高層ビル・再開発

TOP > 高層ビル・再開発

<< 新しい記事 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 古い記事 >>

梅田・茶屋町に常翔学園が高層キャンパスを建設

梅田・茶屋町の旧市立梅田東小学校跡地周辺で進められている茶屋町地区地区計画。着工が始まっているヤンマー新本社ビルの隣(A-2地区)に常翔学園が高さ125mの高層キャンパスを建設することが分かりました。2016年秋の完成予定。

大阪工業大(大阪市旭区)などを運営する学校法人・常翔学園(坂口正雄理事長)は27日、大阪市北区の旧市立梅田東小跡地(4650平方メートル)に梅田キャンパスを設置すると発表した。高さ125メートルの高層ビル(地上22階、地下2階)を建設し、同大学が工学デザイン分野の新しい学部を置く計画で、摂南大(大阪府寝屋川市)など系列の二つの大学のサテライトオフィスも設ける。2016年秋の完成を目指すという。(引用元:読売新聞)

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想図。地上22階建て、高さ125m、延床面積33,000屐9眩愽瑤論焦濺弔離屮蝓璽璽織錙爾鰈牌覆箸気擦訐練されたデザイン。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース2

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース3
夜間は窓の光が漏れて綺麗だと思います。塔屋部分のライトアップにも期待。

大阪市 茶屋町地区地区計画 配置図
茶屋町地区地区計画の配置図。本件はA-2地区に建設される。A-1地区にはヤンマー新本社ビルが建設中、A-3地区には梅田OPAが開業しています。

常翔学園 梅田新キャンパス 2013年3月
少し古いですが現地の様子。背後には茶屋町〜鶴野町の高層ビル群が広がる。

7〜20階に大工大の新キャンパスと摂南大、広島国際大のサテライトオフィス、1〜5階には約600人収容のコンベンションホールが入るとのこと。防災拠点として帰宅困難者収容所の設置や食料の備蓄も行われる予定です。大阪最大のターミナルに隣接するだけに、こういった災害時を想定した設備は非常に重要だと思います。

オフィス中心ではないということで空室率への影響もありませんし、学生が増えることで周辺の繁華街もさらに活気づくという非常に意義のある施設だと思います。また産学連携拠点としては近くにグランフロント大阪があり、相乗効果を見込めそうです。大学の都心回帰に拍車がかかりそうな今回の計画。非常に楽しみですね。

難波 精華小学校跡地 地元への説明会が開催

以前、大阪市によるプロポーザル方式を経て株式会社成信に売却された元精華小学校跡地が転売に出されているという旨の記事を書いた所、瞬く間にツイッター等で拡散され、精華小愛好会の代表や市会議員の方から直接メールを頂くなど、予想を超える大きな反響がありました。(詳細は過去記事1過去記事2を参照のこと)

それ以来大きな動きはありませんでしたが、2013年8月29日に地元への事業計画説明会が開催されました。そのレポートが精華小愛好会のサイトに掲載されています。

当日の配布資料を見ると、事業主は株式会社成信、設計者は安井建築設計事務所、管理会社はMK管財。解体工事は2期に分けて行われ、2013年9月に解体工事着手、2014年4月に解体工事完了、詳細設計を経て2015年2月に再開発施設の着工予定となっています。設計者が明らかになったことは大きな前進かもしれません。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 01
今回資料の完成予想図案。高層化を検討という形で上層をボカしていたプロポーザル案から、明らかに30階以上はあると思われる箱型の高層ビルに変わっています。資料では38階建てを想定、(仮称)難波駅前ビルという名称が付いています。

精華小学校跡地再開発計画 2013年8月案 02
低層部は曲線を持っており、グランフロント大阪のタワーAと似たような雰囲気です。再開発ビルの価値を大きく変えるであろう周辺敷地は現状のまま描かれています。やはり行政側の支援なくして周辺を買収するのは事実上困難なのかもしれません。

今回の説明会では校舎解体のスケジュールが示されたのみで、再開発ビルに関する言及は行われませんでした。このまま成信が事業を継続するのであれば大きな問題はありませんが、週刊誌で書かれていたようにM&Aを使って新たな事業主が姿を現すのであれば、本当に何のためのプロポーザル方式だったのかということになりかねません。この件に関してはまだまだ注視していこうと思っています。

USJ ハリー・ポッターエリアの建設状況 2013年7月

2014年後半に開業が予定されているThe Wizarding World of Harry Potter(ハリー・ポッターの魔法の世界)の建設状況です。開業以来最大の投資額となる巨大プロジェクトの発表から1年以上が経ち、徐々にその姿を見せ始めていました。

USJエントランス付近 2013年7月
昨年のクリスマス以来、久々に訪れたUSJ。子供向けエリアのユニバーサル・ワンダーランドの好調が続いていることもあって、パークは大盛況でした。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 01 (ホグワーツ城)
USJの平面駐車場から見るハリー・ポッターエリア。ライドアトラクションの入る大きな建物(左)と、外観上の特徴となるホグワーツ城の主塔が見えます。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 02 (ホグワーツ城)
骨組みによって塔の高さや外観がイメージできるようになってきました。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 03 (ホグワーツ城)
USJの立体駐車場から見るエリアの全景。ホグズミード村が再現される部分など、エリアの広さが良く分かります。ここはウォッチングに最適な場所だと思います。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 04 (ホグワーツ城)
主塔の高さは発表されていませんが40〜50mくらいはあるのではないかと思われます。夜間は安全上の観点からライトアップ等の措置が行われるかもしれません。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 05
ホグズミード村の街並みが再現される部分。右端に少し骨組みが出来ていました。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 06 (ホグワーツ城)
ホテルユニバーサルポートから見たパークの様子。ホグワーツ城は全体的に低層なUSJの施設群の中で、一際シンボリックな建物になることは間違いありません。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 07 (ホグワーツ城)
右側に見えるアトラクションの建物はスパイダーマン以上の大きさがありそう。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 08 (ホグワーツ城)
この角度だとホグワーツ城の塔の並びが分かりやすいかも知れません。左下の方を良く見ると、お城の台座部分となる岩場の装飾工事が始まっています。

USJ ハリー・ポッター ラッピング電車
今年2月頃からJRゆめ咲線にラッピング電車が導入されています。開業の1年以上前から走らせる所に、新テーマエリアに懸けるUSJの意気込みが伝わってきます。

ホテルユニバーサルグランドタワー 2013年7月
スーパーオフィシャルホテルとなる(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワーの建設予定地。2015年開業予定ということで、そろそろ動きがあるかもしれません。

ベストウェスタン プレミアホテル大阪ベイ 2013年7月
こちらはベストウェスタン プレミアホテル大阪ベイの建設予定地。基礎〜1階部分の工事で放置されている状況です。このまま中止になってしまうのでしょうか。

やはりホグワーツ城の外観が見えてくると、どんどん期待値が高まっていきますね。このまま景気回復が続けば絶好のタイミングでオープンできる可能性もあり、そうなれば年間1,500万人クラスの集客も決して夢ではないかもしれません。

ただ懸念を感じたのはハリー・ポッターエリアの建設によって西側に追いやられた駐車場の不便さです。立体駐車場からだとゲートまで15分以上歩くことになります。これでは桜島駅から一駅歩くのとほとんど変わりません。子供やお年寄りのことを考えると、せめて炎天下の時期くらいは送迎バス等を導入した方が良さそうな気がします。

通天閣から見た大阪の夕景 2013年6月

夏至にあたる6月21日前後から7月初頭くらいまでは一年のうちで最も日が長く、日没が19時以降となります。当然、夜景を撮影できる時間は短くなるので、夜景サイト運営者としては悩ましい時期でもあるのですが、仕事帰りでも夕景から撮影を始められるという良い面もあります。そんなわけで今回は通天閣からの夕暮れを紹介します。

あべのハルカス 夕景 from 通天閣 2013年6月
あべのハルカスの夕景。通天閣からの眺望といえば難波やベイエリア方面が中心でしたが、ハルカス効果で現在はこちら側を見ている人が多いような気がします。

上本町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
上本町方面の夕景。駅南側のタワーマンション群にローレルタワー夕陽丘のツインタワーが加わり、以前よりもさらに見栄えのするスカイラインになりました。

大阪城&OBP方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪城方面の夕景。バックには大阪ビジネスパークの高層ビル群が建ち並ぶ。左端のNHK大阪放送局は上町台地の標高差で実際の高さ以上に高く見えます。

松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景。いつの間にかタワーマンションが大幅に増えていました。何本も重なっていて解説を加えるのが難しいです。

東大阪 生駒山方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
東大阪と生駒山方面の夕景。

梅田方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
心斎橋〜中之島〜梅田方面の夕景。中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪梅田阪急ビルなど、横幅の広い高層ビルが増えました。

難波方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
難波方面の夕景。こちら側は距離が近いので迫力があります。

弁天町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
弁天町方面の夕景。六甲山に日が沈む直前の様子。

京セラドーム大阪 夕景 from 通天閣 2013年6月
京セラドーム大阪方面の夕景。

大阪ベイエリア 夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪ベイエリア方面の夕景。南港や港大橋、天保山大観覧車などが写っています。

以上、通天閣からの夕景でした。大阪に住んでいると当たり前すぎて気付かないものですが、西側に海が開けた大都市というのは珍しく、夕陽丘という地名が残っているように、昔の人々も海に沈む夕日の美しさを堪能していたのだろうと思います。まさに地形の偶然が生んだとも言える大阪の景観、大事にしていきたいものです。

<< 新しい記事 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top