてみました。まだまだ潜在的なポテンシャルを秘めたエリアだと思うので、再開発を契機に化けて欲しいと思っています。

天王寺・阿倍野周辺の再開発 2010年4月 その1

久しぶりに天王寺・阿倍野周辺の再開発をウォッチングしました。
天候が最悪で、写真がイマイチですがご容赦下さい・・・。

●阿部野橋ターミナルビルタワー館(仮称)

近鉄百貨店阿倍野本店の建替えプロジェクト。高さ300m、日本一の超高層ビルを目指して建設が進む。高層階にはオフィス、ホテル、美術館が入り、最上階には展望台が設けられる予定。

阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010年4月 01
阿倍野歩道橋から撮影。近鉄百貨店は奥に見える新館で営業を続けています。

阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010年4月 02
天王寺MIOから撮影。解体工事が終わり、基礎部分の工事に着手している様子。

●阿倍野A1地区再開発A1-2棟

阿倍野センタービル南側の区画で建設が進む高層ビル。高さ96.45m。特定建築者はアイディーユー。ホテルトラスティを中心に店舗、分譲住宅などで構成される予定。

阿倍野A1地区再開発A1-2棟 2010年4月
最近まで工事は遅れ気味でしたが、タワークレーンが姿を現しました。これから本格的に建設工事が進みそうです。

●阿倍野A1地区再開発A2棟

東急不動産が中心となって建設を進めている大型商業施設、(仮称)阿倍野プロジェクト。専門店街を中心に、東急ハンズ、イトーヨーカドー等の入居が予定されている。(参考記事: 東急不動産(仮称)阿倍野プロジェクトのサイトがオープン!

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 01
天王寺MIOから撮影。施設の大まかな外枠は完成しつつあります。物凄いボリュームです。後ろの高層マンションはあべのグラントゥール

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 02
歩道橋から接続される2階ゲート付近の様子です。

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 03
西側(あべのルシアス側)から撮影。専門店街が入居する部分です。

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 04
あべの筋、地下鉄阿倍野駅付近から撮影。、まだ沢山の店舗、アーケードが残っていますが、完成時にはこの部分まで道路が拡幅される予定です。

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 05
廃墟のように残るアーケード。いくら撤去予定とはいえ美観的に最悪なので正直もうちょっとなんとかして欲しい所。

阿倍野A1地区再開発A2棟 2010年4月 06
歩道橋から見た再開発現場。左が阿部野橋ターミナルビルタワー館、右が阿倍野A1地区再開発A2棟です。大阪駅周辺と同じくらい忙しいエリアかもしれません。早く完成後の風景が見たいですね。

次回に続きます。

あべのルシアスからの眺め

今回は大阪市阿倍野区にある「あべのルシアス」からの眺めを紹介します。

あべのルシアス」は大阪市が進めている阿倍野再開発事業の一部として1998年に開業した大型複合ビルです。運営は近鉄グループが行っており、連絡通路で繋がった隣のアポロビルと共に、天王寺、阿倍野地区の繁華街の重要な一角をなす商業施設となっています。

このビルの15階と16階の吹き抜け空間に「スカイギャラリー」という展示会向けのスペースがあり、展望台としても利用できるようになっています。

あべのルシアスから北方向の眺め
あべのルシアスから北方向の眺めです。眼下に広がるのは「天王寺公園」。バックには大阪都心の大パノラマが広がります。時間的に手前側が影になっていて残念ですが、この日はおおむね快晴の気持ち良い眺めでした。

通天閣と難波の高層ビル群
通天閣とバックにそびえる難波の高層ビル群です。こういう角度だと通天閣はビル群の中に埋もれてしまいます。左端には「なんばグランドマスターズタワー」という新しい高層マンションが建設中です。

あべのルシアスから梅田方面
梅田方面の眺めです。かなり距離があって普通は霞んでしまうのですが、この日は綺麗に見えました。

あべのルシアスから北浜方面
北浜〜天満方面の眺めです。手前の夕陽丘地区にはたくさんのお寺が建ち並んでいます。バックには箕面〜吹田〜茨木にかけての山々が連なっています。ここまで見える日は珍しいと思います。

あべのルシアスから弁天町方面
弁天町方面の眺めです。大阪ドームや弁天町の高層ビルの背後に六甲の山並みが連なっています。大自然に囲まれた関西地方の素晴らしさを感じます。

弁天町の高層ビル群
弁天町駅前の超高層ビル群です。超高層マンション「クロスタワー大阪ベイ」や「ORC200」など、200m級の高層ビルが建ち並びます。大阪市は弁天町周辺をキタ、ミナミに対抗して「ニシ」と呼ばせようと頑張っていた時期がありましたが、いまだ定着していません。

あべのルシアスから東大阪方面
JR天王寺駅前から東大阪方面にかけての眺めです。天王寺地区の高層マンションの先駆け「セントラルレジデンス天王寺シティタワー」が目立ちます。バックには紅葉に染まった生駒山が綺麗に見えました。

今回は空気が澄んでいたので、バックの山々を驚くほど綺麗に収めることができました。カメラマンとしてはこういう日に出会えると幸せな気分になります。

あべのルシアス スカイギャラリー」はあまり知られてなく穴場的な展望台ですので、天王寺にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。ゆったりと眺めを楽しめると思います。

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

東急不動産(仮称)阿倍野プロジェクトのサイトがオープン!

先日の記事で着工開始をお伝えした阿倍野再開発A1地区A2棟(仮称)阿倍野プロジェクトの紹介サイトがオープンしていました。

(仮称)阿倍野プロジェクト(東急不動産)

その中でCGムービーが公開されており、完成後の様子が臨場感たっぷりに描かれています。これまで断片的なイメージは公開されていましたが、映像になると外観をはじめ内部の様子や規模の大きさが良く分かります。以下はCGムービーからの引用です。

阿倍野プロジェクト 計画地
(仮称)阿倍野プロジェクトの計画地です。ターミナルに近く非常に好立地です。

阿倍野プロジェクト 俯瞰1
地下鉄阿倍野駅方面からの俯瞰です。南北に長いですね。

阿倍野プロジェクト 俯瞰2
裏側(あべのグラントゥール側)からの俯瞰です。建物はL字型になっています。

阿倍野プロジェクト モール入り口
阿倍野歩道橋から続く2階モール入り口付近です。吹き抜けで開放感があり、歩道橋から自然に施設内に導いていこうという意図が感じられます。

阿倍野プロジェクト モール内部
モール内部です。イオンモールやアリオのようなイメージですね。巨大ターミナルに似合うかどうかはまだ未知数です。

阿倍野プロジェクト 地下通路
かなり良いと思ったのがこのムービングウォーク付き地下通路です。これで地上、地下、2階歩道橋と3通りの導線を確保しています。範囲が狭いと言われてきた天王寺・阿倍野地区ですが、かなりの回遊性が期待できるのではないでしょうか。

正直な所、大阪経済がどん底の時代に策定された計画ですので、本当は巨大ターミナルには似つかわしくない施設なのかもしれません。もしコンペがあと5年遅ければ高層ビル、高層マンションが林立する再開発案件になっていた可能性が高いです。

ただムービーを見ると分かるように、東急不動産は相当な気合を入れているようです。それだけこの天王寺・阿倍野地区のポテンシャルが高いということであり、大阪第3の繁華街としてさらに成熟していくことを期待しましょう。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top