大阪の話題

TOP > 大阪の話題

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

大阪の将来を決めるダブル選 決戦前日

11月27日は大阪市長選、大阪府知事選の投票日です。状況は完全に大阪を二分する構図になっており、市長選は橋下氏と平松氏、知事選は松井氏と倉田氏の一騎打ちの様相を呈しています。大阪の都市制度を変えるのか、変えないのか、各陣営の思惑が交錯する史上稀に見る大混戦となっています。

以下、決戦前日の難波駅前で行われた街頭演説(大阪維新の会)の様子です。

橋下徹 大阪維新の会 街頭演説 01
前大阪府知事の橋下徹大阪市長候補。

橋下徹 大阪維新の会 街頭演説 02
聴衆の感心を一手に引く橋下節は健在。主張するのは大阪都構想。

松井一郎 大阪維新の会 街頭演説
大阪維新の会の幹事長、松井一郎大阪府知事候補。

石原慎太郎 大阪維新の会 街頭演説
応援に駆けつけた石原慎太郎東京都知事。

難波駅前 大阪維新の会 街頭演説
演説が始まる前から凄い人だかりでした。

公職選挙法により特定の候補を支持するという内容は書けない(個人ブログでもグレーゾーンらしい)ので、選挙の話題にはあまり触れたくなかったのですが、大阪にとってこれほど重要な選挙の話題をスルーすれば後で後悔すると思い、ニュース的な記事だけ書くことにしました。有権者の方はぜひ一票を投じて意思表示して下さい。

御堂筋Kappo(みどうすじカッポ) 2011

10月9日、御堂筋パレードの代替イベントとして2008年から開催されている御堂筋Kappoに行ってきました。大阪市のメインストリート、御堂筋が歩行者天国になり、沢山の店舗やイベントなどの出し物が行われ賑わいを見せていました。

御堂筋Kappo 2011 01
高麗橋3交差点付近。やはり普段歩けない場所を歩けるのは気持ちがいいです。

御堂筋Kappo 2011 02
場所によっては凄い人だかりで歩くのが大変なほど。

御堂筋Kappo 2011 03
伏見町3交差点付近。沿道ではミュージシャンが演奏していて賑やかでした。

御堂筋Kappo 2011 04
1997年なみはや国体のキャラクター、モッピーが大阪マラソンをPRしていました。今は大阪府の生涯スポーツ振興のマスコットになっているとか。とても懐かしいです。

御堂筋Kappo 2011 05
瓦町3交差点付近。

御堂筋Kappo 2011 06
西日を受けて輝く本町ガーデンシティ

御堂筋Kappo 2011 07
秋晴れの爽やかな一日でした。

御堂筋Kappo 2011 08
イベントは中央大通りを越えて心斎橋の新橋交差点まで続いていきます。

こんな感じで御堂筋をてくてく歩くだけでも楽しいものですね。イベント自体は会場が縦長に分散しすぎていて間延びしている感もあったりしますが、パレードよりは多くの人が実際に参加できて良い部分もあると思います。ちょっと開催時間が短いので、夜間まで延長できればもっと面白いイベントになると思います。

大丸梅田店(サウスゲートビル) 太陽の広場からの眺め

本日、大丸梅田店が全館グランドオープンしました。売場面積64,000と増床前の1.6倍となり、ライバルとなる阪急百貨店や阪神百貨店と比べても見劣りすることはなくなりました。さらにユニクロや東急ハンズ、ポケモンセンターといった従来の百貨店の常識を超えたテナント誘致戦略により、三越伊勢丹も参戦する梅田百貨店戦争を勝ち抜こうという姿勢が見てとれます。

大丸の15階〜16階には「太陽の広場」が設けられており、大阪駅南側を中心とした眺望を見ることができます。アクティ大阪時代に設けられていた展望ロビー(閉鎖済み)を補完する役割もあるのではないかと思われます。

サウスゲートビル 太陽の広場 01
南側の眺望。天井がないので中々開放感があります。

サウスゲートビル 太陽の広場 02
16階部分から15階のデッキを眺める。広場にもレストランがあって良い感じです。

サウスゲートビル 太陽の広場 03
東方向の眺望。ビルに囲まれていないのはこちら側だけですね。

サウスゲートビル 太陽の広場 04
大阪駅前ダイヤモンド地区です。アクティ大阪展望ロビー時代からおなじみの構図。

サウスゲートビル 太陽の広場 05
西梅田方面の眺望。ビルの重なり具合がいまいちかも。

サウスゲートビル 太陽の広場 06
梅田阪急ビルです。意外と新鮮な構図かもしれません。

サウスゲートビル 太陽の広場 07
茶屋町方面の眺望。阪急百貨店2期工事の様子も確認できました。阪急グランドビルの全身が見えるのも今だけです。

サウスゲートビル 太陽の広場 08
OAP、OBP方面の眺望。とりあえずこの角度が見える場所が確保されていて一安心。梅田スカイビルからはOBPが見えなくなったんですよね。

サウスゲートビル 太陽の広場 09
扇町通り。

さすがにアクティ大阪展望ロビーを完全に代替するというわけにはいきませんが、開放感のある眺望を楽しむことができました。これからの季節、ちょっとした休憩にぴったりのスポットだと思います。夜間も開放されているので、夜景鑑賞もできそうです。

テイチクレコード 大阪歌物語のジャケットに写真提供

12月1日、テイチクレコードより大阪の名曲を集めた大阪歌物語が発売されます。
東京歌物語津軽歌物語に続く第3弾ということになります。なぜ唐突に紹介するかというと、ジャケットに私の写真が使用されているからという理由なんですが…。

大阪歌物語 ジャケット表

大阪歌物語 ジャケット裏

表に通天閣御堂筋道頓堀、裏に大阪城+OBPという構成になっています。このブログやサイトをご覧の方々にとっては馴染みのある写真ばかりですね。

私は大阪城をメインに持ってくることを期待していたのですが、東京歌物語のジャケットと対比させたいという意向もあって通天閣がメインとなりました。期間限定のブルーライトアップの写真が使用されたことは、東京タワーの赤いライトアップとの対比として中々面白い選択だと思います。通常の金色だと派手すぎると思いますので。

収録曲は以下のとおり

  • 大阪ラプソディー(海原千里・万里)
  • 夫婦善哉(石川さゆり)
  • 大阪しぐれ(都はるみ)
  • 道頓堀人情(天童よしみ)
  • 宗右衛門町ブルース(平和勝次とダークホース)
  • 月の法善寺横丁(藤島桓夫)
  • 雨の御堂筋(欧陽菲菲)
  • 河内おとこ節(中村美律子)
  • 釜ヶ崎人情(三音英次)
  • 浪花恋しぐれ「桂春団次」(京山幸枝若)
  • 十三の夜(藤田まこと)
  • 王将・夫婦駒(石原裕次郎)
  • 浪花灯り(川中美幸)
  • 浪花川(三門忠司)
  • 大阪レイン(天童よしみ)
  • なにわの女(川中美幸)
  • こいさんのラブコール(フランク永井)
  • 浪花恋しぐれ(都はるみ・岡千秋)

まさに定番の名曲揃いです。演歌のテイチクレコードならではといった感じ。そして大阪のように旅情や人情という言葉がぴったりの街には演歌が良く似合うということでしょう。歌詞に地名が出てくる歌というのはそのまま街の観光案内みたいなものですから、こういった名曲の存在は昔から大阪のPRにも繋がっているのかなと思います。

この大阪歌物語、竹内義和氏の全曲解説付きとなっています。
もし店頭で見かけたら手に取ってみて下さい。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 大阪の話題

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top