TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田 > 大阪中央郵便局が移転、保存問題の行方は?

大阪中央郵便局が移転、保存問題の行方は?

高層ビルへの建て替えが決定している「大阪中央郵便局」が大阪駅前第1ビルへ移転、営業を開始しました。

名残を惜しむ声も… 大阪中央郵便局が現庁舎での業務を終了cache
大阪中央郵便局、移転先で営業開始 局舎保存で論議cache

昭和初期を代表するモダニズム建築の為、開発発表当初から保存を求める運動が続いています。同じく開発が発表されている東京中央郵便局でも同じような運動が起こっているようです。(鳩山総務相の発言は記憶に新しい)

大阪中央郵便局 建て替え前の様子
大阪中央郵便局の現在の様子です。正直あまり見た目は良くなく普通のビルという感じがします。

大阪中央郵便局周辺の俯瞰
大阪中央郵便局周辺を梅田スカイビルより撮影しています。隣の「日本盛」の看板のある「大弘ビル」、Pのマークがある白い「アクティ西ビル」と一体的に開発される予定です。写真左側が工事中のJR大阪駅新北ビル、大阪都心の超一等地であることが分かります。

大阪中央郵便局 完成予想図(梅田3丁目計画)
これが当初発表された完成予想図です。(公式発表資料より)
地上40階、高さ約187m、梅田地区でも特に大規模な再開発です。現在の外観を保存するとなると、かなりの設計変更を余儀なくされそうです。

大阪中央郵便局 予想パース(梅田3丁目計画)
梅田スカイビルから見た完成予想パースです。(大阪市 環境影響評価準備書より)
2枚目の写真と併せて見ると、完成後の規模が想像できます。もうちょっと細い方が好みかな。

このビルの完成によって、西梅田周辺の魅力がさらに増すことは間違いありません。予定どおり、オリエンタルランドの劇場が入るなら尚更です。高層ビルファンとしては当然再開発に賛成なわけですが、貴重な建築資料であることは疑いなく、時間をかけてでも納得のいく妥協点を探って頂きたいと思っております。

個人的には、現在の建物の大部分を残し、隣接用地を使って当初と同規模の延べ床面積の開発ができるような特例を認めてもいいと思いますが・・・。果たしてどんな結論になるのか、じっくり観察していこうと思います。

高層ビル・再開発 > 梅田 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/21
Listed below are links to weblogs that reference
大阪中央郵便局が移転、保存問題の行方は? from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 梅田 > 大阪中央郵便局が移転、保存問題の行方は?

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top