天王寺・阿倍野

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め Vol.2

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その2です。

前回は手始めに東西南北の眺めをざっと紹介しましたが、今回は展望台から見える個々のビル群を切り取ってみます。天候や空気の状態が悪いと望遠撮影をしようという気にはならないのですが、真夏のような日差しだったのにも関わらず中々の見通しだったのでラッキーでした。こんな日にカメラを持ってきてないと後悔する所です。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 03
まずは西梅田方面です。中之島3丁目あたりのビル群と被っています。細身でスタイリッシュなビルが多い中、ハービス大阪の個性が際立っています。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 04
JR大阪駅〜阪急梅田駅方面です。重厚なビルが新旧入り乱れて林立しています。左端のD'グラフォート大阪N.Y.タワー HIGOBASHIはマンションとは思えないデザインで景観に溶け込んでいます。ビルの合間を抜けていく阪神高速も重要なポイント。

オリックス本町ビル 展望テラスよりシティタワー大阪
大阪市中心部における超高層マンションブームの火付け役となったシティタワー大阪の周辺です。背後にはOBPの一部が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより谷町四丁目方面
阪神高速東船場ジャンクションと谷町四丁目駅周辺です。NHK大阪放送会館の横幅がゴツいです。背後には東大阪市役所や生駒山頂の送信所が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより上本町方面
いつの間にかタワマン銀座と化した上本町方面です。やはり文教地区のブランド力は凄いです。白亜のシェラトン都ホテル大阪が完全に埋もれてしまいました。

オリックス本町ビル 展望テラスより阪神高速阿波座ジャンクション
阪神高速阿波座ジャンクションです。大阪港線、神戸線と環状線の合流ポイントとなっており、慢性的に渋滞が発生するポイントです。

オリックス本町ビル 展望テラスより弁天町方面
弁天町方面です。この角度だと3本のビルが綺麗に正面を向いて並んでいます。さすが200m超のタワーだけあって、周囲を圧倒する存在感。背後には天保山大橋や天保山大観覧車、夢洲のコンテナ埠頭が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスよりUSJ方面
USJ方面です。リゾート風のカラフルなホテル群の傍に大規模なマンションが増えてきました。悪く言えば中途半端な景観になりつつあるのかも…。

オリックス本町ビル 展望テラスより京セラドーム大阪方面
京セラドーム大阪方面です。ヴィークタワー南堀江で隠れてしまっているのが少し残念。背後には港大橋や南港のコスモタワー等が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより南海難波駅方面
南海難波駅方面です。手前には心斎橋のホテル日航大阪なんばパークスの南側にはまだ再開発の余地があるので今後サプライズがあるかもしれません。

オリックス本町ビル 展望テラスよりJR難波駅方面
JR難波駅方面です。ルネッサなんばと呼ばれている再開発エリアはバブル崩壊の波を乗り越えてほぼ完成しました。巨大なマルイト難波ビル(ホテルモントレ グラスミア大阪)や八角形の湊町リバープレイスが特徴的です。

オリックス本町ビル 展望テラスより堀江方面
堀江方面です。こちらも上本町と同じくタワーマンションが林立するエリアになりました。大阪では都心の軸から少し外れたエリアの人気が高い傾向があります。

オリックス本町ビル 展望テラスより天王寺・阿倍野方面
天王寺・阿倍野方面です。中央では高さ300mの阿部野橋ターミナルビル タワー館が建設中。周囲にも80mを超える高層建築が続々と誕生し、広がりと厚みが増してきました。ここは再開発のウォッチポイントに最適かも。

大阪都心の俯瞰(オリックス本町ビル 展望テラスより)
おまけ 梅田方面を超広角で俯瞰撮影。

これだけ写真があると解説を書くのが疲れました…。それにしてもこんな眺望がいつでも楽しめるようになったのは本当に嬉しいです。市街地の中心に立地し、なおかつ視界を遮るビルが無いことがいかに重要か思い知らされました。大阪を知らない人にこそ訪れて欲しい、そう思える展望スポットです。

水呑地蔵院から見た大阪の高層ビル群

約2年ぶりに生駒山の水呑地蔵院へ行ってきました。過去に一度取り上げたことがありますが、時間帯が悪かったので再撮影しようと思ったのがきっかけです。まぁ天候が見事に外れたわけですが、お蔵入りにするのも勿体無いので掲載します。

水呑地蔵院 01
水呑地蔵院への入り口。八尾市内から峠道を登って10分程度で着きます。(地図

水呑地蔵院 02
参道にある地蔵たち。古くから守られてきた場所というのが良く分かります。

水呑地蔵院 03
ここから本堂、展望台へと続いていきます。

水呑地蔵院 04
水呑地蔵院の本堂です。地蔵尊は承和3年(836年)に安置されました。

水呑地蔵院 05
本堂の横には清水が湧き出る祠があります。この水は弘法水といわれ、弘法大師が十三峠を越える旅人のために祈願して得た霊水と伝えられています。

水呑地蔵院 06
本堂前の展望台です。標高は350mくらいでしょうか。ハイカーが立ち寄ったり、近場の小学生が遠足で訪れたりします。以下、展望台からの超望遠撮影。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 01(大阪城〜梅田)
大阪城〜梅田方面です。空気の状態が悪いので遠くの方が霞んでますが、建物が判別できる程度までは写ってました。これぞ大都会の眺めです。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 02(中之島〜北浜)
谷町〜北浜〜中之島方面です。こちらもダイナミックな景観になってきました。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 03(OBP)
京橋OBP方面です。手前はどのあたりだろうと考えながら見るのも面白いかも。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 04(本町)
本町方面です。本町ガーデンシティ本町南ガーデンシティオリックス本町ビルの完成により、かなり密度がアップしてきました。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 05(難波〜上本町)
難波〜上本町方面です。京セラドーム大阪や弁天町も見えています。

水呑地蔵から見た大阪の高層ビル群 06(天王寺・阿倍野)
天王寺・阿倍野方面です。阿部野橋ターミナルビルのクレーンが見えています。あべのキューズモールの開業もあって最近何かと話題になります。

こんな感じで今一な写真になりました。この天候ではパノラマ写真を作る気にもなりません。またも宿題となってしまったようです。やっぱり山からの景色は冬場の方が良いですね。連休中にもう一度行けたら写真の差し替えをするかもしれません。

大阪南港 WTCコスモタワーからの眺め

今回は大阪南港にそびえ立つWTCコスモタワー(大阪ワールドトレードセンタービルディング)からの眺めをご紹介します。

最近では大阪府庁の移転関連で話題になる高さ256mの超高層ビルは、大阪市内一の高さを誇り、最上階の展望台からは360度ぐるっと大阪湾を見渡すことが出来ます。展望台への入場料は大人800円です。

WTCコスモタワーから見た大阪市内
大阪市内方面の眺望。梅田〜中之島にかけてのビル群が連なっています。右下には大阪港を周遊できるサンタマリア号がタイミング良く写っていました。

WTCコスモタワーから見た天保山
海遊館大観覧車のある天保山ハーバービレッジとUSJ方面。安治川河口を跨ぐ橋は天保山大橋。阪神高速湾岸線の一部になっています。

WTCコスモタワーから見た梅田高層ビル群01
梅田の高層ビル群。左側には新しい大阪駅北ビル(ノースゲートビルディング)や建設中のOSAKA福島タワーが見えます。

WTCコスモタワーから見た梅田高層ビル群02
梅田スカイビルや茶屋町周辺の高層ビル。手前には最近になって増加してきた福島区のタワーマンション群が見えます。

WTCコスモタワーから見た大阪都心01
淀屋橋〜北浜周辺。右端には圧倒的な存在感を誇るThe Kitahama。中央バックにはOAPの高層ビル群が見えます。

WTCコスモタワーから見た大阪都心02
大阪都心の本町方面。手前の京セラドーム大阪周辺と重なってちょっとしたカオス状態に。中々面白い構図になりました。

WTCコスモタワーから見た弁天町
弁天町〜中之島方面。周囲と比較して圧倒的に高い弁天町の高層ビル群は、左からORCプリオタワーORC200クロスタワー大阪ベイ

WTCコスモタワーから見た難波
難波方面。中央の黒いビル付近がなんばパークスです。

WTCコスモタワーから見た天王寺
天王寺・阿倍野方面。将来この写真のほぼ中央付近に高さ300mの阿部野橋ターミナルビル タワー館が姿を現すはずです。周囲のビルと比較するとバックに見える山の高さくらいまで伸びるのではないでしょうか。ちょっと想像できません。

WTCコスモタワーから見た新大阪
新大阪方面。淀川の手前左側には高見フローラルタウンのツインタワー。

WTCコスモタワーから見た尼崎
尼崎方面。ホテルニューアルカイックルネ・セントラルタワーが見えます。左端で建設中のマンションはローレルタワー尼崎

大阪の空
大阪ベイエリアと広大な空。橋下知事が「南港を関西州の中心にしたい」と言った気持ちが分かるような気がします。

WTCコスモタワーでは夜景ばかり撮影していて、昼間に登るという経験があまり無かったのですが、やっぱり眺めは最高です。メインサイトの方では同じ場所からのパノラマ写真を公開していますので合わせてご覧下さい。

鶴見緑地 いのちの塔からの眺め (大阪都心編)

鶴見緑地展望塔(いのちの塔)からの眺め、最終回です。
今回は大阪都心部を超望遠撮影した写真を中心に紹介します。

いのちの塔からの眺め 大阪都心方面 01
手前に鶴見緑地、バックに大阪都心部の超高層ビル群。肉眼で見た場合の距離感は大体こんな感じ。実に壮観な眺めです。

いのちの塔からの眺め 大阪都心方面 02
OAPタワーを中心に撮影。右が梅田方面、左が北浜方面です。

いのちの塔からの眺め 大阪都心方面 03
梅田を中心に撮影。高層ビル群が適度にバラけて見える良い角度だと思います。

いのちの塔からの眺め 大阪都心方面 04
大阪ビジネスパークを中心に撮影。鶴見緑地から距離的に一番近いビル群なのでかなり大きく見えます。

いのちの塔からの眺め 梅田超高層ビル群
梅田方面を超望遠撮影。左側にダイヤモンド地区と西梅田、右側にJR大阪駅と梅田阪急ビルを中心としたビル群。建設中の大阪ステーションシティも見えています。

いのちの塔からの眺め OAP方面
OAP方面を超望遠撮影。OAPタワーの手前には野江駅前のザ・コムズシティ・ツインタワーズが建っています。

いのちの塔からの眺め 茶屋町方面
天満〜茶屋町方面を超望遠撮影。中央のガラス張りのビルはシティタワー大阪天満。バックは茶屋町のビル群。左側には梅田スカイビルの頭だけが見えています。

いのちの塔からの眺め 北浜タワー
北浜方面を超望遠撮影。中央には現在日本一の高さの超高層マンション、The Kitahama(北浜タワー)が建っています。(高さ209.35m)

いのちの塔からの眺め OBP方面
大阪ビジネスパーク方面を超望遠撮影。いつの時代も大阪の副都心を代表する地区ですね。

いのちの塔からの眺め 谷町方面
谷町4丁目のNHK大阪放送会館を中心に撮影。その手前は大阪城公園なのですが大阪城は屋根しか見えません。発見できるかな?

いのちの塔からの眺め 難波方面
難波方面を超望遠撮影。中央になんばパークス、右側の細いビルがスイスホテル南海大阪です。見る角度によってこれほど印象が違うビルも珍しいです。

いのちの塔からの眺め 天王寺方面
上本町〜天王寺方面を超望遠撮影。中央付近が大阪上本町駅周辺のタワーマンション群、左端が天王寺・阿倍野周辺の再開発地区です。

今回見納めということで沢山の写真を撮影してみましたが、いのちの塔の閉鎖が本当に残念でなりません。高さこそ低いけれども、大阪全体を見渡すのにちょうど良い距離の展望台だと改めて感じたからです。またいつか開放される日を楽しみに待つことにしましょう。できれば一度だけでも夜景を撮影してみたかったなぁ。

メインサイトの方では同じ場所からのパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top