高層ビル・再開発

TOP > 高層ビル・再開発

<< 新しい記事 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 古い記事 >>

全面開通したユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景特集

ついに囲いが取り払われ、全面開通したユニバーサル・シティウォーク大阪の夜景特集です。2015年8月1日の新ホテル開業に先駆け、7月22日から順次新しい店舗の営業が始まっています。夜景ブログとしてはやはり気になるのが夜間のライトアップ。二期地区の開業で一体どのように変化したのか、早速写真を撮影してみました。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 01
ユニバーサル・シティウォーク大阪の駅側玄関口。開業当時はファッション関連の店舗も多かったのですが、現在はほとんどが飲食&おみやげ系店舗となっています。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 02 (ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
新オフィシャルホテル、ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。エントランスゲート周りのライトアップは想像以上のかっこよさです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 03 (ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
パークフロントホテルのエントランス。フロントのカウンターが奥に見えます。内装はアメリカ時空旅行をテーマに、かなり凝った豪華な作りになっているようです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 04
シティウォークのメインストリート。通路幅が約2倍に広がり、やっと一つの街らしくなりました。最も駅に近い東側にはタリーズコーヒーが入居しています。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 05
その横にはキャンディ専門店のCANDY SHOW TIMEと、フローズンヨーグルトのピンクベリー。ファサードがライトアップされ、街灯のような役割も果たしています。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 06
店舗はワンフロアのみ。一期地区との整合性を考えると、せめて2フロア構成にして欲しかった所です。せっかくのスペースが少し勿体無いような気がします。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 07
メインストリートをパーク側から。とにかく広く明るくなりました。ある意味では道頓堀の繁華街を超えているかもしれません。それくらいインパクトのある街並みです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 08
新店舗の中でも特に大きな面積を割り当てられているウルフギャング・パック ピッツァバー。USJのイメージに合ってますし、関西初進出ということで人気が出そうです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 09
最もパークに近い西側にはハワイアン・ブレックファーストのEggs'n Things(エッグスンシングス)が進出。大阪では心斎橋店に続いて2店舗目となります。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 10 (ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
パークフロントホテル西側ゲートのライトアップ。こちら側にはローソンが入ります。シティウォーク周辺は完全にローソンの独占市場になっているような感じです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 11
こちらは既存エリア。今見ても斬新な作りだと思います。一時期は店舗の退去が目立っていましたが、USJの好調ぶりと連動して完全に息を吹き返しました。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 夜景 2015年7月 12
シティウォークのイメージ写真として使われることも多いハードロックカフェ周辺の夜景。開業時からずっと残っている店舗は意外と少ないかもしれません。

USJ ユニバーサル・グローブとホテル群 夜景 2015年7月
最後はユニバーサル・グローブとパークフロントホテルの夜景。

以上、前回の記事に続いて新生ユニバーサル・シティウォーク大阪の様子を追ってみました。これまでUSJを訪れるたびに早く壁が取り払われたらいいのになと思っていたので、実際に二期地区が完成した姿を見ると感慨深いものがあります。それにしても長い道のりでした。USJ本体とともに、更なる発展を期待しましょう。

ユニバーサルシティ駅周辺の再開発 2015年7月

USJの玄関口、ユニバーサルシティ駅周辺の再開発状況です。

ユニバーサル・シティウォーク大阪では2期地区に建設中のホテルが上棟し、商業施設部分が7月22日からオープンする予定です。さらに周辺でも複数のホテル計画が持ち上がるなど、まさに空前のハリー・ポッター効果に沸いているといった状況で、リーマンショック以降の数年間と比べると本当に隔世の感があります。

ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2015年7月 01
完成したザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。長年放置されてきた空白地帯が埋まり、景観に一本の芯が入りました。

ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2015年7月 02
USJのゲートを模したホテル入口に向かって柱が建てられています。ホテル部分の開業は2015年8月1日。ロビーや客室の内装はかなり気合が入っているそうです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 2015年7月 01
ついに全面開通したユニバーサルシティウォーク大阪。通路幅が約2倍に広がり、以前のような窮屈な印象は全く感じられません。路面の模様も自然に繋がっています。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 2015年7月 02
派手な既存エリア(左)と落ち着いた印象の新エリア(右)。東急ホテルズのセンスは流石ですが、もう少し景観を馴染ませる工夫があっても良かったかもしれません。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 2015年7月 03
新しくオープンするのはタリーズコーヒーピンクベリーウルフギャング・パック ピッツァバーCANDY SHOW TIMEエッグスンシングスローソンの6店舗です。

ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2015年7月 03
西側から見上げるパークフロントホテル。計画段階ではスーパーオフィシャルホテルということでしたが、普通のオフィシャルホテルとサービスに違いはないようです。

ユニバーサル・シティウォーク大阪 2015年7月 04
パーク側から見るとさらに開放感があります。

ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2015年7月 04
パークフロントホテル全景。1〜2階部分は駐車場になっています。

ザ・パーク・フロント・ホテル・アット・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2015年7月 05
ユニバーサルグローブとホテル群。黄色い建物はリゾート感があって良いです。

(仮称)ユニバーサルシティ駅前プロジェクト 2015年7月
ユニバーサルシティ駅南側の駐車場ではNTT都市開発が結婚式場とホテルを備える17階建ての(仮称)ユニバーサルシティ駅前プロジェクトを計画しています。ホテルブランドはカンデオホテルズ、結婚式場はブリリアウエディングと発表されました。

ユニバーサルシティ オリックス不動産のホテル予定地 2015年7月
ホテルユニバーサルポート隣接地ではオリックス不動産が新ホテルを計画。敷地には頓挫したベストウエスタン・プレミアホテル大阪ベイの基礎がまだ残っています。

ユニバーサルシティ駅周辺 2015年7月
これから大きく変貌するであろうユニバーサルシティ駅南側一帯。

このようにユニバーサル・シティウォークのメインストリートが完成したことで、一気に華やかになりました。ただUSJが再入場不可ということで、まだまだ連携が不十分な印象があります。1500万人という入場者数を目指す上で、将来的には相互補完施設として一体的な取り組みが必要になっていくのではないかと思います。

難波 精華小学校跡地の現況 2015年4月

何度かお伝えしてきた精華小学校跡地の再開発ですが、どうやら計画が難航しているようです。今年2月に以下のような内容の報道がありました。
(経緯の詳細は過去記事1過去記事2過去記事3を参照のこと)

大阪・難波の一等地にあり、平成25年に大阪市が民間に売却した市立精華小学校跡地(中央区、約4200平方メートル)の再開発計画が頓挫していることが21日、関係者への取材でわかった。(引用元:産経WEST)

経緯からして一筋縄ではいかない案件だとは思っていましたが、記事によると共同開発を持ちかけた中堅スーパー会社と資金トラブルが発生しているようで、また分社化して別会社が運営するという点について、原則転売を認めない大阪市との契約違反になる可能性もあり、延期どころか頓挫の可能性すら出てきました。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 01
2013年8月の住民説明会で配布された資料の一部。38階建てを想定した(仮称)難波駅前ビルが描かれている。南海難波駅前の活性化に貢献するはずでしたが…。

精華小学校跡地 2015年4月 01 精華通り
2015年4月の精華通りの様子。通りに面するのはこちら側だけとなります。公募が低調だったのも、このアクセスの悪さが原因の一つだと思います。

精華小学校跡地 2015年4月 02
校舎の解体は終わっているようですが、外から窺い知ることは出来ませんでした。

精華小学校跡地 2015年4月 03 南海難波駅前
南海難波駅前からの様子。広告看板の裏側が精華小跡地になります。広告が抜けているのは単に出稿が無いだけなのか再開発の予兆なのかは分かりません。

精華小学校跡地 2015年4月 04 南側1
なんば南海通に面した敷地南側の様子。店舗の退去が進んでいるように見えます。ここが大きく開いて再開発ビルへの入口になると非常に効果が大きいはずです。

精華小学校跡地2015年4月 04 南西側
敷地南西側。チケットショップの辺り。こちらも店舗が退去しています。

精華小学校跡地2015年4月 04 北東側
敷地北東角の店舗も空いています。これも再開発に連動しているのでしょうか。

難波 新歌舞伎座 再開発工事 2015年4月
同じく再開発が進行している新歌舞伎座跡。冠婚葬祭のベルコが複合ビルを建設する予定。現在は内部で解体工事が行われているようです。

このように周囲を見ると何か動きがあるのは間違いなさそうではありますが、今回のような報道を見るに先行きはかなり不安です。同じ市有地の売却関連では、フェスティバルゲート跡地が4回目の公募でようやく事業者が決定したにも関わらず、契約条項の隙を突いて結局パチンコ店にされてしまうという最悪の展開になった例があります。精華小跡地には本当に街のため、市民のためになるものを作って欲しいです。

難波宮跡公園整備事業 大極殿復元の検討を開始

大阪府・大阪市は大阪城公園の南側に広がる飛鳥・奈良時代の宮殿跡(難波宮跡公園)の整備事業に、大極殿の復元可能性を検討する予算を計上しました。

大阪府と大阪市は、15年度に難波宮跡公園南部ブロック(大阪市中央区法円坂1)に大極殿の建物を復元できる可能性を検討する経費を15年度予算案に計上した。(引用元:日刊建設工業新聞)

難波宮跡公園 南部ブロック 夜景
大阪歴史博物館から見た難波宮跡公園の夜景。史跡公園として街灯が整備されている一角が南部ブロックと呼ばれている部分。大極殿と朝堂院があったとされており、大極殿の基壇は1980年までに復元されている。手前は法円坂交差点。

難波宮跡公園 北部ブロック 夜景
NHKの旧局舎等があった難波宮跡公園の北部ブロック。難波宮の内裏が存在していたとされている。現状は全く手付かずの状態だが、今回の2015年度予算に歴史を体感できる公園整備の基本設計費が盛り込まれた。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 02
参考までに奈良の平城宮跡に復元された第一次大極殿の様子。幅44m、高さ27mの威容を誇る。調査から完成まで17年間の歳月と約180億円の総事業費を要した。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 05
平城宮第一次大極殿のライトアップ。もし難波宮の大極殿が復元されれば、大阪城との時代を超えた共演が楽しめる歴史ファンにはたまらないスポットになるだろう。

平城宮跡の大極殿のように、復元までのハードルは非常に高いと思われますが、ぜひとも実現させて欲しいプロジェクトです。古代史において大阪の地が果たしてきた役割の大きさと比較して、その認知度はあまりにも低いという現状を変えるきっかけになるかもしれません。一般から寄付を募ることも検討する価値がありそうです。

<< 新しい記事 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top