堀江・西区

TOP > 高層ビル・再開発 > 堀江・西区

1 2 古い記事 >>

大阪市西区の再開発(千代崎〜堀江〜新町) 2016年2月

近年、都心回帰によって人口が急増している大阪市西区の再開発状況です。京セラドーム大阪が立地する千代崎地区では商業施設の集積が進み、難波・心斎橋地区に隣接する南堀江〜北堀江〜新町地区では高層マンションの開発が進んでいます。

京セラドーム大阪 2016年2月
オリックス・バファローズの本拠地、京セラドーム大阪。1997年の完成以来、野球だけではなく関西の大型イベントには欠かせない存在になっています。

hu+gMUSEUM ハグミュージアム 2016年2月 01
2015年、京セラドーム大阪の南東側にオープンした大阪ガスのhu+gMUSEUM(ハグミュージアム)。この地で発祥した同社の情報発信拠点と位置付けられています。

hu+gMUSEUM ハグミュージアム 2016年2月 02
hu+gMUSEUMと南側に隣接するスーパービバホーム大阪ドームシティ店。手前にはイオンモール大阪ドームシティが建ち、一帯の商業集積が進んでいます。

木津川と堀江方面 2016年2月
千代崎地区から見る堀江方面。右側の水門で木津川と道頓堀川が合流します。

堀江の高層マンション群 2016年2月
南堀江地区のタワーマンション群。左からヴィークタワー南堀江(32階建て、高さ118.4m、2010年完成)、ドゥーシェ南堀江(25階建て、高さ85.28m、2009年完成)、ジオタワー南堀江(35階建て、高さ118.85m、2016年3月完成予定)です。

ジオタワー南堀江 2016年2月
南堀江4丁目の南堀江団地跡地に建設中のジオタワー南堀江。高層部の外観は完成しており、撮影時は低層部の商業施設?の工事が進んでいました。

エルザグレース堀江タワー 2016年2月
南堀江1丁目の大野記念病院そばに建つエルザグレース堀江タワー。地上38階建て、高さ136.2m、2007年完成。道頓堀川沿いで非常に目立つランドマークです。

ブランズタワー南堀江 2016年2月
南堀江1丁目、湊町リバープレイスの北側に建つブランズタワー南堀江。地上35階建て、高さ121.7m、2014年完成。東急不動産のブランズシリーズとしては大阪市内初のタワー物件でした。手前、道頓堀川沿いの商業施設はキャナルテラス堀江

住友倉庫 南堀江A地区複合施設計画 2016年2月
キャナルテラス堀江の北側、住友倉庫による南堀江A地区複合施設計画の建設予定地。施設の規模は地上31階建て、高さ120m。当初は2012年の完成予定でしたが未だ動きはありません。現在は2016年度中の着工を目指しているようです。

住友倉庫 南堀江A地区複合施設計画 完成予想図
以前に公表されていた南堀江A地区複合施設計画の完成予想図。1〜7階に商業施設。8〜22階がホテル、23〜31階がマンションという、文字通りの複合ビルです。

シティタワー堀江 2016年2月
堀江エリアのタワーマンションの先駆けとなったシティタワー堀江。地上32階建て、高さ100m、2005年完成。ここから南堀江へと再開発が波及していきました。

なにわ筋 西大橋交差点 2016年2月
なにわ筋、北堀江から長堀通りを北へ渡り新町地区へ。

大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー 2016年2月
大阪厚生年金会館の跡地に完成した大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー。地上53階建て、高さ189.55m、2015年3月竣工。総戸数874戸の超巨大マンションです。旧大阪厚生年金会館大ホールはオリックス劇場としてリニューアルされました。

プレミストタワー大阪新町ローレルコート 2016年2月
ザ・サンクタスタワーの南西側、なにわ筋を挟んだ場所で建設中のプレミストタワー大阪新町ローレルコート。地上38階建て、高さ131.1m、2018年1月竣工予定。北側にはなにわ筋SIAビル(19階建て、高さ85m、1990年完成)が隣接しています。

プレミストタワー大阪新町ローレルコート 完成予想図
プレミストタワー大阪新町ローレルコートの完成予想図。大和ハウス工業のブランド、プレミストと近鉄不動産のブランド、ローレルを組み合わせた名称です。

新町地区の高層マンション群 2016年2月
オリックス本町ビルから高層マンションが密集する新町地区を眺める。やはりザ・サンクタスタワーの高さと存在感は群を抜いています。左隣にはライオンズマンション大阪スカイタワー(35階建て、高さ123.3m、2004年完成)、サンクタスタワー心斎橋ミラノ・グランデ(33階建て、高さ105.05m、2006年完成)、右隣にはベルファース大阪新町(25階建て、高さ82.5m、2008年完成)が建っています。将来は上記のプレミストタワー大阪新町ローレルコートも見えるようになると思います。

大阪ドームシティ周辺の再開発 2013年11月

商業施設Pa・dou(パ・ドゥー)の撤去以来、集客施設らしいものが無かった大阪ドームシティですが、阪神なんば線の開通以降、大型商業施設の建設が進み、以前とは見違えるような街並みになりました。約3年半ぶりのレポートになります。

イオンモール大阪ドームシティ 2013年11月 01
2013年5月31日、Pa・douの跡地に開業したイオンモール大阪ドームシティ。核テナントのイオンと126の専門店で構成される大型商業施設です。

イオンモール大阪ドームシティ 2013年11月 02
阪神なんば線のドーム前駅と直結。抜群のアクセスを実現しています。モール型の商業施設はもう珍しくないですが、ここまで駅に近い立地は少ないはずです。

イオンモール大阪ドームシティ 2013年11月 03
イオンモール大阪ドームシティを南側から。手前では大阪ガスの情報発信施設、hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の建設が進んでいます。

hu+gMUSEUM ハグミュージアム 完成予想パース 01
hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の俯瞰パース(手前側)。南(奥側)の敷地にはスーパービバホーム大阪ドームシティ店が先行開業しました。

hu+gMUSEUM ハグミュージアム 完成予想パース 02
hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の完成予想パース。燃料電池と太陽光発電を組み合わせて省エネルギーを実現するスマートハウスの展示等を行うようです。

hu+gMUSEUM ハグミュージアム 大阪ドームシティ 2013年11月
hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)建設工事の様子。

スーパービバホーム 大阪ドームシティ店 2013年11月
2013年10月19日に開業したスーパービバホーム大阪ドームシティ店。LIXILグループのホームセンターで、最近は関西方面にも積極的に出店しています。

岩松橋と大正橋 2013年11月
スーパービバホーム屋上からの眺め。手前が岩崎運河に掛かる岩松橋、左奥が木津川に掛かる大正橋です。遠くにはあべのハルカスが見えています。

木津川 2013年11月
中之島方面から流れてくる木津川と堀江方面の眺め。撮影許可の交渉をしたスタッフによると、夜景も中々のものだそうです。また夜に訪れてみようと思っています。

堀江地区のタワーマンション群 2013年11月
南堀江のタワーマンション。左がヴィークタワー南堀江(32階)、右がドゥーシェ南堀江(25階)です。近くではジオタワー南堀江(35階)の計画も進行中。

道頓堀川水門 2013年11月
道頓堀川と木津川の交点に設けられた道頓堀川水門

フォレオ大阪ドームシティ 2013年11月
2011年6月16日、市バス九条営業所跡地に開業したフォレオ大阪ドームシティ。健康、スポーツ、安心をテーマとした商業施設で、大和ハウス工業が運営。

多根総合病院 2013年11月
2011年3月に移転開院した多根総合病院。都市機能の集積が進んでいます。

ドームシティガスビルとガスタンク2013年11月
1996年完成のオフィスビル、ドームシティガスビル。大阪ドーム自体が大阪ガスの工場跡地を再開発したものであり、また同社の創業地という深い繋がりがあります。

大阪市交通局本局庁舎 2013年11月
17階建て、高さ92.72mの大阪市交通局本局庁舎。赤字(当時)の癖に豪華すぎると批判されていました。橋下市長だったら間違いなく縮小を指示していたでしょう。

京セラドーム大阪 全景
3年前の大阪ドームシティです。現在は手前にイオンが建っているため、京セラドーム大阪の全景を撮影することが難しくなりました。今後は貴重な写真になりますね。

以上、大阪ドームシティの様子でした。このように再開発も大詰めを迎えているといった感じです。プロ野球やイベント、コンサート等でフル稼働している京セラドーム大阪の周辺に、オフィス、商業、医療、文化施設の集積が進み、まさに一大集客拠点になろうとしています。やはり阪神なんば線の効果は絶大だったと言えるでしょう。大阪ドームの開業から16年、ようやく本来あるべき姿が見えてきたような気がします。

大阪厚生年金会館跡地 オリックス劇場と超高層マンション

大阪厚生年金会館は2005年に社会保険庁から健康保険福祉施設整理機構に移管され、民間売却の対象となりました。その後2009年にオリックス不動産が落札し、大ホール部分はオリックス劇場としてリニューアル、芸術ホールと宿泊施設のあった部分には超高層タワーマンションが建設されることになりました。

大阪厚生年金会館跡地(オリックス劇場) 俯瞰
オリックス本町ビルから見た現地の俯瞰写真です。中央付近に見える緑地の手前あたりが計画地です。旧大ホールの外観はそのまま残っています。

オリックス劇場 完成予想図
オリックス劇場の完成予想図です。旧大ホールの客席数(2,400席)は維持されます。ここしばらく手頃なホールが大阪に少ない状況が続いていましたが、オリックス劇場がオープンすれば中規模ホールとして引く手あまたになるでしょう。

オリックス劇場 2011年9月 01
南東側から見た大ホールの様子。完成図を見ると外壁はそのまま利用されるような感じですが、足場が組まれているので改修が行われるのかもしれません。

オリックス劇場 2011年9月 02
南側から見た大ホールの様子。

オリックス劇場 建築計画のお知らせ
オリックス劇場の建築計画のお知らせ。今年の年末に工事は完了、2012年4月8日のオープン予定となっています。公式サイトによると、こけら落とし公演は新日本フィルハーモニー交響楽団の特別演奏会だそうです。

(仮称)大阪市西区新町1丁目マンション計画 2011年9月
超高層マンション建設予定地を南西側から。

(仮称)大阪市西区新町1丁目マンション計画 建築計画
マンション建築計画のお知らせ。名称は(仮称)大阪市西区新町1丁目マンション計画となっています。地上53階建て、最高高さ189.55m、2015年3月の完成予定です。立面図を見ると塔屋付近が少し凝った外観になっているように見えます。

マンション建設反対の横断幕
こういうブログをやっている立場からはあまり見たくない横断幕が近隣のマンションに。200mよりも低くなったのは周辺に対する何らかの配慮でしょうか。

新町北公園
南側にある新町北公園の様子。旧大阪厚生年金会館大ホールでコンサートのある日は数多くの露店が建ち並んでいたことを覚えています。オリックス劇場がオープンすれば再びそんな光景が見られるのかもしれません。

ベルファース大阪新町
敷地のすぐ西側にあった高層マンション、ベルファース大阪新町。25階建て、高さは80mを超えると思われます。恥ずかしながら今まで全くノーマークでした。

噂では大阪最大級となる200m超のマンションになるということでしたので、少し残念ではあるのですが、それでも大阪で3番目の高さのタワーマンションですから相当なインパクトがあるでしょう。オリックス劇場も最新鋭の設備にアップグレードされるようで非常に楽しみです。2013年にはフェスティバルホールも再オープンしますので、大阪のホール環境がさらに充実することは間違いありません。

大阪都心360度パノラマ from オリックス本町ビル

オリックス本町ビル 展望テラスからの眺め その3です。

東西南北全ての方向に展望窓があるオリックス本町ビルの特徴を生かして、360度のフルパノラマ写真を作成しました。整然とした大阪都心の街並みや梅田〜中之島の高層ビル群、眼下に伸びる阪神高速など、大迫力の眺望をお楽しみ下さい。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)

地理的に大阪の中心と呼んでも差し支えない場所に建っているので、これほど360度パノラマに適したスポットはありません。梅田スカイビルなんかも360度撮影が可能ですが、空中庭園には視界を遮る構造物があったりして中々難しいのです。そんなわけで初の360度パノラマ写真となりました。臨場感を出す為にかなり広角で撮影していますので、よく見ると結合部の粗が見えてしまうかも。その辺はご容赦下さい。

これでオリックス本町ビルからの眺めシリーズは一旦終わりです。いずれ夜景写真や動画でも紹介しようと思っています。この展望台については多くのブログ仲間の方々がほぼ同時に記事を書かれており、皆さん大絶賛されています。百聞は一見にしかず、機会があればぜひ訪れてみてください。感動すること間違いなしです。


※2012/05/29 画像を更新しました。

1 2 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 堀江・西区

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top