街を歩く

TOP > 街を歩く

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

大阪上本町駅周辺の再開発 その1

約10日ぶりの更新になりました。最低限、週1回のブログ更新はしたいと思っているのですが、仕事に追われていると中々気力が続かないもので・・・。ほとんど毎日のように更新されているブロガーの方々は本当に尊敬してしまいます。

さて今回は近鉄大阪線のターミナル、大阪上本町駅のレポートです。阪神なんば線の開通と同時に「上本町駅」から「大阪上本町駅」へと名称が変更されました。大阪では上六(うえろく)という略称の方が親しまれています。近鉄の拠点といえば阿倍野というイメージを持たれていますが、本社は創業当時から上本町にあります。

上本町ターミナル全景
上本町ターミナルの全景です。右側が近鉄百貨店、左側がシェラトン都ホテル大阪です。1階部分および地下がホームになっています。既に名阪を結ぶ近鉄特急のターミナル機能は大阪難波駅に移っている感がありますが、百貨店が併設された大型の駅舎や櫛形7面6線のホーム構造は大阪でも屈指の規模であり、また周辺の街並みも非常に洗練されていて、地方から来られた方を案内すると驚かれることが多いです。

シェラトン都ホテル大阪
シェラトン都ホテル大阪です。1985年開業、2007年にスターウッドホテルのシェラトンブランドとしてリニューアルオープンしました。昔から大阪でもステータスの高いホテルの一つとして知られています。国際級ホテルがあるというのは街の格を上げるという意味で非常に重要です。

新「新歌舞伎座」上本町駅南複合ビル
現在、近鉄劇場跡地に建設が進んでいる上本町駅南複合ビル(仮称)の完成予想図です。難波から「新歌舞伎座」が移転し、オフィス、商業施設からなる大型複合ビル(高さ約60m)が建設されます。商業施設は阿倍野における「Hoop」のような位置付けになると思われますので、上本町周辺の活性化に非常に貢献するものと考えられます。

上本町駅南複合ビル(仮称)の建設中写真
上本町駅南複合ビルの建設中の様子です。近鉄劇場が閉鎖された後、上本町から演劇文化の灯が消えかけていましたが、今新たな文化の発信拠点が生まれようとしています。

今回はターミナル近辺を取り上げましたが、その周辺では大規模な区画整備が進んでいます。次回は高層マンション開発を含めた周辺地区のレポートを掲載します。

ルネッサなんば地区(湊町再開発)のレポート

ゴールデンウィークも終わり、また忙しない毎日が戻ってきました。一気に現実へと引き戻されるこの感覚、小学生の頃の夏休み明けの感覚に似ていて、人間いつまでたっても変わらないもんだなぁと自分の精神力の弱さを実感してます・・・。

さて今回はJR難波駅(旧湊町駅)周辺に広がる旧国鉄貨物ヤード跡地の再開発、「ルネッサなんば」地区のレポートです。

開発当初はOCAT(大阪シティエアターミナル)、マイカルグループの商業施設や本社ビル、近鉄不動産のオフィス、高層マンションを中心とした計画でした。OCATと近鉄不動産の建物は完成しましたが、2001年9月のマイカル経営破綻を受けて中心街区の開発が中断、大阪経済の地盤沈下もあいまって空き地状態が長く続きました。

その後、突然のようにやってきたのが例の高層マンションブーム。デベロッパーがJR難波駅真上という絶好のポジションに目をつけない理由はありません。他にも産経新聞の大阪本社が移転してきたり、元マイカル商業施設予定地に大型複合ビル「マルイト難波ビル」が建設されていたりと、再開発も大詰めを迎えつつあります。

ルネッサなんば地区 南側から撮影
浪速公園付近からルネッサなんば地区を撮影しました。数多くのマンションが建ち、着実に人口が増えているようです。

ルネッサなんば地区の中心付近
再開発地区のちょうど中心付近から北方向を撮影しました。右側に「産経新聞大阪本社ビル(難波サンケイビル)」や結婚式場「パルティーレ大阪迎賓館」が建ち、数年前とは景観が一変しています。

ルネッサなんば地区の高層ビル群
ルネッサなんば地区の北半分に建つ高層ビル群です。中央に見えているのが「マルイト難波ビル」、そして近鉄不動産の「ローレルタワー難波」(右側)、ローレルコート難波(左手前)、近鉄新難波ビル(左奥)が建ち並びます。手前の空き地(現在はパーキング)も再開発が予定されていますが、諸事情により着工できていません(後述)

ルネッサなんばタワー
上の写真のすぐ南側に建つ高層マンション「ルネッサなんばタワー」です。右側はオンテックスの本社ビル兼ショールームです。

マルイト難波ビル
OCAT越しに見る「マルイト難波ビル」です。2009年6月竣工予定。「ホテルモントレ グラスミア大阪」やジュンク堂書店の大型旗艦店舗(4,600屐砲入る予定です。

湊町リバープレイス
ルネッサなんば地区のウォーターフロントゾーン「湊町リバープレイス」です。ライブホール「なんばHatch」や「FM OSAKA」が入り、阪神高速のパーキングも兼ねています。周囲の大階段付近では様々なイベントが開催され、水辺の憩いの場となっています。

浮庭橋
「湊町リバープレイス」と南堀江方面を結ぶ「浮庭橋」です。この橋の開通によってミナミの回遊性が高まり、ルネッサなんば地区と南堀江地区の開発に弾みがつくと期待されています。

ルネッサなんば地区 完成予想図
ルネッサなんば地区の完成予想図です。1棟の高層マンション(完成予想図右上の茶色い高層マンション)を残して全て完成していることが分かります。

この街区ですが、一時リバー産業が高層マンションを計画、その後株式会社リプラスに土地を譲渡しています。株式会社リプラスは「難波TOWER(仮称)」という高さ120m程の複合ビルを計画していましたが、会社自体が倒産してしまったようです。
この最後の街区がどうなるかにも注目です。

大阪新世界と通天閣の夜景

今年のゴールデンウィークも残り僅かになりました。高速1,000円ということで、ここぞとばかりに遠出をした人も多かったのではないでしょうか?私の場合、混雑が大嫌いなので遠出を避け、近場でのんびりと過ごすことにしました。世間では16連休を取らされたという方もいるようで、100年に一度と言われる大不況を実感する今日この頃です。

さて夜景ブログなのに夜景の記事がほとんどないじゃないか!というご指摘を頂きそうな予感がしてきましたので、今回は久々に夜景関連の記事です。メインサイトで通天閣展望台からの夜景を更新しましたので、ついでに新世界周辺を歩いてきました。

大阪・新世界の街並み 夕景
新世界の夕暮れです。通天閣のライトアップは下町のシンボルタワーとしての存在感を主張します。相変わらず観光客が多く、写真を撮っていると溶け込んでしまいます。

大阪・新世界の街並み 夜景
新世界の街並みと通天閣の夜景、定番の構図です。今はこんな所にも巨大なビリケンさんがいるんですね。「づぼらや」のフグ看板と張り合ってます。

大阪・新世界の街並み 夜景2
フグ看板の真下から。その奇抜さのおかげか、外人さんからの注目度も高いようです。

通天閣から見た難波の夜景
通天閣展望台から難波の夜景です。なんばパークスの高層ビルや、建設中のマルイト難波ビルが目立ちます。遠くには梅田の高層ビル群が広がっています。

この通天閣展望台ですが、ここからの夜景撮影はかなり難しいです。理由は3つあり、展望窓が傾斜していて三脚が使えないこと、窓がとても汚れていること、ガラスフィルムに空気が入ってまだら状になっていることです。これは他の展望台でも良くあることなのですが、通天閣の場合はタワーをライトアップしている強烈な光が、傾斜した窓の汚れに反射して白く写ってしまうのです。またガラスフィルムが綺麗に張られていないので、ピントも手ブレ対策もバッチリなのに、どこかピントが外れたようなボヤけた写真になることが多いです。

これが他の展望台と比べて通天閣からの(まともな)夜景写真を見る機会が圧倒的に少ない理由です。観光客には道頓堀と並んで大阪No.1と言えるほどの知名度があり、眺望もかなりのものであることを考えると非常に寂しいところです。(以前は営業時間の問題もありましたが、これは営業時間の延長によって解決されています)

通天閣展望台からの夜景撮影に挑戦しようという方は、上記のことを踏まえて装備品を整えていってください。特に吸盤型の固定用具は必須です。

「阪神なんば線」開業!大阪難波駅のレポート

本日3月20日、神戸三宮と奈良を直通列車で結ぶ「阪神なんば線」が開業しました。西九条で止まっていた阪神西大阪線を、近鉄難波駅へと延長した新路線です。

阪神なんば線 路線図

建設路線長は3.4km、新設駅は3駅、と数字だけを見ればインパクトはありませんが、沿線への波及効果は半端ではありません。実質的に神戸三宮と近鉄奈良を結ぶ長距離路線となり、将来的には山陽姫路から伊勢志摩までの特急を運行させることまで視野に入れているそうです。(計画次第では名古屋へ走らせることも可能だと思います)

特に取材予定は無かったのですが、たまたま開業日に難波にいたということで少しだけ写真をUPします。

大阪難波駅(旧近鉄難波駅)
「近鉄難波駅」改め「大阪難波駅」となりました。関西の三都と奈良、名古屋、伊勢志摩と並ぶ文字盤を見ると路線網の巨大さが実感できます。

阪神なんば線 運賃表
大阪難波駅に設置された阪神線の運賃表です。とうとう難波に阪神が乗り入れたんだなぁ・・・と感慨深く感じてしまいます。これで阪神は梅田、難波という大阪の2大ターミナルに乗り入れた初めての私鉄になりました。

大阪難波駅 電光板
三宮方面の電光掲示板です。阪神梅田駅にいるような錯覚を受けます。

阪神1000系
阪神なんば線に導入された新型車両「1000系」です。開業日ですが特に混乱も無くスムーズに運行されているように見えました。

南海なんば駅(高島屋大阪店)
こちらは南海なんば駅です。高島屋の外壁改修や増築が進んでいます。阪神・近鉄沿線だけではなく南海沿線も利便性が向上します。「阪神なんば線」の開業は、大阪ミナミに大きな経済効果をもたらすでしょう。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

TOP > 街を歩く

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top