難波・心斎橋

TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

あべのルシアスからの眺め

今回は大阪市阿倍野区にある「あべのルシアス」からの眺めを紹介します。

あべのルシアス」は大阪市が進めている阿倍野再開発事業の一部として1998年に開業した大型複合ビルです。運営は近鉄グループが行っており、連絡通路で繋がった隣のアポロビルと共に、天王寺、阿倍野地区の繁華街の重要な一角をなす商業施設となっています。

このビルの15階と16階の吹き抜け空間に「スカイギャラリー」という展示会向けのスペースがあり、展望台としても利用できるようになっています。

あべのルシアスから北方向の眺め
あべのルシアスから北方向の眺めです。眼下に広がるのは「天王寺公園」。バックには大阪都心の大パノラマが広がります。時間的に手前側が影になっていて残念ですが、この日はおおむね快晴の気持ち良い眺めでした。

通天閣と難波の高層ビル群
通天閣とバックにそびえる難波の高層ビル群です。こういう角度だと通天閣はビル群の中に埋もれてしまいます。左端には「なんばグランドマスターズタワー」という新しい高層マンションが建設中です。

あべのルシアスから梅田方面
梅田方面の眺めです。かなり距離があって普通は霞んでしまうのですが、この日は綺麗に見えました。

あべのルシアスから北浜方面
北浜〜天満方面の眺めです。手前の夕陽丘地区にはたくさんのお寺が建ち並んでいます。バックには箕面〜吹田〜茨木にかけての山々が連なっています。ここまで見える日は珍しいと思います。

あべのルシアスから弁天町方面
弁天町方面の眺めです。大阪ドームや弁天町の高層ビルの背後に六甲の山並みが連なっています。大自然に囲まれた関西地方の素晴らしさを感じます。

弁天町の高層ビル群
弁天町駅前の超高層ビル群です。超高層マンション「クロスタワー大阪ベイ」や「ORC200」など、200m級の高層ビルが建ち並びます。大阪市は弁天町周辺をキタ、ミナミに対抗して「ニシ」と呼ばせようと頑張っていた時期がありましたが、いまだ定着していません。

あべのルシアスから東大阪方面
JR天王寺駅前から東大阪方面にかけての眺めです。天王寺地区の高層マンションの先駆け「セントラルレジデンス天王寺シティタワー」が目立ちます。バックには紅葉に染まった生駒山が綺麗に見えました。

今回は空気が澄んでいたので、バックの山々を驚くほど綺麗に収めることができました。カメラマンとしてはこういう日に出会えると幸せな気分になります。

あべのルシアス スカイギャラリー」はあまり知られてなく穴場的な展望台ですので、天王寺にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。ゆったりと眺めを楽しめると思います。

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので、興味のある方はご覧下さい。

そごう心斎橋本店 → 大丸心斎橋店北館へ

大丸心斎橋店北館の外観
大阪発祥の老舗百貨店「そごう」が心斎橋本店を閉店してから3ヶ月。建物を大丸が取得して2009年11月14日に「大丸心斎橋店 北館」として開業させました。本館、南館と合わせ売り場面積は「77,000」となり、建替えや改装中の百貨店を除けば、今のところ大阪最大の百貨店ということになります。(参考記事

大丸心斎橋店北館前
コンセプトは「ハイブリッドな百貨店」。いまいち良く分かりませんが、品揃えや価格など多世代のニーズに応える百貨店という意味合いのようです。

大丸心斎橋店北館 看板
建物は旧そごうのままなので新鮮味はありませんが、中身は大変身していました。そごう失敗の要因だった「高級感」が大幅に減り、カジュアルで入りやすい店舗になっていると思います。

特に若い女性をターゲットに絞った地下フロア「うふふガールズ」は今までの百貨店の概念を覆す、いわばファッションビルのような雰囲気です。百貨店業界が今後生き残る為の必死さが表れているように感じました。男性は8階のゴルフ用品フロアや12階の書籍、趣味雑貨フロア程度しか居場所が無く、ちょっと寂しい感じです。

ずっと気になっていた屋上庭園は継続されていました。
大丸心斎橋店北館 屋上庭園から梅田方面
天気が悪くてこんな写真になりましたが眺望は健在で安心しました。嬉しいニュースとしては閉門が30分延びて18時30分になっていたこと。夜景鑑賞にもちょっとだけ余裕ができるかもしれません。

そごう」が心斎橋から姿を消した事は非常に残念です。しかし大丸が店舗を引き継いだのは考えられる最良の形かもしれません。たとえば運良く別の百貨店が進出してきたとしても、ターミナル機能の無い心斎橋エリアでのシェアの奪い合いとなり、結局そごうの二の舞いになりかねません。その点お隣の大丸であれば、そのまま店舗の拡張となり、自らの意思で売り場構成を調整することが出来ます。また将来考えられる大丸本館の建替え時に仮の「本館」として稼動させることもできるでしょう。

最悪なのは買い手が見つからずに空き店舗のまま放置されたり、マンションやパチンコ店等になってしまうことです。心斎橋の活力低下を最小限に抑え、スムーズに移行させた大丸さんには素直に拍手を送りたいと思います。今後も心斎橋に腰を据えて頑張っていただきたいです。

難波の森(なんばパークス)

6月から長期出張が決まってしまいました・・・。ゆっくり観光でも出来ればブログのネタになっていいんですが、スケジュール的にあまり余裕がありません。撮りためた写真を持っていって何とか更新できたらいいなぁと思ってます。

さて今回は2003年10月に開業した「なんばパークス」を取り上げます。南海ホークスの本拠地であった「大阪球場」の跡地に南海電鉄が計画した大型商業施設です。開業前のコンセプトは「未来都市なにわ新都」。特徴は屋上に設けられた庭園「パークスガーデン」と、大渓谷のようなデザインを持たせた「キャニオンストリート」です。これは「六本木ヒルズ」や「キャナルシティ博多」などを手がけたジョン・ジャーディ氏の設計によるものです。特に「キャナルシティ博多」とは非常に良く似ていて、双子的な商業施設と言えるでしょう。

なんばパークス」は開業以来、目標を大幅に上回る集客を達成し、2007年4月には第2期棟がオープンしました。これによりシネコン「なんばパークスシネマ」や住宅棟「ザ・なんばタワー」が加わり、街として更なる進化を遂げました。今や難波の顔という存在にまで登りつめた感があり、阪神なんば線の開業もあって更なる発展が期待されています。

なんばパークス全景
なんばパークス」の全景です。聳え立つ高層ビルはオフィス棟「パークスタワー」(手前)と高層マンション「ザ・なんばタワー」(奥)です。大阪球場の面影は全く残っていませんが、ピッチャーマウンドとホームベースがあった位置に記念プレートが埋め込まれています。

パークスガーデン
屋上庭園「パークスガーデン」です。約70,000株の植物が植えられているそうです。階段状にかなり複雑な構造になっており、ゆっくりと散策が楽しめるような配慮がなされています。商業施設でありながら都市公園的な性格を併せ持っており、緑の少ない大阪都心にあっては貴重な存在です。

パークスガーデン2
パークスガーデン」の全景です。見れば見るほど面白い構造で、中央に走る渓谷の下が「キャニオンストリート」です。計画当時の経済状況もありましたが、高層ビルを林立させなくても新しい街を作り出せるという典型例だと思います。

なんばパークスの夜景
なんばパークス」の夜景です。ライトアップが凝っていて幻想的です。撮影場所の「スイスホテル南海大阪」からの夜景は今後メインサイトで紹介する予定です。

なんばパークス」はかなりの成功を収めている再開発ですが、大阪人としては南海ホークスが熱戦を繰り広げた舞台を偲ばせる仕掛けがもう少し欲しかったというのが本音かもしれません。しかし再開発が人の流れを変え、街に新しい価値を生み出したことは賞賛されるべきだと思いますし、「難波の森」として今後何十年と愛されていくことを願います。

ルネッサなんば地区(湊町再開発)のレポート

ゴールデンウィークも終わり、また忙しない毎日が戻ってきました。一気に現実へと引き戻されるこの感覚、小学生の頃の夏休み明けの感覚に似ていて、人間いつまでたっても変わらないもんだなぁと自分の精神力の弱さを実感してます・・・。

さて今回はJR難波駅(旧湊町駅)周辺に広がる旧国鉄貨物ヤード跡地の再開発、「ルネッサなんば」地区のレポートです。

開発当初はOCAT(大阪シティエアターミナル)、マイカルグループの商業施設や本社ビル、近鉄不動産のオフィス、高層マンションを中心とした計画でした。OCATと近鉄不動産の建物は完成しましたが、2001年9月のマイカル経営破綻を受けて中心街区の開発が中断、大阪経済の地盤沈下もあいまって空き地状態が長く続きました。

その後、突然のようにやってきたのが例の高層マンションブーム。デベロッパーがJR難波駅真上という絶好のポジションに目をつけない理由はありません。他にも産経新聞の大阪本社が移転してきたり、元マイカル商業施設予定地に大型複合ビル「マルイト難波ビル」が建設されていたりと、再開発も大詰めを迎えつつあります。

ルネッサなんば地区 南側から撮影
浪速公園付近からルネッサなんば地区を撮影しました。数多くのマンションが建ち、着実に人口が増えているようです。

ルネッサなんば地区の中心付近
再開発地区のちょうど中心付近から北方向を撮影しました。右側に「産経新聞大阪本社ビル(難波サンケイビル)」や結婚式場「パルティーレ大阪迎賓館」が建ち、数年前とは景観が一変しています。

ルネッサなんば地区の高層ビル群
ルネッサなんば地区の北半分に建つ高層ビル群です。中央に見えているのが「マルイト難波ビル」、そして近鉄不動産の「ローレルタワー難波」(右側)、ローレルコート難波(左手前)、近鉄新難波ビル(左奥)が建ち並びます。手前の空き地(現在はパーキング)も再開発が予定されていますが、諸事情により着工できていません(後述)

ルネッサなんばタワー
上の写真のすぐ南側に建つ高層マンション「ルネッサなんばタワー」です。右側はオンテックスの本社ビル兼ショールームです。

マルイト難波ビル
OCAT越しに見る「マルイト難波ビル」です。2009年6月竣工予定。「ホテルモントレ グラスミア大阪」やジュンク堂書店の大型旗艦店舗(4,600屐砲入る予定です。

湊町リバープレイス
ルネッサなんば地区のウォーターフロントゾーン「湊町リバープレイス」です。ライブホール「なんばHatch」や「FM OSAKA」が入り、阪神高速のパーキングも兼ねています。周囲の大階段付近では様々なイベントが開催され、水辺の憩いの場となっています。

浮庭橋
「湊町リバープレイス」と南堀江方面を結ぶ「浮庭橋」です。この橋の開通によってミナミの回遊性が高まり、ルネッサなんば地区と南堀江地区の開発に弾みがつくと期待されています。

ルネッサなんば地区 完成予想図
ルネッサなんば地区の完成予想図です。1棟の高層マンション(完成予想図右上の茶色い高層マンション)を残して全て完成していることが分かります。

この街区ですが、一時リバー産業が高層マンションを計画、その後株式会社リプラスに土地を譲渡しています。株式会社リプラスは「難波TOWER(仮称)」という高さ120m程の複合ビルを計画していましたが、会社自体が倒産してしまったようです。
この最後の街区がどうなるかにも注目です。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top