梅田

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

梅田周辺の再開発 2014年3月

■梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)

阪神百貨店本店の入る大阪神ビルと南側に隣接する新阪急ビルを、高さ190mの高層ビルへと一体的に建て替える再開発計画のスケジュールが阪急阪神HDから発表されました。I期(現新阪急ビルと大阪神ビル東側部分)が2018年春の竣工、II期(現大阪神ビル西側部分)が2022年春の竣工予定となっています。

梅田1丁目1番地計画 完成予想パース2
新たに公表された完成予想図。以前のパースよりも洗練された外観になりました。高層棟の中央部に縦のラインを設けることでスマートな印象になっている感じです。

大阪駅前俯瞰 梅田1丁目1番地計画 2014年3月
2014年3月現在の様子。今年秋にも新阪急ビルの解体が始まります。



■常翔学園 梅田キャンパス

大阪工業大学等を運営する常翔学園が茶屋町の旧梅田東小跡地に建設する新キャンパス計画。地上22階建て、高さ125メートルの高層ビルに同大学の新しい学部や摂南大など系列大学のサテライトオフィスが入居する。2016年秋竣工予定。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想パース。

常翔学園梅田キャンパス 2014年3月
2014年3月現在の様子。整地が終わり着工を待っている状態です。



■ヤンマー新本社ビル

ヤンマーグループ本社ビルの建替えプロジェクト。地上12階建て、高さ70.73m、2014年9月竣工予定。地下2階〜地上4階は商業フロアとなります。

ヤンマーグループ新本社ビル 完成予想パース 01
ヤンマー新本社ビルの完成予想パース。

ヤンマー新本社ビル 2014年3月
2014年3月現在、5階部分まで建設が進んでいます。



■ヨドバシ梅田2期地区

ヨドバシカメラがマルチメディア梅田の北側の所有地に建設を計画している新商業施設。高さ150mクラスの超高層ビルとなる予定で、店舗、ホテル、オフィスを中心に、会議場や広場、観光バスの発着所も新設される。2015年の開業を予定。

ヨドバシ梅田 2期 商業施設 完成予想パース
ヨドバシ梅田2期商業施設の完成予想パース。

ヨドバシ梅田 2期地区 2014年3月
2014年3月現在、まだ駐車場として稼働しており着工の気配はありませんでした。

グランフロント大阪あべのハルカスという超大型施設の開業で一旦落ち着いた感のある大阪の再開発ですが、続々と新たな計画が始動しています。三大都市圏の公示地価も上昇傾向を見せ始めている為、今後ますます不動産の流動が活発になるでしょう。まもなく梅田北ヤード2期地区の全体構想も見えてくると思います。

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地の開発事業者が決定

大阪市によってプロポーザル方式による公募が行われていたもと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地の開発事業者が住友不動産に決定しました。

事業コンセプトは曽根崎 Link City。低層部(1階〜2階)に商業施設のリンクモール、交流広場のリンクプラザ、屋上庭園のリンクガーデンを配置し、お初天神通りと繋がる賑わいの空間を創出。高層部は地上52階建て、900戸の分譲タワーマンション。災害時には地域防災拠点としての活用が想定されています。2015年9月着工、2019年2月竣工予定。住友不動産による単独開発なのでスムーズに進みそうです。

曽根崎 Link City 完成予想パース
曽根崎 Link Cityの完成予想パース。梅田エリア最高クラスのシンボルタワーと明記されているように、高さ制限一杯の190m程度を想定していると思われます。

曽根崎 Link City 導線プラン
導入プラン。新御堂筋、お初天神通り、曽根崎中州通りからのアプローチが可能。

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地 2014年3月 01
以下、2014年3月現在の様子。新御堂筋から。

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地 2014年3月 02
敷地内の様子。背後で建設中のビルは清和梅田ビル

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地 2014年3月 03
曽根崎お初天神通り商店街から。ここにリンクプラザ(交流広場)が整備されます。

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地 2014年3月 04
曽根崎中州通り(通称寿司通り)。この右側が商業施設のリンクモールとなります。

大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地 2014年3月 05
上から見た敷地の様子。高架道路は新御堂筋。

難波の精華小跡地の件がありましたので、大阪北小跡地にもあまり大きな期待はしていなかったのですが、予想以上の規模で驚きました。梅田エリアのスカイラインへ与えるインパクトは相当大きいでしょう。ただ本来であればオフィス中心になってもおかしくない場所なので、そういう意味では無難な再開発計画とも言えます。

梅田周辺の再開発 2013年11月

グランフロント大阪が開業してから梅田の再開発ウォッチングを疎かにしていたので、久しぶりに見て回りました。まとめて簡単に紹介しておきます。


■ ザ・セントラルマークタワー
ザ・セントラルマークタワー 2013年11月
中津駅前の世界長ビル・ホーコクビル跡地に建設中のタワーマンション。少しずつ伸びてきました。地上37階建て、高さ122.5m。2015年6月竣工予定。

ザ・セントラルマークタワー 完成予想図
ザ・セントラルマークタワーの完成予想図。

ラマダホテル大阪 2013年11月
すぐ目の前に建っているラマダホテル大阪。2013年末に閉館することが発表されています。跡地にはやはりタワーマンションの建設が有力でしょうか。


■ MBS毎日放送本社ビル 新館
MBS 毎日放送本社ビル 新館 2013年11月 01
毎日放送本社ビル新館の様子。頂上部にアンテナも取り付けられ、外観は完成しました。手前の大阪梅田池銀ビルと一体化しているように見えます。

MBS 毎日放送本社ビル 新館 2013年11月 02
地上15階建て、高さ88.983m(+鉄塔36m)、2014年4月にグランドオープン予定。


■ヤンマーグループ新本社ビル
ヤンマー新本社ビル 2013年11月
ヤンマー本社ビルの建て替えプロジェクト。現在1階〜2階部分の工事が行われていました。地上12階建て、高さ70.73m、2014年9月竣工予定。

ヤンマーグループ新本社ビル 完成予想パース 01
ヤンマーグループ新本社ビルの完成予想図。


■(仮称)清和梅田計画
(仮称)清和梅田計画 2013年11月
梅田第一ビルと旭屋書店本店を一体的に建て替えるプロジェクト。現在6階程度まで建設が進んでいます。地上21階建て、高さ106.15m、2015年3月竣工予定。

(仮称)清和梅田計画 完成予想図
(仮称)清和梅田計画の完成予想図。


■ヨドバシ梅田2期地区
ヨドバシ梅田 2期 商業施設 完成予想パース
読者からヨドバシ梅田2期地区の完成予想図が公開されているとの情報を頂きましたので紹介しておきます。都市計画資料からの予測通り、2層に分かれた150mクラスのビルになりそうです。地上部分には空中回廊のイメージも描かれています。

都市再生本部のページにある都市再生緊急整備地域の一覧(H25.7.12現在)から、大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域のリンクをクリックすると表示できます。ここまでくれば、まもなく公式発表あるいは建築計画のお知らせが掲示されるのではないかと思います。上層部にどこのホテルが進出するのかにも注目ですね。

梅田・茶屋町に常翔学園が高層キャンパスを建設

梅田・茶屋町の旧市立梅田東小学校跡地周辺で進められている茶屋町地区地区計画。着工が始まっているヤンマー新本社ビルの隣(A-2地区)に常翔学園が高さ125mの高層キャンパスを建設することが分かりました。2016年秋の完成予定。

大阪工業大(大阪市旭区)などを運営する学校法人・常翔学園(坂口正雄理事長)は27日、大阪市北区の旧市立梅田東小跡地(4650平方メートル)に梅田キャンパスを設置すると発表した。高さ125メートルの高層ビル(地上22階、地下2階)を建設し、同大学が工学デザイン分野の新しい学部を置く計画で、摂南大(大阪府寝屋川市)など系列の二つの大学のサテライトオフィスも設ける。2016年秋の完成を目指すという。(引用元:読売新聞)

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想図。地上22階建て、高さ125m、延床面積33,000屐9眩愽瑤論焦濺弔離屮蝓璽璽織錙爾鰈牌覆箸気擦訐練されたデザイン。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース2

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース3
夜間は窓の光が漏れて綺麗だと思います。塔屋部分のライトアップにも期待。

大阪市 茶屋町地区地区計画 配置図
茶屋町地区地区計画の配置図。本件はA-2地区に建設される。A-1地区にはヤンマー新本社ビルが建設中、A-3地区には梅田OPAが開業しています。

常翔学園 梅田新キャンパス 2013年3月
少し古いですが現地の様子。背後には茶屋町〜鶴野町の高層ビル群が広がる。

7〜20階に大工大の新キャンパスと摂南大、広島国際大のサテライトオフィス、1〜5階には約600人収容のコンベンションホールが入るとのこと。防災拠点として帰宅困難者収容所の設置や食料の備蓄も行われる予定です。大阪最大のターミナルに隣接するだけに、こういった災害時を想定した設備は非常に重要だと思います。

オフィス中心ではないということで空室率への影響もありませんし、学生が増えることで周辺の繁華街もさらに活気づくという非常に意義のある施設だと思います。また産学連携拠点としては近くにグランフロント大阪があり、相乗効果を見込めそうです。大学の都心回帰に拍車がかかりそうな今回の計画。非常に楽しみですね。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top