TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 南海電鉄 南海会館ビル建替計画の概要を発表

南海電鉄 南海会館ビル建替計画の概要を発表

南海電気鉄道は16日、本社が入る南海会館ビル(大阪市中央区難波5丁目)を、オフィスや商業施設が入る高層複合ビルに建て替えると発表した。2019年の完成を見込んでいる。新ビルは高さ154メートル(地上29階〜地下2階)、延べ床面積7万8千平方メートル。関西国際空港からのアクセスの利便性から外国人観光客を狙い、「アジアのゲートシティ」を象徴する機能を打ち出す。(引用元:大阪日日新聞)

南海なんば駅に直結する南海会館ビル建替計画の詳細が発表されました。地上29階建て、高さ154mという規模は前回発表時とほぼ同じ、南海ターミナルビル再生計画の総仕上げとして2016年春の着工、2019年春の完成を目指しています。

南海会館ビル 完成予想パース1
南海会館ビルの完成予想パース。御堂筋側から。

南海会館ビル 完成予想パース2
南海会館ビル周辺の俯瞰。スイスホテル南海大阪とL字型になるような配置です。

南海会館ビル 施設構成イメージ
南海会館ビルの施設構成です。中核となるのは中層階に設置されるメディカルセンターホール・カンファレンス機能。関西国際空港に直結する地の利を生かして、アジアからのビジネス客、観光客に重点を置いているようです。低層階は当初、百貨店を誘致と発表されていましたが、駅ナカ施設という表現に変更されていました。

南海会館ビル 広場整備イメージ
南海会館ビルの南側、なんばパークスとの接続部分に設けられる広場の予想図。現在この場所は阪神高速の高架が隣接していることもあってやや暗い印象がありますので、広場が整備されることで少しでも緩和されればいいですね。

南海難波駅前広場構想
南海なんば駅前といえば、大阪府市統合本部でロータリーを廃止して広場を整備する案が出ていました。今回の計画や新歌舞伎座跡地、精華小学校跡地などの再開発と上手く連動させれば、本当に世界に誇れる広場にできるかもしれません。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/268
Listed below are links to weblogs that reference
南海電鉄 南海会館ビル建替計画の概要を発表 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 南海電鉄 南海会館ビル建替計画の概要を発表

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top