高層ビル・再開発

TOP > 高層ビル・再開発

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

うめきた2期地区開発 開発事業者が決定

2017年末より行われていた「うめきた2期地区再開発」の第二次開発事業者公募の結果がついに公表されました。最終的に2つのグループによる一騎打ちとなり、三菱地所やオリックス不動産を中心としたグループに決定しました。参画事業者の顔ぶれを見ると、1期地区のグランフロント大阪を手がけたグループに非常に近い構成となっており、コンペでは過去の実績が重視されたのかもしれません。報道によると、もう一つは大和ハウスと住友商事を中心としたグループだったようです。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 01
うめきた2期地区の全体俯瞰。この広大な空地の再開発がついに始まります。

うめきた2期地区全景 イメージ
発表資料より。うめきた2期地区を上空から見た全体イメージ。トータルコンセプトは「希望の杜-Osaka“MIDORI”LIFE 2070の創造-」となっています。

うめきた2期地区開発 土地利用計画
土地利用計画。各部の名称やビルの用途が分かります。南北に2本のデッキが整備されるようで、大阪駅やグランフロント大阪との導線が考慮されています。

うめきた2期地区 都市公園全景 イメージ
うめきた2期地区の目玉となる都市公園のイメージ。東西道路(ステッププラザ)を挟んで、南北の敷地合計45,000屬肪糞崗紊領价呂整備されます。

うめきた2期地区 南公園 リフレクション広場 イメージ
都市公園(南公園)には大きな芝生広場や水景施設のある「リフレクション広場」が設けられます。広場では10,000人規模のイベントにも対応できるようです。

うめきた2期地区 北公園 うめきたの森 提案内容
都市公園(北公園)には都心で自然を感じられる憩いの空間「うめきたの森」が設けられます。イメージでは大きな池を取り囲む庭園の様子が分かります。

うめきた2期地区 歩行者デッキ ひらめきの道 イメージ
南北公園を繋ぐ歩行者デッキ「ひらめきの道」。大阪駅やグランフロント大阪とも結ばれるデッキは、うめきた2期地区を象徴するシンボリックな景観になりそうです。

うめきた2期地区 ステッププラザ イメージ
歩行者デッキの下は東西道路と公園が一体となった広場「ステッププラザ」となります。新梅田シティへの導線となるため、新たな賑わいが生まれそうです。

うめきた2期地区 南街区 イメージ
南街区の南西部にはオフィス・ホテル・商業施設・MICE施設・高層住宅が入る5棟の高層ビルが林立します。資料内では地上51階建て、高さ185mの住宅棟と、地上39階建て、高さ182mのホテル棟の規模のみ記載されていますが、他にも150mクラスが1棟、100m〜130mクラスが2棟描かれています。詳細は後日判明するでしょう。

うめきた2期地区 北街区 イメージ
北街区ではオフィス・ホテル・イノベーション施設の入る地上28 階建て、高さ150mのビルと、地上47階建て、高さ176mの住宅棟の規模が判明しています。

うめきた2期地区 北街区&南街区 イメージ
CGパースでは高層ビルの形状がいまいち良くわからないのですが、イラストの方では詳細に描かれています。ビルの中に滝が描かれていたり(非現実的ですが)、低層部はかなり複雑な形状を持ったビルになりそうです。

今後さらに詳細な設計が詰められていくと思いますので、施設の規模やビルの外観は変更される可能性があります。ただ南街区は過去のコンペの内容から、多くてもビル3棟程度になると想像していましたので、今回発表の5棟構成には正直驚きました。北街区の2棟と合わせると合計7棟の高層ビル群が誕生することになります。

慢性的に続く大阪市内のオフィス、ホテル不足という状況が、今回の壮大な計画の実現を後押ししたのかもしれません。そういう意味では非常に良いタイミングのコンペだったのではと思います。今後の進捗に期待しましょう。

なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月

南海電鉄が旧南海会館ビル跡地に建設中の複合高層ビル「なんばスカイオ」。地上31階建て、高さ150m、大規模なオフィス、医療関連施設、ホール・カンファレンス施設、商業施設などが入居。南海なんば駅に直結し、高島屋〜スイスホテル〜なんばパークスと続く導線の一部を構成します。今年9月に竣工、10月中旬に開業予定。

なんばスカイオ 完成予想図
なんばスカイオの完成予想図。スイスホテル南海大阪とT字型のような配置となります。与えられた土地を最大限に活かそうという意図が感じられます。

なんばスカイオ 2018年6月 01
北側から見上げる南海ターミナルビル(高島屋大阪店)となんばスカイオ。手前の部分はガラス張りでスッキリとした印象。おそらく夜景もかなり綺麗だと思います。

なんばスカイオ 2018年6月 02
南側、パークス通りより。幅の広い重厚なオフィス部分の様子が良く分かります。オフィス部分はグレー系で隣接する南海グループのビルと統一感を持たせています。

なんばスカイオ 2018年6月 03
なんばパークスのキャニオンストリートより。意外と圧迫感はありません。

なんばスカイオ 2018年6月 04
パークスガーデンより。スイスホテル南海大阪との距離感はこのような感じ。ホテル客室の位置によっては、かなり眺望に影響が出そうです。

なんばスカイオ 2018年6月 05
なんばパークスとの接続部分。低層部分の色合いをアースカラーに統一することで、南海グループとしての一体感を演出。回遊性もかなり向上すると思います。

なんばスカイオ 2018年6月 06
南海野村ビル前より。見る角度によってかなり印象が変わるビルです。

なんばスカイオのオフィスは既に満室だそうで、大阪市内のオフィス供給不足の影響はかなり深刻な状況です。将来が読めないオフィスビルに投資するのは中々難しいのだとは思いますが、こういう時こそ先手を打つアグレッシブな企業が現れて欲しいものです。インバウンドによるホテル需要もいつまで続くかは分かりません。

グランキューブ大阪からの眺め (イケフェス大阪2017)

大阪の魅力的な建築物を公開する日本最大級の建築イベント、生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(通称イケフェス)。2017年度で4回目の開催となる今回は、昨年度を大きく超える101件の建物が公開されました。その中の一つ、グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)のガイドツアーの様子をレポートしておきます。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 2017年10月
黒川紀章氏設計によるグランキューブ大阪。高さは104m。あいにく2日とも台風による大雨に見舞われてしまいましたが、根強い建築ファンが多数訪れていました。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上庭園
12階の屋上庭園。水景施設の中に柱が立ち並ぶ独特のデザイン。奥の丸い部分が特別会議場です。内部の見学は残念ながら叶いませんでした。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪)機械室
機械室も見学することができました。配管が複雑に張り巡らされた様子は圧巻。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 模型
ガイドツアーの定番といえば建築模型。一般公開されることは中々ありません。

旧 大阪国際貿易センター 模型
こちらは前身の旧大阪国際貿易センターの模型。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 01
このツアーの目玉はやはり屋上ヘリポートでした。すぐ隣で建設中のザ・パークハウス 中之島タワー(地上54階建て、高さ192m)がその威容を誇っています。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 02 アンテナ架台
外観的特徴となっているツノのような2本のアンテナ。当時は通信用としての目的があったのだと思いますが、さすがにネットの時代だとオブジェ化してしまいます。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 03 ほたるまち
ほたるまち〜梅田方面。堂島川沿い中央のタワーマンションはThe Tower Osaka(地上50階建て、高さ177m)。手前には関西電力病院も完成し、大きく変貌しました。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 04 中之島方面
土佐堀川と肥後橋方面。西側はリーガロイヤルホテルが壁になっています。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 05 福島のタワーマンション群
福島区のタワーマンション群。OSAKA福島タワー(地上45階建て、高さ160m)が一際目立ちます。手前にはJCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)が建っています。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 06 北浜方面
淀屋橋〜北浜方面。オフィス街の中心部にタワーマンションが増加しており、都心回帰を象徴する眺めと言えるでしょう。中央奥には大阪城天守閣が見えています。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 07 難波方面
今回の眺望で最も良かった構図です。本来あまり高層ビル密度の高い方角ではないのですが、あべのハルカスをバックにしたビルの重なり具合が絶妙で、非常に立体的に見えます。左のマンションはザ・サンクタスタワー(地上53階建て、高さ189m)。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 08 大阪都心方面
本町〜心斎橋方面。心斎橋周辺にもタワーマンションが増加傾向です。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 09 阿波座方面
阿波座方面。中央のOMPタワー(地上46階建て、高さ160m)がランドマークになっています。バックには京セラドーム大阪や堀江地区のタワーマンション。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 屋上 10 ベイエリア方面
ベイエリア方面。手前には広大な床面積を持つ大阪中央卸売市場。バックには弁天町〜南港〜ユニバーサルシティのビル群が綺麗に並んでいます。

以上、グランキューブ大阪からの眺めでした。この日は3回ツアーが予定されていたのですが、その中で唯一の雨がマシな回に当たったということで非常にラッキーでした。天候が悪いので写真的にはイマイチですが、貴重な眺めを記録することができて良かったです。また来年のイケフェスを楽しみに待ちたいと思います。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト オフィス部分が点灯

2017年4月17日の開業に向けて最後の仕上げが続く中之島フェスティバルタワー・ウエスト。昨年末辺りから上層階のコンラッド大阪に明かりが点いていたので、そろそろオフィス部分でも照明テストが行われるのではないかと様子を伺っていたところ、ついにオフィスフロアの全館点灯が行われました。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 01
錦橋から見る中之島フェスティバルタワー・ウエスト。6階から32階のオフィスフロアのほぼ全てが点灯し、まさに光のタワーという状態になっていました。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 02
北側の真下から見上げると大迫力です。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 03
肥後橋北詰交差点より。低層部にも照明が入りほぼ完成といった様子。オフィスロビーや中之島香雪美術館等の入る3〜5階部分はまだ点灯していませんでした。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 04
四つ橋筋側のエントランス部分。公開空地としても機能します。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 05
壁面にはコンラッド大阪中之島香雪美術館のロゴを表示。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 06
かなり上質感ある造りの低層部。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 07
3階のオフィスロビーへと直通するエスカレーター。地下鉄肥後橋駅、京阪渡辺橋駅と地下で直結するということで、オフィスビルとしての利便性は非常に高そうです。

中之島フェスティバルタワー・ウエスト 2017年3月 08
渡辺橋よりツインタワーを見上げる。フェスティバルシティがまもなく開業します。

以上、中之島フェスティバルタワー・ウエストの夜景でした。実際に照明が点灯する姿を見ると一気に期待感が高まっていきます。4月17日には全17店舗の商業施設部分(フェスティバルプラザ)が開業し、オフィスフロアの入居が開始、夏にコンラッド大阪が開業、2018年春には中之島香雪美術館が開業予定です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top