TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田 > 常翔学園 梅田キャンパス 2016年2月

常翔学園 梅田キャンパス 2016年2月

大阪工業大学等を運営する常翔学園が茶屋町の旧梅田東小跡地に新キャンパスの建設を進めています。地上22階建て、高さ125メートルの高層ビルに同大学の新しい学部や摂南大など系列大学のサテライトオフィスが入居する予定で、2016年秋の竣工を目指しています。以下、2016年1月〜2月時点の建設状況です。

常翔学園 梅田キャンパス 完成予想パース
常翔学園 梅田キャンパスの完成予想パース。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 01
敷地北側の様子。再開発に合わせて道路が拡幅され歩道が新設されました。2011年4月の様子と比べると非常にスッキリしたのが良く分かります。将来的にはヨドバシ梅田北側から新御堂筋まで東西に道路を繋げる計画があります。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 02
北西側からの見上げ。側面は非常にスリムです。

常翔学園 梅田キャンパス 2016年1月 03
南側からの見上げ。現在は駐車場に面しているので、裏側ということになります。

ヤンマー本社ビル 2016年1月
隣接する街区に先行して建設されたヤンマー本社ビル。外観は風を受ける帆をイメージ。低層階にはユニクロのグローバル旗艦店が入居しています。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 01
HEP FIVE観覧車からの様子。位置的にランドマーク性は非常に高いです。地上からの写真より撮影時期が新しいので、外壁などの工事がさらに進んでいます。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 02
観覧車の頂上付近からは少し角度が変わってこのように見えます。常翔学園 梅田キャンパスが建った為、新御堂筋や茶屋町方面のビル群が見えにくくなりました。

常翔学園 梅田キャンパス from HEP FIVE観覧車 2016年2月 03
最後は建築雑誌風の縦構図で。

茶屋町周辺 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
以下オマケでHEP FIVE観覧車からの眺めです。まずは茶屋町方面のビル群。地下鉄中津駅前の高層マンション、ザ・セントラルマークタワーが加わりました。

グランフロント大阪 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
そろそろ梅田の風景にも馴染んできたグランフロント大阪

中崎町周辺 from HEP FIVE観覧車 2016年2月
東側の中崎町方面。こちらにも高層マンションが増えました。ゴンドラの北側以外の窓には直射日光防止のフィルムが貼られていて綺麗に撮影するのが難しいです。

以上、常翔学園 梅田キャンパスの建設状況でした。それにしても茶屋町の景観はここ数年で一変しましたね。もともと梅田の繁華街の中でも路面店が充実した歩いて楽しいエリアでしたが、街区の整理が進んでさらに回遊性が向上しています。これ以外にも再開発の余地はまだまだ残されているので、今後の展開にも注目です。

高層ビル・再開発 > 梅田 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/543
Listed below are links to weblogs that reference
常翔学園 梅田キャンパス 2016年2月 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田 > 常翔学園 梅田キャンパス 2016年2月

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top