大阪の話題

TOP > 大阪の話題

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

橋下新党(大阪維新の会) 福島区補選で初陣飾る!

23日に投開票された大阪市議補選(福島区選挙区、欠員1)で、橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」が擁立した新人、広田和美氏(46)が既存政党の候補者ら4人を退け、初当選した。(MSN産経ニュース)

大阪維新の会代表の橋下徹・大阪府知事は23日、対談会のため訪れた松山市内で報道陣の取材に応じ、選挙結果について「大阪都構想が最大の争点。区民は(都構想に反対する)平松市政にノーを突きつけた」と指摘した。(MSN産経ニュース)

大阪市議福島区補選(2010年5月23日)

橋下新党(大阪維新の会)の初陣として市会議員の補欠選挙としては異例の注目を集めた大阪市議福島区補選。開票の結果、維新の会の広田和美氏が2位に大差をつけて圧勝という結果になりました。橋下知事には失礼ですが、正直な所、ここまで大差をつけて勝つとは思っていませんでした。

最大の争点は橋下知事が掲げる「大阪都構想」。大阪の府と市を再編し、二重行政の解消を目指す構想に対して、区民は賛成の意向を示したということになります。同時に大阪都構想に否定的な立場を示す平松市長にノーを突きつけたとも言えます。

現時点では単に民主党政権および既存政党への不信の結果という可能性も否定できませんが、これは来年春の統一地方選ではっきりするでしょう。府議会、市議会で大阪維新の会(とその支持会派)が過半数を取れば大阪の再編は一気に進みます。

とにかく大きな時代の流れが来る予感がした今回の選挙結果でした。

パラマウント・リゾート大阪 実現へ一歩前進

政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は27日、東京・日本橋の貸会議室で、独立行政法人を対象とした事業仕分け第2弾の3日目の作業を行った。日本万国博覧会記念機構(財務省所管)が行っている万博記念公園(大阪府吹田市)の運営は、「自治体に任せるべきだ」と判定し、大阪府移管とした。同機構の金融資産約200億円分については、国の出資割合に応じて国庫へ返納するよう求めた。(読売新聞)

燦キャピタルマネージメントと米パラマウント・ピクチャーズが大阪府吹田市のエキスポランド跡地へ進出を計画している映画テーマパーク「パラマウント・リゾート大阪」。現在、日本万国博覧会記念機構が管理を行っている同跡地の運営について、「自治体に任せるべき」という判断が政府の行政刷新会議で行われました。

今回の判断はいわゆる事業仕分けの一部なので、法的拘束力も強制力もありませんが、大阪第2の映画テーマパーク実現に向けて、ようやく一歩を踏み出すことができたという感じです。橋下知事は「半年以内に決着させたい」としているので、早ければ年内にも何らかの方向性が決まるのではないでしょうか?

もし大阪府に運営権が移管されれば、その後の事業が成功するにしても失敗するにしても、府はそれ相応の責任を負う必要性があり、府民はこの事業の全ての動向を注視しなければなりません。当初のUSJと大阪市の関係と同じく、単なる一企業の投資ではないということを忘れてはいけませんね。

パラマウント・リゾート大阪 イメージ
読者から送っていただいたパラマウント・リゾート大阪の完成予想イメージ。大方の予想通り、USJよりもさらに狭く感じます。これだと導線が一本しかなくて混雑時に大量の人数を捌けるのかどうか微妙。イメージ図なので参考程度にしかなりませんが、継続的な集客にはかなり工夫が必要だと思います。

万博記念公園 太陽の塔
ずっと万博公園を見下ろしてきた太陽の塔。パラマウントには賛成?反対?できれば彼の意見を聞いてみたい所です。

鶴見緑地展望塔(いのちの塔) 登り納め?

2010年3月31日をもって展望台としての営業を休止した鶴見緑地展望塔(いのちの塔)が花博20周年記念事業「花らんまん2010」の一環で、4月29日〜5月5日まで無料開放されています。園内では花博にちなんだ様々な催しが行われています。

いのちの塔は高さ90m、展望フロアは60mに設けられ、大阪周辺を360度見渡すことが出来ます。今回が見納めになる可能性もあるので、ここから見る大阪の街を記録しておきたいと思って登りました。

花博記念公園鶴見緑地
いのちの塔の外観です。EXPO'90花博のシンボルタワーでした。あれからもう20年、誰もがバブル景気に浮かれていた当時が嘘のように感じます。

いのちの塔の入り口
午前中にも関わらず既に行列で入場制限が!普段は本当にガラガラだったので驚きました。やっぱりみんな最後の見納めという感じなのでしょう。

いのちの塔 展望フロア
展望フロアの様子。みなさん当時の思い出を語り合ったり、写真を撮ったりとそれぞれに楽しんでいました。でも支柱が邪魔をして外は見辛いんですよね。

鶴見緑地 生き生き地球館
中央噴水と生き生き地球館。五月晴れの連休とあって大盛況でした。

鶴見緑地 大池
中央の大池です。奥方向に日本庭園や国際庭園があります。

鶴見緑地 大芝生
大芝生。花博開催中は大規模な遊園地があった所です。こうやって見ると鶴見緑地は大阪城公園よりも遊びやすそうです。

鶴見緑地 水の館ホール
水の館ホール。常に様々なイベントが行われています。鶴見スポーツセンター(体育館)にもなっています。

咲くやこの花館
咲くやこの花館。花博のパビリオンとして唯一そのまま残っている施設です。世界最大の花、ラフレシアが展示されていたのを覚えています。今もあるのかな?

国際花と緑の博覧会 基本理念
いのちの塔2階には花博関連の資料があります。これは基本理念の紹介。画像で読めるように掲載しておきました。

花博 国際庭園
花博で展示されていた国際庭園の一覧。今でもそのまま見られる庭園もありますが、一部は老朽化が激しいです。

花ずきんちゃん
花博のマスコット「花ずきんちゃん」。チューリップをモチーフにしています。当時は街中にこのキャラクターが溢れていました。今見てもかわいらしいキャラだと思います。

国際花と緑の博覧会 全体MAP
花博の模型がありました。左端中央にいのちの塔、上のほうが遊園地「マジカルクロス」。万博に本格的な遊園地を併設するというバブル期ならではの施設でした。人気No.1の風神雷神は熊本グリーンランドへ移築されました。

少しでも懐かしいと思われた方は、連休中にぜひ鶴見緑地へ!
次回は街の眺めを紹介します。

参考リンク: 鶴見緑地・花博再び(大阪情報サロン供

ヨドバシ梅田、ちょっと気になった垂幕

ヨドバシ梅田の垂幕

ヨドバシ梅田に「Welcome to Umeda,Japan」という垂幕が掛かっています。

それがどうしたという感じですが、大阪駅前なので「Welcome to Osaka,Japan」となりそうな所、そこに「梅田」という街の名前を用いてくれたヨドバシカメラに感謝の気持ちを覚えたのです。

そもそも欧米の大都市を見ると、「東京駅」や「大阪駅」のように都市名を冠した駅はほとんどありません。ニューヨーク駅やロンドン駅、パリ駅なんて存在しませんし、あったとしても「(都市名)中央駅」のようになっています。国際的大都市には中心駅が複数あるのが普通だからです。

大阪でいえば、ターミナル駅である梅田、難波、天王寺、歴史的に見れば淀屋橋、本町(船場)なども中心駅に当たります。それなのにJRのみが「大阪駅」、「新大阪駅」を名乗っている。あの場所で「新大阪駅」なんて名前を付けて欲しくないと思っている人も多いことでしょう。

長距離路線を持つJR(旧国鉄)なので、都市名を冠した駅を作ることは利便性を考えると合理的ですが、都市内だけで見ると「ここが中心ですよ」と断定されているようで違和感があります。

これは私鉄各社および市営地下鉄から見れば大変失礼なことで、近鉄が阪神なんば線の開通と同時に、大阪難波駅、大阪上本町駅と改称したのも、そんなJRへの反発心があるのかもしれません。

個人的にですが、JRは大阪駅の建て替えを契機に「大阪梅田駅」へ改称すべきだと思っています。観光客への利便性を考慮しつつ、私鉄や地下鉄駅との違和感も少なくなるんじゃないかと思います。新宿と比べてローカル色の強い梅田の地名を全面にアピールできるというメリットもあります。そうなると東京駅は「東京丸の内駅」とするのが妥当ですね。新大阪駅は・・・う〜ん難しい。

一枚の垂幕から、そんな思いが頭をよぎったのでした。東京系のヨドバシカメラでさえ梅田をアピールしてくれているのに地元資本がこれではなぁ。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 大阪の話題

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top