TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 中之島プロジェクト西地区 & 阪神百貨店の再開発が始動

中之島プロジェクト西地区 & 阪神百貨店の再開発が始動

新年早々、再開発関連の大きなニュースが報道されました。

まずは昨年末に開業した中之島フェスティバルタワー向かい側に位置する大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200mの超高層複合ビルへと建て替える中之島プロジェクト西地区の着工決定と詳細スケジュールの発表です。

朝日新聞社は4日、朝日新聞大阪本社の所在地(大阪市北区中之島)にあるビル3棟を二つの超高層ビルに建て替える「中之島プロジェクト」で、西地区のタワービルを2017年の春から夏に完成させると発表した。当初計画より完成時期を約1年早め、14年夏に着工する。(引用元:朝日新聞)

中之島フェスティバルタワー西地区 イメージ図
新たに公表されたイメージ図です。以前のパースでは東地区と似たようなデザインでしたが、今回はボカしてあるのでデザイン変更の可能性がありそうです。

大阪朝日ビル(朝日新聞大阪本社) 2011年6月
建て替えられる朝日新聞ビル(手前)と大阪朝日ビル(奥)。

着工の決定だけではなく、当初計画より1年前倒しの2017年春〜夏の竣工を目指すという発表に驚きました。東地区のオフィス成約率が90%を突破する好調ぶりを考えると当然なのかもしれませんが、大阪全体のオフィス市場を考えると、かなり積極的な判断だと言えそうです。もしかしたら既に大口の契約が内定しているのかも…。

規模は地上42階建て、高さ200m、総事業費は約500億円を想定。内容はオフィス(約25フロア)、商業施設、文化交流施設、国際級ホテルになるようです。商業施設の中身だけではなく、どこの高級ホテルを誘致するのかにも注目が集まりそうです。


そして阪神百貨店本店の入る大阪神ビルと隣接する新阪急ビルを一体的に建て替える計画の具体的な手続きに入ったという報道もありました。何度も延期を繰り返してきたこの巨大な再開発計画、果たして今回はどうなるのでしょうか。

阪急阪神ホールディングスは阪神百貨店梅田本店が入る大阪神ビルを建て替える方針を固めた。隣接する新阪急ビルと一体で再開発し、新たに高層ビルを建設する計画で、2014年度にも着工する。(引用元:日本経済新聞)

大阪神ビル& 新阪急ビル 2012年5月
手前右側が大阪神ビル、左側が新阪急ビルです。

おそらく以前に報道された通り、先に新阪急ビルを建替えて阪神百貨店の仮店舗とし、次に大阪神ビルの建替えに着手するという手法になると思います。地下に存在する阪神梅田駅も再整備するということで、かなりの大工事になりそうです。

報道では容積率の緩和申請で高さ190mを目指し、2014年度にも着工、総事業費1000億円という具体的な数字まで出てきました。阪急うめだ本店が開業したこともあり、今度こそ本格的に動き出すことは間違いなさそうです。完成までに10年はかかる見通しですが、大阪駅前に阪急と阪神のツインタワーが聳え立つ日が楽しみです。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/376
Listed below are links to weblogs that reference
中之島プロジェクト西地区 & 阪神百貨店の再開発が始動 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 中之島プロジェクト西地区 & 阪神百貨店の再開発が始動

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top