TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 > Zepp Namba OSAKA & 南海なんば第1ビル 2012年4月

Zepp Namba OSAKA & 南海なんば第1ビル 2012年4月

南海電鉄が進めている難波土地区画整理事業C街区の建設状況です。
コンサートホールとオフィス棟で構成される街区のうち、南港咲洲エリアからの移転となるZepp Namba OSAKAは2012年4月27に開業済み、南海電鉄の本社が移転する南海なんば第1ビルは2013年春の竣工を目指しています。

難波再開発C街区 完成予想パース
難波土地区画整理事業C街区の完成予想パースです。

難波再開発C街区 全景 2012年4月 01
敷地全体を北西側から。手前がZepp Namba OSAKA、左奥が南海なんば第1ビルです。このように建物の外観はほぼ完成しつつあります。

Zepp Namba OSAKA (ゼップ難波)2012年4月 01
Zepp Namba OSAKAを北東側から。スタンディング時の収容人数は2530人と移転前よりも若干大きくなりました。難波という利便性の高いエリアに誕生したコンサートホールということで、かなりの稼働率が見込まれ、地域の活性化に貢献するでしょう。

Zepp Namba OSAKA (ゼップ難波)2012年4月 02
Zepp Namba OSAKAを南西側から。たまたま撮影日が開業初日だったので、こけら落としとなるUVERworldの公演が行われていたようです。

難波再開発C街区 南海なんば第1ビル 2012年4月 01
南海なんば第1ビルです。地上12階建て、高さ55mのオフィスビルで、上層階には南海電鉄の本社が、低層階には大阪府立大学の関連施設が入居する予定です。

難波再開発C街区 南海なんば第1ビル 2012年4月 02
南海なんば第1ビルの北側面。

なんばグランドマスターズタワー 2012年4月
敷地南側に聳えるなんばグランドマスターズタワー。地上33階建て、高さ106.51mの高層マンションで、こちらは2010年に完成しています。

難波再開発C街区 全景 2012年4月 02
阪神高速1号環状線越しに見る敷地全体の様子。

大阪難波 超高層ビル群 2012年4月
南海難波駅周辺の超高層ビル群。大阪球場の閉鎖から長い年月を掛けてようやく形になってきた難波再開発地区もヤマダ電機東側となんば住宅博、クボタ本社の敷地を残すのみとなりました。最後に1本くらいは200m級を期待したいところです。

高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/291
Listed below are links to weblogs that reference
Zepp Namba OSAKA & 南海なんば第1ビル 2012年4月 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 難波・心斎橋 > Zepp Namba OSAKA & 南海なんば第1ビル 2012年4月

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top