高層ビル・再開発

TOP > 高層ビル・再開発

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

ヨドバシ梅田2期計画が始動 (仮称)ヨドバシ梅田タワー

大阪ステーションシティグランフロント大阪の開業、そしてうめきた2期地区の進展など、大阪駅北側の再開発が本格化する中、長い間その動向が注目されていたヨドバシ梅田2期地区の再開発計画がようやく発表されました。

株式会社ヨドバシカメラ(本社:東京都新宿区、代表取締役 藤沢昭和)は、大阪駅北口の2期計画用地の開発計画 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」 の建設を着手する事を決定致しましたので次の通りお知らせいたします。

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 完成予想図
(仮称)ヨドバシ梅田タワーの完成予想図。地上34階建て、高さ約150m。1期地区の外観を継承する低層部に、シンプルなデザインの高層部という構成です。

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 全体像
ヨドバシ梅田 一体開発の全体像。用途は商業施設とホテルに大別されます。商業部分はマルチメディア梅田の拡張となるのか、全く新しい物になるのかは不明です。

ヨドバシ梅田 一体開発 ペデストリアンデッキ 01
周囲を取り囲むペデストリアンデッキ(回遊デッキ)も一体的に整備されます。こちらは大阪ステーションシティのカリヨン広場と接続されるAデッキの完成予想図。

ヨドバシ梅田 一体開発 ペデストリアンデッキ 02
グランフロント大阪南館と接続されるBデッキの完成予想図。

ヨドバシ梅田 一体開発 ペデストリアンデッキ 03
大阪新阪急ホテル側、芝田2丁目側と接続される芝一デッキの完成予想図。

ヨドバシ梅田 一体開発 交通広場
北側1階に整備される交通広場の完成予想図。計画では観光バス発着スペースとして活用されるようです。また周辺環境に配慮して壁面の緑化が行われます。

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 建設予定地 全景 2016年9月
(仮称)ヨドバシ梅田タワー、建設予定地の全景俯瞰。中央の駐車場部分に新ビルが建設されます。写真手前が芝田2交差点、右側がグランフロント大阪南館

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 建設予定地 北西側より 2016年9月
北西側、芝田2交差点から見たヨドバシ梅田1期棟と2期ビルの建設予定地。

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 建設予定地 北側より 2016年9月
当初から2期ビルの建設が想定されていた為、北側の壁面はあっさりしたものになっています。おそらく内部も2期ビルとの接続を考慮して設計されていると思われます。

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 建設予定地 俯瞰 2016年9月
現在、ヨドバシ梅田の駐車場として利用されている敷地の様子。北側の道路沿い1階部分には観光バスの発着場となる交通広場の整備が予定されています。

ヨドバシ梅田 一体開発 Aデッキ予定地 01 2016年9月
大阪ステーションシティ北東側のカリヨン広場と接続されるAデッキの建設予定地。

ヨドバシ梅田 一体開発 Aデッキ予定地 02 2016年9月
阪急梅田駅へと繋がる歩道橋から見た芝田交差点。デッキが完成すれば目の前にヨドバシが見えるのに中々辿りつけないと言われるような状況は無くなります。

ヨドバシ梅田 一体開発 Bデッキ予定地 01 2016年9月
グランフロント大阪南館と接続されるBデッキの建設予定地。さらにヨドバシ梅田と2期ビル全体を取り囲むようにペデストリアンデッキが建設されます。

ヨドバシ梅田 一体開発 Bデッキ予定地 02 2016年9月
Bデッキグランフロント大阪の玄関に建つ2本の黒い柱の間から伸びてきます。これでJR大阪駅のアトリウム広場からのアクセスが格段に改善されます。

グランフロント大阪南館と連絡橋 2016年9月
グランフロント大阪南館と連絡橋。写真左下の部分からヨドバシ梅田2期地区へと接続されます。写真右側には広大なうめきた2期地区が広がっています。

新阪急ホテル 2016年9月
芝一デッキの建設予定地。写真の正面が大阪新阪急ホテルの北館。

ヨドバシ梅田 2016年9月
2001年11月に開業したヨドバシ梅田。広大なフロアと圧倒的な品揃え、充実のポイントサービスで一気に全国トップクラスの売上を誇る家電量販店となりました。

以上、ヨドバシ梅田 一体開発のニュースと現在の状況でした。開発の噂が出ては消え出ては消えという状態だったので、待ちに待った公式発表という感じです。(仮称)ヨドバシ梅田タワーは2019年秋頃の竣工ということで、2022年の街開きを目指すうめきた2期地区の進行と合わせて、大阪駅北側の景観が一変することになりそうです。

また9階から34階に入居する予定のホテル部分ですが、1,000室規模の巨大ホテルになるということで、老朽化が進む新阪急ホテル(922室 アネックス302室)の移転という噂も現実味を帯びてくるかもしれません。そうなると玉突きで芝田1丁目地区の再開発も見えてくるので、こちらの動向にも注目していきたいところです。

うめきた2期地区再開発 大阪市が地区計画の原案を公表

2016年8月26日、大阪市はうめきた2期地区の地区計画原案の公衆縦覧を開始しました。 「みどり」と「イノベーション」の融合拠点を目標に、約17.1ヘクタールのうち、約4.5ヘクタールを緑地としながら、新産業創出、国際集客・交流及び知的人材育成の機能の導入を中心とした質の高い都市機能の集積を図るというものです。

うめきた2期 地区計画 説明図
うめきた2期の地区計画説明図(大阪市資料より)。メインとなるA地区、南側の道路を隔てたB地区、グランフロント大阪の北側を含むC地区という構成になっています。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 01
うめきた2期 A地区の俯瞰。まさに再開発の顔となる地区です。中央に約4.5ヘクタールの都市公園、右下にJR大阪駅と接する大阪西口広場が整備されます。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 01
うめきた2期 A地区南側の様子。東西道路沿いに約2ヘクタールの都市公園、その南側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 02
うめきた2期 A地区南東側の様子。関空特急はるかの停車する新駅の整備と共に、大阪西口広場が整備されます。既存のうめきた広場を拡張するイメージでしょうか。

うめきた2期 A地区北側 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の様子。東西道路沿いに約2.5ヘクタールの都市公園、その北側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区北側 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の俯瞰。この範囲の殆どが緑地になるイメージ。敷地の北側では、新駅設置のためのJR東海道線支線地下化工事が進行しています。

大阪駅北1号線 2016年8月
グランフロント大阪の北館と南館の間からうめきた2期地区方向。将来、写真奥の梅田スカイビル方面へ東西道路(大阪駅北1号線)が開通することになります。

うめきた2期 B地区 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 B地区の俯瞰。以前の提案募集区域には含まれていませんでしたが、この場所も再開発されることが今回明らかになりました。現在は日本通運の関連施設が建っています。業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 B地区 2016年8月
うめきた2期 B地区の様子。もしかしたら左側にある大阪ステーションシティ駐車場を含めて一体的に再開発が行われる可能性もあります。

うめきた2期 C地区 2016年8月 01
うめきた2期 C地区の様子。南側はグランフロント大阪に、東側は済生会中津病院に接するエリアです。居住、業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 C地区 2016年8月 02
うめきた2期 C地区の様子。中央右側が関空特急はるかの走るJR東海道線支線。C地区は位置的に高層マンションや医療施設等が建設される可能性が高そうです。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 02
うめきた2期地区の全景俯瞰。地区計画原案が公開され、徐々に期待感が高まってきました。改めて2014年3月に公開された優秀案を見るのも面白いと思います。

以上、うめきた2期地区の現況でした。再開発が本格化する前の2019年3月までは、まちづくりのプロモーションを兼ねて暫定利用が行われることになっています。敷地が開放されることにより、一気に再開発のムードが高まっていくのではないでしょうか。うめきた2期については、決して一時的な景気状況に左右されることなく、大阪最後の一等地に相応しい、将来を見据えた再開発が行われることを期待します。

大阪中央郵便局が移転 梅田3丁目計画が再始動へ

2016年7月19日、西梅田スクエアの仮設店舗で営業していた大阪中央郵便局およびゆうちょ銀行大阪支店が大阪駅前第1ビルへ移転しました。隣接する大弘ビルでも解体工事が進んでおり、2008年の建て替え計画発表から延期されていた梅田3丁目計画(仮称)の再始動に向けて、着々と準備が進んでいるようです。

ディアモール大阪 大阪中央郵便局 移転告知 2016年7月
ディアモール大阪の円形広場に掲示された移転告知。

大阪駅前第1ビル 大阪中央郵便局 2016年7月
大阪駅前第1ビル地下1階で営業開始した大阪中央郵便局の様子。

大阪中央郵便局 仮設店舗 2016年7月 01跡地の暫定利用としてオープンした西梅田スクエアと仮設店舗。2016年10月2日までサッポロビールのTHE PERFECT BEER GARDEN 2016が開催されています。

大阪中央郵便局 仮設店舗 2016年7月 02
2016年7月17日まで営業していた仮設店舗。予定では隣接する大弘ビルの解体後、さらに仮設店舗が建設される予定でしたが、その計画は無くなったようです。

大弘ビル 解体工事 2016年7月
大弘ビル解体工事の様子。工期は2016年10月3日までの予定。

大阪中央郵便局 完成予想図(梅田3丁目計画)
当初発表されていた梅田3丁目計画(仮称)の完成予想図。地上40階建て、高さ187m、延床面積217,000屐紛般135,500屐⊂Χ48,000屐劇場10,000屐法

大阪中央郵便局跡地 西梅田スクエア 2016年7月
大阪中央郵便局跡地(西梅田スクエア) の現在の様子。中央の箱部分に旧建築の一部が保存されており、新ビルの吹き抜けスペースに移築されるとのこと。

以上、大阪中央郵便局跡地の現況でした。全体的な流れを見ると、おそらく今年中にも新計画の概要が発表されるのではないかと思います。果たして規模の変更はあるのか、ディズニーが進出を検討していた劇場部分はどうなるのか、需要が逼迫しているホテルの入居は?など、どのような建物ができるのか非常に楽しみです。

梅田1丁目1番地計画ビルとスカイウォーク 2016年7月

阪神百貨店本店の入る大阪神ビルとその南側に隣接する新阪急ビルを一体的に建て替える(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル、およびJR大阪駅南側広場で整備中のスカイウォーク(歩道橋)の建設状況です。

梅田1丁目1番計画ビルビル 完成予想パース2
梅田1丁目1番地計画ビルの完成予想図(公式発表資料より)。規模は地上38階建て、高さ188.9m、延床面積257,000屐D秡愽瑤郎綽隻寛濺后高層部はオフィス。

梅田1丁目1番計画ビルビル 立面図
立面図(大阪市資料より)。両ビル間の市道を跨ぐ構造とすることで完全に一体化させることが可能となりました。高層部は側面から見るとスリムです。

梅田1丁目1番計画ビル 工事施工計画
工事施工計画(公式発表資料より)。1期工事(新阪急ビルと大阪神ビル東側)〜2期工事(大阪神ビル西側)と玉突きで進行していきます。完成は2022年を予定。

大阪駅前俯瞰 梅田1丁目1番計画ビル 2016年7月
2016年7月上旬の建設状況です。左側の新阪急ビル部分が2階程度まで組み上がっています。右側の大阪神ビル東側では基礎部分の工事が進んでいるようです。

梅田1丁目1番計画ビル 新阪急ビル部分 2016年7月
新阪急ビル部分の様子。タワークレーンが稼働して工事が本格化してきました。

梅田1丁目1番計画ビル 大阪神ビル(1期)部分 2016年7月
大阪神ビル東側(1期)の様子。1期工事の完成は2018年春頃を予定しています。

梅田1丁目1番計画ビル 大阪駅前歩道橋より 2016年7月
梅田新歩道橋から御堂筋方面。この開けた視界も今だけです。

梅田1丁目1番計画ビル 広路5大阪駅前線支線2号線 2016年7月
新阪急ビルと大阪神ビルの間の道路(広路5大阪駅前線支線2号線)。ここを跨ぐ形で新ビルが建設されます。規制緩和により道路の上空利用が認められたケース。

梅田1丁目1番計画ビル JR大阪駅南口 2016年7月
大阪駅南口の様子。左側が現在、阪神百貨店として営業している大阪神ビル。右側のJR大阪駅前では地下道改良事業とスカイウォークの工事が進行中。

JR大阪駅 スカイウォーク 完成予想パース
サウスゲートビルと歩道橋を繋ぐスカイウォークのイメージ。(現地掲示物より)

大阪駅南側広場整備 スカイウォーク(歩道橋) 2016年7月 01 
梅田新歩道橋から見たスカイウォーク工事の様子。バスターミナルも整備中。

大阪駅南側広場整備 スカイウォーク(歩道橋) 2016年7月 02
サウスゲートビルとの接続部。この写真の突き当りからスカイウォークに繋がります。

大阪ステーションシティグランフロント大阪の大工事が落ち着いたかと思えば、今度は大阪駅南側が騒がしくなってきたという、本当に梅田エリアは再開発の落ち着く暇がないという感じです。さらに大阪駅南側では大阪中央郵便局跡地の再開発も計画されていますので、しばらくは目が離せない状況になりそうです。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top