大阪の話題

TOP > 大阪の話題

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

大阪・中之島夜景散歩 Vol.6 ほたるまち & 中之島4丁目

シリーズ中之島夜景散歩。第6回目は堂島川沿いのほたるまち国立国際美術館のある中之島4丁目周辺の夜景をご紹介します。

ほたるまちは旧阪大病院跡地の再開発計画により誕生した複合型施設です。かつて水都OSAKA α(アルファ)プロジェクトと呼ばれたこの計画は、居住文化賑わいという3つの要素をテーマにした事業コンペを経て2008年に開業しました。

ほたるまち全景
ほたるまちの全景夜景。堂島川沿いの新しい街にふさわしく、水辺の開放感を生かした施設配置となっています。右側に建つ大阪中之島合同庁舎の街区と一体化され、遊歩道やほたるまち港が整備されました。

朝日放送新社屋の夜景
情報・文化の要素を担う朝日放送新社屋堂島リバーフォーラムの夜景。朝日放送は福島駅北側の大淀地区から全面移転してきました。多目的ホール、堂島リバーフォーラムの壁面ライトアップも綺麗です。

The Tower Osaka 夜景
居住の要素を担う超高層タワーレジデンス、The Tower Osaka(ザ・タワー大阪)の夜景。地上50階、高さ177.7mの規模を誇る、ほたるまちのランドマーク的存在。上から見ると扇形のような変わった形をしています。

ほたるまち 夜景 01
ほたるまち中庭のイルミネーション。開業当初は噴水のようなものがありましたが、現在は植え込みになっています。この中庭から全ての施設に直結しています。

ほたるまち 夜景 03
賑わいの要素を担う商業施設、堂島クロスウォークの夜景。スーパーやフィットネスクラブ、医療関連等の各種施設があり、街の暮らしを支えています。

ほたるまち 夜景 02
The Tower Osakaの1階部分は堂島クロスウォークの一部となっており、カフェやレストランが並んでいます。特徴的な屋根によって住宅階と上手く分離されています。

朝日放送の大階段
木の風合いを生かした壁面が特長的な朝日放送の大階段。ほたるまちの西側エントランスになります。左が社屋、右がABCホールです。

国立国際美術館 夜景 01
中之島4丁目、国立国際美術館の夜景。万博公園から移転、2004年に開館しました。建築家シーザー・ペリの設計、全ての施設を地下に収めたユニークな美術館です。知らない人は何かのモニュメントだと思ってしまうでしょうね。

国立国際美術館 夜景 02
うさぎの耳のようにも見える不思議な外観はライトアップも綺麗です。公式サイトによると竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージしたとあります。良く分かりませんが、確かに何か伸びやかなものを感じさせるのは事実です。

大阪市立科学館 夜景
国立国際美術館の隣にある大阪市立科学館の夜景。ここはプラネタリウムが人気で、休日などは早めに行かないと一杯で入れないこともあります。

N4.Towerと大阪大学中之島センター
大型再開発の波が押し寄せる中之島4丁目の夜景。左は新しい高層マンション、N.4 Tower、右は大阪大学中之島センターです。手前には大阪市立近代美術館の建設予定が、奥側には京阪・大林 中之島共同開発プロジェクトが控えています。

数回に渡ってお送りしてきた中之島夜景散歩も次回で最終回です。中之島の西端にあたる中之島5丁目〜6丁目周辺の夜景を紹介する予定です。

上本町YUFURA(新歌舞伎座)開業レポート

2010年8月26日、近鉄大阪上本町駅前に上本町YUFURA(うえほんまちゆふら)が開業しました。以前から完成を楽しみにしていたので早速行ってきました。

地下1階から5階に商業施設、6階に新歌舞伎座、上層階はオフィスフロアになっています。エントランス前、近鉄百貨店との接続部分は開放的な空間となり、歩行者にとってかなり余裕を持たせた作りになっています。地下と2階、4階、5階部分でも近鉄百貨店と繋がっており、百貨店の拡張部分的な位置付けと見ることもできますし、シェラトン都ホテル大阪を含め、一つの大きなターミナルビルと考えることもできます。この点では阿倍野地区のHoopandより回遊性は優れているかもしれません。

以下、上本町YUFURA周辺と店内の写真を掲載します。

上本町YUFURA 2010年8月 01

上本町YUFURA 2010年8月 02

上本町YUFURA 2010年8月 03

上本町YUFURA 2010年8月 04

上本町YUFURA 2010年8月 05

上本町YUFURA 2010年8月 06

上本町YUFURA 2010年8月 07

上本町YUFURA 2010年8月 08

上本町YUFURA 2010年8月 09

上本町YUFURA 2010年8月 10

上本町YUFURA 2010年8月 11

上本町YUFURA 2010年8月 12

ここから下は店内のため携帯カメラでの撮影です。少し画質が悪いです。

上本町YUFURA 2010年8月 13

上本町YUFURA 2010年8月 14

上本町YUFURA 2010年8月 15

上本町YUFURA 2010年8月 16

一通り見て回った感想をストレートに書くと、まずフロアが狭いです。店舗の面積を優先している関係上、通路として歩けるスペースがほとんどありません。エスカレーターの周りを一周するだけでフロアの店舗を一巡できますので、すぐに5階まで回れてしまいます。効率はいいけど満足度は低いかも・・・。

テナントも目玉と言えるものは無く、郊外ショッピングセンターのような無難なものです。生活密着型のテナントが多いのは周辺の住環境を考慮した戦略だと思いますが、せっかく新歌舞伎座という晴れの舞台があるのに、もう少し非日常感を演出しても良かったような気がします。ワクワク感というか何というか。

と、辛口の感想を書きましたが、上本町という街に対しての期待があってこそだと思ってください。上本町に劇場文化の灯が戻ってきたことは素直に嬉しいですし、この不景気の中、きちんと開業させる事が出来て本当に良かったと思います。

梅田や難波でもテナント集めは苦労しているそうなので、上本町という不利な立地としては最大限の仕事をしたといっても良いでしょう。近鉄グループのターミナル強化戦略はまだ始まったばかり。今後も魅力ある街づくりを継続して欲しいと思います。

アナログ停波まであと1年、大阪での地デジ対策に盲点?

レッツ!地デジ

テレビのアナログ放送終了まで1年を切りました。既にデジタル対応されているご家庭も多いと思いますが、これから対策しようと思っている方も沢山いるはず。そんな方々の為に私の実家での地デジ対策の事例を紹介しようと思います。


きっかけは実家からの1本の電話。

地デジ対応のテレビを買ったけど映らない!

そんなの電気屋さんに聞いてくれよと思いましたが、何かのネタになるかなと思って確かめに行くと本当に映らない。正確に言えば映るチャンネルもあるがブロックノイズが出てまともに見られない状況でした。多くのチャンネルはチャンネルスキャンにすら引っかかりません。もちろんアナログ放送はUHF局も含めて全て完璧に映ります。

Dpaのサイトには、「現在UHFアンテナで視聴している場合、通常はそのままで受信できます。」とあります。大阪地区の場合、テレビ大阪がUHF局なのでアナログのテレビ大阪が受信できていれば大丈夫なはず。実家でもそれを信じてデジタル対応テレビを購入したのですが・・・。

テレビの故障でなければ原因は電波障害かアンテナ関連しか考えられないので、とりあえず現在のアンテナをチェックしてみます。

VUアンテナ+UHFアンテナ
大阪地区では一般的なVHF+UHFアンテナ(下:生駒山向け)とUHFアンテナ(上:神戸摩耶山向け・サンテレビ用)が設置されていました。写真で見ると綺麗に見えますが築30年は経っているので錆付いてボロボロです。でも生駒山の電波塔は見通せるしアナログ放送は問題ないので電波障害とは考えにくい、となると配線か??

確かにケーブルは経年劣化してるだろうし、混合器やブースター、分配器も怪しい。しかし全ての機器を個別にチェックする時間的余裕は無いので、同じような事例はないかとインターネット上を調べてみるとWikipediaにこんな記述が!

多数の送信所からUHF放送を受信している家庭では地上デジタル放送がうまく受信できない場合がある。例として大阪府等の関西地区では在阪局のVHF波に加えてテレビ大阪やサンテレビなどを受信している家庭が多いが通常のミキサーで混合するとゴースト障害を起こす場合があるため、特定地域向け混合機が使われている。しかし、地上デジタル放送が開始される前に製造・発売された物は関西地区の地上デジタル放送で使われるチャンネルをカットしてしまい上手く受信する事ができなくなる。このような設備ではアンテナ設備の取替えが必要となる。(Wikipediaより引用)

私の実家はまさにこの事例である可能性が非常に高いではないですか。特定地域向け混合器の存在は知っていましたが本当に盲点でした。

大まかに説明すると、大阪でのアナログ放送に必要なチャンネルはVHF(2〜12ch)UHF(19ch)で、デジタル放送に必要なチャンネルはUHF(13〜24ch)です(サンテレビを除く)。つまりデジタル放送に必要なチャンネルのうち、アナログ放送では19ch以外不要ということになります。古いアナログ放送用の特定地域向け混合器ではその前後の周波数をカットするものがあるということです。

誤解の無いように書いておくと、特定地域向け混合器が付いているということは、きちんとゴーストやノイズ対策が行われている証であり、デジタル時代に映らないからといって、メーカーや業者さんを責めてはいけません。

原因がほぼ特定できたので混合器の取替えといきたい所ですが、どうせなら経年劣化したアンテナ設備一式を新しくしたい。そこで大手家電量販店で地デジアンテナ工事の見積りを取ってみることにしました。

その結果↓
アンテナ工事見積り
アンテナマスト、ブースター込みとはいえこれほど高いとは!大手家電量販店なのでボッタクリはないと信じてますが、これだとBDレコーダーが買えそう・・・。

さすがにこの金額はもったいないのと、見積りによって必要な部品が分かったので、自分で部品を調達して設置することにしました。

参考までに今回購入したもの

  • マスプロ U14TMH(14素子UHFアンテナ、ローチャンネル用)生駒山向け
  • マスプロ U20TMH(20素子UHFアンテナ、ローチャンネル用)摩耶山向け
  • DXアンテナ UUM210J(関西地区用混合器)
  • 日本アンテナ VB-33CU(UHF、BS、CS卓上ブースター)
  • アンテナケーブル(S5CFB)100m
  • F型接栓(5C用)10個
  • アンテナマスト 1.8m

ネット通販や日本橋電気街を利用して、総額2万円以下で揃いました。マスト固定部材は再利用するとしても、かなり安くついたんじゃないでしょうか。

幸い実家はベランダから梯子をかければ平坦な屋根に登れる構造なので、素人でも工事はできます。早速、新しいマストを固定してアンテナを設置しました。生駒山方向は強電界地域なので結構適当に方向調整しても大丈夫でしたが、摩耶山方向はテレビのレベル表示を確認しながら微調整しないと駄目でしたので、20素子にしておいて正解だったと思います。

混合器は通常のUHF+UHF混合器でも大丈夫そうでしたが、万一のことを考えて関西地区用の混合器を使用しました。これで生駒山の電波と摩耶山の電波を干渉させることなく混合できます。そのままだと生駒山の電波が強すぎるので、混合器に内蔵されている-10dbのアッテネータ(減衰器)を使用してバランスを取りました。

ブースターは無しでも映りましたが、悪天候時にサンテレビが映りにくくなる可能性を考慮して一応付けてあります。これで全てのチャンネルが完璧に受信できるようになりました。

ちなみに屋根上から見た生駒山の電波塔(クリックで拡大します)
生駒山テレビ・FM送信所
大阪に東京タワーのような高い電波塔が無い理由が、この生駒送信所の存在です。山頂に小規模な電波塔を建てるだけで、640m以上の高さから関西全域に放送できるわけですから、わざわざコストをかけて都心部に電波塔は建てないでしょう。

この電波塔群を見て、共用の電波塔を生駒山上に1本立てて観光スポットにしたら面白いのにと思いました。その方が維持管理コストも下がるだろうし、展望台を設ければ東京スカイツリーを越える約700mの高さから360度の絶景が楽しめる。しかも生駒ケーブルを使って誰でも行ける場所というのは大きい。まぁ妄想ですけど・・・。

UHFアンテナ+UHFアンテナ
というわけでこんなにスッキリ、綺麗になりました。上が神戸方向の20素子UHFアンテナ、下が生駒山方向の14素子UHFアンテナです。

私の実家はこれで地デジ対策が完了しましたが、周りを見渡すと似たようなアンテナ状況の家がいっぱい。全ての家が特定地域向け混合器を使っているとは限りませんが、大阪ではテレビ大阪サンテレビを受信している世帯がほとんどだと考えると、古い戸建ではそれなりに使用されているのではないでしょうか。

上記のような事例があるので、このままアナログ放送が停波するとパニックが起こるかもしれません。こういう問題はもっと周知徹底しなければ駄目だと思います。今回の場合、たまたまこの時期に気付いただけで、これが停波直前だったらと思うとゾッとします。皆さんも地デジ対策はお早めに・・・。

全日空が関空にLCC拠点、高速バス並みの運賃目指す

全日本空輸が、国内に低コストで運営する格安航空会社(LCC)を新設し、関西国際空港を拠点に国際線と国内線の運航に乗り出す方向で検討に入ったことが19日、明らかになった。国際線は大手航空会社の半額程度、国内線は高速バス並みの片道1万円以下の運賃を目指す。台頭するアジアのLCCに対抗する狙いがあり、早ければ来年度中にも運航を始めたい考えだ。

関西国際空港

ワールドカップで盛り上がる中、関空関連のビッグニュースが飛び込んできました。全日空が関空を拠点とする格安航空会社(LCC)を新設するというものです。

伊丹廃港や伊丹関空の一体運営など、どちらかといえば空港の仕組みそのものに対する議論はさかんに行われていますが、旅客需要をどう増やすべきかという議論が疎かになっていたような気がします。これは関空リニア等のアクセス改善だけでは限界があるので、今回のような具体的な動きが出てきたことは大歓迎すべきでしょう。

それにしても国内線が1万円以下という運賃は物凄いインパクトですね。新幹線より安く目的地に着けるなら多少アクセスが悪くても関空からの空路を選ぶ人は間違いなく増えます。まとまった便数があれば関空の弱点だった国内線の乗り継ぎの悪さも改善できるかもしれません。

しかも全日空という日本を代表する航空会社による運営というのも心強いです。国土交通省が着陸料の引き下げや規制緩和を推し進め、全面バックアップする態勢が出来れば、関空のハブ空港化へ大きく前進する可能性があります。

2本目の滑走路を使って貨物需要を集める関空に、国際線、国内線までもが集中することになれば、伊丹を廃港することも、関空リニアに投資することもなく関空が躍進するという信じられないような展開になるかもしれませんね。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 大阪の話題

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top