TOP > 夜景・夕景 > 生駒山系 > 生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

10月中は台風による雨や曇りの日がほとんどで、中々撮影機会に恵まれませんでしたが、11月に入ってからは爽やかな秋晴れの日が増えてきました。この時期から冬場にかけては1年のうちで最も夕景〜夜景が綺麗な時期でもあるので、久々に生駒山地の麓から大阪方面を超望遠レンズで撮影してみました。
八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 2017年11月
大阪方面のトワイライト。素晴らしい染まり具合でした。撮影場所は八尾・十三峠線の入り口付近にあるヘアピンカーブ。住所的には八尾市楽音寺となります。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 あべのハルカス 2017年11月
天王寺方面の夕景を超望遠撮影。あべのハルカス通天閣天保山大観覧車が見えます。バックの山は神戸市須磨区の鉢伏山〜高取山あたりだと思います。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 大阪市中心部 2017年11月
大阪都心部〜梅田〜京橋方面の夕景を超望遠撮影。くっきりと見える六甲山地の稜線をバックに建ち並ぶ超高層ビル群は非常に壮観な眺め。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  01 2017年11月
夜になると高層ビル群の明かりがさらに際立ちます。標高は約125m。超望遠で高層ビル群を撮影する場合には、このくらいの標高からの方が写真に迫力が出ます。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  021 2017年11月
大阪城を中心にさらにクローズアップ。焦点距離800mm相当。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 パノラマ夜景 2017年11月
最後はパノラマ夜景です。どんどん増え続ける高層ビル群の様子が分かります。

以上、生駒山地から見る夕景〜夜景でした。山からの夜景撮影では基本的に光の絨毯的な写真が定番となりますが、超望遠レンズでスポットをピンポイントで捉えるのも非常に面白いですし、地形や街並みの特徴をより深く知ることができます。空気の澄んだ日が増えるこれからの季節にはピッタリの楽しみ方かもしれません。

夜景・夕景 > 生駒山系 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/615
Listed below are links to weblogs that reference
生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 夜景・夕景 > 生駒山系 > 生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top