梅田

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田

<< 新しい記事 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 古い記事 >>

朝日放送・ホテルプラザ跡地に医誠会病院の医療モール

大阪市北区大淀南2丁目の朝日放送ABCセンター・大阪タワー・ホテルプラザ跡地の全貌が明らかになってきました。2012年5月末より大阪市が地区計画変更の縦覧を開始していましたが、既に医誠会病院を有するホロニクスグループの進出が決定しているようで、ネット上でも様々な情報が見られるようになってきました。

上記PDFの情報によると、平成27年(2015年)春の竣工を目指して、新病院(医療モール IMWプロジェクト)を建設するとのこと。建築物の概要は14,252屬良瀉呂14階建て、高さ74.3mの医療棟(仮称:医誠会国際病院)と、28階建て高さ125.5mの事業棟(Wellness Tower)となっています。高層棟にはホテル等が入るようです。

医誠会病院 メディカルモール IMWプロジェクト 完成予想パース 01
医誠会病院公式サイトの完成予想図。北側から見たパースだと思われます。

医誠会病院 メディカルモール IMWプロジェクト 完成予想パース 02
読者から送って頂いた別の完成予想図。南側から見たパースのようです。こちらの方がより精密に描かれており、実際のイメージに近いのではないかと思います。

大淀南二丁目地区(ホテルプラザ・朝日放送跡地) 2012年6月 01
現地の状況を南東側から。右側は既に竣工しているローレルタワー サンクタス梅田。このマンションの南側に隣接するように高層棟が建設されます。

大淀南二丁目地区(ホテルプラザ・朝日放送跡地) 2012年6月 02
現地の状況を北東側から。竹中工務店のハットダウン工法によって進められてきたホテルプラザの解体工事も大詰めを迎えています。手前を南北に走るのはなにわ筋

大淀南二丁目地区(ホテルプラザ・朝日放送跡地) 2012年6月 03
旧朝日放送ABCセンターのあった場所は既に取り壊しが完了し、駐車場として利用されています。ホテルプラザ跡地と合わせると広大な敷地が誕生します。

大淀南二丁目地区(ホテルプラザ・朝日放送跡地) 2012年6月 04
敷地西側側面、ちょうど大阪タワーの建っていた辺りです。南側にはまるでオフィスビルのような超高層マンション、シティタワー西梅田(177m)がそびえ立つ。

大淀南二丁目地区(ホテルプラザ・朝日放送跡地) 2012年6月 05
敷地周辺を南東側から見た様子。最寄り駅はJR福島駅ですが、新梅田シティにも近く、広域で見れば梅田エリアと呼べる場所にあり、将来の発展が見込まれます。

ザ・シンフォニー・ホール 2012年6月
今回の計画地に隣接する日本初のクラシック専用ホール、ザ・シンフォニー・ホールは朝日放送から滋慶学園グループに事業譲渡され、運営が継続されます。

旧ホテルプラザ(解体前)
旧ホテルプラザ、解体前の様子。地上23階建て、高さ88m、1969年当時の大阪では最も高い建物であると同時に、日本を代表する名門ホテルでした。

場所を考えると商業施設やオフィスビルでは厳しく、周辺には既に高層マンションが林立しているという状況の中、今回の医療モール計画は地域の特性と時代の流れに合った再開発だと思います。どんな施設になるのか非常に楽しみです。

大阪 梅田〜中之島の超高層ビル群 2012年5月

約1年ぶりにオリックス本町ビルからの眺めを撮影しました。
前回はオリックス本町ビルのオープン直後だったこともあり、展望テラスのレストラン(クロステラス本町)には、あまり人の気配がなかったのですが、現在はオリックスグループの社員や一般客を含め、お昼時はかなりの賑わいを見せています。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 01
梅田〜中之島方面。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーダイビル本館が最高部まで立ち上がり、さらに密度が増した様子を確認できます。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 02
梅田中心部をクローズアップ。既に日本最大規模の高層ビル群となっていますが、景色を見るたびに航空法による高さ規制が無ければと感じてしまいます。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)
360度パノラマも最新版に更新しました。南側にはあべのハルカスも確認できます。天候的にはこれ以上の条件は無いというくらいの快晴でした。ただ順光と逆光の明暗差が激しいので、もう少し時間が早ければベストだったのかもしれません。

(仮称)北区中津1丁目計画 2012年5月

(仮称)北区中津1丁目計画は地下鉄御堂筋線中津駅前にあった巨大なオフィスビル、世界長ビル・ホーコクビルを再開発する計画で、現在解体工事が行われています。跡地には地上37階建て、高さ122.5mのタワーマンションが建設される予定。

(仮称)北区中津1丁目計画 立面図
(仮称)北区中津1丁目計画の立面図です。2015年6月の竣工を目指しています。

(仮称)北区中津1丁目計画 2012年5月 01
南東側から。ビル全体が完全に覆われ内部で解体工事が進行中です。

(仮称)北区中津1丁目計画 2012年5月 02
東側から。2棟が同時に解体されているので、かなり横幅が広いです。

ラマダホテル大阪 2012年5月
現場の目の前にあるラマダホテル大阪。右側に見えるピアスタワーにも近く、中津駅前とはいえ梅田エリアの一部といっても差し支えない場所にあります。

中津から見た茶屋町 2012年5月
阪急中津駅前から見る茶屋町周辺の高層ビル。この写真の左側あたりに北区中津1丁目計画のタワーマンションが加わる。大阪駅北地区(梅田北ヤード)の再開発に伴って、梅田と中津の境界がどんどん曖昧になっていきそうです。

ヤンマー本社ビル 2012年5月
茶屋町といえばヤンマー本社ビルの解体が始まったようです。とりあえず見納め写真を、そして50年間お疲れ様でした。建替え後はどんなビルになるのでしょうか。

参考記事:解体が始まったビルいろいろ(ゴリモンな日々)

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月

堂島 ザ・レジデンス マークタワーは1986年に閉校となった旧堂島小学校跡地の再開発計画です。地上39階建て、高さ138.17m、総戸数269戸の超高層タワーマンションの建設がスタートしました。2013年10月の完成予定となっています。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 完成予想パース
堂島 ザ・レジデンス マークタワーの完成予想パースです。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月 01
ブリーゼタワーから見た建設地周辺の様子。ちょうど西梅田と中之島3丁目の結節点にあたります。表通りには面していませんが本当にオフィス街のど真ん中です。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月 02
低層部分の建設が始まっています。左側が超高層棟、右側が駐車場棟になります。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月 03
南西側から。裏通りの電線も地中化を進めて欲しいところ。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月 04
南側から。電通大阪ビル等も近く、周辺を歩いている人はビジネスマンが多い。

堂島 ザ・レジデンス マークタワー 2012年5月 05
北西側には防災広場が出来ていました。背後にそびえるのは近鉄堂島ビルです。

前回の撮影から半年以上経っていますが、あまり工事は進んでいませんでした。しかし高層マンションは上に伸び出すと早いので、これから一気に立ち上がっていくと思います。堂島地区では頭一つ抜きん出た存在になるはずなので非常に楽しみです。

<< 新しい記事 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top