天王寺・阿倍野

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

あべのハルカス周辺のエリア模型

前回の続きというか書き忘れです。近鉄大阪阿部野橋駅西改札口前コンコースに、あべのハルカス完成時をイメージしたエリア模型が展示されています。縮尺1/1200で再現された天王寺・阿倍野地区のジオラマは中々見応えがあります。

あべのハルカス ジオラマ模型 01
南側から見た様子。北は四天王寺まで、西側は新世界周辺まで再現されています。あべのハルカスをはじめ近鉄グループ関連の施設のみライトアップされています。

あべのハルカス ジオラマ模型 02
北側から見た様子。3フロアを使用する吹き抜けの展望台も再現されています。

あべのハルカス ジオラマ模型 03
東側から見た様子。ビルの形状はシンプルな直方体かと思いきや、上から見ると台形をしています。こういうのはイメージパースからでは分からない部分ですね。

あべのハルカス ジオラマ模型 04
同じく東側から。真横から見ると3つのブロックの構成が良く分かります。

地上300mと言われても普通は中々ピンとこないのですが、リアルな模型を見るとそのスケールが実感できます。隣では103インチの大型ディスプレイを使用したあべのハルカス情報ビジョンでプロモーションビデオが上映されていたり、駅の売店ではあべのハルカスのグッズ販売も行われています。このプロジェクトに懸ける近鉄グループの並々ならぬ意気込みが伝わってくるようで興味深いものがあります。

あべのハルカス ABENO HARUKAS 2012年5月

あべのハルカスの建設状況です。

あべのハルカスは阿部野橋ターミナルビル(近鉄百貨店阿倍野本店)の建替えプロジェクトとして着工し、2014年の完成を目指して建設が進んでいます。地上60階建て、高さは日本一となる300m。低層階に近鉄百貨店、美術館、高層階にオフィス、大阪マリオット都ホテルが入り、最上階には展望台が設けられる予定です。

あべのハルカス 完成予想パース
あべのハルカスの完成予想パース。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 01
JR天王寺駅とあべのハルカス。JR大阪駅の次はJR天王寺駅の再開発を匂わせていましたが、駅ビルは大規模な改装中なので当面再開発の予定は無さそうです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 02
天王寺公園内を新世界方面へ抜ける通路から。新緑に映えるあべのハルカス。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 03
西側から見上げる。撮影時点では228m到達の表示となっていました。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 04
変貌していく阿倍野。このような街並みの変遷を見るのは本当に面白いです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 05
オリックス本町ビルから見たあべのハルカス。建設途中ながら既に周囲を圧倒する存在感。右端には通天閣が写ってますが、もう完全にミニチュア状態ですね。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年5月 06
建設工事は第3段階の大阪マリオット都ホテルが入る部分まで進んでいます。写真左側に見えているのは富田林市の大平和祈念塔(PLの塔)です。

日に日に高さを増していくあべのハルカス。もう少しで最高部まで到達した姿を拝めそうです。2013年夏頃には低層部の近鉄百貨店が先行開業し、こちらも日本一の延床面積となります。2つの日本一が阿倍野に誕生する日を楽しみにしておきましょう。

阿倍野A1地区A1-2棟 あべのniniが開業 2012年2月

あべのniniはアベノセンタービルとあべのキューズタウンの間に建設された地上24階建て、高さ96.45mの複合ビルです。ホテルトラスティ大阪阿倍野を中心に店舗、分譲住宅(アートアルテールコンドミニアムフロア)等で構成されます。

一応2012年2月1日に開業を迎えましたが、施設が開業したというだけでテナントはまだほとんどオープンしていません。ホテルトラスティ大阪阿倍野の開業が3月16日ですので、むしろその日が本当の開業日と呼べるのかもしれませんね。

あべのnini 2012年2月
阿倍野筋から見たあべのnini。低層部に店舗、中層部がホテル、高層部が分譲住宅となります。東側壁面には草間彌生の壁面アート作品が設置される予定です。

あべのnini 上空通路 2012年2月
阿倍野歩道橋からキューズモールへと繋がる上空通路も通行できるようになりました。建設中の阿倍野歩道橋も一部通行可能となっています。

あべのniniとあべのキューズタウン 2012年2月
あべのキューズタウン(左)とあべのnini(右)間の道路です。凄く綺麗になっていて驚きました。阿倍野地区は繁華街の面的広がりが薄いので、欲を言えば地上部分にもう少し沢山の店舗を配置できるような施設構成になっていたら良かったと思います。

あべのnini一階の店舗 2012年2月
一つ上の写真の道路に面した一階部分。オープンしている店舗もあります。

あべのniniとあべのハルカス 2012年2月
あべのniniの背後にそびえ立つ建設中のあべのハルカス。右側のあべのキューズタウンと合わせ、新時代の阿倍野を象徴する一枚。見事に印象が変わりました。

あべのルシアス 2012年2月
まだ柵がありますが、あべのルシアスともダイレクトにアクセスできるようになります。それにしてもルシアスの南側ってこんなに凝った形をしてたんですね。

あべのniniのテナント 2012年2月
あべのniniのテナント看板。三菱東京UFJ銀行とりそな銀行は阿倍野筋沿いの仮設店舗から移転します。これが完了すれば阿倍野筋の拡幅工事が本格化するはず。

天王寺MIOから見たあべのnini 2012年2月
天王寺MIOから見たあべのnini。左側には巨大なあべのハルカス

昨年はあべのキューズタウン(キューズモール)が好調な滑り出しを見せた天王寺・阿倍野地区。今年はあべのniniの開業でさらに回遊性が高まり、街の魅力がアップしていくのではないでしょうか。今後は超目玉となるあべのハルカスの開業に向けて着々と周辺の整備が進んでいきます。この街の勢いを見ていると、やや停滞気味の印象がある難波・心斎橋地区にも奮起して欲しいと願ってしまいます。

あべのハルカス from 通天閣展望台 2012年1月

通天閣展望台から見たあべのハルカスの建設状況です。

あべのハルカスは阿部野橋ターミナルビル(近鉄百貨店阿倍野本店)の建替えプロジェクトとして着工し、2014年の完成を目指して建設が進んでいます。地上60階建て、高さは日本一となる300m。低層階に近鉄百貨店、美術館、高層階にオフィス、大阪マリオット都ホテルが入り、最上階には展望台が設けられる予定です。

あべのハルカス 完成予想パース
あべのハルカスの完成予想パース。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 01
通天閣展望台から見た天王寺・阿倍野エリア全景。手前には天王寺公園(天王寺動物園)大阪市立美術館などがあります。せっかくターミナル至近にある公園なのに、有料である為に利用率が低いのが現状。いずれ無料化すべきだと思います。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 02
あべのハルカスと阿倍野再開発エリア。阿倍野再開発は残り数棟を残すのみとなっており、都市計画決定から30年以上をかけて、ようやく完成を迎えようとしています。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 03
天に向かって伸びゆくあべのハルカス。公式サイトによると現在38階、193mまで建設が進んでいるとのこと。既にこの界隈で最も高い建物となっており、このまま梅田に持っていってもハービス大阪の189.7mを超え、最高層となります。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 04
あべのハルカスの低層部分とターミナル周辺。左側がJR天王寺駅天王寺MIO、バックにはシティタワーグラン天王寺(161m)、右側にはまもなく開業するあべのnini(96m)が建っています。リニューアル中の阿倍野歩道橋も見えています。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 05
残り107m。300mに到達するのはいつ頃でしょうか。

天王寺・阿倍野周辺のパノラマ 2012年1月
天王寺、阿倍野周辺のミニパノラマ。ここ数年で第3ターミナルらしくなってきました。



通天閣の3階は2010年12月にリニューアルされ、大阪の歴史に関する資料館及び展示スペースになっています。中でも新世界の前身であるルナパークを再現したジオラマが興味深かったです。今まで写真でしか見たことがなかったので。

新世界 ルナパーク ジオラマ 01
1912年に都市型遊園地として完成したルナパーク。バックには初代通天閣。

新世界 ルナパーク ジオラマ 02
夕景〜夜景への変化やイルミネーションも再現されています。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top