TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > ヨドバシ梅田北側の新商業施設 高さ150mの超高層ビルへ

ヨドバシ梅田北側の新商業施設 高さ150mの超高層ビルへ

大阪市の都市計画審議会は13日、ヨドバシカメラ梅田店(大阪市北区)が北側に建設する新ビルの容積率を緩和することを決め、新たに高さ150メートルの超高層ビルが梅田中心部に建つことになった。(引用元:読売新聞)

以前の記事でもお伝えしていたヨドバシ梅田北側に建設が予定されている新商業施設の規模が徐々に明らかになってきました。2階レベルの歩行者用デッキを整備することを条件に、大阪市が容積率を600%から1250%に緩和することを決定。これによって高さ90mと150mの二層式超高層ビルの建設が決定的となりました。

ヨドバシ梅田 新ビル 都市計画案
新ビルの地区計画。黄緑色の枠が90m、濃い緑色の枠が150m制限となる。

ヨドバシ梅田 北側 2012年10月
現在駐車場として利用されている敷地の様子。現行店舗の高さは70m。

ヨドバシ梅田とグランフロント大阪 2012年10月
ヨドバシ梅田周辺の様子。新たな歩行者用デッキがJR大阪駅北口からグランフロント大阪、そしてヨドバシ梅田〜ヨドバシ新ビルへと繋がり、空中回廊を形成する。

ヨドバシ梅田新ビル 2000年当時の完成予想パース
1998年に発表された計画当初のパース。高層棟は2005年の完成を予定していました。15年の時を経て再び計画が動き出すとは驚きです。ただ三越の入札額を上回った1010億円という土地の落札価格を考えると、やや放置し過ぎた感もあります。

新ビルには店舗、ホテル、オフィスを中心に、会議場や広場、観光バスの発着所も新設されるとのこと。入居予定のホテルは噂されていた新阪急ホテルの移転でしょうか。もしそうであれば更なる大型再開発の起爆剤になる可能性もあります。

2015年に開業を目指すヨドバシ北側の新商業施設は、売上高日本一の店舗ともいわれるヨドバシ梅田からの人の流れが期待でき、さらに今春開業するグランフロント大阪との相乗効果により、大阪駅北側へ更なる人の流れを生み出すのは間違いありません。梅田の進化はまだまだ発展途上だということを改めて実感させられました。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/385
Listed below are links to weblogs that reference
ヨドバシ梅田北側の新商業施設 高さ150mの超高層ビルへ from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > ヨドバシ梅田北側の新商業施設 高さ150mの超高層ビルへ

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top