淀屋橋・本町・阿波座

TOP > 高層ビル・再開発 > 淀屋橋・本町・阿波座

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 古い記事 >>

大林組 GALLERY O 大阪梅田〜難波 都市模型

大阪大林ビル1階ロビーに「GALLERY O」という展示スペースがあります。大阪における大林組の主要プロジェクトを紹介するという趣旨で、巨大な大阪都心部の模型など魅力あるコンテンツが展示されており、都市開発ファンには必見の内容です。

GALLERY Oは大阪都心部から広がる関西エリアにおけるさまざまなプロジェクトを通して、新たな時代をリードする「都市・建築・空間」の魅力を創造する大林組の取組みを人々に発信する場です。都心を含む広範囲の模型により都市再生の今を表現するとともに、大林組による設計及び施工プロジェクトや最新技術を映像やパネルで紹介し、また定期的に展示内容を改訂することでタイムリーな情報を継続的に発信してまいります。(公式パンフレットより)

大林組 GALLERY O ロゴ
GALLERY O (OSAKA OBAYASHI OPEN-NETWORK)のロゴ。

大林組 GALLERY O 全景
GALLERY Oの全景。中央部の巨大模型が目を引きます。

大林組 GALLERY O 展示パネル
大林組の主要プロジェクトを紹介するパネルが並ぶ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 01
大阪都市模型の全体像。梅田、難波、御堂筋、中之島エリアにおける10階建て以上の建物を1/1000で立体化しています。ガラスで覆われていないのが良い感じ。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 02
大阪都心北部エリアの様子。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 梅田周辺
梅田周辺を東側から俯瞰。大林組が設計・施工に関わった主要プロジェクトは透明のモデル、それ以外は半透明のモデルで区別されているようです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 01
グランフロント大阪は低層部の植樹まで再現。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 グランフロント大阪 02
梅田スカイビルとグランフロント大阪。うめきた2期地区の進展が楽しみになります。

大林組 GALLERY O 大阪都心模型 西梅田周辺
西梅田周辺。梅田ダイビルと明治安田生命大阪梅田ビルの配置がおかしいので、警備の人に軽く告げておきましたが直してもらえるかどうかは不明。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 01
中之島周辺を東側から俯瞰。中之島フェスティバルタワーの模型はありません。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 中之島周辺 02
中之島周辺を西側から俯瞰。建設中のダイビル本館堂島 ザ・レジデンス マークタワーの模型があります。新ダイビルは旧建築のままです。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 難波周辺
南海難波駅周辺。さすがになんばパークスの造形は気合いが入っています。

大林組 GALLERY O 大阪都市模型 03
少し目線を落として見ると凄く立体的な街並みに見えます。

GALLERY Oは大阪市中央区北浜東4-33、大阪大林ビル1階ロビーにて平日の午前8時〜午後9時まで開放されています。この大阪都市模型は一見の価値がありますので、ぜひ訪れてみて下さい。地下鉄・京阪北浜駅から徒歩5分程度です。

一部新しいビルが再現されていなかったり、天王寺・阿倍野周辺が切れてしまっていたりと少し残念な点もありますが、あべのハルカス周辺の模型は近鉄大阪阿部野橋駅構内に展示されていますので合わせて楽しむのがベストかもしれません。

大阪 梅田〜中之島の超高層ビル群 2012年5月

約1年ぶりにオリックス本町ビルからの眺めを撮影しました。
前回はオリックス本町ビルのオープン直後だったこともあり、展望テラスのレストラン(クロステラス本町)には、あまり人の気配がなかったのですが、現在はオリックスグループの社員や一般客を含め、お昼時はかなりの賑わいを見せています。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 01
梅田〜中之島方面。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーダイビル本館が最高部まで立ち上がり、さらに密度が増した様子を確認できます。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 02
梅田中心部をクローズアップ。既に日本最大規模の高層ビル群となっていますが、景色を見るたびに航空法による高さ規制が無ければと感じてしまいます。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)
360度パノラマも最新版に更新しました。南側にはあべのハルカスも確認できます。天候的にはこれ以上の条件は無いというくらいの快晴でした。ただ順光と逆光の明暗差が激しいので、もう少し時間が早ければベストだったのかもしれません。

大阪府PT 大阪駅前ビルや船場地区の緑地化を検討

大阪府が、JR大阪駅南側の大阪駅前ビル(第1〜第4、大阪市北区)を取り壊し、跡地に公園を建設する都市改造プランを検討していることが分かった。府はメーンストリート・御堂筋や大阪駅北側の「うめきた」も公園とする方針を打ち出しており、実現すれば市街地に巨大な緑地帯が出現する形になる。

また新しい大阪のグランドデザイン構想が出てきました。なんとダイヤモンド地区の大阪駅前ビル4棟を撤去して緑地化するという仰天プランです。

大阪駅前第1〜第4ビル
大阪駅前ビル群を上から眺める。手前中央から奥側に向かって第1ビル、第2ビル、第3ビル、その左側が第4ビルです。大阪駅前第3ビル(142m)は完成当時、西日本で最も高いビルでした。それぞれの高層階にはオフィスが入居しています。

大阪駅前第1〜第4ビルは大阪駅前再開発事業により1970〜1981年にかけて建設された巨大な複合ビル群で、戦後のドサクサで外国人に占拠されていた闇市を大阪市が多額の費用をかけて立ち退きさせたという経緯があります。内部は地権者による区分所有となっており、飲食店や金券ショップ、パチンコ屋、サラ金などが軒を連ねるという近代的なビルの外観からは想像できない異様な状態になっています。

この区分所有というのが曲者で、ビル全体のオーナーは存在しません。区分所有者の組合が実質的なオーナーの権限を持ちます。要するに分譲マンションみたいなもので、行政がビルを撤去したいといっても組合の同意が得られない可能性が非常に高いです。もし同意が得られたとしても移転の補償等で莫大な費用がかかるでしょう。よってこの構想はおそらく実現できないと思っています。撤去どころか組合自身による取り壊し、建て替え費用の捻出すら困難なのではないでしょうか。

オリックス本町ビル 展望テラスより谷町方面
もう一つ緑地化のプランが上がっている船場周辺。阪神高速13号東大阪線(農人橋〜信濃橋間)を撤去し緑地化するという計画。場所は大体写真の範囲です。

こちらもまた突拍子も無いプランですね。阪神高速、船場センタービルは撤去、中央大通は地下化も想定するというもの。詳細が分からないので何ともいえませんが、阪神高速を撤去するということは奈良方面から大阪港線(またその反対)へは環状線を経由することになる?それとも阪神高速も地下化?地下鉄中央線との兼ね合いは?など突っ込みどころ満載で、本当にきちんと考えて発表しているのかすら疑問です。上記のような交通事情を考えると実現性は低いといわざるを得ません。

今回は大阪駅前ビル群や船場センタービルのような時代に取り残された建物が再開発の議題に上っただけでも良しとするべきかもしれません。ただもう少し実現性を考慮してから発表して欲しいというのが本音です。沢山のプランは出てくるけど結局何も実現に向けて進まないとなると、せっかくの支持、信用を失う結果に繋がります。


2012.3.30 追記

この記事が出た翌日の3月29日に行われた第7回大阪府市統合本部会議の様子をYouTubeで見ることができます。動画の1時間11分あたりから大阪のグランドデザインに関する議論が始まります。最初のプレゼンだけでも目を通しておけば、これまでの断片的な報道では見えにくかった全体の方向性がある程度理解できます。

アイデア段階のプランを公式発表のように報道するメディアへのクレームのような発言もありますね。まず壮大なプランを提示して各方面の議論を巻き起こしていきたいというスタンスなので、我々が実現性や採算性など細かい部分に一々突っ込んでも仕方ないのかもしれません。ただ意見はどんどんメールしていけばいいと思います。

本町ガーデンシティ & 本町南ガーデンシティ 2011年6月

今回は御堂筋沿いの本町ガーデンシティ本町南ガーデンシティです。

この2つの高層ビルは供に大阪市北区に本社を置く積水ハウスが手がけた再開発プロジェクトで、空洞化が指摘されている大阪都心のビジネス街に新たな活気をもたらすものとして各方面から期待されています。

本町ガーデンシティ 2011年6月 01
オリックス本町ビルから見た本町ガーデンシティ。27階建て高さ131.95m。高層部は外資系高級ホテルのセントレジスホテル大阪となっています。

本町ガーデンシティ 2011年6月 02
御堂筋沿いの北西側から。本町ガーデンシティは都市再生特別地区の適用を受け、従来の高さ規制を超える建築物が可能になりました。周辺には御堂筋の景観を維持するべく様々な工夫が施されています。

本町ガーデンシティ 2011年6月 03
御堂筋沿いの南西側から。角度によってかなり雰囲気が変わります。地上の圧迫感を無くすため低層部と高層部の2段構造になっています。

本町ガーデンシティ 2011年6月 04
真下からの見上げ。落ち着いた印象の外壁は、新しいビルなのに昔から建っていたような雰囲気を感じさせます。この辺りの演出は上手いですね。

セントレジスホテル大阪 2011年6月
本町通り側にあるセントレジスホテル大阪のエントランス。最高級のホテルだけあって、おそらくサービスも一級品なのでしょう。一度は泊まってみたいです。

本町南ガーデンシティ 2011年6月 01
オリックス本町ビルから見た本町南ガーデンシティ。中央大通りを挟んで少し南側にある26階建て高さ111.1mの純粋なオフィスビルです。

本町南ガーデンシティ 2011年6月 02
御堂筋沿いの北西側から。こちらは最新のビルといった雰囲気。高層部はガラス張りですが、低層部は石造りの柱を使って風格を持たせています。

本町南ガーデンシティ 2011年6月 03
御堂筋沿いの西側正面から。

本町南ガーデンシティ 2011年6月 04
御堂筋沿いの南西側から。ビル自体は3月に完成していますがテナントの入居は始まっておらず、まだオープンできていない様子でした。梅田等と比較すると厳しい立地条件の為、最近の不況がもろに影響しているのかもしれません。

本町界隈には今回紹介した2棟やオリックス本町ビルなど、大型ビルの竣工が相次ぎました。今後も梅田や中之島で大量のオフィスが供給される見込みの為、さらに厳しい状況に追い込まれる可能性もあります。

しかし一方では震災を契機とした東京から大阪への機能分散の動きもあり、その際には耐震性を備えた最新のオフィスビルが優先して選ばれることは間違いありません。よって焦らずに構えていれば、近いうちに開業できるのはないかと思います。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 淀屋橋・本町・阿波座

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top