堀江・西区

TOP > 高層ビル・再開発 > 堀江・西区

<< 新しい記事 1 2

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め Vol.2

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その2です。

前回は手始めに東西南北の眺めをざっと紹介しましたが、今回は展望台から見える個々のビル群を切り取ってみます。天候や空気の状態が悪いと望遠撮影をしようという気にはならないのですが、真夏のような日差しだったのにも関わらず中々の見通しだったのでラッキーでした。こんな日にカメラを持ってきてないと後悔する所です。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 03
まずは西梅田方面です。中之島3丁目あたりのビル群と被っています。細身でスタイリッシュなビルが多い中、ハービス大阪の個性が際立っています。

オリックス本町ビル 展望テラスより梅田方面 04
JR大阪駅〜阪急梅田駅方面です。重厚なビルが新旧入り乱れて林立しています。左端のD'グラフォート大阪N.Y.タワー HIGOBASHIはマンションとは思えないデザインで景観に溶け込んでいます。ビルの合間を抜けていく阪神高速も重要なポイント。

オリックス本町ビル 展望テラスよりシティタワー大阪
大阪市中心部における超高層マンションブームの火付け役となったシティタワー大阪の周辺です。背後にはOBPの一部が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより谷町四丁目方面
阪神高速東船場ジャンクションと谷町四丁目駅周辺です。NHK大阪放送会館の横幅がゴツいです。背後には東大阪市役所や生駒山頂の送信所が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより上本町方面
いつの間にかタワマン銀座と化した上本町方面です。やはり文教地区のブランド力は凄いです。白亜のシェラトン都ホテル大阪が完全に埋もれてしまいました。

オリックス本町ビル 展望テラスより阪神高速阿波座ジャンクション
阪神高速阿波座ジャンクションです。大阪港線、神戸線と環状線の合流ポイントとなっており、慢性的に渋滞が発生するポイントです。

オリックス本町ビル 展望テラスより弁天町方面
弁天町方面です。この角度だと3本のビルが綺麗に正面を向いて並んでいます。さすが200m超のタワーだけあって、周囲を圧倒する存在感。背後には天保山大橋や天保山大観覧車、夢洲のコンテナ埠頭が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスよりUSJ方面
USJ方面です。リゾート風のカラフルなホテル群の傍に大規模なマンションが増えてきました。悪く言えば中途半端な景観になりつつあるのかも…。

オリックス本町ビル 展望テラスより京セラドーム大阪方面
京セラドーム大阪方面です。ヴィークタワー南堀江で隠れてしまっているのが少し残念。背後には港大橋や南港のコスモタワー等が見えています。

オリックス本町ビル 展望テラスより南海難波駅方面
南海難波駅方面です。手前には心斎橋のホテル日航大阪なんばパークスの南側にはまだ再開発の余地があるので今後サプライズがあるかもしれません。

オリックス本町ビル 展望テラスよりJR難波駅方面
JR難波駅方面です。ルネッサなんばと呼ばれている再開発エリアはバブル崩壊の波を乗り越えてほぼ完成しました。巨大なマルイト難波ビル(ホテルモントレ グラスミア大阪)や八角形の湊町リバープレイスが特徴的です。

オリックス本町ビル 展望テラスより堀江方面
堀江方面です。こちらも上本町と同じくタワーマンションが林立するエリアになりました。大阪では都心の軸から少し外れたエリアの人気が高い傾向があります。

オリックス本町ビル 展望テラスより天王寺・阿倍野方面
天王寺・阿倍野方面です。中央では高さ300mの阿部野橋ターミナルビル タワー館が建設中。周囲にも80mを超える高層建築が続々と誕生し、広がりと厚みが増してきました。ここは再開発のウォッチポイントに最適かも。

大阪都心の俯瞰(オリックス本町ビル 展望テラスより)
おまけ 梅田方面を超広角で俯瞰撮影。

これだけ写真があると解説を書くのが疲れました…。それにしてもこんな眺望がいつでも楽しめるようになったのは本当に嬉しいです。市街地の中心に立地し、なおかつ視界を遮るビルが無いことがいかに重要か思い知らされました。大阪を知らない人にこそ訪れて欲しい、そう思える展望スポットです。

(仮称)イオン大阪ドームショッピングセンター 建設予定地

京セラドーム大阪の隣接地に計画されている「(仮称)イオン大阪ドームショッピングセンター」。報道はされていますがイオンからの正式な発表はまだありません。

今年の3月2日に大規模小売店舗立地法(大店立地法)による計画説明会が行われました。イオンは2011年1月の着工、2012年3月の開業を目指しているようです。聞くところによると、九条商店街をはじめ周辺商店街からの反対運動が起こっているようで、今後そういった調整の難航も予想されます。

京セラドーム大阪 イオン建設予定地 01
京セラドーム大阪と建設予定地(手前)。こちら側は駅に通じるメインゲートなので、長年放置状態が続くのは避けて欲しい所です。

京セラドーム大阪 イオン建設予定地 02
ドームの2階デッキから撮影。右側に阪神なんば線 ドーム前駅の入り口が見えます。駅直結でこの広さとなればイオンにとっては魅力的な立地だと思います。

京セラドーム大阪 イオン建設予定地 03
同じくドームの2階デッキから撮影。以前は商業施設がありました。それにしても、こんなに広かったとは驚きです。

大阪ドーム Pa・dou(パ・ドゥー)
更地になる前はこんな感じでした。商業施設「Pa・dou(パ・ドゥー)」にはボーリング場やゲームセンター、バファローズショップ、飲食店等がありました。

大阪市交通局庁舎
京セラドーム大阪脇に建つ大阪市交通局庁舎。手前には大阪市消防局本部庁舎もあり、周辺はプチ官庁街といった雰囲気になっています。

ヴィークタワー南堀江
木津川を挟んで向かい側に建つ完成間近のヴィークタワー南堀江。32階建ての高層マンションです。交通の便がいいので今後もマンションは増えていくでしょう。

木津川
ドーム東側を南北に流れる木津川。遠くには梅田の高層ビル群が見えています。

京セラドーム大阪西側でも大和ハウス工業によるの健康・スポーツ関連の複合施設の計画があったり、多根総合病院が新築されたりしています。阪神なんば線の開通によって、イベント時だけの街から日常の街へ変化しようとしています。

大阪市交通局庁舎からの眺め

大阪市西区にある「大阪市交通局庁舎」からの風景をご紹介します。

このビルは2004年に完成した17階建ての新庁舎で、建設前から「豪華すぎる」とか「税金の無駄遣い」(総事業費180億円)とか色々と言われていました。確かに完成当時は交通局が赤字を出していましたので批判は当然だったと思います。(ちなみに2005年度以降は黒字)

それはさておき、このビルの14階に職員向けの食堂があり、そのエレベーターホールからの眺めがまた格別なのです。もちろん食堂は一般市民も利用できますので庁舎内に入っても全く問題ありません。(写真撮影は事前に確認を取りました)

大阪市交通局庁舎から梅田方面の高層ビル群を臨む
梅田を中心とした眺めです。ビル群がどんどん拡大しています。

大阪市交通局庁舎から梅田方面の高層ビル群を拡大
梅田〜中之島方面を望遠撮影。いつの間にか梅田のビル群の大部分が中之島のビル群に隠れてしまうようになりました。

大阪市交通局庁舎から都心方面
大阪都心方面の眺めです。シンプルなオフィスビルと細身のタワーマンションがアクセントになっています。この辺りも変化の激しいエリアです。

大阪市交通局庁舎から堀江方面
堀江方面の眺めです。。こちら側にも高層マンションが増加中。中央手前に建設中のマンションは「ヴィークタワー南堀江」(118.4m)、右端は「ドゥーシェ南堀江」(85.28m)です。

大阪市交通局庁舎から心斎橋方面
京セラドーム大阪」越しに見る心斎橋方面。中央の高層マンションは「エルザグレース堀江タワー」(136.2m)。遠くには生駒山系の山々が連なっています。

大阪市交通局庁舎」、ビルの高さもあり中々満足感のある眺望だと思います。京セラドーム大阪へお越しの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?メインサイトの方ではパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

どうなってる?(仮称)北堀江1丁目プロジェクト

「(仮称)北堀江1丁目プロジェクト」
大阪の再開発に興味がある方なら一度は耳にしたことがあると思います。下記のように(有)ティオマン(株式会社 上毛の特別目的会社らしい?)による大阪・北堀江開発プロジェクトです。

発表時のプレスリリース(株式会社 上毛)

(仮称)北堀江1丁目プロジェクト 建築物総合環境計画概要書

総合環境計画概要の方で2009年2月竣工となっており、高層ビルコンテンツの写真撮影の際に状況確認に訪れてみました。

北堀江1丁目プロジェクト 全景
このようにパッと見、外観は完成しています。地上22階、高さ推定80〜90mはあろうかと思われる大型複合ビルです。しかし近寄ってみると・・・。

北堀江1丁目プロジェクト エントランス
四つ橋筋に面した正面入り口です。ビル名の看板も何もありません。工事が進行中の様子でもありません。

北堀江1丁目プロジェクト 四つ橋筋側正面
商業テナントが入ると思われる1階部分です。場所的にファッション関係の店舗が入りそうですが、内装工事の気配はありません。

北堀江1丁目プロジェクト 裏側
裏側(阪神高速側)に回ってみました。上層階は共同住宅ですので、住宅側のエントランスになると思われます。しかし入居が始まっている様子はありません。

建物自体は竣工していると思うのですが、人気(ひとけ)が全く無い感じです。開発会社についての情報もネット上にほとんど出回ってなく、不動産業者ということ以外全く分かりませんでした。(企業ウェブサイトも無い?)大規模なテナントビルでここまで情報が出てこないというのも不思議です。あくまで想像ですが、リーマンショック以降の世界同時不況の煽りを受けて、オープンできない何らかの事情が発生した?という考えも浮かんできます。全国で新興不動産業者の倒産が相次いでいる状況ですから。

これは4月上旬の状況ですので、もしかしたら今は何か動いているかもしれません。もしこのプロジェクトについて何かご存知な方がいらっしゃましたらぜひ教えてください。

※以下2009年4月29日に追記しました。
コメント欄からこのプロジェクトについての情報をいただきました。
「株式会社 上毛」は「価値開発 株式会社」へと変わっており、平成21年3月19日のリリースにおいて、このビルを売却予定だった不動産投資ファンドの資金調達が困難となり、決済がキャンセルになったとの旨が記載されていました。現状、このプロジェクトが今後どうなるかは分かりませんが、別の買主を見つけるなどの方向を検討しているとのことです。

やはり昨今の不動産不況がかなり影響しているようです。大阪市内では様々な大型プロジェクトが進行中ですが全て無事に完了することを願ってやみません。

<< 新しい記事 1 2

TOP > 高層ビル・再開発 > 堀江・西区

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top