高層ビル・再開発

TOP > 高層ビル・再開発

<< 新しい記事 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 古い記事 >>

あべのハルカス近鉄本店が先行オープン 夜景特集

高さ300mとなる日本一の超高層ビル、あべのハルカスの低層階に入る近鉄百貨店の新本店が2013年6月13日に先行開業しました。この日はタワー館とウイング館の一部、約7万屬開業、2014年春の全館開業時には日本最大規模となる10万屬良寛濺垢誕生します。今回は夜景のみですが開業当日の様子を撮影しました。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 01
通天閣から見た天王寺・阿倍野エリアの夜景。開業日なので何か特別なライトアップがあるかもと期待して通天閣に登りましたが、何も起こりませんでした…残念。

通天閣から見た天王寺・阿倍野エリア 夜景 02
ターミナル周辺の様子。百貨店部分のライトアップが一際目立ちます。

近鉄大阪阿部野橋駅 デジタルサイネージ
近鉄大阪阿部野橋駅コンコースの様子。地元企業のシャープがハルカス内と合わせて100台以上の規模で納品したというデジタルサイネージが目を惹きます。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 01
阿倍野歩道橋あべのハルカス。阿倍野の夜景もいよいよ様になってきました。まず高さでインパクトを与えるという近鉄の戦略は大成功したと言って良いでしょう。

あべのハルカスと阿倍野歩道橋 夜景 02
ついに明かりが灯ったあべのハルカス。まだ百貨店部分のみですが、ようやくここまできたかという感じです。ガラスカーテンウォールから漏れる光が綺麗です。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 04
西側の壁面には「あべののみなさん、お待たせしました!」という垂れ幕が掛かっていました。地域密着型の百貨店ならではコメントが暖かいですね。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 01
西側から見上げる。300mにもなると首が痛くなるくらいです。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 02
北側壁面の様子。ABENO HARUKASのロゴがシンプルで良い感じです。ただタワー館とウイング館の間のライトアップが切れていて不自然な印象を受けました。

あべのハルカス近鉄本店 夜景 03
同じく北側の様子。天王寺MIOと合わせて、以前よりも格段に明るくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 01
南側、あべのハルカスあべのHoop間の歩道。以前は車と歩行者が接近して危ない場所だったのですが、両サイドに歩道が完成して歩きやすくなりました。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 02
あべのハルカスあべのHoopを結ぶデッキからの様子。

あべのハルカスとHoop間の歩道 夜景 03
あべのハルカス側面にある2階デッキ。阿倍野歩道橋からここまで連続して歩けるとは思っていませんでした。さながら空中回廊が形成されているという感じです。

あべのHoop 夜景
あべのHoop前の様子。撮影中に周りの誰かが「阿倍野じゃないみたい」と言っていましたが、まさにその通りだと思いました。とにかく変貌ぶりには驚かされます。

あべのハルカスダイニング 01
12階〜14階にあるあべのハルカスダイニング。3フロアをフルに使った日本最大級のレストラン街。どんなスタイルの食事にも対応できそうな店舗が揃っていました。

あべのハルカスダイニング 02
大阪の味を集めた大坂通。瓢箪がデザイン上のアクセントになっています。

あべのハルカスダイニング 03
大坂通の様子、その2。

以上、あべのハルカス近鉄本店の夜景でした。店内のデザインはとても洗練されており、新しい阪急百貨店のそれに近いものを感じました。また各所に広場や休憩スペースが用意されていて、近鉄の掲げる立体都市というコンセプトの片鱗を感じることができました。今後は2013年秋にウイング館の上層階が開業、そして2014年春にオフィス、ホテル、美術館、展望台(ハルカス300)を含めて全館開業となります。あべのハルカスには阿倍野の、そして大阪の顔として頑張って貰いたいですね。

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (夜景編)

新しい阿倍野歩道橋の写真特集、今回は夜景編です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋の夜景。歩道橋内部の照明が天井の膜を透過し、屋根のトラス構造がくっきりと浮かび上がっています。さながら芸術作品のようです。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 02
歩道橋中心部を拡大。暖色系の色合いが落ち着いた印象を与えています。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 03
歩道橋内部の様子です。この場所はあべのハルカス天王寺MIOプラザ館を結ぶ最も幅の広い部分。中央に大きな案内板が設置され、イベント等をPRしています。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 04
歩道を直接的に照らすライトと、天井に反射した光が合わさって、照明の本数のわりには非常に明るい空間になっています。洗練されていて非常に綺麗です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 05
照明の裏側は見えませんが、おそらく上方向にも光が出ているのだろうと思います。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 06
単なる移動のための通路から、街歩きの一部となる華やかな空間に変化しました。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 07 (天王寺ミオ プラザ館)
阿倍野歩道橋と天王寺MIOプラザ館。前回も書きましたが、変貌ぶりが凄いです。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 08 (天王寺ミオ プラザ館)
天王寺MIOプラザ館外壁の大型ディスプレイと新歩道橋とのマッチング。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 09
あべのnini&あべのキューズモール方面。これで地上・地下・歩道橋という3通りの導線が完成しました。新しい商業施設にとっても、これからが本番です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 10
あびこ筋方面。以前の様子と比べると同じ場所とは思えない程です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 11
歩道橋がランドマークになるというのは全国的にも珍しい事例だと思います。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 12 (あべのnini 草間彌生 あべのから未来へ)
あべのnini外壁の大型アート作品。草間彌生作、「あべのから未来へ」。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 13
天王寺MIOからの夜景。歩道橋が阿倍野の新たなシンボルになりました。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 14 (あべのハルカス)
阿倍野歩道橋とあべのハルカス、夜景バージョン。

以上、阿倍野歩道橋の夜景でした。実をいうと阿倍野歩道橋のライトアップには正直あまり期待していませんでした。夜間のイメージパースも公表されていませんでしたし、テント構造の屋根とはいえ、あまり外に光は漏れないだろうと想像していたからです。ところが実際に目にすると、その光景は幻想的で目を見張るものでした。

事前に多額の追加費用が必要な難工事だと分かっていれば、もしかしたらこの特殊なデザイン案は採用されなかったかもしれません。それほど凝りに凝っていますし、芸術性という意味でも群を抜いています。税金をかけて作ったからには、ぜひ街全体でアピールして貰いたいですし、またその価値がある建築物だと思います。


2013年4月26日、大阪梅田にグランフロント大阪が開業しました。関西最大級の大型プロジェクトということもあって、開業当日はお昼のワイドショーから夜のニュースまでグランフロント一色だったようです。三菱地所が関わっていることもあって、全国のニュースでも数多く取り上げられていました。しばらくは大混雑が予想されます。

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (昼景編)

長期間にわたって工事が進められてきたJR天王寺駅、大阪阿部野橋駅前の阿倍野歩道橋が2013年4月24日に全面開通しました。コンペによって最終デザインが決定したものの、施工業者の選定に3度失敗、4度目の入札でようやく業者が決定しましたが、施工難度の高さにより予定から1年以上遅れての完成となりました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋。反対から見るとアルファベットの「a」の形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 02
リニューアルされた天王寺MIOプラザ館と阿倍野歩道橋。以前は古臭い印象があったこの場所も、2つの相乗効果によって本当に見違えるような景観に変貌しました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 03
あべのハルカス側から見た歩道橋の様子。路面のカラーもお洒落で良い感じです。

阿倍野歩道橋 2013年4月 04
エコーアクロスビル側から見た歩道橋の様子。

阿倍野歩道橋 2013年4月 05
太陽光が天井の膜を透過し、屋根付きながら暗い印象が全くありません。夜間は照明が点灯し、逆に屋根の内側からライトアップされるような形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 06
天王寺MIOプラザ館との接続部分。1階と2階へアクセスできます。

阿倍野歩道橋 2013年4月 07
あべのnini側からJR天王寺駅と谷町筋。複雑な屋根の形状が良く分かります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 08
歩道橋というよりはペデストリアンデッキと呼んだ方が適切かもしれません。

阿倍野歩道橋 2013年4月 09
下から見上げると円弧の形が強調され、さらに大迫力になります。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
阿倍野歩道橋とあべのハルカス。この角度から見る阿倍野歩道橋は本当に素晴らしいデザイン。超高層ビルとの組み合わせが近未来的な景観を演出しています。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 02
阿倍野歩道橋とあべのハルカス その2。

阿倍野歩道橋 2013年4月 10
上から見た阿倍野歩道橋。縦バージョン。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 03
阿倍野歩道橋とあべのハルカス 縦バージョン。

新しい阿倍野歩道橋は斬新なデザインで本当に素晴らしい出来栄えでした。屋根があることで暗い感じになるのではと危惧していましたが、光を透過する屋根と、歩道橋の全面を覆わない構造によって、非常に開放的な空間になっています。今後は地域のランドマークとして親しまれていくことでしょう。次回は夜景編をお届けします。

梅田周辺の再開発 2013年3月

開業が迫るグランフロント大阪以外にも梅田では様々なプロジェクトが進行中です。しばらく桜関連の撮影で忙しくて記事の更新が追いつかず、取材は3月上旬とかなり古いですが、ボツにするのも勿体ないので、まとめて簡単に紹介しておきます。



(仮称)清和梅田計画
(仮称)清和梅田計画 2013年3月 01
梅田第一ビル旭屋書店本店を一体的に建て替える計画。地上21階建て、高さ106.15mの高層オフィスビルとなる。2015年3月竣工予定。

(仮称)清和梅田計画 2013年3月 02
敷地を上から見た様子。躯体工事開始までかなり時間がかかっている模様。

(仮称)清和梅田計画 完成予想図
(仮称)清和梅田計画の完成予想図。

梅田阪急ビル周辺 2013年3月
梅田阪急ビル大阪富国生命ビルに近く、スカイラインの厚みが増しそうです。



MBS毎日放送本社ビル 新館
MBS 毎日放送本社ビル 新館 2013年3月
毎日放送本社ビル隣接地に建設中の新館の様子。地上15階建て、高さ88.983m、外観はほぼ完成しています。2014年春グランドオープン予定。これによりUSJスタジオを閉鎖、機能移転が行われます。さらに現本社ビルの改修も予定されています。



茶屋町地区地区計画
ヤンマーグループ新本社ビル 2013年3月 01
A-1地区ではヤンマーグループ新本社ビルの建設がスタート。地上12階建て、高さ70.73m、2014年9月竣工予定。地下2階〜地上4階が商業フロアとなります。

ヤンマー新本社ビル 2013年3月 02
現在は基礎工事が行われています。間もなく本体工事が始まるでしょう。

ヤンマーグループ新本社ビル 完成予想パース 01
ヤンマーグループ新本社ビルの完成予想図。

梅田OPA 2013年3月
南側A-3地区では阪急イングス館の後継として梅田OPAH&M等が開業します。

常翔学園 梅田新キャンパス 2013年3月
A-2地区には常翔学園の教育関連施設が建設予定です。今のところ規模や施設構成等は発表されていません。北側には比較的新しい高層ビル群が林立しています。



大阪マルビル緑化プロジェクト 緑の大樹
大阪マルビル緑化プロジェクト 緑の大樹 2013年3月
建築家、安藤忠雄氏の協力を得て大阪マルビルの壁面を10年かけて緑化する計画。大阪のシンボルとなる緑の大樹を目指す。低層部がシートで覆われました。

大阪マルビル緑化プロジェクト 緑の大樹 完成予想図
大阪マルビル緑化プロジェクトの完成予想図。



ザ・セントラルマークタワー
中津 ザ・セントラルマークタワー 2013年3月
地下鉄中津駅前の世界長ビル・ホーコクビル跡地の再開発計画。地上37階建て、高さ122.5mのタワーマンションが建設中。2015年6月竣工予定。

ザ・セントラルマークタワー 完成予想図
ザ・セントラルマークタワーの完成予想図。



堂島ザ・レジデンス マークタワー
堂島ザ・レジデンス マークタワー 2013年3月 01
中之島と梅田の中間辺りで建設中の堂島ザ・レジデンス マークタワーの様子です。地上39階建て、高さ138.17mの超高層マンション。2013年10月竣工予定。

堂島ザ・レジデンス マークタワー 2013年3月 02
既に最高部まで到達。オフィスビルのような外観で周囲に溶け込んでいます。



以上、梅田周辺の再開発状況でした。これらに加えてヨドバシ新ビル(150m)、梅田1丁目1番地計画ビル(阪神百貨店建替え)(190m)、大阪中央郵便局建替え(187m)等の大型再開発が控えており、まさに集積が集積を呼ぶ好循環サイクルになっているようです。一体この街はどこまで進化していくのでしょうか。

<< 新しい記事 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top