夜景・夕景

TOP > 夜景・夕景

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

大阪梅田ツインタワーズ・サウス(阪神百貨店) 夜景

大阪神ビル新阪急ビルを一体化して建て替えるという阪急阪神統合の象徴とも言える超大型プロジェクト、大阪梅田ツインタワーズ・サウスのI期棟が2018年4月27日に竣工し、6月1日に阪神百貨店が部分開業しました。大阪駅前の景観が大きく変わるということで、今回はI期棟の外観と歩行者デッキの夜景を中心に紹介します。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 全景1 2018年6月
阪急百貨店側から見る大阪梅田ツインタワーズ・サウスI期棟の全景。上から見るとその巨大さが良くわかります。市道を跨いでの建設は全国初の事例となります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 全景2 2018年6月
カーブを描いているので分かりづらいですが、横幅は約200mもあります。挟棟が完成すれば約270mとなり、池袋西武や福岡三越に匹敵する壁ビルとなります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス シースルー部分 2018年6月
ファサードの隙間から建物内の明かりが漏れ出すシースルー部分。百貨店というよりはファッションビルのような上品な雰囲気が出ていると思います。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩道橋入口 2018年6月
大阪駅前歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)からの入口部分。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス エレベーター棟 2018年6月
エレベーター棟のライトアップ。地下〜地上〜歩道橋の3層連絡で非常に便利です。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ1 2018年6月
歩道橋からそのままビルの周囲を取り囲むようにデッキが巡らされています。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ2 2018年6月
ウッドデッキのようなデザインで非常に洗練された歩行者空間を形成。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ3 2018年6月
このデッキは大阪駅前第四ビルの手前まで繋がっています。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 歩行者デッキ4 2018年6月
デッキ上にもエレベーターホールがあります。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 南端 2018年6月
ビル南端の様子。隣のイーマビルと一体化しているようにも見えます。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下入口 2018年6月
地下街からスナックパークへの入口部分。阪神名物のイカ焼きも復活しました。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下通路1 2018年6月
新設された吹き抜けの地下通路とエスカレーター。

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 地下通路2 2018年6月
この吹き抜けのルーフ部分はかなりサイバー感があります。

以上、施設全体を通して綺麗にまとまっており、阪神というよりは阪急系のイメージに近づいたような印象を受けました。ただシースルーの部分は非常に美しいのですが、せっかく複雑な壁面ディテールを持っているのですから、もう少し建物全体のライトアップを頑張って欲しかったところです。全館開業時のサプライズに期待しましょう。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ

2025年国際博覧会(万博)の大阪・関西誘致に向け、各地で様々なPR活動が行われています。新世界のシンボル、通天閣でも2018年3月1日〜3月11日まで特別ライトアップが行われ、万博誘致ロゴマークの5色に彩られた姿を見ることができます。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 01
通天閣本通から見る通天閣。側面にある直線ラインに5色全てを配色、4面ある鉄骨の内側はそれぞれが別々のカラーでライトアップされています。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 02
新世界定番の構図、づぼらやのフグと通天閣。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 03
スパワールド前より。通天閣は普段から月ごとに異なるカラーでライトアップを行っていますが、この5色ライトアップはいつも以上に目立つと思います。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 04
展望台部分をズームアップ。ちなみに頂上の帽子では赤白青の3色によって明日の天気予報を表しています。白と赤の場合は晴れ時々くもりとなります。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 05
あべのハルカスも見える隠れた夜景スポット、公園北口の歩道橋より。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 06
茶臼山公園の和気橋より。

通天閣 2025年国際博覧会誘致 特別ライトアップ 2018年3月 07
あべのルシアスの展望台から見る通天閣。高さは低いですが、バックに見える難波方面の高層ビル群を凌駕する独特な存在感があります。

YouTubeの動画ページへ

以上、通天閣の特別ライトアップでした。LED化されて以来、様々な色にライトアップされる通天閣ですが、その中でもこの5色ライトアップは特別だと思います。中之島の関電ビルディングや、関西電力南港発電所の煙突、港大橋等でも万博誘致にちなんだ期間限定のライトアップを行っていますので、ぜひ今しか見られないライトアップを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワーからの夜景

2005年に開業したドン・キホーテ道頓堀店の観覧車「えびすタワー」。様々なトラブルもあり2009年8月から営業を休止していましたが、観光客から多数の要望があったということで、このたび約10年ぶりに運行が再開されました。今回、運良くオープン前の先行試乗会に当選したので早速夜景を撮影してみました。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 夜景  01 2018年1月
えびすタワーの全景。楕円形のレールを採用した世界初の観覧車だそうです。約2億5千万円をかけて改修したということで、ライトアップも完全に復活しています。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 乗り場の様子 2018年1月
乗り場の様子。最初は北向きに座りますが、登り始めると内部でくるっと一回転して南向きとなります。このギミックも観覧車の大きな特徴となっています。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 難波方面の夜景 01 2018年1月
座席が南側を向くと一気に眺望が開けます。最高地点の高さは77.4m。眼下には千日前の繁華街、遠くには難波のビル群や通天閣、あべのハルカスが見えます。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 難波方面の夜景 02 2018年1月
構造上の見せ場となるのがこの楕円形のカーブ部分。キャビン内を水平に保つため、角度に合わせて座席部分が動きます。言葉では中々伝わりにくいですね。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 梅田方面の夜景  2018年1月
背中側となる梅田方面はちょっと姿勢が苦しいのですが、窓があるので一応景色を見ることはできます。乗車される方はぜひこちら側も楽しんでみて下さい。

ドン・キホーテ 道頓堀大観覧車 えびすタワー 夜景  02 2018年1月
道頓堀川とえびすタワー。インバウンドによる特需に沸く道頓堀エリアのランドマークとして、これからも多くの観光客に親しまれていくことでしょう。

最後は動画です。座席に安全バーで固定される構造上、さすがに窓の映り込みが酷いですが何とか制作しました。カーブ部分の角度調整の様子も収録しています。

YouTubeの動画ページへ

以上、道頓堀大観覧車 えびすタワーからの夜景でした。開業直後に一度乗ったことはありますが、当時とは景観が大きく変わったこともあり、また新しい感動がありました。同じように休止した建物一体型アトラクションとしてナンバヒップス(namBa HIPS)のフリーフォール「ヤバフォ」もありますが、こちらもぜひ復活させてほしいものです。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 関西国際空港 夜間着陸(明石海峡〜神戸〜大阪)

あけましておめでとうございます。2017年は「大阪夜景 増補改訂版」、「関西ナイトハイキング」の出版や写真展の開催など、人生の中でも最も忙しい一年となりました。今年も何か面白いことができればと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

さて新年は夜景動画からのスタートになります。年末年始にシンガポールへ旅行を兼ねて取材に行ったのですが、その帰りの飛行機の座席がたまたま後方の窓側だった為、急遽カメラを出して撮影したものです。機内からの撮影が目的では無かったので機材の準備不足ではありましたが、よろしければご覧下さい。

YouTubeの動画ページへ

動画では明石海峡から神戸、大阪ベイエリアを経て関空へ着陸する様子を収録しました。旋回の関係で大阪市中心部はほんの数秒しか見えませんでしたが、神戸空港や堺泉北臨海工業地帯の周辺をバッチリ捉えることができました。関空の夜間着陸シーンを収録した動画は中々珍しいかもしれません。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top