TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 > なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月

なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月

南海電鉄が旧南海会館ビル跡地に建設中の複合高層ビル「なんばスカイオ」。地上31階建て、高さ150m、大規模なオフィス、医療関連施設、ホール・カンファレンス施設、商業施設などが入居。南海なんば駅に直結し、高島屋〜スイスホテル〜なんばパークスと続く導線の一部を構成します。今年9月に竣工、10月中旬に開業予定。

なんばスカイオ 完成予想図
なんばスカイオの完成予想図。スイスホテル南海大阪とT字型のような配置となります。与えられた土地を最大限に活かそうという意図が感じられます。

なんばスカイオ 2018年6月 01
北側から見上げる南海ターミナルビル(高島屋大阪店)となんばスカイオ。手前の部分はガラス張りでスッキリとした印象。おそらく夜景もかなり綺麗だと思います。

なんばスカイオ 2018年6月 02
南側、パークス通りより。幅の広い重厚なオフィス部分の様子が良く分かります。オフィス部分はグレー系で隣接する南海グループのビルと統一感を持たせています。

なんばスカイオ 2018年6月 03
なんばパークスのキャニオンストリートより。意外と圧迫感はありません。

なんばスカイオ 2018年6月 04
パークスガーデンより。スイスホテル南海大阪との距離感はこのような感じ。ホテル客室の位置によっては、かなり眺望に影響が出そうです。

なんばスカイオ 2018年6月 05
なんばパークスとの接続部分。低層部分の色合いをアースカラーに統一することで、南海グループとしての一体感を演出。回遊性もかなり向上すると思います。

なんばスカイオ 2018年6月 06
南海野村ビル前より。見る角度によってかなり印象が変わるビルです。

なんばスカイオのオフィスは既に満室だそうで、大阪市内のオフィス供給不足の影響はかなり深刻な状況です。将来が読めないオフィスビルに投資するのは中々難しいのだとは思いますが、こういう時こそ先手を打つアグレッシブな企業が現れて欲しいものです。インバウンドによるホテル需要もいつまで続くかは分かりません。

高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/630
Listed below are links to weblogs that reference
なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 > なんばスカイオ(旧南海会館ビル) 2018年6月

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top