神戸

TOP > 夜景・夕景 > 神戸

1

神戸イルミナージュ 2015-2016

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

神戸市北区にあるテーマパーク、神戸フルーツ・フラワーパークでは5回目の開催となる神戸イルミナージュが開催されています。会場内を4つのエリアに分け、HIKARIのルネッサンスパークをテーマとした幻想的な非日常の世界を表現しています。

神戸イルミナージュ 2015-2016 01
洋館のようなホテル フルーツ・フラワーの外壁を使ったイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 02
ホテル前の中央広場は一面が白亜の世界。

神戸イルミナージュ 2015-2016 03
もはやイルミネーションイベントの定番、光のトンネル。

神戸イルミナージュ 2015-2016 04
イエロー系のトンネルは珍しいかもしれません。

神戸イルミナージュ 2015-2016 05
テーマエリア、HIKARIの赤ずきんちゃん。ウサギがいっぱい。

神戸イルミナージュ 2015-2016 06
テーマエリア、HIKARIの千夜一夜。魔法のランプと魔人。

神戸イルミナージュ 2015-2016 07
テーマエリア、HIKARIの人魚姫。海のブルーが神秘的な雰囲気。

神戸イルミナージュ 2015-2016 08
テーマエリア、HIKARIの妖精の国。ミニチュア感のあるお城。

神戸イルミナージュ 2015-2016 09
サンタとクマのイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 10
エントランス広場の街路樹と光の海のようなイルミネーションが印象的。

神戸イルミナージュ 2015-2016 11
開催中はフードコートになっているイベント広場と大屋根のイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 12
ルネサンス広場周辺の様子。

以上、神戸イルミナージュ2015-2016でした。フルーツフラワーパークという会場自体が西洋風の佇まいを持っているので、イルミネーションとの相性も抜群です。すぐ近くにある神戸三田プレミアム・アウトレットと一緒に訪れれば一日中楽しめるでしょう。神戸イルミナージュは2016年1月31日まで開催。期間中は駐車場無料です。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸からの夜景 (明石海峡大橋)

神戸市垂水区のシーサイドホテル舞子ビラ神戸は明石海峡を臨む舞子公園のすぐ近くにあるシティホテルです。戦前は有栖川宮家の別邸があった場所で、現在でも敷地内にかつての面影を残す姫小松の庭園が残されています。先日プライベートで宿泊する機会がありましたので、ついでに夜景を撮影してみました。

舞子公園 2015年7月
舞子海上プロムナードから見た舞子公園。左上に建つ2つの建物がシーサイドホテル舞子ビラ神戸(左が本館、右が別館)です。手前は孫文記念館(移情閣)

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 舞子駅方面 夜景
舞子駅方面の夜景。手前には松林が広がっている。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 舞子駅 夜景
舞子駅周辺の夜景。屋上のアンテナ(避雷針?)が特徴的なティオ舞子(高さ101m)を挟んで左側がJR舞子駅、右側が山陽舞子公園駅となっている。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (ブルーグリーンライトアップ)
明石海峡大橋の夜景。土日祝の通常時はグリーンブルーのライトアップ。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (ルビーライトアップ)
毎時30分は誕生石カラーのライトアップ。撮影時は7月なのでルビーの赤。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (虹ライトアップ) 01
毎時0分は虹色。1時間に1回、5分間だけしか見ることができない。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (虹ライトアップ) 02
明石海峡大橋の主塔は海面から298.3mの高さとなっている。あべのハルカスが2本建っているようなイメージだろうか。これが世界最長の吊り橋を支えている。

このように部屋から明石海峡大橋の夜景を楽しめるのは贅沢でした。館内の設備も整っており、気持良く滞在できるホテルです。実をいうと当日は大雨で、しばしば主塔の上方に雲がかかって見えなくなるほどでした。はっきり言って写真としては微妙ですが、天然のソフトフィルターだと考えれば逆に面白かったもしれません。

神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHTS)

仕事で神戸に行く用事がありましたので、「神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHTS)」を見に行ってきました。メリケンパークを舞台に、ジャズ音楽に合わせて様々な光の演出が楽しめる夜のイベントです。香港の名物「シンフォニー・オブ・ライツ」を参考にしているものと思われます。

元々写真撮影の予定は無かったのですが、「もし今年のみの開催だったら絶対後悔する」と思い、急遽、神戸の知人に機材一式を借りて撮影してみました。キヤノンの一眼レフでしたので基本操作が普段と同じで良かったです。ただ、あまり時間的余裕が無かったので事前の場所取りが出来ず、遠目からの撮影となりました。まぁ雰囲気だけでも・・・。

神戸夜景(メリケンパーク)
普段のメリケンパークの夜景。いつ見ても神戸の夜景は洗練されていて美しいです。関西の宝といっても過言ではありません。そういえば「大阪 at Night」で大阪以外の夜景写真を公開するのは初めてですね。

神戸スウィング・オブ・ライツ01
到着した時には既に開演しており、このように人の山が出来ていました。今更最前列には入れないので、仕方なく撮影開始。ブルーのライトが綺麗です。

神戸スウィング・オブ・ライツ02

神戸スウィング・オブ・ライツ03
神戸ポートタワーからのレーザーイルミネーション。まさにスウィングするといった感じで派手に動きます。欲を言えば、レーザーの発射場所がオリエンタルホテル側にもう1ヶ所くらい欲しかった。

神戸スウィング・オブ・ライツ04
場所的に面白い写真が撮れそうになかったので、モザイクの観覧車方面に移動した所、人込みの少ない場所がありましたので、おもむろにカメラをセッティング!運良くクライマックス付近の花火を撮影できました。(左半分ですが・・・)

神戸スウィング・オブ・ライツ05
聞いた話によると、花火のある回と無い回があるそうで、花火の有無によって評価がずいぶんと変わってしまいそうな感じがします。

神戸スウィング・オブ・ライツの感想ですが、正直、期待していたよりは・・・という感じでした。全体の時間が短いことと、音響面や光の演出に若干の物足りなさを感じてしまったからです。こういったイベントは「これでもか!」というくらい派手にやった方が良かったと思います。予算など課題は多いと思いますが、来年以降があるとすれば更なる発展を期待したい所です。

イベントとしては厳しめの評価を書きましたが、夜景ファンとしては非常に高く評価しています。こういったイベントを通して、夜景の素晴らしさを知ってもらえる「きっかけ」になるからです。個人的には大阪梅田や京橋OBPなどの高層ビル群を使って似たような光の演出が行われたらいいなぁと勝手に妄想しています。

1

TOP > 夜景・夕景 > 神戸

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top