夜景・夕景

TOP > 夜景・夕景

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

「高層画報 Vol.4(大阪特集)」 刊行のお知らせ

超高層ビルを愛でる会が発行する高層ビル好きのための総合情報誌「高層画報」の第4号を8月のコミケ等で頒布します。今回は関西ビルブロガー会のメンバーが企画から参加し、総力を結集して制作した「大阪の高層ビル特集」がメインコンテンツとなります。全国のビルファン、特に大阪好きの方々には必見の一冊です。

高層画報 Vol.4 表紙
高層画報 Vol.4」の表紙。一冊まるごと大阪特集ということで、イメージはあべのハルカスを採用。このずば抜けたランドマーク性はやはりインパクトがあります。

高層画報 Vol.4 特集イントロ
特集「大阪の高層ビル事情」の扉ページです。

高層画報 Vol.4 サンプル 梅田
特集本文では大阪全体を大きく8つのエリアに分け、街の歴史や特徴、要注目のプロジェクトまで徹底的に紹介。梅田エリアは全6ページの大ボリュームです。

高層画報 Vol.4 サンプル OBP
各エリアには主要なビルのデータベースを掲載しました。またプラスアルファのコーナーでは、小規模ながら絶対に外せない高層ビル群を紹介しています。

高層画報 Vol.4 サンプル ビル日和
高層画報の特徴の一つとなっている高層ビル擬人化コーナー。今回は4コマ漫画の「ビル日和」です。可愛らしく描かれた大阪のビル娘たちが大活躍します。

以下、全体の目次と執筆担当者の一覧です。これだけのメンバーがコラボレーションする機会は中々無いと思いますので、貴重な一冊になるかもしれません。

  • ビルニュース&トピックス 2018 Summer (担当:@関西人
  • 大阪超高層ビルランキング★TOP21 (担当:すぴら
  • 梅田 (担当:ロング
  • 中之島 (担当:しん
  • 船場 (担当:しん
  • 難波・心斎橋 (担当:ロング
  • 大阪ビジネスパーク (担当:Toshi
  • 天王寺・阿倍野 (担当:Toshi
  • ベイエリア (担当:shoken
  • 大阪府下 (担当:shoken
  • 高層ビル擬人化4コマ「ビル日和」 (担当:モエストロ



頒布場所および日程は下記の通りです。各同人誌販売店の店頭および通販も予定しておりますが、頒布会での購入の方がお得ですので、ぜひご来場下さい。

コミックマーケット94
日程: 2018年8月12日(日)
会場: 東京ビッグサイト(東地区Wブロック30ab)
「夜行部」と「超高層ビルを愛でる会」の合体サークルにて頒布

こみっくトレジャー32
日程: 2018年9月2日(日)
会場: インテックス大阪(4号館 ウ10ab)
「超高層ビルを愛でる会」にて頒布

「夜ビル-Buillumination- Vol.4 FUKUOKA」 刊行のお知らせ

ライトアップされたビルに注目した写真集「夜ビル」シリーズの第4弾となる『夜ビル-Buillumination- Vol.4 FUKUOKA』が完成し、8月のコミケ等で頒布することになりました。大阪、神戸、名古屋に引き続き、今回は福岡編となります。

夜ビル-Buillmination- Vol.4 FUKUOKA 表紙
夜ビル-Buillumination- Vol.4 FUKUOKA』の表紙。イメージはまるでビルのような外観を持つ福岡タワーを採用。とてもクールな印象になりました。

夜ビル-Buillmination- Vol.4 FUKUOKA サンプル2
グラビアページでは美しい福岡の夜景写真を多数掲載しています。

夜ビル-Buillmination- Vol.4 FUKUOKA サンプル3
ビル単体ページでは個性的なライトアップビル15棟を紹介しています。

夜ビル-Buillmination- Vol.4 FUKUOKA サンプル4
巻末には福岡在住のビルウォッチャー、TIME氏によるコラムを掲載。福岡の都市開発事情と未来の展望について語って頂きました。とても興味深い内容です。

今回は3日間の弾丸取材で撮影しましたが、福岡の街の活気を肌で感じることができました。高層化はまだまだですが、天神ビッグバン計画と規制緩和により、さらに増えていくことは間違いありません。今後要注目の都市となるでしょう。

頒布場所および日程は下記の通りです。Amazonでの通販も予定しておりますが、頒布会での購入の方が本体価格がお得になりますので、何卒宜しくお願い致します。

コミックマーケット94
日程: 2018年8月12日(日)
会場: 東京ビッグサイト(東地区Wブロック30ab)
「夜行部」と「超高層ビルを愛でる会」の合体サークルにて頒布

こみっくトレジャー32
日程: 2018年9月2日(日)
会場: インテックス大阪(4号館 ウ10ab)
「超高層ビルを愛でる会」にて頒布

おもしろ同人誌バザール
日程: 2018年11月4日(日) スペース未定
場所: ベルサール神保町アネックス

大阪梅田ツインタワーズ・サウス(阪神百貨店) 夜景

大阪神ビル新阪急ビルを一体化して建て替えるという阪急阪神統合の象徴とも言える超大型プロジェクト、大阪梅田ツインタワーズ・サウスのI期棟が2018年4月27日に竣工し、6月1日に阪神百貨店が部分開業しました。大阪駅前の景観が大きく変わるということで、今回はI期棟の外観と歩行者デッキの夜景を中心に紹介します。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 全景1 2018年6月
阪急百貨店側から見る大阪梅田ツインタワーズ・サウスI期棟の全景。上から見るとその巨大さが良くわかります。市道を跨いでの建設は全国初の事例となります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 全景2 2018年6月
カーブを描いているので分かりづらいですが、横幅は約200mもあります。挟棟が完成すれば約270mとなり、池袋西武や福岡三越に匹敵する壁ビルとなります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス シースルー部分 2018年6月
ファサードの隙間から建物内の明かりが漏れ出すシースルー部分。百貨店というよりはファッションビルのような上品な雰囲気が出ていると思います。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩道橋入口 2018年6月
大阪駅前歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)からの入口部分。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス エレベーター棟 2018年6月
エレベーター棟のライトアップ。地下〜地上〜歩道橋の3層連絡で非常に便利です。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ1 2018年6月
歩道橋からそのままビルの周囲を取り囲むようにデッキが巡らされています。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ2 2018年6月
ウッドデッキのようなデザインで非常に洗練された歩行者空間を形成。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ3 2018年6月
このデッキは大阪駅前第四ビルの手前まで繋がっています。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ4 2018年6月
デッキ上にもエレベーターホールがあります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 南端 2018年6月
ビル南端の様子。隣のイーマビルと一体化しているようにも見えます。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下入口 2018年6月
地下街からスナックパークへの入口部分。阪神名物のイカ焼きも復活しました。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下通路1 2018年6月
新設された吹き抜けの地下通路とエスカレーター。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下通路2 2018年6月
この吹き抜けのルーフ部分はかなりサイバー感があります。

以上、施設全体を通して綺麗にまとまっており、阪神というよりは阪急系のイメージに近づいたような印象を受けました。ただシースルーの部分は非常に美しいのですが、せっかく複雑な壁面ディテールを持っているのですから、もう少し建物全体のライトアップを頑張って欲しかったところです。全館開業時のサプライズに期待しましょう。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ

2025年国際博覧会(万博)の大阪・関西誘致に向け、各地で様々なPR活動が行われています。新世界のシンボル、通天閣でも2018年3月1日〜3月11日まで特別ライトアップが行われ、万博誘致ロゴマークの5色に彩られた姿を見ることができます。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 01
通天閣本通から見る通天閣。側面にある直線ラインに5色全てを配色、4面ある鉄骨の内側はそれぞれが別々のカラーでライトアップされています。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 02
新世界定番の構図、づぼらやのフグと通天閣。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 03
スパワールド前より。通天閣は普段から月ごとに異なるカラーでライトアップを行っていますが、この5色ライトアップはいつも以上に目立つと思います。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 04
展望台部分をズームアップ。ちなみに頂上の帽子では赤白青の3色によって明日の天気予報を表しています。白と赤の場合は晴れ時々くもりとなります。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 05
あべのハルカスも見える隠れた夜景スポット、公園北口の歩道橋より。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 06
茶臼山公園の和気橋より。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 07
あべのルシアスの展望台から見る通天閣。高さは低いですが、バックに見える難波方面の高層ビル群を凌駕する独特な存在感があります。

YouTubeの動画ページへ

以上、通天閣の特別ライトアップでした。LED化されて以来、様々な色にライトアップされる通天閣ですが、その中でもこの5色ライトアップは特別だと思います。中之島の関電ビルディングや、関西電力南港発電所の煙突、港大橋等でも万博誘致にちなんだ期間限定のライトアップを行っていますので、ぜひ今しか見られないライトアップを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top