天王寺・阿倍野

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (昼景編)

長期間にわたって工事が進められてきたJR天王寺駅、大阪阿部野橋駅前の阿倍野歩道橋が2013年4月24日に全面開通しました。コンペによって最終デザインが決定したものの、施工業者の選定に3度失敗、4度目の入札でようやく業者が決定しましたが、施工難度の高さにより予定から1年以上遅れての完成となりました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋。反対から見るとアルファベットの「a」の形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 02
リニューアルされた天王寺MIOプラザ館と阿倍野歩道橋。以前は古臭い印象があったこの場所も、2つの相乗効果によって本当に見違えるような景観に変貌しました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 03
あべのハルカス側から見た歩道橋の様子。路面のカラーもお洒落で良い感じです。

阿倍野歩道橋 2013年4月 04
エコーアクロスビル側から見た歩道橋の様子。

阿倍野歩道橋 2013年4月 05
太陽光が天井の膜を透過し、屋根付きながら暗い印象が全くありません。夜間は照明が点灯し、逆に屋根の内側からライトアップされるような形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 06
天王寺MIOプラザ館との接続部分。1階と2階へアクセスできます。

阿倍野歩道橋 2013年4月 07
あべのnini側からJR天王寺駅と谷町筋。複雑な屋根の形状が良く分かります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 08
歩道橋というよりはペデストリアンデッキと呼んだ方が適切かもしれません。

阿倍野歩道橋 2013年4月 09
下から見上げると円弧の形が強調され、さらに大迫力になります。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
阿倍野歩道橋とあべのハルカス。この角度から見る阿倍野歩道橋は本当に素晴らしいデザイン。超高層ビルとの組み合わせが近未来的な景観を演出しています。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 02
阿倍野歩道橋とあべのハルカス その2。

阿倍野歩道橋 2013年4月 10
上から見た阿倍野歩道橋。縦バージョン。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 03
阿倍野歩道橋とあべのハルカス 縦バージョン。

新しい阿倍野歩道橋は斬新なデザインで本当に素晴らしい出来栄えでした。屋根があることで暗い感じになるのではと危惧していましたが、光を透過する屋根と、歩道橋の全面を覆わない構造によって、非常に開放的な空間になっています。今後は地域のランドマークとして親しまれていくことでしょう。次回は夜景編をお届けします。

再開発で変貌する大阪・阿倍野の夜景 2013年3月

現在、大阪で最も変化の激しい天王寺・阿倍野エリア。2011年4月に開業した大型商業施設、あべのキューズタウンを皮切りに、2012年2月にはあべのniniが開業、現在は天王寺MIOプラザ館の改装や阿倍野歩道橋の架替えが進んでおり、最後の目玉となる高さ日本一の超高層ビル、あべのハルカスの全面開業を2014年に控えています。(近鉄百貨店本店は2013年夏に先行開業する予定)。

天王寺公園から見るあべのハルカス 夜景 2013年3月 01
天王寺公園から見るあべのハルカス。高さ300mの超高層ビルは既に外観が完成し、ランドマークとして君臨しています。現在は内装工事が進められています。

天王寺公園から見るあべのハルカス 夜景 2013年3月 02
通天閣(新世界)方面から天王寺・阿倍野方面へ抜ける歩道から見たあべのハルカス。開業後は多数の観光客がこのルートを通ることになるでしょう。

あべのハルカス 夜景 2013年3月
阿倍野橋から見たあべのハルカス。近くから見上げると、その高さを体感することができます。当然、写真に収めると強烈なパース感を持つ構図になります。

新阿倍野歩道橋 夜景 2013年3月 01
架け替え工事が進む新しい阿倍野歩道橋。アルファベットの「a」の形をモチーフにした斬新なデザインに変貌しつつあります。複雑な形状をした屋根も付いています。

新阿倍野歩道橋 夜景 2013年3月 02
阿倍野歩道橋は2013年4月の完成が予定されており、現在でも一部通行することができます。右に見える天王寺MIOプラザ館では新しい大型ビジョンが点灯しました。

阿倍野 岸本ビル 夜景 2013年3月 01
あべのハルカスの南側で建替えが進んでいた岸本ビルも完成。徐々にテナントの稼働が始まっています。洗練されたデザインが、エリアの景観に溶けこんでいます。

阿倍野 岸本ビル 夜景 2013年3月 02
あべの筋側から見た岸本ビルの夜景。建替えにあたっては左隣のあべのハルカス近鉄本店の外観デザインを相当に意識したものと思われます。

あべのnini & あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべの筋の夜景。あべのniniあべのキューズタウンという新スポットが誕生。しばらく大阪を離れていた人には一体何処だか分からないのではないでしょうか。

あべのハルカス & あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべの筋の拡幅予定部分から見た夜景。エリアの人の流れを変えたあべのキューズタウンの開業によって、東側の商店街が古臭い印象になってしまいました。

あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべのキューズモールの外観的特徴となっている北側入口付近の大屋根。新しい吹き抜け空間は、どこか近未来的な景観のようにも見えます。

阿倍野 尼崎平野線 夜景 2013年3月
ターミナル西側(尼崎平野線)方面の夜景。築年数の古いアポロビルアベノセンタービル(左手前)の建替えが今後の注目ポイントになってくると思います。

あべのHoop 夜景 2013年3月 01
2000年の開業以来、阿倍野を新たな若者の街として注目させることに成功したあべのHoopの夜景。今見ても非常に斬新な外観デザインだと思います。

あべのHoop 夜景 2013年3月 02
あべのHoopの北側ではあべのハルカスと2階部分で接続させる工事が進んでいます。近鉄百貨店の別館として機能させることになるのかもしれません。

梅田、難波に続く大阪第3のターミナルでありながら、これまでそのポテンシャルを全く活かしきれていなかった天王寺・阿倍野エリア。最近の再開発スピードは、その遅れを一気に取り戻すかのごとく急激に進んでいるという印象です。名実ともに大阪の第3極として認知されるようになっていくのか、今後の街並みの変化に注目です。


ここ3回に渡ってお届けした阿倍野エリアの記事が、EOS 6Dでの初撮りとなりました。今回の記事の写真は全てISO3200での手持ち撮影です。ノイズレベルはEOS 7DISO400と同等の印象でした。EOS 6D+大口径レンズの組み合わせは、本格的な夜景撮影には三脚が必須というこれまでの常識を覆してしまうかもしれません。ここ数年のデジタル技術の進歩は本当に凄いものだと改めて実感しました。

天王寺〜難波間 LRT新路線のルート調査・検討開始へ

天王寺〜難波〜梅田〜新大阪を結ぶ次世代路面電車(LRT)の検討が始まる模様です。先行整備する天王寺-難波間について、2015年度着工、2018年度開通を目標に、今年秋にも阪堺電気軌道の協力を得てルート調査が開始される見通し。

大阪府と大阪市が今月、大阪・アベノからミナミ、御堂筋を通ってキタ、新大阪までをつなぐ次世代型路面電車(LRT)の新路線づくりに着手する。先行整備する天王寺-難波間約3キロについて、近くルート調査を開始。(読売新聞)

ルートは阪堺天王寺駅前駅から天王寺動物園内を通り抜け、堺筋を北進、難波へと至る約3km。車窓から動物を観覧でき、通天閣や日本橋でんでんタウンを通る観光電車を目指すとのことですが、動物園内の敷設スペースの確保や動物たちへの影響、日本橋でんでんタウン〜難波間という大阪屈指の商業地区に路面電車を通せるのかという根本的な疑問もあります。特に渋滞対策は相当な課題でしょう。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 01
起点となる天王寺・阿倍野地区と天王寺公園。手前のあたりが天王寺動物園。

あべのルシアスから見た天王寺公園
天王寺公園から通天閣、難波方面にかけて。

報道では天王寺〜難波間だけではなく、難波から梅田、新大阪という文字もあります。御堂筋にLRTという話題は以前にも出てきましたが、新大阪まではさすがに無理があるような気がします。そのまま地下鉄御堂筋線のルートと重複しますし。

実現可能性は相当に低いと思いますが、これまでの常識や慣習に囚われない柔軟な発想が橋下・松井体制の真骨頂でもあるので、大阪の活性化に向けた様々な案が出てくるのは良い事だと思います。我々は冷静に進捗を見守って行きましょう。

あべのハルカス 高さ日本一の300mに到達 写真特集

近鉄百貨店阿倍野本店の建替えプロジェクトとして建設が進んでいる高さ300mの超高層ビル、あべのハルカス。2012年8月30日、鉄骨が300mに到達し、横浜ランドマークタワー(296m)を抜いて日本一の高さになったと発表されました。

最近、日中の自由時間がほとんど取れず、撮影が到達日からかなり遅くなってしまいましたが、高さ300mの威容を伝えるべく写真特集を組んでみました。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 01
通天閣から見た天王寺・阿倍野エリアの全景。景観に1本の芯が入ったようです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 02
あべのハルカス阿倍野再開発地区。周辺にも高層ビルが沢山ありますが、さすがに300mビルの前ではどんなビルでも小さく見えてしまいます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 03
あべのハルカスを中心とした構図。これぞまさに摩天楼です。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 04
やはり縦構図の方が絵になるかもしれません。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 05
天王寺公園側から。誰もがハルカスを見上げながら歩いて行きます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 06
JR天王寺駅前から。ガラスカーテンウォールが青空に映えます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 07
同じくJR天王寺駅前から。JRも対抗して一発奮起して欲しいものです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 08
建設中ずっと高さを伝えてきた垂幕も300m到達 高さ日本一の表示に。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 09
金塚東4号線から。最上部はこちら側から見るとかなり細いです。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 13
あべのベルタ前から。この角度から見ると西新宿にありそうな高層ビルに見えます。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 10
西側から見上げる。圧倒されそうなくらい物凄い遠近感です。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 11
あべのniniあべのハルカス。新時代の阿倍野を代表する2棟。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 12
北側から見上げる。低層部は近鉄百貨店となります。

前回の取材時は263mでしたが、さすがに300mになると存在感がさらに増していました。通天閣から眺めていると、観光客が「あのでっかいビルは何?」と絶えず話しているのが聞こえてきます。確かに目の前のハルカスを見てしまうと、通天閣をタワーとか展望台と呼ぶのがアホらしくなるくらいの強烈なインパクトがあります。

あべのハルカスの竣工予定は2014年3月、これから内装工事が急ピッチで進められていくことでしょう。百貨店部分は2013年夏にも先行開業するという報道もあり、全館開業に向けて徐々に期待感が高まっていくものと思われます。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top