街を歩く

TOP > 街を歩く

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

大阪・中之島夜景散歩 Vol.5 錦橋 & 中之島3丁目

シリーズ中之島夜景散歩。第5回目は四つ橋筋を構成する渡辺橋肥後橋、ライトアップの美しい錦橋、高層ビルの建ち並ぶ中之島3丁目地区の夜景をご紹介します。

今回紹介する中之島3丁目周辺は再開発が特に活発なエリアで、現在も旧ダイビルの建替え工事や、フェスティバルホールの入る中之島フェスティバルタワーが建設中です。これら一連の急速な開発によって、中之島は最先端のビジネスエリアへと変貌しようとしています。

錦橋と大同生命ビル 夜景
前回紹介した淀屋橋から中之島遊歩道を西へ歩くと、真っ先に目に留まるのがブルーにライトアップされた人道橋、錦橋です。背後には大正建築のファサードを残した大同生命肥後橋ビルが建っています。

錦橋のライトアップ夜景
錦橋のライトアップ。水都大阪2009に先駆けて2008年からライトアップが開始されました。元々は可動堰だったので、水面との間がかなり狭くなっています。

錦橋の夜景
錦橋の様子。橋上には橋の錦絵をあしらったパネルが展示されています。背後には建設中の中之島フェスティバルタワー。完成すれば錦橋からの眺めもまた違ったものになるでしょう。

肥後橋の夜景
錦橋から見た肥後橋の夜景。土佐堀川に架かる肥後橋は四つ橋筋の一部となっています。阪神高速がビルの合間を抜けて迫ってくるようなイメージが好きで良く撮影する構図です。右側の朝日新聞ビルも建替えの計画があります。

渡辺橋の夜景(アクア堂島)
肥後橋を北上すると、こちらも四つ橋筋の一部である渡辺橋があります。背後にはトリプルタワーのように見える(実際は2棟)アクア堂島があり、このまま北上するとJR大阪駅前へと至ります。

渡辺橋と遊歩道
渡辺橋周辺の遊歩道の夜景。京阪中之島線の開通と同時に歩道の整備とガーデニングが施され、東西の移動が本当に快適になりました。

土佐堀川と阪神高速
堂島川と阪神高速をダイナミックなイメージで捉えてみました。川と高速道路が織り成す都市景観は大阪を代表する存在だと思います。

中之島3丁目のビル群 夜景 01
中之島3丁目の高層ビル群。左が中之島三井ビル、右側が中之島ダイビルです。

中之島3丁目のビル群 夜景 02
中之島3丁目の高層ビル群を南側から。意識してかどうかは分かりませんが、この2棟は塔屋部が同系統の色でライトアップされており、兄弟のようにも見えます。

中之島3丁目のビル群 夜景 03
中之島3丁目の高層ビル群を北西側から。手前には関西電力本社の入る関電ビルディング。梅田〜中之島地区で最も高いビル(195m)でもあります。塔屋部の青いライトアップは周囲の風向きによって光が流れるように動く演出が施されています。

次回は、堂島川沿いの新スポット、ほたるまちと中之島4丁目を紹介する予定です。

大阪・中之島夜景散歩 Vol.4 淀屋橋 & 大江橋

シリーズ中之島夜景散歩。第4回目は大阪のメインストリート御堂筋と中之島が交差する大阪市の中枢、淀屋橋大江橋周辺の夜景をご紹介します。

御堂筋の一部にもなっているこの2つの橋の周辺は中之島の中心であり、その洗練された景観は大都市としての風格を感じられるものです。中之島はパリのシテ島に例えられることも多いのですが、類似した景観を見れば当然のことのように思います。

淀屋橋から西方向の夕景 01
淀屋橋から見た中之島の夕景。両サイドにかつての豪商、住友、三井グループの重厚な建築物が建ち並び、さながら現代の蔵屋敷といった感じでしょうか。

淀屋橋から西方向の夕景 02
淀屋橋から見た中之島西部方面の夕景。右側の高層ビル群は最近になって開発された中之島3丁目エリア。その手前には朝日新聞が建設中の中之島フェスティバルタワーの建設現場が見えます。

淀屋橋から西方向の夜景
淀屋橋から見た中之島西部方面の夜景。中之島には塔屋がライトアップされたビルが多く、華やかな夜景を演出しています。中央は次回紹介する予定の錦橋

淀屋橋 夜景
淀屋橋の夜景。江戸時代の豪商、淀屋の名前が付いた淀屋橋は、パリのセーヌ川に架かるコンコルド橋をモチーフとしており、重要文化財にも指定されています。

大江橋 夜景
大江橋の夜景。外観が似ているため淀屋橋という1本の大きな橋と思われていることも多いのですが、中之島の北側が大江橋、南側が淀屋橋です。京阪中之島線の開通とともに大江橋駅が開業し、ようやく日の目を見ることができました。

大江橋から西方向の夜景
大江橋からの夜景。中之島の北側、堂島地区の風景です。阪神高速の橋脚をライトアップする光の回廊ライトアップが行われるようになり、より鮮やかな夜景を楽しめるようになりました。光の回廊は時間によって色が変化します。

大阪市役所 夜景 01
大阪市役所の夜景。大阪市の行政の中心であり、最近不祥事やら橋下知事との対立やらで何かと話題になります。建物のデザインにも賛否両論があり、旧庁舎の方がはるかに良かったという声も。個人的には今の庁舎も悪くないと思っています。

大阪市役所 夜景 02
大阪市役所の夜景 2。かなり奥行きのある巨大な建物であることが分かります。

土佐堀川とみおつくしプロムナード
大阪市役所脇の土佐堀側に面した遊歩道。年末に行われる光のルネサンス期間中は左側のみおつくしプロムナードイルミネーションストリートとなります。

日本銀行大阪支店 ライトアップ夜景 01
御堂筋を挟んで大阪市役所の向かい側にある日本銀行大阪支店のライトアップ。1903年建設(辰野金吾設計)、中之島を代表する近代建築です。

日本銀行大阪支店 ライトアップ夜景 02
日本銀行大阪支店のライトアップ その2。現在はこの後ろ側に建っている新館が業務の中心なのですが、やはり風格のある旧館の存在感は抜群です。

淀屋橋周辺は大阪経済の中枢であり、ここから南の本町に至るビジネス街の集積度はやはり凄いものがあります。近年、梅田地区がビジネスの中心となっっていくような雰囲気もありますが、本当の意味で大阪の都心といえるのはやはり淀屋橋〜本町間であると思います。大阪全体のことを考えると、ずっとそうであって欲しいです。

次回はさらに西へ。再開発の進む中之島3丁目周辺の夜景を紹介する予定です。

大阪・中之島夜景散歩 東部編の動画を公開しました

今回は淀屋橋周辺の夜景を紹介する予定でしたが、繋ぎとして前回までに紹介した中之島夜景散歩の動画バージョンを公開します。天神橋〜中央公会堂です。

今回の撮影からCanon EOS 7Dを本格的に導入したこともあり、フルハイビジョンでの動画撮影ができるようになりました。EOSムービーはCMやPV撮影などプロの現場でも使われており、豊富な交換レンズ群による映像表現や、大型CMOSセンサーによる超高感度撮影が可能になっています。そこで夜景写真の撮影と平行して、実験的に動画も記録してみたというわけです。その結果が以下の動画です。



YouTubeの動画ページへ

素人が民生機で撮った映像としては中々のものではないでしょうか。単なる写真のスライドショーとは違った臨場感のあるものに仕上がったと思っています。YouTubeなので回線に余裕のある方は全画面でHD動画をお試し下さい(再生中にシークバー右側をクリック→720pまたは1080pに変更)。

しかし写真のノウハウは持っていても動画となると全く勝手が違うので本当に苦労しました。動画の場合、データを弄ると極端にアラが目立ってしまうので、撮影時にかなり適正な状態まで追い込んでいく必要があります。ホワイトバランスやピクチャースタイル、ノイズ低減、高輝度階調優先の有無など、写真撮影に使える機能が全て利用できる分、どのように設定すればベストなのか試行錯誤の連続でした。

さらにウリの超高感度撮影ですが、いくらISO12800まで設定可能とはいえ、ノイズ面から実用的に使えるのはISO6400が限界で、できるならISO3200程度に抑えたい。そうすると今回使用したF2.8程度の明るさのレンズだと暗めの夜景ではかなり厳しかったです。パンフォーカス的に撮りたい時でも思ったように絞れないので、やや解像感が犠牲になっています。その辺は今後の課題ですね。

今回の実験で分かったことは、フルハイビジョンでの動画撮影に懲りだすとハードディスクがいくらあっても足らないということ。さらに撮影に膨大な時間がかかるということですね・・・。でも夜景の新たな見せ方ができそうなので、今後も時間があれば撮影していきたいと思っています。梅田編、難波編なんて面白そうですね。


11/12追記:当初YouTubeの仕様が良く分かっていなかった為、動画を圧縮してアップしましたが、ビットレートに関わらずYouTube側で再圧縮されてしまうようです。よって元の高画質データのままアップした方が最終的に綺麗な映像になるということでアップし直しました。1080pのフルHDバージョンが視聴可能になっていますので、よろしければ再度ご覧下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪・中之島夜景散歩 Vol.3 中央公会堂 & 中之島図書館

シリーズ中之島夜景散歩。第3回目は中之島を代表する近代建築、大阪市中央公会堂中之島図書館のライトアップ夜景です。

難波橋の中央から分岐する中之島通りを西へ進むと美しくライトアップされた大阪市中央公会堂が見えてきます。静かな川の流れと重厚な建築群の組み合わせは、中之島東部エリア最大の見所といっても良いでしょう。

難波橋から見た大阪市中央公会堂の夜景
難波橋から見た大阪市中央公会堂の夜景です。ライトアップが土佐堀川の水面に映えます。右側には今年6月にレストラン、GARB weeksがオープンし、中之島通りに新たな賑わいが生まれました。レストランとしては最高のロケーションだと思います。

中之島通りと大阪市中央公会堂
綺麗に並んだ並木が美しい中之島通りの突き当たりに中央公会堂が見えます。

大阪市中央公会堂の夜景 01
中央公会堂のライトアップを正面から撮影。定番の構図です。歩道から真正面を見られる場所があるというのがポイントです。

大阪市中央公会堂の夜景 02
中央公会堂を正面から見上げる。1918年(大正7年)に完成した中央公会堂は中之島のシンボルとして親しまれてきました。2002年にリニューアルオープンし、この時からライトアップが開始されました。

大阪市中央公会堂の夜景 03
土佐堀川側から見た中央公会堂。ネオ・ルネッサンス様式を基本に細部までこだわりぬいて設計されています。まさに大正ロマン溢れる建物です。

大阪市中央公会堂の夜景 04
南西側の入り口付近。どこから撮影しても絵になります。大阪市中央公会堂は、日本の近代建築遺産として国の重要文化財に指定されています。

大阪市中央公会堂の夜景 05
堂島川側から見た中央公会堂。建物は地上3階建て、地下にはレストラン、中之島倶楽部があり、オムライスが名物になっています。

中之島図書館の夜景 01
中央公会堂の西側に寄り添うように建つ大阪府立中之島図書館のライトアップです。こちらも1904年(明治37年)に開館した近代建築の傑作。

中之島図書館の夜景 02
ネオ・バロック様式で建てられた外観。正面中央は白く、両翼は暖色系のライトアップで立体感を出しています。柱の様子は神殿のようにも見えますね。

中之島図書館の夜景 03
正面から見上げる。図書館利用の際、ここから入ることは出来ず、両サイドにある別の入り口から入ることになります。扉が開くのを見たことはまだありません。

中之島図書館の夜景 04
入り口付近のアップ。開館当時のまま大阪図書館と刻まれているのが分かります。

以上、中之島近代建築のライトアップ夜景、いかがだったでしょうか。戦前のいわゆる大大阪(だいおおさか)と呼ばれていた繁栄の時代を思い起こさせるものとして近代建築の存在は非常に重要です。そして民間の力という大阪独自のパワーは、今後の大阪を成長、発展させるヒントにもなると思っています。

次回は御堂筋と中之島が交差する淀屋橋周辺の夜景を紹介する予定です。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

TOP > 街を歩く

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top