大阪の話題

TOP > 大阪の話題

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

天王寺〜難波間 LRT新路線のルート調査・検討開始へ

天王寺〜難波〜梅田〜新大阪を結ぶ次世代路面電車(LRT)の検討が始まる模様です。先行整備する天王寺-難波間について、2015年度着工、2018年度開通を目標に、今年秋にも阪堺電気軌道の協力を得てルート調査が開始される見通し。

大阪府と大阪市が今月、大阪・アベノからミナミ、御堂筋を通ってキタ、新大阪までをつなぐ次世代型路面電車(LRT)の新路線づくりに着手する。先行整備する天王寺-難波間約3キロについて、近くルート調査を開始。(読売新聞)

ルートは阪堺天王寺駅前駅から天王寺動物園内を通り抜け、堺筋を北進、難波へと至る約3km。車窓から動物を観覧でき、通天閣や日本橋でんでんタウンを通る観光電車を目指すとのことですが、動物園内の敷設スペースの確保や動物たちへの影響、日本橋でんでんタウン〜難波間という大阪屈指の商業地区に路面電車を通せるのかという根本的な疑問もあります。特に渋滞対策は相当な課題でしょう。

あべのハルカス Abeno HARUKAS 2012年9月 01
起点となる天王寺・阿倍野地区と天王寺公園。手前のあたりが天王寺動物園。

あべのルシアスから見た天王寺公園
天王寺公園から通天閣、難波方面にかけて。

報道では天王寺〜難波間だけではなく、難波から梅田、新大阪という文字もあります。御堂筋にLRTという話題は以前にも出てきましたが、新大阪まではさすがに無理があるような気がします。そのまま地下鉄御堂筋線のルートと重複しますし。

実現可能性は相当に低いと思いますが、これまでの常識や慣習に囚われない柔軟な発想が橋下・松井体制の真骨頂でもあるので、大阪の活性化に向けた様々な案が出てくるのは良い事だと思います。我々は冷静に進捗を見守って行きましょう。

大阪富国生命ビル フコク生命の森 ライトアップ

梅田の一等地にそびえ立つ大阪富国生命ビルが、竣工2周年を記念してフコク生命の森アトリウムのライトアップを開始しました。ドミニク・ペロー氏による大樹をイメージした斬新な外観デザインを持ちながら、これまで夜間のライトアップを一切行っていなかったので期待大です。早速その様子を写真と動画に収めてみました。

梅田 大阪富国生命ビル ライトアップ 2012年11月 01
大阪駅前歩道橋から見る大阪富国生命ビル。低層部にカラフルなイルミネーションが施されているのが見えます。欲をいえば塔屋にも何か工夫が欲しいところ。

梅田 大阪富国生命ビル ライトアップ 2012年11月 02
複雑な意匠を持つ外観は昼間も綺麗ですが、夜間のライトアップも映えます。

梅田 大阪富国生命ビル ライトアップ 2012年11月 03
天空に伸びる大樹の根っ子部分がライトアップされているというイメージです。

梅田 大阪富国生命ビル ライトアップ 2012年11月 04
全面ガラス張りの吹き抜け空間という特徴を最大限に生かしたライトアップ。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 01
ここからはビルの内部へ。地下から4階までの吹き抜け空間はフコク生命の森と名付けられています。地下街ホワイティうめだと直結しているので便利です。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 02
地下から見上げる。めまぐるしくイルミネーションの色が変わっていきます。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 03
1階からの様子です。この写真では外の様子が見えますが、時間によっては自動的にブラインドが下りて遮光された空間にする演出もあります。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 04
複雑なデザインはまるで幾何学模様のようです。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 05
細長い空間なので縦位置の方が絵になりますね。

フコク生命の森アトリウム ライトアップ 2012年11月 06
天井のミラーが不思議な空間を演出しています。

このような連続して色が変わるイルミネーションは、やはり映像で見る方が適していると思いますので、やっつけ仕事ではありますがショートムービーを制作しました。

YouTubeの動画ページへ

大阪富国生命ビルのライトアップ、いかがだったでしょうか。中からも外からも楽しめるライティングデザインは大変素晴らしく、梅田の街歩きをより一層華やかにしてくれそうです。ライトアップは毎日午後6時から11時まで行われる予定で、現在名称を公募しています。私もいいネーミングを思いついたら応募してみようと思っています。

平成OSAKA天の川伝説 2012 七夕

2009年から開催されている七夕のビッグイベント、平成OSAKA天の川伝説。今年も大川に青く輝く光球(いのり星)が放流され、一夜限りの天の川が出現しました。
大阪 at Nightはメディアとして参加させて頂きましたので、立入禁止区域や専用船など、特殊な位置から撮影することができました。主催者の方、本当に感謝です。

平成OSAKA天の川伝説2012 セレモニー 01
開会式、放流セレモニーの様子。何が行われるのかというと…。

平成OSAKA天の川伝説2012 セレモニー 02
なんと船上での結婚式でした。新郎さんは大阪水上バスの船長さんだそうです。大勢の観客に見守られての挙式、一生の思い出になりそうですね。末永くお幸せに。

平成OSAKA天の川伝説2012 セレモニー 03
大阪出身の笛奏者、井上真美さんと音楽家、東祥高さんのユニットによる七夕ライブ。東さんはフォークグループ、五つの赤い風船で活動していた方です。

平成OSAKA天の川伝説2012 01
セレモニーが終わると一斉に放流がスタート。

平成OSAKA天の川伝説2012 02
セレモニーで船上結婚式が行われたクルーズ船、ひまわり。

平成OSAKA天の川伝説2012 03
プレス専用船から見た八軒家浜方面。今年は遊歩道沿いが有料観覧席になりました。午前中の雨から天候が回復したこともあって沢山の来場者数だったようです。

平成OSAKA天の川伝説2012 04
天神橋と北浜方面。船から天の川を見るのは初めてなので新鮮でした。

平成OSAKA天の川伝説2012 05
天満橋とOBP方面。時間が経つにつれ徐々に光球の数が増えていきます。

平成OSAKA天の川伝説2012 06
天神橋全景。この素晴らしい風景をぜひ多くの方に見てもらいたいです。

平成OSAKA天の川伝説2012 07
八軒家浜港のライトアップも、いのり星の青い光とマッチしていました。

平成OSAKA天の川伝説2012 08
七夕の飾り付け。皆さんの願いが叶うといいですね。

天の川プロジェクトは今年5月に行われた東京ホタルをはじめ全国各地で開催されていくそうです。8月7日には再び大阪(第二寝屋川)で開催されますので、興味のある方はぜひ参加してみて下さい。大阪発祥のイベントがこうやって全国区になっていくのは大変誇らしいものがあります。美しい夜のイベントを通して、都市と河川のあり方について多くの人が見つめ直すきっかけになれば素晴らしいことだと思います。

天の川プロジェクト公式サイト

夜景動画 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITYは今年で12回目を迎える夜のイベントです。夏至と冬至の夜の2時間、電気を消してキャンドルを灯し、思い思いの時間を過ごすと共に、普段の生活を見つめ直すきっかけを作ろうという意味が込められています。今回は2011年12月7日に行われた西梅田ナイトの様子を動画にしてみました。


YouTubeの動画ページへ

イベントではライトダウンされた街中にアート系の学生と地元クリエイターによるキャンドルアートや一般参加型のメッセージキャンドルなどが展示されます。普段は街路樹のライトアップやショーウィンドウで華やかな西梅田の街並みが、まるで別世界のように感じられ、それぞれが優しく暖かい時間を共有していました。

12月14日には茶屋町ナイトがありますので、ぜひ静かな夜を過ごしてみてください。

公式サイト:1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 大阪の話題

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top