TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 中之島 リーガロイヤルホテル 10年後をめどに建て替えへ

中之島 リーガロイヤルホテル 10年後をめどに建て替えへ

ロイヤルホテル(大阪市)は16日、筆頭株主の森トラストと新たな資本業務提携を結んだと発表した。大阪・中之島の「リーガロイヤルホテル」の敷地を森トラストに譲渡する一方、森トラストは保有するロイヤルホテル株の一部を譲渡し、アサヒビールが筆頭株主となる。リーガロイヤルホテルの建て替えを含む再開発を10年後に実現し、大阪市内で建設が相次ぐ他の高級ホテルに対抗する狙いだ。(引用元 asahi.com)

森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:森 章)は、本日、株式会社ロイヤルホテル(本社:大阪府大阪市北区 社長:川崎 亨)との間で締結中の資本業務提携契約を見直し、新たな資本業務提携契約を締結するとともに、同社及びその子会社が保有するリーガロイヤルホテル(大阪)の土地を、関電不動産株式会社(本社:大阪府大阪市北区 社長:篠丸 康夫)とともに取得することに合意いたしましたので、お知らせいたします。(森トラスト)

リーガロイヤルホテル大阪 01
リーガロイヤルホテル外観。バックには中之島3丁目の高層ビル群。

リーガロイヤルホテル大阪 02
大阪国際会議場などの大型ビルが建ち並ぶ中之島5丁目〜6丁目周辺。

中之島5丁目、リーガロイヤルホテルの建て替えを含めた再開発が進展しそうです。森トラストは2006年にロイヤルホテルの筆頭株主となり、梅田北ヤードに新ホテルを建設、現ホテルの再開発を進める計画を発表していました。しかし現在グランフロント大阪の建設を進めている三菱地所連合に敗れ、さらにリーマンショックに始まる不動産不況もあって、この計画は頓挫したものと思われていました。

今回、ロイヤルホテルは森トラストにホテル敷地を売却、有利子負債を圧縮すると同時に、森トラストは株式をアサヒビール他に譲渡し、筆頭株主の座を譲ることになりました。これによって関西財界との結びつきを強め、再開発へ弾みをつけたいという意向があるようです。大型再開発を単独で請け負うリスクを避けたとの見方もできます。

今後はロイヤルホテル、森トラストに関電不動産が加わって再開発の協議を進め、10年後をめどに建て替えを完了、大阪市内で建設が相次ぐ外資系高級ホテルに対抗していくとのことです。大阪の老舗高級ホテルであり、関西の迎賓館と呼ばれることもあるリーガロイヤルホテル、どんなホテルに生まれ変わるのか非常に楽しみです。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/222
Listed below are links to weblogs that reference
中之島 リーガロイヤルホテル 10年後をめどに建て替えへ from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 中之島 リーガロイヤルホテル 10年後をめどに建て替えへ

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top